求職に有利な資格といえば、真っ先に思い浮かぶのは「秘書検定」ではないでしょうか。

ビジネスマナーが身についている証ともなるもので、就活生の大半が受験しています。

では、転職の場合はどうなのでしょうか。

秘書検定は女性の転職に有利なのか、そのメリットや秘書検定が役に立つ職種などを解説していきます。

また、難易度や合格率も併せて紹介しますので、秘書検定を受けるか否か迷っている人は是非参考にしてみてください。

女性の転職で秘書検定は有利になるか調査

女性,スケジュール帳,手帳,確認

秘書検定は新卒時代に一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

新卒のおよそ80%強がこの検定を受験するといわれています。

秘書検定は企業にとってもひとつの目安となるもので、社会人としてのマナーや立ち振る舞いなどが身についている証となります。

しかし転職者の場合、既に実務経験もあるので秘書検定ははたして有利といえるのでしょうか。

その答えは秘書検定のメリットや、企業に与える印象を調べていくと明白になってくるはずです。

では早速、転職する際に秘書検定がどう影響してくるのかを見ていきましょう。

秘書検定取得のメリットは

メリット

そもそも秘書検定が持つメリットにはどんなものがあるのでしょう。

名前が示すように秘書を目指す人には大きなメリットのように感じますが、それ以外でもメリットは存在しています。

一般常識が身についていることの証明ができる

秘書検定の内容は一般常識を基礎として、様々なビジネスシーンでどうあるべきかを学びます。

新卒の人に人気があるのも納得の検定ではないでしょうか。

転職者は既に実務を経験しているとはいえ、全ての人がビジネスマナーを完璧にマスターしているとはいいきれません。

転職面接時にビジネスマナーなどが評価されますが、秘書検定は仕事の基本が身についている人材として高評価をされやすくなるでしょう。

また秘書検定は協調性コミュニケーション力があることの証明にもなっています。

面接でなかなか伝えることが難しい協調性などを、証明してくれるものになるかもしれません。

更に秘書検定を通過したことは自分の自信へもつながります。

自分に自信を持って、転職面接にも向かえるのではないでしょうか。

好印象を与えられる

笑顔

秘書検定そのものが持つ印象として、社会人の基礎力というものがあります。

ビジネスマナーが身についており、適切な対応が出来る。

他者との間に良好な関係を築くこと出来る、など企業に与える印象は大きいでしょう。

秘書検定は、企業側に好印象を与えることになるのです。

また、転職する際に秘書検定を受けたという行動力や、向上心が評価されることもあるのではないでしょうか。

特に準1級や1級は実務的な要素が盛り込まれており、即戦力として活躍出来ることを企業側にアピール出来るでしょう。

 

ワンポイント
 秘書検定は、希望企業へ対し好印象を与えることが出来ます。

秘書検定の難易度や合格率は?

難易度

好印象を持ってもらえる秘書検定ですが、その難易度や合格率はどの位なのでしょうか。

受験する際に気になる点でもあります。

秘書検定は3級から1級まで4段階に分かれているので、それぞれを詳しく紹介します。

秘書検定「3級」

こちらは主に社会人経験のない学生が受ける級です。

ビジネスマナーの基本中の基本を習得する内容となっているので、社会人として経験のある人なら物足りない内容ではないでしょうか。

とはいえ最初から1級などを目指すには、かなりの努力が必要なので力試しに受けてみるというのもいいかもしれません。

合格率は55%を超えており、比較的容易なテストといえるでしょう。

また受験料は2,800円となっており、ひとつ上の2級と併願する場合は6,900円となっています。

秘書検定「2級」

転職者で初めて秘書検定を受けるのであれば、2級を目指すことをおすすめします。

論理的思考も問われる内容となっており、より効率よく業務をすすめる方法などが身につくでしょう。

当然のことながら3級よりも多種多様なビジネスシーンでの対応力が求められます。

こちらも合格率は55%を超えており、受験料は4,100円です。

過去の出題問題などをきちんと確認して対策を取っていれば、独学でも合格することは可能といわれています。

秘書検定「準1級」

相談員の画像

準1級の秘書検定になると難易度もあがり、面接試験なども取り入れられています。

その為独学での合格は少々難しいかもしれません。

実践に対応した検定となり、実際の業務時のような報告対応などが審査されます。

合格率は40%ほどに落ち、受験料は5,300円です。

こちらも併願を選ぶことが可能で、2級との併願では9,400円となっています。

転職の際にせっかく受けるなら難易度の高いものがいい、という人は併願で受けてみてはいかがでしょうか。

秘書検定「1級」

1級は上級者向けの検定です。

面接試験での来客対応や報告などに加え、身のこなしや言葉使いなど総合的に判断されます。

経験のある社会人が力試しに受けるという傾向も強く、合格率もグッと下がって20%ほどとなっています。

また、準1級までは3級からの同一問題が出題されますが、1級に限っては共通の問題は出題されません。

また全てが記述式の問題となり、文章力も試されることになるのではないでしょうか。

こちらは併願することは出来ず、受験料は6,500円となっています。

 

ワンポイント
 初めて受験をするならば、2級や準1級をおすすめします。

秘書検定を活かせるのはどんな時?

笑顔の女性

転職の求人をみても、条件に「秘書検定」の文字はほとんど見当たりません。

秘書という職業を選んでも必須の条件となっていない場合もあります。

では、どんな時に活かせるのでしょうか。

結論からいうと実務においてその成果を自ら感じることが多いのではないでしょうか。

電話の対応や立ち振る舞いなど、出来ているようで意外と出来ていないものです。

秘書検定を通過していると仕事をする上でのマナーが身につき、好印象を与えるばかりではなく信頼度もあがっていきます。

キャリアアップを目指すならば、是非身につけておきたい検定ともいえるのではないでしょうか。

秘書検定が役立つ職種は?

パソコンに向かう女性

秘書検定は業種を問わず、様々なビジネスシーンで重宝されています。

その中でも特に役に立つといわれている職種をいくつか見てみましょう。

「秘書」

秘書業務に欠かせない内容が詰め込まれている秘書検定は、秘書を目指す人には大いに役に立つのではないでしょうか。

秘書として求められる資質なども学ぶため、現役の秘書をしている人もキャリアアップの為に1級を受験しているようです。

丁寧な言葉遣いは、理解しているようでなかなか使いこなせていないものです。

秘書になるのならば、謙譲語や丁寧語を上手く使い分けて、秘書検定で学んだ立ち振る舞いも十分に活かせるはずです。

秘書を目指すのならば、準1級や1級を目指しましょう。

「一般事務」

事務職

事務職では、効率よく仕事をすすめていくことが要求されます。

また秘書検定で学んだファイリングや書類の整理なども大いに役に立つのではないでしょうか。

実際の声を聞くと、文書の作成がスムーズに出来るので高く評価されるようになった、という声も聞かれます。

秘書検定の取得は、事務職において仕事内容に差をつけるものとなるはずです。

「営業事務」

営業サポートとも呼ばれる営業事務は、秘書の要素を大いに含んだ職業です。

書類を作成したり、時にはクライアントとコミュニケーションを取ったりもするでしょう。

特にビジネスマナーは重要視されます。

秘書検定に合格していれば、電話応対などもしっかり出来るようになるので営業事務として頼りにされる存在となれるでしょう。

上記以外にも秘書検定は様々な職種で役に立っています。

自分が希望する職種について詳しく知りたい人は、転職エージェントを活用してみましょう。

秘書検定を履歴書に書こう

履歴書

転職の際に、秘書検定は好印象を与えるものです。

履歴書にもしっかりと記載しておきましょう。

履歴書には正式名称で書こう

履歴書に記載する時に「秘書検定〇級」と記載するのはNGです。

「文部科学省後援 秘書技能検定〇級」もしくは「秘書技能検定〇級」の正式名称を記載します。

また、履歴書に記載する日付ですが、こちらは受験した日付を記入しましょう。

そして最後に合格の文字を忘れずに記入します。

ここでありがちなミスは「〇級取得」と記入すること。

取得は、申請手続き後に免許などが発行されるものを指します。

秘書検定は、あくまでも検定に合格したということになるので、履歴書に記入するのは「合格」の文字となります。

履歴書にかけるのは3級から

下の級は記入が出来ない、という決まりはありません。

合格しているのなら3級から履歴書にしっかりと記入しておきましょう。

現実的な視点でみてみると、新卒の場合は2級から有利になるといえますが、転職の場合は準1級からが有利といえるのではないでしょうか。

とはいえ、求職中は少しでもアピールポイントを増やしたいもの。

3級や2級でもしっかりと記入し、さらに上を目指す場合はその意思を伝えてもいいでしょう。

 

ワンポイント
 履歴書に記入の際は「正式名称」「合格」の文字に気をつけましょう。

転職では何級からが有利になる?

ビジネスウーマン

履歴書へは3級から記入可能ですが、転職に有利かというと残念ながら3級では有利とはいえません。

2級からが、有利になるおおよその目安となっていますが、それは新卒の場合です。

転職者となると企業の方も即戦力を求めているので、求職活動に有利といえるのは準1級からです。

上記したように準一級からは、面接なども入り実践に特化した形となっています。

また難易度も高くなり、合格率も下がってくるために十分なアピールポイントになるのではないでしょうか。

 

ワンポイント
 転職者にとって有利となるのは準1級、1級レベルです。

転職活動で秘書検定を自己PRする方法

ポイント

社会人としての基礎力を証明出来る秘書検定ですが、転職の際はどのようにアピールをすべきなのでしょうか。

大切なのはなぜ秘書検定を受けたのか、をアピールすることです。

その理由を通して、仕事への熱意があることをしっかり伝えておきましょう。

秘書への転職希望の場合

前職では4年間秘書として役員のサポートをしてまいりました。

特に取引先への気配りや、役員への取次ぎをスムーズに出来るように努めてまいりました。

転職にあたって、これまでの自分の成果を確認し次へのステップアップを図る為に秘書検定1級を通過致しました。

現在は語学の方も勉強をしており、貴社の業務を多方面からサポートしていきたいと思っております。

営業事務への転職の場合

前職では営業職に就き、メーカー営業を行ってまいりました。

業務を通して、資料の作成や顧客へのサポートなどが得意なので、営業事務の仕事の方が向いていると感じました。

以前から秘書検定2級は通っていたのですが、転職にあたり実務的な力を付けたいと思い準1級を通過致しました。

メーカー営業の経験を活かし、営業事務として力強くサポート出来るものと自負しております。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

コールセンター

秘書検定は新卒で受ける試験、というイメージが強いですが転職にも有利になります。

準1級というのは難易度も高く合格するには、努力も必要です。

それゆえに、転職の際のアピールポイントになるのではないでしょうか。

自分が希望している転職先で秘書検定が有利に働くのか否か、詳しい情報を得たい人は転職エージェントを利用しましょう。

また上記で紹介したPR例文はほんの一部です。

自分のPR文におかしな点がないか、そんな不安も転職エージェントに相談出来るのではないでしょうか。

転職の際は転職エージェントを上手く活用し、失敗のない転職を目指しましょう。

まとめ

転職活動

転職活動で秘書検定を上手く活用し、自分を有利にしたいものです。

即戦力として評価される為にも、準1級を通過したいですが時間的にも無理だという人は、2級にチャレンジしてはいかがでしょうか。

PRの際に準1級や1級にも挑戦する旨を伝えると、向上心をアピールすることが出来て好印象になります。

秘書検定は社会人としての自分をステップアップさせる手段としても活用出来るものです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら