転職理由に仕事の多さをあげる人もいるでしょう。

残業が多い、休みが取りにくいという以外に年間の休日が少ないという理由もあげられています。

年間休日が多い企業とはどのような企業なのでしょうか。

女性が年間休日が多い会社に転職するメリットについて解説します。

平均的な年間休日についても紹介しますので参考にしてみてください。

Contents

年間休日が多いメリットを解説

年間休日が多いとどのようなメリットがあるのでしょうか。

休みが多いことで得られるメリットについて解説します。

「予定が立てやすい」

休日が多い会社で得られる最大のメリットは休日の予定が立てやすいという点にあります。

たとえば家族がいる場合には、子どもの休みとあわせて会社も休みであれば家族の時間を確保しやすくなるでしょう。

買い物や旅行の予定も早い段階からスケジューリングできるので便利です。

学校に通う子どもがいる場合には行事予定と照らし合わせて計画を立てることもできます。

GWや夏休み、冬休みをどう過ごすかも安心して計画を立てることができるでしょう。

家族だけでなく友人や恋人との予定も立てやすくなります。

有給休暇を使わずに旅行に行くことも可能になるでしょう。

恋人との休みがズレてしまうと会うことにストレスを感じることもあります。

仕事と恋愛のどちらを選ぶのかで悩むことも減るでしょう。

大切な人と過ごす時間を安心して確保できるのは最大のメリットです。

「疲労回復の時間がしっかり取れる」

休日が多い仕事では、疲れを取る時間もしっかり確保できるというメリットがあります。

仕事以外で自分がやってみたいことにしっかり時間を割くこともできるでしょう。

プラベートが充実すれば仕事へのモチベーションをあげることもできます。

さらに心身の疲れをしっかりと取ることができれば仕事がスムーズに進むというメリットもあるでしょう。

休みが取りにくく疲労が溜まりやすい状態では仕事にも支障が出る可能性が高くなります。

とくに疲れやすい体質の人は休日がしっかり取れる企業がおすすめです。

平均的な年間休日は何日?

企業の年間休日の平均はどのくらいなのでしょうか?

具体的な数字をあげながらみていきましょう。

平均は「120日」

もしもカレンダー通りに休日を設定したとしたら年間の休日は120日が平均となります。

この場合、おおよそ週休2日の計算になります。

365日を1週間の7日で割ると52週です。

毎週土日を休日とすると52週×2日間で104日です。

これに年間の祝日16日を足すことで120日となります。

あくまでも計算上の数字になるので参考程度で考えておくとよいでしょう。

ただ、求人に年間休日120日と記載がある場合には週休2日制の企業であるということがわかります。

プラスして夏季休暇や有給休暇、GWなどの休暇もプラスするともう少し増えるでしょう。

下限の目安は「105日」

年間休日が少ない企業の平均は105日とされています。

この場合は週休2日間制の企業ではないといえるでしょう。

120日休日がある企業と比較すると年間で15日の差があります。

105日の場合は土曜出勤が月に何度かある企業であると考えてよいでしょう。

またはシフト制や平日休みの企業である可能性もあります。

休日が少ないといっても法律的には問題がないため会社に不満をいうことはできない点には注意が必要です。

 

ワンポイント
年間休日の平均は120日、少なくても105日であることをまず理解しておきましょう。

年間休日が多い業種と少ない業種チェック

年間休日は職種によっても日数に違いがあります。

休日が多い業種と少ない業種について具体的にみていきましょう。

「年間休日の多い業種」

年間休日が多い業種としては次のものがあげられます。

  • 公務員
  • IT業界
  • 経理
  • 銀行
  • 郵便局
  • メーカー
  • 広告代理店
  • 出版業界
  • エンジニア
  • デザイナー

このような業種は比較的土日休みの週休2日の企業が多くあります。

公務員は学校であれば土日や夏休みも休みになることが多いです。

官公庁も土日は業務を行わないケースが大半です。

経理、銀行や郵便局も同様になります。

IT業界やエンジニア、デザイナーは忙しいというイメージもあるかもしれません。

ただ、企業によっては休みが多く残業も少ないとところもあります。

「年間休日の少ない業種」

逆に年間の休日が少ない業種は次の通りです。

  • 配送業
  • 飲食店
  • 美容院
  • アパレル業界
  • 医療・福祉関係
  • 小売業
  • コンビニ
  • 警備員
  • イベント会社
  • ホテル・旅館

このようないわゆるサービス業と呼ばれる業界は年間休日がといえるでしょう。

一般企業の社員が休みになる日こそかきいれどきになるため仕事をしなくてはなりません。

そのため休日自体も平日休みになることが多くあります。

 

ワンポイント
転職する場合には年間休日数が多い業種、少ない業種を理解しておくことも大切です。

年間休日が少ない企業は

年間休日にこだわって転職するのであれば、年間休日が少ない企業の特徴についてもおさえておきましょう。

年間休日が少ない企業は、平日休みであるケースが多くあります。

一般的にサービス業と呼ばれる業種の企業は休みが少ないと考えておきましょう。

平日休みであることがデメリットになることもありますが、それだけではありません。

メリットとしては、役所関係の手続きがスムーズにできるという点があげられます。

平日がずっと仕事の場合には休憩時間を削って手続きに行く必要もあるでしょう。

また平日は比較的人通りが少ないため混雑を避けて遊びに行くこともできます。

ただし企業によっては三交代や二交代などの変則的なシフトになることもある点には注意が必要です。

生活のリズムが崩れてしまう可能性も頭に入れておきましょう。

年間休日を重視する企業選びの注意点

年間休日を転職の条件にあげて転職活動を進める場合に注意したい点がいくつかあります。

休日の考え方や計算の仕方にも着目しておくことが大切です。

ピッタリ120日になることは少ない

年間休日の平均を解説した際に平均は120日であると説明しました。

とはいえぴったり120日になることは少ないのが現状です。

もう一度計算してみましょう。

365日÷7日間=52週

この部分ですでに誤差が生じます。

カレンダーをみて考えると52週ではなく53〜54週あることがわかります。

祝日は16日と説明しましたが場合によっては祝日と日曜日が重なるケースもあるでしょう。

これらを加味すると休日がぴったり120日になることは少ないといえます。

週休2日制の注意点

求人に週休2日制と記載してあることもあるでしょう。

週休2日というと土日が休みと考える人が多いでしょう。

この点に注意が必要です。

完全週休2日制と記載されている場合には毎週土日が休みになります。

ただし週休2日と記載されている場合には、1カ月に1度以上週に2日間休みがある制度を指します。

1カ月が4週間とすると、毎週土日が休みの場合は8日間の休日です。

一方で1カ月のうち土日の休みが1回だけの場合は5日間の休日になります。

これだけでも3日間の差が生じることがわかるでしょう。

この場合は祝日を入れても年間休日が120日になることはありません。

完全週休2日なのか単なる週休2日なのかはしっかり確認しておきましょう。

年間休日数の記載がない場合

求人情報に 年間休日数の記載がないケースもあります。

記載がないと休日が少ないのではないかと不安に感じる人も多いでしょう。

ただ、記載がないから必ずしも休日が少ないとは限りません。

休日を記載しないのは、記載した休日数はできるだけ守らないといけないからです。

たとえば年間休日を120日とした場合に、その年は115日しか休みがなかったとしましょう。

この場合、どこかで休日を作って5日間を埋める必要が出てきます。

会社を運営する都合上、この5日間を作り出すことがわずらわしいと考える企業もあるということです。

求人に記載がない場合は、転職エージェントなどを通じて休日数を確認する方法もあります。

 

ワンポイント
年間休日数は企業ごとに就業規則に記載されています。求人情報に記載されている情報にもしっかり目を通しましょう。

年間休日が少ない会社の場合の対処法

仕事内容自体には問題がないけれど年間休日数が少ないことが転職の理由になることもあるでしょう。

このような場合の対処法について解説します。

割増賃金がもらえないか交渉をしよう

年間休日数が少ないことが理由で転職を検討している場合には、転職前に会社と交渉することもひとつの手段です。

割増賃金がもらえないか交渉してみましょう。

そのために法律で定めらている年間休日の最低日数などをしっかり理解しておくことが大切です。

また労働契約書や労働条件通知書などにもよく目を通しておきましょう。

法的知識を身につけた上で会社との交渉にのぞむことで会社側から一蹴されることを避けられます。

労働基準監督署に報告しよう

会社の勤務条件があまりにもひどい場合や法的に問題がある場合もあるでしょう。

この場合には労働基準監督署に報告するという方法もあります。

年間休日数は企業の就業規則で定められていて休日・休暇制度や休みの曜日も違います。

仕事の内容はもちろん、休みがきちんと与えられない企業は労働基準法に反している可能性があるでしょう。

労働基準法では月に4日は必ず休日を取得させる義務を科しています。

また1日の労働時間は8時間、週に40時間までとされています。

1日8時間労働で計算すると土日は必ず休みにする必要があるのです。

会社に労働条件の改善を申し出ても改善がみられない場合もあるでしょう。

労働基準監督署へは匿名でも報告することが可能です。

過酷な労働条件に耐えられなくなったら利用するのもひとつの手段です。

年間休日が極端に少ない会社は要注意

転職先を探すなかで極端に年間休日が少ない会社の求人を目にすることもあるでしょう。

105日と記載されている場合には年間休日が少ない企業と考えてもよいでしょう。

105日は土日休みがほぼない状態の過密労働になることもあります。

このような会社に応募する場合にはよく注意する必要があります。

労働形態が特殊な場合がある

年間休日が100日を切る企業もあります。

105日でも少ないといわれているなかで100日を切る企業がなぜ成り立っているのでしょうか。

ひとつは特殊な労働形態を取っている可能性があるからといえます。

最近では働き方の多様化も進んでいます。

労働時間と給与が必ずしもイコールにならないフレキシブルな労働形態を採用している企業もあるでしょう。

たとえば出退勤時間を定めないフレックスタイム制がそのひとつです。

変形動労制で1日の勤務時間を8時間と定めていないケースもあります。

特殊な労働体系を採用している企業に転職する場合には特に労働条件に注目しておくことが大切です。

それぞれにメリット・デメリットがある点も理解して企業研究をしっかりとすることをおすすめします。

サービス残業をさせている場合がある

年間休日が少ないということはその分、働く時間が長いということです。

つまり給与が多いと考えるのが通常です。

給与と年間休日数のバランスをみてみましょう。

極端に年間休日数が少ないのに給与も少ないという場合にはとくに注意が必要です。

労働時間が長かったり、休日が少ない場合は割増賃金を払うことなく法的違反を行っている可能性が高いでしょう。

ここで問題になるのが残業です。

法定労働時間は1日8時間、週40時間です。

月ごとの法定労働時間を計算するには次の方程式を使いましょう。

算出する期間の日数÷7×40=その期間の法定労働時間

ここで算出される時間には休日も含まれます。

たとえば、3月の法定労働時間を計算すると次のようになります。

31÷7×40=177.1

休日も含めて3月に177時間以上働いていたら残業をしていることになるのです。

これを超えたら残業手当や休日手当を支払う義務が生じます。

これが支払われていない場合にはサービス残業をさせられていると考えてよいでしょう。

 

ワンポイント
年間休日数が極端に少ない企業はよく注意してから応募することをおすすめします。

年間休日が多い会社でも自分に合っているかが重要

企業の中には年間休日が130日を超えるところもあります。

前職の休日が極端に少なかった場合などは求人情報の休日の欄に目が行きがちです。

そのため休日が多い企業に積極的に応募することもあるでしょう。

とはいえ、もっとも重要なのは仕事内容が自分にあっているかという点です。

いくら休日が多いとはいえ年間の大半を会社で過ごすことに変わりはありません。

そのため仕事が自分にあっていなければ結果的にミスマッチを引き起こす可能性が高まります。

休みを楽しみに日頃は我慢して働くという状態になれば長続きしない人が大半です。

せっかく転職してもまた転職活動をしなくてはならない事態になることもあるでしょう。

年間休日が多くても仕事内容に疑問や不安がある場合にはその点もしっかりクリアにしてから応募することをおすすめします。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

前職の労働条件が悪かったことが原因で転職を検討している場合は労働条件に注目した求人探しを行いがちです。

自分だけで求人を探すとどうしても偏った見方をしてしまうことも多くあります。

第三者の目を借りて転職先を探すというのもひとつの方法です。

その際におすすめなのが転職エージェントです。

転職に関する豊富な知識と情報を持つ転職エージェントは求人探しの段階からサポートしてくれます。

転職で悩んだ場合には転職エージェントに相談してみましょう。

まとめ

仕事をする上で休日は大切です。

休みがしっかり取れることで疲労回復期間を設けることができます。

年間休日を気にするのであれば労働基準に則った労働時間についての知識を身につけておくことをおすすめします。

自分だけで条件のよい転職先を見つけることが難しい場合には転職エージェントの活用がおすすめです。

求人探しの段階からプロにサポートしてもらうことができればスムーズな転職活動を進めることができるでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら