転職エージェントは求人に応募する際や面接対策など転職計画のあらゆるシーンで転職希望者をサポートできる存在です。

信頼関係を構築し本音を伝えてくれればベストな求人案件の紹介やアドバイスができます。

転職希望者に寄り添いながら採用担当者との間に入り、言いにくい質問や交渉を代行できるのも強みの1つです。

転職エージェントの活用法を解説

ポイント,point,赤,赤ペン
転職エージェント・キャリアアドバイザーができることとして、下記が挙げられます。

  • どんな仕事があっているか提案、アドバイス
  • 希望条件、経歴に合いそうな求人、非公開求人を紹介
  • 今後のキャリアプランについての相談相手
  • 採用担当者との仲介役
  • 履歴書、職務経歴書添削
  • 面接対策、質疑応答シミュレーション など

もちろん、女性だからこそのキャリア形成についても相談できます。

結婚、出産子どもの送り出し、お迎え、子どもの学校行事や急に熱を出した時の対応など。

気になることは遠慮なく相談してみましょう。

転職エージェントと上手に付き合うポイント

転職エージェントと足並みをそろえて転職成功を目指すためには、お互いに誠実な対応をすることが重要です。

求人紹介打ち合わせの連絡に対して早めの返信と正直なレスポンスで信頼関係を構築しましょう。

早めに返事をしよう

女性,電話,笑顔
転職エージェントからの連絡には早めの返信をお願いしたいです。

転職エージェントは応募者へのベストな求人紹介と企業へのベストな人材紹介を両立する必要があります。

ある求人に対して適性がある候補者が複数いることもあり悩ましい状態も珍しくありません。

企業の採用担当者の希望条件とレスポンスのタイミング次第で別の候補者に提案することもあります。

ベストな求人を逃さないために転職エージェントからの連絡にはできるだけ早めの返事をお願いします。

本音で話そう

女性,内緒話,ひそひそ,口に手を当てる
転職エージェントに伝える情報は基本的に本音で話すのが大事です。

実は転職エージェントに話しにくいことや恥ずかしいことをあまり伝えてくれない人は多くいます。

しかし、正直に話してくれないと紹介案件のミスマッチや転職対策のポイントがずれてしまうことも考えられます。

転職エージェントは単なるサービスではなく、協力者・パートナーと思って利用してください。

ワンポイント
自分ではネガティブだと思っていても目線を変えると強いアピールポイントにできることもあります。

転職エージェントの活用法「面談」

転職エージェントは自己分析のアドバイスや求人紹介のサポートができます。

転職エージェントからのアプローチに本音で対応することがサポートの精度を上げるコツです。

転職理由を本音で話そう

女性,胸に手をあてる,笑顔,スーツ
転職エージェントと最初に話す機会が登録後の面談の場です。

まずは担当エージェントに転職理由をできるだけ正直に伝えてください。

転職理由は転職成功させるために最も重要と言って良い事項です。

転職希望者と転職エージェントの間で認識が共有できていないと転職計画を進める足並みを揃えることができません。

極端な話「お金がほしい」「残業したくない」というレベルの話でもいいので正直に伝えてください。

求人紹介を断る時も本音で理由を答えよう

女性,スーツ.ストップ,拒否,断る,困惑
転職エージェントから紹介された求人は断っても問題ありません。

転職成功のためには本当に行きたい企業を選ぶことが絶対条件です。

「本当に行きたい!」と思える企業でなければ、転職後後悔するケースもありエージェントを利用する意味がありません。

ただし、なぜ断るのかについては本音の理由を転職エージェントに伝えてください。

なぜそこではだめなのか、なぜ断ったのかを突き詰めて考えることで次回紹介できる案件のマッチング精度が高まります。

ワンポイント
自分の本音を整理して転職エージェントに伝えると転職理由・志望動機をブラッシュアップできます。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


キャリアアドバイザーの印象が悪い時は変更依頼をしてみよう

女性,ビジネス,電話,不機嫌,ノートパソコン,オフィス
転職エージェントを利用する場合、担当のキャリアアドバイザーがつきます。

もし、担当のキャリアアドバイザーの印象が良くない場合は変更依頼をしてOKです。

キャリアアドバイザーにも得意/不得意分野や相性があります。

自分が希望している業界に詳しくない、何となく息が合わないと感じるなら遠慮なく変更を申し出てください。

直接伝えても大丈夫ですが言いづらい場合はメールや問い合わせフォームからでも構いません。

その際に精通している業界や話し方など希望を伝えると新しい担当者とのマッチ率も高くなります。
無料転職相談をして相性の良いキャリアアドバイザーと転職成功させよう

 

転職エージェントの活用法「求人応募」

転職エージェントは求人に応募する段階で誰に聞いたら良いかわからないことを相談できるのが強みです。

また、採用担当者に聞きにくいことを聞けるメリットも見逃せません。

応募先によって応募書類を変えるか相談しよう

履歴書,職務経歴書,スマートフォン,草
履歴書や職務経歴書作成に関する悩みも転職エージェントに相談してみてください。

履歴書や職務経歴書などは応募先企業に合わせてカスタマイズが必要です。

しかし、複数企業に応募する場合、どの書類のどこを変えればいいのか良くわからないというのが多くの人の本音です。

転職エージェントは企業の採用担当者から直接話を聞ける機会も多くあります。

時には採用担当者の応募書類の見方についても情報を提供できるかもしれません。

どこを変えた方がいいのか、そもそも変える必要はあるのか、担当の転職エージェントに相談してみましょう。

不採用なら理由を確認してもらおう

思い切ってチャレンジしてみた企業から必ず内定をもらえるとは限りません。

もちろん残念ではありますが、せっかくなので不採用を次のステップアップに利用してしまいしょう。

特に転職エージェントだからこそできることの1つが不採用になった理由を採用担当者に直接確認できることです。

採用担当者には不採用にした理由、つまり応募者の弱点が必ずあります。

その弱点を次の応募までに克服すれば転職計画がブラッシュアップされ、より転職成功に近づけます。

選考結果が遅い時に確認してもらおう

カレンダー,メモ帳,ペン,3か月
希望の求人に応募した場合、基本的には1週間程度で選考結果の連絡があります。

もし、あまりにも遅い場合は転職エージェントを通じて採用担当者に確認してみましょう。

遅れている理由は他候補者からの返事を待っている、採用予定人数の変更などが考えられます

また、応募書類の誤配達といった可能性もゼロではありません。

特に転職計画を短期決戦で終わらせる場合は転職エージェントを通じて早めに確認してみましょう。
無料転職相談をして有利な条件を提示してくれる企業に転職しよう

 

転職エージェントの活用法「面接対策」

面接は転職成功に続く道の中で最後に控える大きなハードルです。

日程調整や企業ごとの面接傾向確認、年収交渉などやるべきことが数多くあります。

特に在職中の転職の場合、転職エージェントを利用することで少ない時間で効率的な面接対策ができます。

日程は自分の予定に合わせて調整してもらおう

手帳,カレンダー,メモ,ペン
企業から提案された面接の日程と都合が合わない場合、調整役として転職エージェントを活用してください。

現在、転職動向のトレンドは在職中の転職活動です。

しかし在職中に転職活動を行う場合、転職活動に割ける時間は限られます。

面接の日程が合わない場合はもちろん、採用担当者の勤務時間内に連絡するのも難しいケースが考えられます。

転職エージェントや採用担当者も在職中の転職活動であれば調整が入る可能性は承知しています。

ベストな状態で面接に臨めるよう日程調整の希望も遠慮なく申し出てください。

企業の情報を聞いておこう

実は応募先企業のホームページなどオフィシャルな情報だけでは面接をクリアできるだけの情報として不十分です。

  • 想定できる頻出の質問
  • 過去の応募者の採用理由、不採用理由
  • 面接の雰囲気、和やかな雰囲気か圧迫面接か
  • 採用担当者が応募者に求めること など

転職エージェントは採用担当者から申し込みを受けた時点で上記に関連する情報をヒアリングしている場合があります。

面接戦略が大きく変わる内容も少なくないため、企業情報は必ず事前確認しましょう。

面接練習をしてもらおう

リモート会議,ビデオ会議,話し込む,説明
転職エージェントの強みの1つが面接練習の相手役です。

転職理由・志望動機の伝え方や話し方のクセなど客観的なチェックでないとわかりづらいことをアドバイスできます。

また、最近多いリモート面接についても転職エージェントのチェックが役立ちます。

例えば、意外な落とし穴となるのが目線の向け方です。

Webカメラ内臓ノートパソコンの場合カメラに目線を合わせないと面接官には終始うつむきがちに映ります。

つい画面の面接官と目線を合わせてしまう人も多く相手役がいないとチェックできないことの1つです。

他にも背景に映っているものや音声の聞こえ方など応募者だけでは中々気づけないことを改善提案できます。

年収や給与交渉をしてもらおう

企業から内定をもらえた場合、年収・給与交渉ができるケースもあります。

<年収・給与交渉の余地が考えられる例>

  • 現職にとどまれば転職するよりも給与・年収が上回る
  • 他企業からより良い条件を提示されている
  • 採用担当者から高い評価を受けていることが確実 など

ただ、直接の交渉はどうしていいかわからない人がほとんどです。

そこで転職エージェントが間に入り交渉を代行することもできます。

ワンポイント
転職エージェントは時間が限られている中で転職活動を効率よく進める場合に役立つパートナーです。

転職エージェントの活用法「内定」

転職エージェントは面接後、内定をもらう前後にもサポートできることがたくさんあります。

転職エージェント経由で内定通知書を受け取る時

手紙,宛先
転職エージェントからの紹介で求人に応募した場合、内定通知書も転職エージェント経由となることがあります。

内定が決まり、具体的に入社することを想像した場合に気になることも遠慮なく転職エージェントに確認してください。

  • 配属部署の雰囲気や人間関係
  • 男女比率
  • 残業の程度
  • 社員の定着率
  • 平均的なキャリアアップ年数
  • リモートワークへの対応状況
  • 産休、育休、生理休暇などの取得状況
  • 服装規定
  • 貸与品について
  • 副業はOKか など

スムーズに入社できるよう、入社準備前に確認しておきたいことは小さなことでも漏らさないようにしましょう。

条件面談で人事から内定通知書を受け取る時

女性,スーツ,パソコン,書類,真剣,仕事中
企業によっては内定前に条件面談を行いOKであれば内定通知書を人事から直接渡すケースがあります。

条件面談が内定前に行われる場合、目的は労働条件に関する最終的なすり合わせです。

  • 契約期間
  • 勤務地
  • 具体的な業務内容
  • 勤務時間、休憩時間
  • 給与、報酬 など

具体的な労働条件については労働条件通知書で提示されることがあります。

しかし、万が一応募者にとって不利な内容が記載されていたとしても、気づけないことがあるかもしれません。

そこで、返事は後日という形で保留してもらい転職エージェントと一緒にチェックさせてください。

条件面談は内定を前提とした交渉なので返事を保留しても選考には影響しません。

特に複数企業から条件面談の提案がある場合、各企業の条件を客観的に解説できるのが転職エージェントの強みです。

ワンポイント
採用担当者に直接聞きづらいことを聞けるのも転職エージェントを利用する大きなメリットです。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


転職エージェントのおすすめしない使い方とは

OK,NG,プラカード
転職エージェントの利用はメリットが大きいのですがおすすめしない使い方もあります。

特に要注意なのが次の3つのパターンです。

  • 転職エージェントに相談することを自分の判断基準で決定
  • サポートの一部だけ利用
  • 転職エージェントにすべて丸投げ

相談内容の限定、一部サポートのみの利用は情報が少ない中でのサポートになってしまいます。

判断基準となる情報が少なく利用者が本当に満足できるサポートにつながらない可能性が高いです。

また、転職の主役はあくまでも求職者なので転職エージェントに丸投げするのもおすすめできません。
無料転職相談をして本当に行きたい企業に転職しよう

 

転職エージェントを活用して転職を成功させよう

女性,ビジネス,パソコン,指
転職エージェントは転職活動のスタートから内定をもらうまで、転職活動のあらゆるシーンでサポートできる存在です。

中でも大きなサポートが求職者の相談相手役で転職サイトとの違いもこの点にあります。

特に20代で初転職の場合30代以降のキャリア形成や結婚・出産も気になるところでしょう。

仕事とプライベートを両立する今後のライフプランについて自分だけで整理できないことに悩む人は少なくありません。

転職活動の愚痴を聞いてほしいといったスタートでも転職エージェントを利用する動機としては十分です。

まとめ

女性,スーツ,笑顔,握手
転職エージェントは上手に活用できれば最短距離で転職に近づける有効なツールです。

しかし、信頼関係が構築できないとその有効性は半減してしまいます。

ベストな形でなるべく早く転職成功するため、まずは転職エージェントとの信頼関係構築から始めましょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!