最終面接は転職活動の最後の関門であり、ここでの熱意の伝え方が合否を左右するといっても過言ではありません。

最後の選考ということで油断してしまう方もいるかもしれませんが、最終面接まで来てもまだ内定が決まったわけではないのです。

きちんと最終面接向けの対策というのが必要となります。

今回はその対策の中でも面接官に自身の熱意を伝えるための方法について解説していきましょう。

また、併せて最終面接では何を注意するべきポイントや上手なアピール方法などもご紹介していきます。

最終面接で熱意を伝える方法を解説

面接を受ける女性

内定を得られるかどうかは最終面接の熱意の伝え方で決まるといっても良いでしょう。

最終面接まで来た応募者は皆、能力や経験面では企業側からすると申し分ないと思っていると考えられます。

そのため最終的に内定を勝ち取るのは会社への熱意が強い応募者です。

もしあなたが最終面接まで進んだ企業に何としても入社したいと考えているのであればその想いを前面に出すようにしましょう。

今回の記事では効果的な入社への熱意の伝え方をご紹介します。

 

無料転職相談をして自分に取って理想の職場を見つけよう

 

企業は最終面接で何を見ているの?

資料を抱える女性

まず企業は最終面接で応募者の何を見ているのかを解説していきます。

企業の考えを知ることによって、応募者側はどのようなことに気をつければ良いかがわかることでしょう。

内定を手に入れるためにも、企業の評価基準を明確にしておくことが大切です。

早速見ていきましょう。

企業とマッチするか

企業と応募者がマッチするかどうかというのは最終面接で特に確認されるポイントです。

これには能力や経験の部分だけでなく社風や価値観といった部分も含まれています。

企業と応募者の考え方が大きく違っていた場合、入社後の業務や携わったプロジェクトの進行に支障が出る可能性があります。

企業にとって社内のコミュニケーションが円滑な状態が1番好ましく、応募者がマッチするかどうかというのは重要なポイントです。

そのため熱意以外にも、企業の価値観に自分がマッチしているのだということをアピールすることを忘れないようにしましょう。

印象に残るか

働く女性

企業は多くの応募者を見てきているため印象が薄いと、特に目立って優秀な部分はないと思われ内定を貰えない可能性があります。

印象に残るということは、ただ奇抜であったり目立っていたりすれば良いということではありません。

企業が印象的だと思うのはその応募者が社内で働いている姿が目に浮かぶかどうかです。

応募者の言葉から具体的に社内で仕事に取り組む様子が想像できた場合、良い印象を持ってもらえることでしょう。

そのためには自分が入社した後にできることを言葉にして伝えることが重要となります。

印象に残るためにも、自分の仕事における強みを一生懸命伝えることが大切です。

熱意や意欲があるか

熱意や意欲というのは1番重要なポイントといっても過言ではないでしょう。

これらは最終面接で1番見られている部分であり選考結果を大きく左右します。

もし同じような能力を持った応募者が2人いた場合その2人の合否を分けるのは熱意や意欲であるといって良いでしょう。

企業は入社後に社内の仕事に対して懸命に取り組んでくれる人材を欲しています。

そのためには仕事に対しての熱意というのは大変重要であり最終面接で1番アピールするべきポイントなのです。

 

ワンポイント
・企業の価値観や社風とマッチするかは重要
・印象に残るように自分の強みをプレゼンする
・入社への熱意や意欲を言葉にする

最終面接で不合格になりやすい女性の特徴

マルとバツのプラカードを持つ女性

前述した内容から分かっていただける通り、最終面接は面接官が応募者はどういった人物なのかを見極めるための場だといえます。

最終面接では企業が応募者の人格や特徴、仕事の価値観、これからのキャリアなどをより深く掘り下げます。

そのような場では不合格になりやすい人の特徴というものがあるのです。

ここではその特徴を具体的にご紹介していきます。

以下のような人は不合格になりやすいため気をつけるようにしましょう。

企業との価値観や社風が合わない

企業にとって1番避けたいのは自社の価値観や社風に合わない人材を入社させることです。

このような場合、社内でその人材が溶け込めず、最悪の場合すぐに辞めてしまう可能性があります。

そうなれば今まで行ってきた選考も無駄になってしまうでしょう。

もしその人材が会社を辞めなくても社内の輪を乱す可能性があります。

ミスマッチはお互いにとってポジティブな結果を生まないため、価値観や社風が合うかどうかが重要なポイントなのです。

企業に価値観や社風が合わないと思わせないような対策が必要となるでしょう。

志望度が低くみえる

面接を受ける女性

企業は自社を第一志望としている人材を採用したいと考えています。

そのためもし熱意が無く志望度が低いと思われた場合には不合格と判断されることが多いでしょう。

熱意があまり無い人材は内定が決まってもその後に内定辞退を申し出る可能性があると企業側は考えています。

そのようなリスクを避けるためにも、入社への熱意があるということをアピールするようにしましょう。

志望度というのは最終面接で重要視されるポイントです。

一次面接や二次面接で話した内容との矛盾がある

一次面接や二次面接で話した内容と異なることをいっている場合には一貫性が無いと思われてしまうことでしょう。

企業は話に一貫性が無いと自己分析がちゃんと出来ていない人材であると見做します。

そのためこれまでの内容と矛盾が生じないように注意しましょう。

もし選考の途中に少し考えが変わったとしてもその根本は変わらないはずです。

最終面接で矛盾していると思われないためにも事前に自己分析を入念に行っておく必要があるでしょう。

 

ワンポイント
企業の価値観や社風と合わない人は要注意
・志望度が低く見えないようにする
・今までの選考との矛盾に気をつける
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


最終面接で熱意を伝える時のポイント

手を上げる女性

次は最終面接で熱意を伝える際に気をつけたいポイントをご紹介します。

以下のようなポイントを守れば、企業に対して自身の入社への熱意を伝えることができるでしょう。

第一志望の企業だと伝えよう

まず企業に対して第一志望であるということをきちんと言葉にして伝えるようにしましょう。

いわなくても伝わると思わずに言葉にすることで企業側もあなたの熱意を直接感じ取ることができます。

最終面接では役員や社長との面接となりますが、物怖じせずに自分の気持ちを伝えるようにしましょう。

なぜその企業なのか説明できるようにしよう

両手でガッツポーズ

ただ第一志望であることや入社したいという意欲を伝えたところで、企業側は何故同業他社じゃダメなのかと疑問に思います。

その熱意に説得力を持たせるために企業に対して何故他社じゃダメなのかという部分をきちんと説明するようにしましょう。

これを伝えることによって、会社側はあなたの入社への熱意が本物であると感じるはずです。

その会社ならではの社風や業務内容などを具体的に取り上げて説明すると効果的だと思われます。

入社したらどう活躍できるのか具体的に伝えよう

入社後のビジョンを提示することによって、面接官もあなたの入社後の業務に取り組む姿を具体的に想像することができます。

もしそのビジョンが会社の価値観と合致していると思った場合「この応募者を採用したい」と思ってもらうことができるでしょう。

最終面接では具体性が重要視されるので、曖昧であったり抽象的であったりする回答は避ける必要があります。

入社後にどうやって業務に取り組んでいきたいかが明確になっている人材は企業から見て魅力的です。

どう貢献できるのかを自分でプレゼンできる人材は前向きに会社に取り組んでくれるであろうと面接官も期待を寄せることでしょう。

 

ワンポイント
・第一志望であることを言葉で伝える
・同業他社じゃダメな理由を話す
・入社後のビジョンを明確に提示する

最終面接で熱意を伝える時に意識したいこと

話をする女性

最終面接で熱意を伝える際には話す内容だけでなく、話し方も重要となってきます。

ここでは熱意を伝える際に意識しておくべきことについて解説していきましょう。

面接というのは見た目や振る舞いも選考結果に大きく影響します。

最終面接を通過するためにも細かい部分にまで気を配るようにしましょう。

姿勢や表情で好印象を与えよう

姿勢や表情で印象は大きく変わります。

もしも姿勢が悪かったり態度が悪かったりするとそれだけで悪印象を与えてしまうでしょう。

好印象を与えたいのであれば、背筋を伸ばして笑顔で話をするように心がけることが大切です。

それだけで明るく自信があるように見えるだけでなく、同時に前向きで誠実な印象も与えることができます。

最終面接だからと油断せず、姿勢や表情には十分に気をつけましょう。

ハキハキと話そう

話す際に要領を得なかったり滑舌が悪かったりするとだらしない印象を与えてしまいます。

最終面接では自分の入社への熱意を伝える場でもあるため、迷いのない印象を与えるためにもハキハキと話すようにしましょう。

ハキハキと話せば面接官もあなたが一生懸命に伝えようとしていることを理解してくれるはずです。

熱意を伝えるために話し方も意識するように心がけましょう。

 

無料転職相談をして自分の経験を活かせる仕事を見つけよう

 

最終面接の注意点

面接を受ける女性

最終面接で熱意を伝えようとするあまり、面接官に失礼な態度を取ってしまってはいけません。

以下のことに注意するようにしましょう。

冷静さを忘れないようにしよう

熱意を伝えようと前のめりになり過ぎて冷静さを失ってしまうと面接官にマイナスな印象を与えてしまいます。

入社後の業務でも熱くなりやすいのではないかと懸念されてしまうかもしれません。

熱意は伝えつつあくまでも冷静さは失わないように心がけましょう。

面接官の話を遮るのはNG

最終面接で自身の気持ちをアピールしたいからといって面接官が話しているのを遮ってしまってはいけません。

あくまで面接官からの質問に答える形で話をするようにしましょう。

もし面接官の話を遮ってしまえば、ビジネスマナーがきちんとしていないと思われてしまう可能性があります。

相手は入社後、上司になる相手だということを意識し、失礼のない振る舞いを心がけましょう。

面接というのは企業との対話の場です。

そのことを心に留めながら自分の話をするだけでなく面接官の話もきちんと聞くようにしましょう。

 

ワンポイント
・熱意を伝えるあまり冷静さを失わないように注意する
・面接官の話を遮らず最後まで聞く

最終面接で熱意を伝えるポイントをチェックして志望度の高さを伝えよう

スーツで悩むしぐさ

ここまで最終面接で熱意を伝えるポイントや注意点などをご紹介してきました。

最終面接では役員や社長などと面接をすることとなります。

それまでの選考では能力や経験なども評価対象でしたが、ここでは入社後のビジョンや入社への熱意が重要視されるのです。

その企業で働きたいという気持ちを前面に出すことによって、志望度の高さを伝えることができるでしょう。

その際には伝え方だけでなく、振る舞いや話し方にも注意することで更に好印象を与えることが可能です。

今回ご紹介したポイントに気をつけて、その想いを的確に面接官に伝えられるように準備しておきましょう。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


最終面接で内定をもらうための逆質問

指をさす女性

最終面接では役員や社長相手となるため、それまでの面接とは違った形で逆質問をするようにしましょう。

経営陣に対しての質問として最適なのは経営戦略事業の将来性についてです。

こうした質問は会社の中枢である彼らだからこそ明確に答えられるものだといえます。

あなたが会社の今後にも深く興味を持っているのだということを示せば、好印象を与えられるはずです。

内定をもらうためにも逆質問の場では役員や社長だからこそ答えられる質問をするようにしましょう。

 

無料転職相談をして自分に合った職場を見つけよう

 

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

意欲的な女性

転職に関して悩みがある場合には転職エージェントへ相談してみてはいかがでしょうか。

転職活動というのは企業の人々との対話が重要となるため自分だけでは気がつけない客観的な視点が重要となります。

もし悩みがあって解決策を持ち合わせていない場合は、そうした客観的な視点に頼るのも手です。

転職エージェントは転職のプロであるため、的確なアドバイスをしてもらうことができるでしょう。

理想の転職を成功させるためにもプロの視点から転職活動をサポートしてもらってみてはいかがでしょうか。

まとめ

パソコンを持つ女性

今回は最終面接で熱意を伝える方法や、伝える際のポイント・注意点などを中心にお届けしました。

最終面接まで選考が進めば内定まであと1歩です。

的確な対策を行って選考を通過できるように頑張っていきましょう。

もし面接対策に不安を抱えている場合には転職エージェントへの相談を検討してみてください。

自分だけでは気がつけないこともエージェントを利用すれば的確にアドバイスしてくれることでしょう。

転職活動を悩みなく万全の態勢で行っていくためにも、この機会にプロの手を借りてみてはいかがでしょうか。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!