子育てをしながら働く女性をワーキングママ通称ワーママと呼びます。

ワーママとして働きながら転職を考えている人も少なくないでしょう。

ワーママの転職はタイミングをしっかりはからないと子育てに影響を与えることもあります。

この記事ではワーママが転職する際のタイミングについて解説します。

思わぬ注意点についても紹介しますので参考にしてみてください。

Contents

ワーママの転職タイミング

ガッツポーズをする女性

ワーママの転職はタイミングが大切です。

子育てをしながら働くだけでも大変なのにそこに転職活動がプラスされるとさらに大変さが加わります。

子どもの生活や家族の生活状況も加味して活動しやすいタイミングをはかることが大切です。

とくにスムーズに活動が進まないと日常生活にも支障をきたす可能性があります。

子どもの年齢や転職先などに応じてしっかりと計画を立てて行動することが大切です。

ワーママが転職するメリット・デメリットとあわせてタイミングについても詳しく解説します。

ワーママが転職するメリット

おもちゃで遊ぶ赤ちゃん

 

現在の職場に対して不満がある、仕事へのモチベーションをあげたいなど転職の理由はさまざまです。

子育て中であれば子どもとの関わりが転職理由になることもあるでしょう。

本当に転職するべきなのかと悩むこともあるかもしれません。

まずはワーママが転職することで得られるメリットについて理解しましょう。

仕事をすることでやりがいを感じられる

子育てをしながら働くことは想像以上に大変です。

それでも仕事にやりがいを感じることができていれば頑張れるという女性は多くいます。

現職にやりがいを感じていない場合はとくに転職を考えるでしょう。

転職することで仕事にやりがいを感じることができれば大変でも頑張ろうと思うことができるでしょう。

仕事のモチベーションを高めるために転職することはメリットです。

仕事と育児の両立について相談できる人が増える

転職することで仕事と育児の両立について相談できる人が増える可能性があります。

前職や現職ではワーママが少ない環境で働いていたという人もいるでしょう。

ワーママに理解のある会社に転職することで仕事と育児の両立を実現することも可能です。

仕事だけでなく子育ての悩みを相談できる相手が身近にいることはワーママにとって重要なポイントです。

職場の理解が得られ得る環境に転職することはワーママにとってメリットといえます。

子供の教育費を計画的に用意できる

ワーママとして働くことで安定した収入を得ることができている人も多いでしょう。

正社員、契約社員、パートなど働き方はさまざまですが収入が安定していることは子育てにおいても重要です。

子どもは大きくなるにつれて教育費がかさみます。

将来の教育費を計画的に用意することができる点はワーママとして働くメリットです。

さらに転職することで報酬アップを狙うことも可能でしょう。

報酬がアップすれば子どもの教育費を余裕を持って用意することができるでしょう。

転職条件に報酬アップを盛り込むことも大切な視点です。

 

ワンポイント
ワーママが転職するメリットを理解することで転職活動をスムーズに進めることができます。

ワーママが転職するデメリット

資料を抱える女性

ワーママが転職することで生じるデメリットについても理解しておきましょう。

メリットも多い転職ですが、デメリットもしっかり理解して行動に起こすことが大切です。

とくにワーママの転職は子どもや家族の生活にも影響を与える可能性があります。

転職によって生じるデメリットには次のようなものが挙げられます。

  • 転勤や移動の可能性がある
  • 勤務時間が子どもの都合にあわせにくくなる
  • 残業が多い
  • 休日出勤などを断りにくい環境
  • 責任のある仕事に就く

このように転職によって働き方が激変することもあります。

女性としてキャリアアップを臨んで転職すると子どもや家族との時間が少なくなることもある点は理解しておきましょう。

キャリアアップしながら働きやすい環境で仕事をすることももちろん可能です。

まずはワーママとしての転職条件をしっかりと定めて活動をスタートすることが大切になります。

ワーママが転職する子供の年齢に応じたタイミング

子供を抱く女性

ワーママの転職のタイミングは子どもの年齢によって大きく変動するのが特徴です。

未就学児の場合には子どもの預け先にも大きな影響を与えることがあります。

子どもの年齢に応じたタイミングについて解説します。

「0〜3歳」の場合

0〜3歳児のワーママは産休・育休明けの人も多いでしょう。

再就職や職場復帰をしたものの、以前と同じような働き方ができないことで悩む時期がこのタイミングです。

場合によってはマタハラを受けたことで転職を考える人もいるでしょう。

ただ、このタイミングでの転職は比較的ハードルが高めです。

0〜3歳の子どもは一緒にいる時間は目を離すことができない時期です。

そうなると転職活動をするにも子どものお世話をしながら行うことになります。

ネットで求人を探すだけでもなかなかスムーズにいかないこともあるでしょう。

またこの年齢の子どもは体調を崩すことも多くあります。

転職の面接日に子供が体調を崩してしまったという経験者も多くいます。

転職が決まっても転職先で研修期間なのに子どもの体調不良で休みを取らなくてはならなくなるケースもあるでしょう。

この時期に転職を決断する場合には家族の協力は不可欠です。

ベビーシッターや病児病後保育、一時預かりなどが利用できるかを事前に確認しておくことも大切です。

「4〜5歳」場合

子どもと母親

4〜5歳の子育て中のワーママの転職はタイミング的にはベストです。

乳児期に比べて体調不良も少なくなり、保育園や幼稚園に預けることも可能となります。

子育て自体にも余裕が出てくるのがこの時期です。

転職するのであれば中長期的な計画を立てて行うことがポイントとなります。

自分のキャリアと同時に子どもの成長もあわせて考えるとよいでしょう。

またこれから第二子、第三子の出産を検討している場合はそれもあわせて転職先を検討する必要があります。

子どもが小学校に上がってからも働き続けることができるのかも重要なポイントです。

また2人、3人を育てながら働くことができるかもよく考えておきましょう。

「小学校の入学前後」の場合

子どもが小学校に入学する頃になると子育ても随分と安定してくるでしょう。

子どももある程度のことが自分でできるようになってきます。

子どもが小学校に入学すると生活スタイルも変化します。

これはよい点もあればマイナスになる点もあります。

保育園や幼稚園では預かり保育などを利用すれば朝早くから退勤時間まで子どもを預かってもらうことができていました。

これに対して小学校は登校時間が決まっており、下校時刻も早くなります。

学童保育の利用なども検討する必要があるでしょう。

ただ登校時間は変更することができないため出勤時間が早い場合の対処を考える必要があります。

子どもが楽しく小学校に通えて自分も働きやすい環境にするために転職を考えるにはよいタイミングでしょう。

入学直後は子どものケアが重要になるため4月前後の転職は避けたほうがよいでしょう。

 

ワンポイント
ワーママの転職は子どもの成長段階にあわせたタイミングが重要となります。

ワーママの転職活動の上手な進め方

働く女性

ワーママが転職活動を上手に進めるためのポイントはどこにあるのでしょうか。

まず転職を考えはじめたら子どもの成長や突発的なトラブルも含めた計画を立てることが大切です。

子どもが寝ている間や預けることができる時間にしっかりと活動を進められるような計画を立てましょう。

独身や男性の転職と異なり、短期間で転職しようとすると辛くなることもあります。

少し余裕を持った計画を立てておくことで納得のいく転職先を見つけることができるでしょう。

また面説日には突発的なトラブルを想定して複数の預け先を確保しておくことも重要なポイントです。

面接に穴を開けてしまうと内定は難しくなる可能性が高まります。

実家などに預けることができればよいですが難しい場合には外部サービスの利用もひとつの方法です。

ワーママが転職する上での注意点

電話をかける女性

ワーママが転職する際に注意したほうがよい点について解説します。

せっかく転職するのであれば求人をしっかりと確認して長く働ける環境に就職できるようにしましょう。

男性ばかりの企業は避けよう

注意点のひとつめは男性の職員が多い企業を避けるという点です。

すべての企業がそうとは限りませんが、男性が多い職場では子育てしながらの仕事に理解が低いことがあります。

ワーママが働きやすい環境や制度が整っているか。

ワーママの採用経験のある企業であるか。

ワーママへの理解度が高い企業であるか。

このような点を確認しておくことが重要です。

たとえば時短勤務や時差勤務、フレックス勤務、リモートワークなどを導入している企業はおすすめです。

ただし、これらが本当に活用されているかどうかを確認することも怠らないようにしましょう。

次の項目で具体的に解説します。

求人情報を鵜呑みにしない

パソコンを触る子どもと母親

求人情報に時短勤務や時差勤務、フレックス勤務、リモートワークなどと記載されているケースも多くあります。

制度として取り入れている企業は多くあるでしょう。

ただ問題点はそれが実際に活用された実績があるかどうかです。

求人に書いてある内容を鵜呑みにして転職したら実際は制度の利用がしにくかったというケースもあります。

育児休暇なども取得実績があるかどうかを確認することは大切です。

子育てをしながら働いている人が実際にいるかも大切なチェック項目です。

求人だけではわからない点は転職エージェントを利用して確認するという方法もおすすめです。

 

ワンポイント
転職活動をする上でのデメリットや注意点を理解することも転職を成功させるコツです。

ワーママの転職成功例をチェック

保育士と赤ちゃん

実際に転職に成功したワーママの事例を紹介します。

転職を検討する際の参考にしてみてください。

転職の目的を忘れない

転職活動をスタートすると条件にばかり目が行きがちになります。

もちろん勤務条件は重要なポイントです。

とはいえ、なぜ転職したいのかという目的を忘れて条件にばかりとらわれてしまうことは危険です。

最終的に条件面で決めるとやりたい仕事ではなかったということにもなりかねません。

自分のためになる仕事であるか。

子どもとの時間を費やしてでもやりたい仕事であるか。

この点を忘れずに目的意識を高く持つことも転職を成功させるポイントです。

目先のメリットにとらわれることなく中長期的に働ける環境に転職することを念頭におくことも大切です。

家族の理解をしっかりと得る

子供を抱く女性

ワーママの転職は家族の理解を得ることも大切なポイントです。

子育てを家族で協力しながら行える環境があることで仕事をスムーズにこなすこともできるでしょう。

転職することをまず家族に相談し、どのような仕事がしたいのかを理解してもらいましょう。

勤務時間や仕事の内容にも理解を得ておけば働きはじめてもスムーズに仕事を進められます。

分担できることは事前に計画を立てて分担しておくのもおすすめです。

1人ですべてを抱え込んでしまってはワーママとして働くことは難しくなります。

転職後に楽しく働く自分をしっかり想像して、子育てとの両立も楽しめるような転職先を見つけましょう。

ワーママが転職成功するためのポイント

子供を抱っこしてゴミ捨てをする女性

ワーママとして転職活動をする上で重要となるポイントについて解説します。

転職先でワーママとして楽しく働けるように選考の段階でしっかりとした見極めを行うことも大切です。

希望条件の優先順位を決めよう

転職をする際には条件を決めるでしょう。

ワーママの場合は希望条件に優先順位をつけておくことが大切です。

子育てをしながらの仕事は時間や体力に制約がかかることもあります。

何かを犠牲にしなくてはならないこともあるでしょう。

そのためこれだけは譲れないという条件を明確にしておくことも必要です。

自分のなかでしっかりと優先順位を決めておくことで、面接の際にもブレることなく臨むことができます。

企業の情報収集は徹底しよう

ワーママの転職でもっとも重要といえるのが企業研究です。

時間や体力に制約が起こりやすいワーママだからこそ、ワーママに理解のある企業に転職することが重要です。

求人に記載された内容をもとに、ワーママに対してどのような実績がある企業かをチェックしてみましょう。

自分だけで調べることが難しい場合には転職エージェントの活用がおすすめです。

豊富な企業情報を保有している転職エージェントはワーママの転職には欠かせないパートナーともいえるでしょう。

入社前に不明点や疑問をまとめておこう

求人をみて疑問に感じたことは遠慮せずに面接で確認しましょう。

そのためにも不明点や疑問をまとめておくことが大切です。

入社後のミスマッチを避けるためにもこの行動は必須です。

ワーママであることを理解して面接をしてくれる企業である以上、人事担当も質問にはきちんと答えてくれるでしょう。

逆に質問したことで顔をしかめられるような企業であればワーママに理解が低いと考えましょう。

このような企業であれば採用されたとしても仕事が大変になる可能性が高いといえます。

 

ワンポイント
ワーママが転職を成功させるためには事前の準備をしっかりすることが重要です。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

小児科の様子

ワーママとして転職活動をすることは比較的ハードルが高いといえます。

それでも新しい環境を求めて転職活動をすることはよいことです。

ワーママが転職活動をスムーズに進めるには理解してくれるパートナーの存在が欠かせません。

家族ももちろんですが、転職活動を具体的にサポートしてくれるのは転職エージェントです。

転職エージェントなら求人を豊富に保有しています。

まず求人を探す手間が省けるでしょう。

さらに気になる企業の情報もエージェントから聞くことが可能です。

企業研究の手間も省けるでしょう。

面接の練習、面接で聞いても大丈夫な質問かの確認などワーママとしての不安も共有してくれます。

ワーママの転職活動には転職エージェントの活用がおすすめです。

まとめ

保育園に子供を預ける様子

ワーママが転職活動をする上で重要なポイントについて解説してきました。

子育てをしながら家庭のこともあるなかでの転職活動はハードルが高い作業になります。

ただ、長期的によい環境で働くためにはタイミングをはかって転職することも必要です。

できるだけ労力をかけずに転職を成功させるには転職エージェントの活用がおすすめです。

ワーママとしての不安を共有してもらいながら、転職活動のサポートを受けられることで心に余裕を持つこともできるでしょう。

転職活動をスムーズに進めたいなら転職のプロである転職エージェントに相談してみましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら