転職を考える人の中には今勤めているグループ会社間での転職を検討している人もいるでしょう。

特に多くのグループ会社を抱える大手企業であれば、会社ごとにメイン事業や業界が異なる場合もあります。

しかしそもそもグループ会社への転職は問題ないのでしょうか。

本記事では、グループ会社へ転職する際の注意点や転職前に確認しておきたいポイントをご紹介します。

Contents

グループ会社へ応募する時の注意点

考える女性

グループ会社への転職活動は、法律的には何の問題もありません。

希望するグループ会社から募集があれば応募することは可能です。

逆に公にグループ企業であることで応募者を失格させることは禁止されています。

ただし親会社や、その関連会社・子会社・孫会社での方針はまた別問題です。

グループ会社間の転職は認めず、応募しても書類審査で門前払いになる場合があります。

親会社の経営方針や募集要項をしっかり読んで、グループ間での転職が可能かを事前に確認しておきましょう。

グループ会社の形態を知ろう

「グループ会社」と一口で言っても形態によって関係性は異なります。

グループ会社とは大きく2種類に分けられるため、まずはその2つの種類を解説します。

独立型のグループ会社

企業

独立型のグループ会社は親会社との資本提携が株式資本の20〜50%ほどの、関連会社ともいわれる会社のことです。

経営方針等は親会社から大きな影響を受けますが、経理や人事などは独立して経営されています。

M&Aで買収された企業や過去にライバル会社だった企業などの場合が多いです。

連携型のグループ会社

連携型のグループ会社は、資本の大半を親会社に頼っている会社のことです。

株式資本50%以上が原則であり、一般的には子会社と呼ばれます。

親会社の製品を世に出すために必要な部品やサービス、運輸等を行う会社です。

経理や人事部なども連携しており、これらの部署が管理する情報は基本的に共有されています。

業績も基本的には親会社の業績に連動しており、税務上で重要な役割を果たすこともあります。

消費税や法人税の減免に利用されるなど、節税対策の役割を担っているのです。

また、親会社の名前が社名の一部についていることが多いという特徴もあります。

 

ワンポイント
グループ企業の関係性によって転職活動で注意すべきことも変わる。

グループ会社間での転職活動はバレる?

グループ会社間での人事情報のやりとりは会社間の関係や守秘義務契約の状況にもよります。

基本的に、企業間の情報のやり取りは契約書で正式に取り交わされることが当たり前です。

しかしグループ会社の転職については少し事情が異なります。

特に人事部の会社間のつながりの強さや、社長・役員の意向の強さなどで変化するため、それぞれの違いを解説します。

人事が繋がっている場合

握手をする人

グループ会社の人事情報は、会社の守秘義務の取り決めや仕組みによっては情報がシェアされている可能性があります。

転職前の評価や賞罰なども共有されているので、転職の理由には注意が必要です。

転職理由でネガティブなことを言うと、それも共有されて現職の会社に伝わってしまうと考えた方がよいでしょう。

逆に、転職前の評価が高い場合は採用されやすくなるメリットもあります。

公式には発表されない情報のため、情報がシェアされていることが当たり前と考えて活動した方がよいでしょう。

人事が繋がっていない場合

相談を受ける女性

人事情報がシェアされていない場合には、グループ会社といえど事実上は別の会社扱いです。

そのため応募してもグループ会社の社員だとバレる可能性は低いでしょう。

ただしグループ会社間での転職に関する規定が設けられている場合があります。

人事部がつながっていないとしても、規定での制約がないかは事前に確認しましょう。

バレて困ると思うなら転職は避けよう

グループ会社からの転職は選考が進んでいく中でいずれバレるものです。

応募する前からグループ会社への転職がバレることを気にするのであれば、転職は避けた方が良いでしょう。

また先述した通り、転職前に低評価や賞罰などがある場合はその情報もシェアされている可能性があります。

そこがネックとなって転職が進まない場合は、グループ会社への転職は避けましょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

グループ会社の関係者は採用しないと決めている企業も

NGを出す女性

上場企業などの大企業での事例はありませんが、一族経営のグループ企業では役員を兼任している場合などがあります。

そういった場合は同じグループ会社への転職を認めない場合があるので注意してください。

またグループ会社間での転職者が多く出れば、それによって会社に損失がでてしまう可能性があります。

そうした自体を防ぐためにも一定の規制を設けている場合もあるでしょう。

ただし法律的に正式に禁止されているわけではありません。

対応は企業によって様々のため、事前に採用担当に確認するなどしてこうした心配事は解消しておきましょう。

 

ワンポイント
転職活動を始める前に規制がないか必ず確認しよう。

グループ会社間での転職を会社に言わないリスク

グループ会社への転職を現職の会社へ報告しないことでリスクが発生する場合があります。

転職希望先へ転職希望の情報がシェアされ、現職場での阻害により転職しにくくなる可能性は十分に考えられるでしょう。

さらにうまく転職できても前職での悪い評価が転職先に伝わってしまうこともあり得ます。

どのようなリスクがあるのかを解説します。

今後の進退に影響が出る場合がある

悩む女性

グループ会社の募集に応募したものの、就職できないということもあるでしょう。

その場合相手側の人事を通して、転職をしようとした事実が伝わってしまうことがあります。

この場合、現職の会社ではいつ辞めてもおかしくない社員として扱われ、評価が上がりにくくなるリスクがあります。

さらにうまく転職できた場合も転職してきた社員として扱われるため評価が上がりにくいことにかわりはありません。

転職=リセットや、絶対に待遇やポジションがアップするわけではないことは頭の片隅に置いておいた方がよいでしょう。

給料の査定に影響が出る可能性がある

給与明細、お金

転職がうまくいった場合でも給料の査定に影響することがあります。

転職でくる人材は、また転職で出て行ってしまうかもしれない人材と判断されやすいからです。

こうした評価を覆すのは簡単なことではありません。

また、グループ会社からの転職だからといって優遇されるということもない場合がほとんどです。

転職に成功したとしても一からスタートだと割り切りましょう。

重要な仕事を任されにくくなる可能性がある

転職者は、人事から「また転職してやめてしまう可能性のある人物」としてとらえられてしまうことがあります。

職場や上司もそのように捉えていた場合、せっかく心機一転して入った転職先でも重要な仕事が任されにくくなることもあります。

転職する理由は人それぞれですが、何かしら希望の会社でしたいことや目標があるはずです。

それを実現できるかどうかは転職前の段階で十分に検討しましょう。

志望動機はどう答える?事例をチェック

グループ企業への志望動機は、業務に似通った点も多く、比較的作りやすいのではないでしょうか。

今までのキャリアをうまく活かして相手企業を納得させられる志望動機を作りましょう。

志望動機がネガティブなものでないか気を付けよう

ミーティングをする女性

転職の理由が「今の職場があわない」などのネガティブな理由の場合は注意が必要です。

採用・不採用に拘わらずグループ会社間で選考中の情報が共有される可能性があります。

もし現職の会社の悪口などを言えば、どちらの会社からも評価を落としてしまうでしょう。

そのため、本当の理由がネガティブなものだったとしても事実をそのままに伝えることは絶対にNGです。

ただし、ポジティブな言い換えが浮かばないからといって嘘をつくのもおすすめしません。

嘘はいずれバレるもののため、嘘にならずに前向きな理由を答えられるようよく考えて準備しておきましょう。

例1:人間関係が理由の場合

悩む女性

転職理由としてよくあげられるのが人間関係の悪化です。

しかし面接の場で人間関係が悪いために転職を希望したと伝えても採用はもらえないでしょう。

同じ内容でも言葉や伝え方を変えることで印象が大きく変わります。面接での回答はポジティブな伝え方を心がけましょう。

この場合は以下のように言い換えることができます。

 

〈例文〉

前の職場では、個人でこなす仕事が多く、社員間で協力する場面が少ない環境でした。

しかし私は人とコミュニケーションをとり、その中で生まれる新しい発見や発想を仕事に活かすことが得意です。

そのため、社員同士コミュニケーションを取り、チーム一丸となって事業に取り組みたいと考えております。

御社では社員が団結して仕事に取り組むと聞き、御社への転職を志望しました。

例2:仕事への不満が理由の場合

現職での仕事に対する不満が理由で転職を考える人もいるでしょう。

自分が希望する仕事が任されなかったことが理由だとしても、これもそのまま伝えることはおすすめしません。

やりたいことを任されなかったのは会社側にも事情があるでしょうし、自分の実力不足の可能性もあります。

できなかったことへの不満ではなく、仕事への意欲が伝わる表現に言い換えて答えましょう。

 

〈例文〉

前の職場では責任のある仕事を担当させてもらいました。

その仕事をさらに発展させて別の分野でも活かしたいと考えていましたが、現職ではそれは難しいことでした。

御社であればこの経験を活かすことができるのではないかと思い志望しました。

 

ワンポイント
転職理由は前向きな理由に言い換えることを心がけよう。

転職前に確認しておきたいポイントをチェック

グループ会社への転職は、リスクはありますが不可能なわけではありません。

そんな転職を確実に進めていくために、確認しておきたいポイントをチェックしていきましょう。

グループ会社の方がよく見えるだけではないか考えてみよう

これから面接

友人や知り合いが別のグループ会社に勤めていると、その会社の良いところばかり聞かされることもあるでしょう。

しかし「隣の芝は青い」ということわざもある通り、転職希望先の企業のいいところだけ見て転職先を決めるのは後々の後悔の元です。

例えば上場企業であれば四季報などで推定年収がわかりますが、その推定年収の多い少ないで会社選定をするのは危険です。

会社の支払い給与が高くても、家賃補助などの福利厚生がイマイチな会社もあります。

手取り18万円家賃補助なしと手取り15万円+家賃補助5万円なら後者の方が得だと感じるでしょう。

転職先の企業の情報はできるだけたくさん集めて、総合的に判断できるようにしましょう。

ただし、インターネットで集められる会社の情報の中には真偽のはっきりしないものがたくさんあります。

採用担当に質問する、実際に働いている知人に話を聞くなど、信頼できる情報を集めましょう。

転職する意志が強いときは他企業以上に慎重に行おう

先述した通りグループ企業への転職は、ほかの企業に転職するよりもハードルが高くなりがちです。

転職活動がうまくいったとしても、給与が思っていたほどもらえない・評価が上がりにくいなどのリスクもあります。

急いで転職する事情があるような方でも、事前の情報収集は慎重にして注意を欠かさないでください。

また面接の答えなど選考中の情報が共有される可能性もあります。

これらが現職での評価に影響しないように注意することも大切です。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

グループ会社間でも自己分析や企業分析を徹底しよう

鉛筆とノート

業務内容が比較的近いグループ企業への転職活動の場合は、志望動機を現職の就職活動の時のものを流用できるかもしれません。

しかし、グループ会社とはいえ会社が違う以上、仕事の内容・社風・経営方針などが全く一緒だということはありません。

通常の就職活動と同様に、まずは自己分析をしっかりと行いましょう。

転職先で何ができるか、何をしてみたいかを考え、エントリーシートや面接で相手へ伝えられるような準備が大切です。

その自己分析と自分のやりたい仕事、相手の会社がほしい人材がマッチすれば転職はうまくいきます。

そもそも就職活動の目的は「志望企業から内定を獲得する」ことです。

自己分析が完了したら、企業が求める人材と自分が合致するかを考慮する必要があります。

つまり、自分の内面のみで自己分析を完結させるのではなく、企業側の視点も持ちながら考えていく必要があるということです。

自分のための「自己分析」ではなく、企業の求める人材と自分のやりたいことが一致することを常に意識しましょう。

 

ワンポイント
転職活動で欠かせない「自己分析」と「企業研究」は徹底的に行おう。

転職の相談は転職エージェントを活用しよう

面接

転職活動は自己分析を行った上で、給与や福利厚生などの自分の求める職場環境から希望の企業を絞り込んで行います。

しかし、自分の希望条件や、自己分析が客観的に正しいかなどは自分一人では評価しづらいものです。

そんな時には、就職エージェントの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントには、自己分析・エントリーシート・面談練習など、転職活動に関する様々な相談ができます。

相談することで自分の気づかなかった適性や、思っているより良い条件の募集もあるかもしれません。

まとめ

外を歩く女性

今回はグループ会社への応募の注意点を解説しました。

女性の転職希望者のグループ企業への転職は可能ですが多くのリスクもあります。

グループ会社間の規定によっては転職が難しいこともあるでしょう。

そのため、グループ企業出身社員受け入れ可能な企業かどうかの確認は必要です。

また、転職理由では現職へのネガティブな理由は言い換えてなるべくポジティブに伝えましょう。

グループ会社への転職は他の企業に転職するよりも気を遣う場面も多くなります。

どうすれば良いのか悩んだ時は、転職エージェントなどの第三者の目を有効活用して転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら