女性の転職面接にて頻繁に交わされている質問項目についての特集です。

必ず聞かれる質問の典型とその回答例などを中心に、いかにして転職面接を通過させるかを解説していきます。

また好印象を与える逆質問のメリットや注意点なども併せて紹介します。

転職面接でよくある質問をご紹介

パソコンの画像

転職面接にはある一定の決まった流れがあることをご存じでしょうか?

採用担当者が知りたいことはほとんど類似している部分が多く、そのため質問事項も凡庸化されている部分があります。

面接での主な質問として必ず聞かれるのが、自己紹介・自己PRからです。

その後、転職理由・志望動機・キャリアビジョン・逆質問といった構成で展開します。

つまり、よく聞かれる可能性のある質問項目の傾向を事前に理解しておくと、適切な回答ができるメリットがあるのです。

そこで今回は、転職面接で頻繁に聞かれる質問事項についての解説をしていきましょう。

自己紹介

スマホとパソコンの画像

転職面接のスタートは自己紹介です。

概ねでは、面接官から「自己紹介をしてください」と聞かれます。

あるいは「経歴を交えながら自己PRをしてください」などシンプルに声をかけてくれるはずです。

自己紹介は、どの応募者にとっても最初の関門となる質問事項といえます。

ここでしっかりと自分を客観的に話せれば、ひとまず落ち着いて次の質問にも回答ができることでしょう。

回答のポイント

面接官は自己紹介を促すことによって、応募者が当社で活躍できそうな人材かを大まかに判断します。

面接官へ期待感を持たせられれば以降のやり取りもスムーズになるでしょう。

より積極的に採用したい方向へ変化していく大きな意味が含まれているのです。

回答のポイントは、面接官の目を見て、ハキハキと話すよう心掛けてください。

当たり前なことでありつつ、これがなかなか本場になると緊張してできない応募者も多いと聞きます。

今後ビジネスパーソンとしての常識であると自覚して臨むべきでしょう。

他にも、仕事の実績を端的に述べているかが問われます。

あくまでも転職活動の一環なので、自己紹介の中には過去の業務についての経験を紐解いて話しましょう。

趣味や学生時代のことはあまり意味がないと思ってください。

質問例

パソコンとスマホの画像

自己紹介を促す際の、企業側からの質問例としてはそれほどバラエティに富んだ内容はありません。

端的でストレートに質問をすることのほうが多く見受けられます。

例えば「簡単に自己紹介をお願いします」と切り出すはずです。

あるいは「これまでの経歴を踏まえながら、自己紹介をしてください」といった聞き方をします。

回答例

私●●と申します。本日はよろしくお願いいたします。

今まで5年間ほどアパレル関連の店舗にて店長業務を経験してきました。

その後エリアマネージャーに昇格となり、各地域のスタッフのスキル向上のために注力して現在に至ります。

近年2年で社員定着率70%から98%という成果をあげたことがあります。

この度は御社の営業職へのチャレンジです。

顧客満足度の向上を目指せる営業パーソンとして貢献できればと考えております。

無料転職相談をして転職を成功させよう

転職理由や志望動機

ビルディングの画像

自己紹介に続いて質問してくる項目は転職理由や志望動機についてです。

なぜ現職・前職を辞めて当社へ来たいのかを質問することはごく自然な流れといえます。

面接官としても、応募者に何があったのかその経緯を知りたいと思うのは当たり前ではないでしょうか?

ただし、ほとんどが前職の不満や不安・不慮な出来事があったことは承知しているはずです。

その部分をどう補いながら回答できるのかが問われます。

回答のポイント

志望動機についての回答では、主体的な感情を前面に出さないように気をつけましょう。

その上で、論理的で具体性のある過去の経緯を展開する必要があります。

例えば転職理由の本音が、残業などの重労働による弊害だった場合でも、言い方を考えておきましょう

残業が多すぎて嫌になったと伝えては、面接官の評価が下がるだけです。

企業に勤める以上はある程度の残業も覚悟せざるを得ません。

本音であっても言わないことを決めておくのが、志望動機を話す上での鉄則と思っておきましょう。

質問例

封書とパソコンの画像

志望動機を聞く質問も、まずはストレートに理由を聞くところから始まります。

例えば「なぜ当社に応募したのでしょうか?」という聞き方をするでしょう。

他にも「この業務を選んだ動機を聞かせてください」といった聞き方も典型的です。

さらにそこから展開し、「他にはどのような企業を受けますか?」という質問も多いようです。

または、「当社の製品やサービスを利用したことがありますか?」といった質問もあります。

回答例

先日、会社案内を送付いただきまして読ませていただきました。

ホームページも拝見しまして、御社の概略が自分の理想とマッチしそうだと感じております。

とくに新人スタッフからの直接の提案にも積極的な制度があることを知りました。

経営の健全さがありそうだと興味を覚えたからです。

ワンポイント
志望動機は言わないことも決めて言うべきことは論理的に伝える
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


自己PR

働く女性の画像

自己紹介と自己PRには違いがあるのでしょうか?

どちらも自分について相手に話すことには変わりありません。

しかし企業側は必ずしも同じとは考えず、それなりに理由があり別物と捉えている場合が多いようです。

自己紹介では、個人的なプロフィールに近いことを話します。

それに対して、自己PRとは、自分に備わっている強みが何かを伝えるための項目です。

この違いをうまく生かしながら面接では話す必要があります。

回答のポイント

自己PRでは限られた時間内で自分がどのような人間なのかをアピールします。

志望した企業で必要とされる人材であることを、強くアピールすることが目的です。

そのためには、自分の強みと企業の求める人物像とがリンクしている必要があります。

まずは自分の強みがその会社にどう貢献できるのかを事前に考えてから話すことが大切です。

質問例

オフィスの画像

企業側から「自己PRをお願いいたします」という聞き方をするのがほとんどです。

他に「あなたの強みを具体的に話して下さい」「長所と短所を教えて下さい」といった聞き方をします。

また「あなたは周囲の人々からどういわれますか」といったひねりのある聞き方もするでしょう。

回答例

私は成長のために困難へも挑戦する人間です。

前職では労働組合の組合長へ立候補して任務を務めた経験があります。

あらゆる労働上の問題点を洗い出すことが中心でした。

それに対しての提案や外部からのアドバイスを柔軟に捉えながら、改善するプロセスを繰り返します。

悩んだ時期もありましたが、結果的には高い評価をもらうことができたと思っています。

無料転職相談をして次のキャリアを見つけよう

キャリアビジョン

キーボードを打つ女性の画像

企業が応募所の将来を質問するのは、自主性や熱量を判断するためです。

もし与えられた業務しかやらない受け身な人物だとしたらいかがでしょうか?

夢や目標を目指して仕事の中で実現しようとする人材と、どちらを選びたいのかは明らかなはずです。

企業側としては、将来の目標を設定し自主的に動ける人材を求めています。

キャリアビジョンがあると、前向きな姿勢で働いてくれる可能性が期待できるでしょう。

回答のポイント

キャリアビジョンの回答では、仕事に関する夢を話しましょう。私生活に関する夢ではありません。

あくまで転職面接であることを念頭にしながら回答を考えます。

その企業の業務内容を通じてどのような将来を築きたいのかを話すようにしましょう。

企業の経営方針やポリシー・理念を考慮した上で。自分自身と照らし合わせてビジョンを語ることが重要です。

まずは応募した企業の事業内容をしっかり調べて、そこだから叶う夢を話すように心がけましょう。

質問例

キャリアビジョンの質問例で多いケースは、「5年後(10年後)はどうなっていたいですか」という聞き方です。

あるいは「将来の目標を聞かせてください」といったシンプルな聞き方がほとんどでしょう。

また「あなたのキャリアパスを教えてください」と聞かれた際も、同じ内容だと判断してよいでしょう。

回答例

御社のホームページを拝見して思い描いたキャリアパスは、事業戦略の中心的役割を担う人材になることです。

営業経験を通じながら顧客ニーズを把握することに努め、御社の製品・サービスの理解を深めてまいります。

付加価値のあるサービス提供を工夫しながら成果を上げていくことが目標です。

恥ずかしながら知識はまだまだ浅いので、書籍やネットで業界研究をしています。

そのため資格の応募をしました。合格できたら御社に貢献できればと考えております。

ワンポイント
キャリアビジョンは応募企業の理念や方針とリンクさせること

困りやすい質問

ビジョンを持つ女性の画像

自己紹介や志望動機といった典型的な質問事項もありつつ、時折困った内容の質問をあえてする企業もあります。

面接はただでさえプライベートな事情を企業に伝えることが前提です。

にもかかわらず、それ以上応募者のプライバシーに関する困った質問をするのは、考え方によっては失礼な話です。

場合によっては、その質問をしたことで応募者が後に辞退することも想定されます。

そのリスクを覚悟してでも、企業がする困りやすい質問にはどのようなものがあるのかを解説していきましょう。

回答のポイント

困りやすい質問をするのは意図があります。そう思って臨めば気にせずに回答できるものです。

まずほとんどの場合は、その応募者が窮地にはまった時にどう対処して立ち直ろうとするのかを見極めています。

そのため、質問事項の内容そのものについては、合否の対象にしていないことがあります。

急なアクシデントに見舞われた時の判断力を備えているかどうかを問いたいのです。

また他の理由としては、単なる骨休み的な意味でしています。

緊張する応募者をリラックスさせる配慮ですので、深く気にしないことが望ましいでしょう。

いずれにしても予定調和と行かない状況をあえて作り、面接の緩急をつけていると考えられます。

質問例

例えば「今までで辛く苦しかった出来事をお聞かせください」と聞かれることがあり得ます。

その際は、応募者のキャパシティを判断しています。実践での仕事では厳しい側面も考えられます。

そのような窮地に立たされた場合に乗り越えられる人材かどうかを客観的に判断したいからです。

他にも「最近の関心事を聞かせてください」という質問も想定できます。

これはその業界や世情にどのくらい敏感なのかを知りたいためです。

世の中の動きを読み解ける人物かどうかは、どの業界でも気になるところでしょう。

回答例

前職で辛かったことは、実績を正当に評価してくれなかった点です。

実力主義を魅力に感じて入社した会社でした。

しかし実際の評価基準は年功序列で、上長の個人的な評価が通過する仕組みだったのです。

次第に、評価基準が客観的で数値の実績を重要視している企業への転職を考えるようになりました。

御社を選んだきっかけもその理由からです。

個人のモチベーションと実績を正当に評価する御社の理念に共感しています。

無料転職相談をしてキャリアを築こう

逆質問で好印象を与える方法は?

仕事をする女性の画像

逆質問とは、面接応募者側から企業へ質問をすることです。

面接試験の終盤くらいで、企業側から促してくることがほとんどといえます。

この逆質問の時間も面接の一部だと思って臨むことがポイントです。

その返答次第で合否が転じることも珍しくないといわれています。

逆質問は正しい質問方法さえ知っておけば、さりげない自己PRになるチャンスです。

事前にいくつか候補を考えておきながら、当日の面接の流れの中で確認しておきたいことを聞くとよいでしょう。

ポイントは、自分のやる気・長所・会社に相応しい人材であることなど落とし所を決めておくことです。

難しいことを抜きにしたいのであれば、自分は早く入社したい熱意に基づいた質問をすると好印象を与えます。

ワンポイント
逆質問は積極的に自分を売り込めるチャンスである
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


質問に回答する時の注意点をチェック

ノートに書く女性の画像

転職面接でのい質問事項に回答する際には、いくつかの注意点が浮上します。

まずは、回答には嘘をつかないことです。多少のデフォルメをすることは構いません。

しかし全くでたらめな内容でその場しのぎをすると、後々になって不利な状況に追い込まれる可能性もあり得ます。

できないことをできると自信ありげに言ってしまって、それが嘘であることがばれてしまうと問題です。

また、質問事項はすべて仕事に直結した項目であると理解しましょう。

個人的な趣味や娯楽については聞かれない限りは言わないことです。

あくまでも転職のための面接だということに注目しましょう。

自分がどのようにその企業で生かせるのかをPRする場であることを知っておくことです。

ワンポイント
面接の回答ではデフォルメはあっても嘘はつかないこと

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

めがねの画像
freephotocc (CC0), Pixabay

転職についての取り組み方は、応募者なりに万全に整えていくものです。

とはいっても、1人で準備をしているのは不安が付きものでしょう。

自分がやっていることが果たして正しいのかどうかを判断してほしいという方もいるはずです。

そこで転職エージェントに登録して活用することをおすすめします。

転職エージェントは転職の専門家です。

些細な悩みを抱え込まずに、いち早く解決したいのであれば転職エージェントに相談をしてみましょう。

まとめ

スマホを持つ女性の画像

転職面接での質問内容はある程度のフォーマットが決まっています。

業界ごとに独自な質問をすることもあるでしょう。

まずは主軸となるフォーマットを事前に理解しておくことです。

その上で、自分の言葉で率直に回答できるレベルに仕上げておくようにしましょう。

基本的には、応募する企業ごとに、入社の熱意が伝わる具体的な回答を用意することです。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!