話をするときに身振り手振りを交えて話す人もいるでしょう。

転職の面接でもボディランゲージが有効に利用できるケースがあります。

ただ、あまりに大げさなボディランゲージはマイナスの印象を与えることもあるため注意が必要です。

この記事では転職の面接で好印象を与えるボディランゲージを紹介します。

面接で使える基本テクニニックやNG行動についても解説しますので参考にしてください。

好印象を与えるボディランゲージをご紹介

面接を受ける女性

面接は自分のことを相手に伝えるための大切な場面です。

人と話すが苦手で面接が苦痛という人もいるでしょう。

上手に話すことを意識しすぎると返って緊張して頭が真っ白になることもあります。

そこで有効なのがボディランゲージを交えた会話術です。

面接官も人間なので、印象のよい人には興味を持ちます。

いくら話が上手でも態度や話し方にクセがありあまりよい印象を受けない人は採用率が下がることもあるでしょう。

面接で好印象を与えるボディランゲージについて具体的に紹介していきます。

面接が苦手でも好印象を与えることができる方法について理解していきましょう。

面接で使える基本的なボディランゲージ

面接を受ける女性

転職の面接で使える基本的なボディランゲージについて解説します。

簡単な仕草で相手に好印象を与えることができるため有効的に活用しましょう。

アイコンタクト

面接はまず自己紹介からはじまることが多くあります。

このとき大切なのがアイコンタクトです。

緊張して面接官の目をみることができないという人もいるかもしれません。

ただ、面接においてアイコンタクトをしないことはマイナスにつながることが多いとされています。

ある研究結果でも、アイコンタクトをする人はしない人よりも知的に見えるという結果が出ています。

1対1の面接だけでなく、グループ面接の場合でも話をしている人にアイコンタクトをすることが大切です。

アイコンタクトの仕方としては、目をずっと見続けることはマイナスになることもあります。

目を凝視するだけでなく、目と鼻、口などを交互に2秒ずつみると好印象です。

ミラーリング

ボディランゲージのひとつにミラーリングという手法があります。

これはボディランゲージの専門家も理想的なボディランゲージのひとつとして取り上げています。

具体的には相手と話すときに「ダンスを踊っている様子」を思い浮かべることが大切とされています。

ミラーリングは日本語でいえば真似ということです。

相手のしぐさを自然に真似ることで相手に無意識に親しみを感じる効果が実証されています。

ただし、これは少し高度なボディランゲージになります。

わかりやすく相手の真似をしてしまうと相手に不快感を与えることもあるでしょう。

相手に気がつかれないように自然にミラーリングを行うにはある程度の練習が必要です。

日頃の会話のなかで少し意識してみるのもよいでしょう。

手のしぐさ

面接を受ける女性

手のひらをみせるという行動は相手に隙を見せる行為だともいえます。

誠実さとエンゲージメントを表すともいわれています。

逆に両手の指先をあわせるしぐさは自信の表れです。

指先をタップするしぐさは短気を表します。

必要以上に手を動かして話すしぐさは相手に不快感を与えることもあるので注意が必要です。

落ち着きのなさを感じさせることもあるでしょう。

手を使うとすれば手のひらを少しみせる程度のボディランゲージがおすすめです。

うなずく

誰かと話をしていて相手がうなずいてくれると嬉しいと感じることはないでしょうか。

面接官に対してもうなずくようにすれば、あなたが面接官の話にしっかり耳を傾けていることのアピールになります。

話に集中していることを効果的に伝えることにもなります。

うなずくしぐさの間に笑顔をいれるとさらによい印象を与えることができるでしょう。

うなずくしぐさと笑顔はあなたが会話を楽しんでいるというアピールにもなります。

面接では緊張のあまり固まってしまうという人もいるでしょう。

うなずくことを意識することで緊張がほぐされることもあります。

極端にうなずくとあからさまな印象を与えるためうなずくポイントをしっかり抑えておきましょう。

面接でのNGボディランゲージ

面接を受ける女性

面接で有効的なボディランゲージについて解説してきました。

では逆に面接でNGとなるボディランゲージについて紹介します。

腕組み

面接で緊張すると無意識に腕をもったり、肘を持ったりしてしまう人も多いでしょう。

腕を組むというしぐさは相手に対して壁を作っていると考えられてしまうボディランゲージです。

自分が誰かと話をしているときに相手が腕を組んでいるとあまりよい印象を持たないのではないでしょうか。

腕組みはクローズドボディランゲージとも呼ばれています。

つまり心を閉ざしている部分がある証拠ということです。

無意識に行ってしまいがちな行動であるため逆に意識して腕を組まないようにすることが大切になります。

リラックスして、手はできるだけ膝の上に置いておくと相手に対して心を開いているように見えるでしょう。

視線をそらす

内定通知書

基本的なボディランゲージの項目でアイコンタクトについて解説しました。

相手の目を見ないで会話をすることはよい印象を与えません。

面接においては失礼な態度にもあたります。

ただし、面接官の目を凝視することはまれに相手をにらんでいるように感じられることもあります。

適切なタイミングで目、鼻、口を見ながら話す練習をしておくことをおすすめします。

もうひとつNGとされる行動が視線をそらす行為です。

相手の顔から目をそらしてしまうとマイナスの印象を与える可能性があります。

面接では心臓と顔を相手に向けて話をすることが大切です。

 

ワンポイント
ボディランゲージはやり方でプラスにもマイナスにもなることを理解しておきましょう。

ボディランゲージで得られる効果

面接官

ボディランゲージでは相手に好印象を与えることもあればマイナスの印象を与えることもあります。

しぐさひとつで相手からの印象を変えることができるという点ではボディランゲージは有効です。

うまく活用して面接官とのコミュニケーションがスムーズに進むようにしましょう。

自信が伝わる

適切なタイミングでボディランゲージを使えると自信がある様子をみせることができます。

うまく話ができていても態度から自信のなさが感じられるとマイナスになることがあります。

自信がない態度だと話している内容自体が本当なのか不信感をもたれることもあるでしょう。

適度なボディランゲージは相手に対して自信を持った様子を伝えることができる方法です。

熱意や余裕を伝えられる

自信を伝えるだけでなくボディランゲージは熱意や余裕を伝えることもできます。

適切なポイントでボディランゲージを使うことで発言を強調する効果を発揮することができます。

面接の会話のなかでより強調したい部分でボディランゲージをうまく活用しましょう。

ボディランゲージで体を意識的に動かすことで肩の力を抜くことができるともいわれています。

緊張しやすい人ほどボディランゲージを取り入れるとよいでしょう。

 

ワンポイント
面接でボディランゲージを活用することの効果をよく理解した上で活用しましょう。

使い方によってはマイナス評価に繋がる

腕を組む女性

ボディランゲージはうまく使わないと効果を発揮しません。

場合によってはマイナス評価につながることもよく理解しておきましょう。

髪や顔を触る

女性に多いしぐさが緊張すると髪や顔を触るクセです。

無意識にしてしまう人も多いので注意が必要なポイントになります。

面接では面接官の話を聞くときに手をあごにおいたりすると傲慢な態度に見られてしまいます。

また質問の回答を考える際に無意識に髪に手を持っていくしぐさもNGです。

落ち着きのなさを感じさせてしまうこともあるでしょう。

面接の際には髪をしっかりとまとめておくことも対策のひとつです。

大げさ過ぎる

足を組む女性

ボディランゲージが面接に有効という話を聞くと極端に活用してしまう人もいます。

大切なのは適切なタイミングでボディランゲージを行うことです。

オーバーリアクションは逆効果ということは理解しておきましょう。

講演会や演説であればオーバーリアクションが効果を発揮することもあります。

ただ転職の面接では数人の面接官の前で話をするだけです。

そうなると距離も近く人数も少ないのに大げさなリアクションをすることがマイナスの印象につながることもあります。

やりすぎには注意が必要です。

ボディランゲージの練習を日頃から行うことが重要

面接を受ける女性

転職の面接があるからとその場しのぎでボディランゲージを取り入れるのは逆に危険です。

ボディランゲージはマイナスの印象を与えてしまうこともあるからです。

普段は落ち着いてあまり身振り手振りを使わずに話す人が急にボディランゲージを使うと逆効果になる可能性もあります。

ボディランゲージを使いたい場合には日頃から練習をしておくことをおすすめします。

面接を意識して相手にアイコンタクトをとるタイミングを測りながら話をするとよいでしょう。

また手ぶりの練習も日常生活で練習することが可能です。

自分だけでは難しい場合には転職エージェントの力を借りて面接の練習をすることもひとつの方法です。

自分を客観的に見てもらうことでボディランゲージの有効的な活用方法を身につけることができるでしょう。

 

ワンポイント
ボディランゲージはその場しのぎの対策だけではなく練習しておくことが大切です。

ボディランゲージ以外のテクニック

手を上げる女性

面接で使えるテクニックはボディランゲージだけではありません。

ボディランゲージ以外で面接官に好印象を与える方法について紹介します。

抑揚をつけて話そう

会話のなかで声のトーンと大きさを変える抑揚も面接で使えるテクニックのひとつです。

強調したい部分で抑揚をつけるなどすれば相手に想いが伝わりやすくなります。

とくに質問の回答として結論や根拠となる部分は強調するとよいでしょう。

そのほかの部分は抑揚をつけずに普通に話すことでより効果的な活用をすることができます。

ハキハキと話そう

面接では自信を持ってのぞむことが大切です。

質問に対する回答をしっかりと用意して完璧にしていても話す態度でマイナスイメージを与えてしまうこともあります。

面接では堂々とした態度でハキハキと話をしましょう。

アピールしたいことも自信なさげに話してしまうと相手には何をアピールしたいのか伝わらないこともあります。

面接官に対しては目をみてハキハキと話すことが大切です。

間のとり方が大切

面接では限られた時間で自分のことをアピールする必要があります。

たくさん話たいことがある人ほど話が長くなってしまう傾向が強くなるでしょう。

時間内にすべてを話そうとすると早口で息つく間もなく話している印象を与えてしまうこともあります。

質問に対する回答を用意していてもついつい付け加えて話してしまうという人もまれにいます。

この場合は話が長いという印象を与えてしまうでしょう。

質問に対する回答は用意したもの以外はできるだけ話さないことが大切です。

起承転結を考えておき、それぞれの変わり目でひと呼吸おくようにして話しましょう。

間の取り方をうまくすることも相手に対して話の展開をしっかり伝える方法のひとつです。

 

ワンポイント
ボディランゲージ以外にも面接をうまく乗り切る方法を身につけておきましょう。

ボディランゲージのやりすぎには気をつけよう

まるバツの札を持つ女性

ボディランゲージを有効的に活用することで面接官に好印象を与えることができます。

時間が限られたなかで面接官に自分をしっかりアピールすることは内定に近づくためにも重要なポイントです。

普段から身振り手振りを使って話す人は慣れているので安心しがちです。

ただし、面接で有効的なボディランゲージは日常で使うものと少し異なる点は理解しておきましょう。

面接でのボディランゲージの多用はマイナスになることもあります。

大げさなボディランゲージをすることで落ち着きのない人という印象を与えてしまうこともあるでしょう。

さりげなく自然に行うしぐさこそ面接で有効となるボディランゲージです。

ボディランゲージのやりすぎには注意しましょう。

転職の相談は転職エージェントを活用しよう

頭を抱える女性

転職活動で大きな課題となるのが面接ではないでしょうか。

これを突破しないことには内定をもらうこともできません。

面接で有効的に活用できるボディランゲージについて解説してきましたが、自分だけでは練習することが難しいこともあります。

そのような場合には転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントは転職のプロです。

面接の練習はもちろん転職全般に関する悩みについても相談にのってもらうことができます。

まとめ

面接を受ける女性

ボディランゲージの活用方法について解説しました。

面接で少しでも面接官によい印象を与えるためにはボディランゲージの活用が有効的です。

ただし、大げさなボディランゲージや不自然なしぐさは逆効果を招くこともあります。

基本的なしぐさをしっかりと練習しておくことが大切です。

転職エージェントを活用して面接の練習をしておきましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら