もしも採用面接を受ける際に、面接官や人事担当者が知り合いだった場合、どのように対応すればよいのでしょうか。

転職活動中であることを知人に知られてしまって、気まずく思う人もいることでしょう。

つい動転して頭が混乱してしまい、しどろもどろになってしまったら面接どころではありません。

こんな事態になった場合はどうしたらよいのか、対処法や注意点をまとめました。

Contents

面接官が知り合いだった時は有利?

丸バツの札をあげる女性

面接官が知り合いならば、初対面の場合よりも有利になるのでしょうか。

実際は、相手との以前の関係性や評価によるので、必ずしも有利とは限りません。

元々いい関係が築けていれば、もちろんメリットの方が大きいでしょう。

しかし以前対立していたり、お互いによく思っていなかった場合は、デメリットの方が大きくなる可能性もあります。

具体的にどんなメリット・デメリットがあるのか詳しく見てみましょう。

面接官が知り合いだとどんなメリットがある?

指さし棒とメリット

最初から好印象を与えられる

以前の関係が職場での付き合いであれば、相手は自分の働く姿勢を理解してくれている可能性が高いでしょう。

履歴書や面接でのやり取りだけではわからない自分の良さを加味して評価してくれることも考えられます。

自分の話す内容が口先だけではなく、実体験を伴っていることが分かれば、説得力も高まるはずです。

以前の関係が職場以外の付き合いであっても、良好な関係を築けていれば好印象が期待できるでしょう。

また、相手も全く知らない応募者と話すより顔見知りのほうが安心感があるため、気を許しやすい傾向にあります。

こちらの発言を深読みしたり変に疑ったりせず、好意的に受け取ってくれる可能性が高いでしょう。

面接官に好印象を持ってもらうことは、採用面接において大きなアドバンテージとなります。

その場合は安心して自分の良さをアピールできる面接になるでしょう。

いつもよりリラックスして面接を受けられる

面接官が知り合いであれば、自然と面接の前に世間話などをすることになるでしょう。

特に親しい人でなくても、少しでもやりとりすることで緊張がほぐれ、リラックスして面接を受けることができます。

面接中も同様に、相手が知り合いだからこそ安心して受け答えできる可能性が高いです。

面接官が全く知らない人であれば、自分の発言がどう受け取られるか予想が難しい分、気を使って話す必要があります。

いろいろなことを考えながら話すため、混乱したり、頭が真っ白になることもあるでしょう。

相手のことを多少なりとも知っていれば、どう受け取られるかの予想がしやすく、その不安が少なくなります。

その結果、相手の反応を気にしすぎることなく、落ち着いて自分の考えを話すことができるでしょう。

面接官が知り合いの時のデメリットは?

関係性によってはマイナスな印象がある

壊れる人間関係

知り合いと一口に言っても、良好な関係ばかりとは限りません。

過去にもし相手と対立や不和があった場合は、それが悪い先入観になってしまうこともあり得ます。

仮に今の自分が当時より成長していたとしても、相手の目には以前の未熟な自分として映ってしまう可能性があります。

しかし、それを気にしてばかりいては自分の良さを知ってもらえずに面接が終わってしまいかねません。

もし相手から悪い印象を持たれていると感じる場合は、より一層礼儀正しく、失礼のないように接する必要があるでしょう。

選考辞退がしづらい

バツ

知り合いの面接官に面接を受け、内定をもらったものの、結果的に他の企業を選ぶという場合もあるでしょう。

そんな時に、以前その知り合いにお世話になったという気持ちがあると、余計に断りづらく感じるものです。

しかし、自分の将来を左右する大事な決定を、付き合いや義理で決めてしまって本当によいのでしょうか。

こういった場合は一時の感情に流されることなく、冷静に自分の将来を考えて決める必要があります。

相手に悪く思われたくないという気持ちがあるのは無理もありませんが、優先順位を考えて行動しましょう。

気が緩みやすい

爆笑する女性

緊張して受けに来た面接で知り合いの顔を見たら、つい気持ちが緩んでしまいがちです。

面接官であっても気心知れた仲と油断してしまうと、面接には不適切なことを言ってしまう危険性があります。

つい話が盛り上がって喋りすぎてしまったり、面接と関係ない話をしすぎたりするのは印象が良くありません。

場合によっては、公的な場に適さない態度と取られてしまうので十分に注意しましょう。

アイスブレイクとしての世間話程度なら問題ありませんが、本題に入ったら気持ちを切り替えましょう。

面接内容については、きちんと節度を保った態度で臨む必要があります。

面接官が知り合いだった時に押さえておくべき注意点

注意点

馴れ馴れしくし過ぎない

たとえ面接官が知り合いだったとしても、前述の通り、面接にふさわしくない態度をとるのはNGです。

久しぶりに会う知り合いであれば、今のポジションや近況など、つい詳しく聞きたくなってしまうでしょう。

しかし、相手は仕事中ですから、面接に使う時間も限られています。

話したいことがあってもまずはこらえて、面接が終わった後に個人的な場で話そうというように気持ちを切り替えましょう。

また、相手との立場を考えても、こちらからどんどん質問するのは馴れ馴れしいという印象を与えてしまいます。

ひどい場合にはTPOをわきまえない人だと思われる可能性もあります。

時間に余裕がある場合や、積もる話をしてもよいくだけた雰囲気なら、相手のほうから話を振ってくれるはずです。

そうでない場合はどんなに話したいことが山積みであっても、まずは目の前の面接に集中しましょう。

共通の知り合いの話題には注意

話の流れで、共通の知り合いの話題が出ることもあり得ます。

その場合、仮に自分が苦手意識を持っている相手のことであっても、悪く言わないほうが無難です。

人の悪口は言わないのが当然ですが、特に面接官が共通の知人のことをどのように思っているかわからないうちは注意が必要です。

また逆に、面接官から共通の知人のことを悪く言われたとしても、完全に同意せず軽く話を合わせる程度にしておきましょう。

陰で人の悪口を言う人だと思われる方が、後々問題があるからです。

共通の知人の話が出た場合は、さりげなく面接官に話を合わせつつ、あまり深入りせずにスマートに終わらせましょう。

 

ワンポイント
馴れ馴れしい態度や共通の知人の悪口は避け、一線を引いて節度ある対応を心がけましょう。

面接官が知り合いだった時のマナーは

面接官が知り合いでもマナーは基本的に同じ

相談を受ける女性

面接官が知り合いでも初対面でも、基本的に面接のマナーが変わることはありません。

話し方や言葉遣いなど、面接にふさわしい態度をとることで距離感を保ちましょう。

あくまでも公的な場であることを意識し、失礼のないように接することが重要です。

前職の不満や愚痴を言わない

NGサイン

もし面接官が前職の職場仲間だったとしても、大っぴらに職場の不満や愚痴を口にするのは避けましょう。

仮に共感を得られたとしても、キャリアアップのためではなく、不満があるから転職するのかと思われかねません。

また、転職しても同じように外で不満を言うのではないか、また辞めるのではないかと疑われる原因にもなります。

面接において熱意をアピールしづらくなりますので、前職の不満や愚痴があったとしても心の中にとどめましょう。

調べればわかることは質問しない

パソコン、女性

知り合いになら気軽に尋ねられると思って、求人情報に書いてあるようなことを質問してはいけません。

転職活動において、面接までに志望企業のことを事前に調べておくのは当然です。

調べればわかるようなことを面接で聞いてしまうと、事前にしっかり準備していないと思われてしまいます。

下手をすると情報収集能力を疑われることにもなりかねません。

知り合いだからと言って気軽に何でも質問してしまわないように注意しましょう。

 

ワンポイント
気を許しすぎて自分の評価を下げてしまわないように、一般的な面接のマナーは厳守しましょう。

面接官が知り合いだった時のNG対応とは

手でバツを作る女性

在職中の場合、転職活動をしていることをあまり人に知られたくないものです。

かといって、面接官が知り合いであったとしても、意外な人に知られてしまったなどと焦らなくて大丈夫です。

仕事の一環で知りえた個人情報を守るのは社会人として当然のことですし、相手も採用担当者であれば事情は汲んでくれます。

逆に必要以上に口止めしたり隠そうとしたりするのは、相手の良識を疑う形になってしまい、相手の気分を害してしまいます。

それだけでなく、本当に転職する気があるのか本気度を疑われる可能性もあるでしょう。

また、人に言えないような活動をしているのかと悪印象を持たれることもあり得ます。

他にも、面接官が知り合いだったからと言って役職者への紹介を頼むなど、必要以上に手助けを求めるのも考え物です。

他力本願な姿勢は見せず、あくまでも自分の力で面接を乗り切る姿勢を見てもらいましょう。

 

ワンポイント
慌てて口止めをしようとしたり、相手の手助けを強要したりせず、堂々と自信をもって面接を受けましょう。

転職は事前準備が重要

自己分析をして自分の強みを見つけよう

納得

転職の事前準備として、自己分析はとても重要です。

面接で自信をもってアピールできるかどうかは、自分の武器を持っているかどうかで左右されます。

自分の強みはどこにあるのか、過去の成功体験を振り返り、そこから共通項を導き出して具体的に分析しましょう。

そしてその強みをどうキャリアに生かすのか、どのように企業の役に立てるのかを伝えられるように工夫します。

自分の持つ経験やスキルとその魅力を正確に伝えられるよう、入念に準備しておきましょう。

自分のキャリアビジョンを明確にしよう

キャリア

自分がなぜ転職したいのか、どんなキャリアを目指したいのかということを明確に説明できるようにしておきましょう。

単に自分のやりたいことというだけでなく、キャリアアップすることでどのように社会に貢献できるかという点も重要です。

自分の強みを最大限に生かすためには、どんな場面で活躍できるかを具体的にイメージしてみましょう。

その上で、自分の力を発揮できそうな業種、職種について絞っていけばブレずに転職活動を進めることができます。

また、ビジョンが明確になることで希望条件もおのずと決まってくるでしょう。

応募前にしっかりと条件を吟味できるので、転職後のミスマッチも最小限になります。

結果として、転職活動全体の時間短縮にもつながります。

企業分析を徹底しよう

女性,スーツ,パソコン,書類,真剣,仕事中

転職活動では、求人に応募する前に集められる情報はすべて収集しておくのがセオリーです。

転職してからのミスマッチを防ぐという点でも、事前に知ることのできる情報はどんな小さなことでも集めておきましょう。

また、その会社のことを知れば知るほど興味がわいてきて、もっと知りたい内容が増えてくるものです。

面接の際の受け答えで、事前に知りえなかった情報を質問することで、こちらの熱意をアピールすることもできます。

 

ワンポイント
自己分析、情報収集をしっかりと行い、明確な目的意識をもって採用面接に臨みましょう。

面接官が知り合いだった時のポイントを押さえて転職を成功させよう

成功

面接官が知り合いだった場合でも、慌てる必要は全くありません。

初対面の面接官同様、礼儀正しく節度のある振る舞いを心がけましょう。

面接では落ち着いて、自分の伝えたいことを伝えることに集中することが重要です。

また、知り合いではあっても、面接官と求職者という立場を忘れてはいけません。

マナーを守り、公の場において適切な距離感を保つよう配慮しましょう。

面接対策は転職エージェントを活用しよう

面接

不測の事態が起こったときにどうしたらいいかなど、転職活動にはわからないことが数多く出てくるでしょう。

転職準備の段階で不明点が出てきたときも、プロである転職エージェントなら安心して相談することができます。

転職エージェントは企業から報酬を受け取る仕組みのため、求職者は無料で利用することが可能です。

転職の悩みの他にも、自分のスキルやキャリアビジョンについて相談することもできます。

また、求人情報のピックアップや面接予定の調整などもしてくれるため、転職活動の負担を大きく軽減してくれます。

特に初めての転職であれば、一度は転職エージェントに相談してみることをお勧めします。

まとめ

女性指導員

転職の採用面接で面接官が知り合いだった場合は、まずは落ち着いて礼儀正しく接しましょう。

知り合いだからと言って面接の結果が大きく左右されるということは、一般的には考えにくいです。

公の場であることを意識し、面接官と求職者としての立場を忘れずにマナーを守って行動することが重要です。

その上で、自分が伝えたいキャリアビジョンや自分の強みをしっかりと伝えることに集中しましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら