社会人として働くなかでもう一度教育を受けることを「学び直し」と呼びます。

自分のスキルアップのために学び直しをしたいと考える女性も増えつつあるのが現状です。

学び直しを行うことで収入面の改善好条件での転職が実現するなどメリットが多くあるからです。

この記事では女性が転職する上での学び直しの重要性について解説します。

学び直しのメリットややり方についても紹介しますので参考にしてみてください。

学び直しの重要性

ノートとメガネ

学び直しをすることでどのような効果が得られるのでしょうか。

多くの女性が働くなかでさらにスキルを身につけたいと考えています。

スキルアップすることで携わることができる業務の幅を広げることができるでしょう。

また学び直しをすることで自分に自信を持つことができ、仕事へのモチベーションをあげることも可能です。

とくに転職を検討している場合には面接でアピールできる資格を新たに取得しておくことも重要なポイントになります。

意欲的に学び直しに取り組むことで自分が希望している仕事に就くという目標を達成することもできるでしょう。

学び直しに興味関心がある人は8割

STUDYの文字

学び直しに興味がある人は社会人として働く女性の8割にのぼります。

年代別では30代がもっとも多く9割の女性が学び直しに興味を持っていることがわかります。

もっとも関心が薄い世代の50代でも7割の女性が興味を持っているのが現状です。

常に向上心を持って仕事に取り組む女性が多いことが読み取れるでしょう。

学び直しで仕事の幅を広げたい人が半数

学び直しに対してどのようなことを期待しているのかをみていきましょう。

多くの女性は学び直しをすることで仕事の幅を広げたいと考えています。

新たなスキルやスキルアップをすることでさらに多くの業務に携わることを希望している人が多いということです。

現在の仕事を基礎として現状で自分が足らないと考えているスキルを学びたいと考えている女性が大半となります。

実際に学び直ししている人は2割弱

メモを取る人

学び直しをしたいと考えている女性が8割である一方で、実際に行動に移している人は全体の2割にとどまります。

学び直しをしてみたいという気持ちが強いなかでも働きながら学ぶことに挑戦できない女性が多いということです。

この状況にはどのような事態が影響しているのでしょうか。

次の項目で学び直しをしない理由について詳しく解説します。

 

ワンポイント
学び直しに興味があるのは全体の8割ですが、そのうち実行に移しているのは2割という統計が出ています。

学び直しをしない理由とは

パソコン作業をする人

学び直しをしたいと希望しながら行動に移せない女性が多いのはなぜでしょうか。

学び直しに意欲的に慣れない理由について具体的に解説します。

時間がない

まず多くの女性があげたのが「時間がない」という点です。

学び直しに対する大きな壁となっているのが忙しさということになります。

現在の仕事に時間を取られてしまい学ぶ時間を確保できないという声も多くみられます。

残業時間が多いということをあげている人もいるのが現象です。

また、学び直しに時間をかけたことで本当に昇進や昇給につながるのかが不安という声も聞かれます。

それなら自分のしたいことに時間を使いたいと考える人も多くいます。

学び直しの必要性を強く感じていながらも、自由な時間や睡眠時間を優先してしまう人が多いことが特徴です。

付け加えるなら子育てや家事をしながら働いている女性は、そちら取られる時間が多いというのもひとつの理由となっています。

お金がない

積まれた積木

2つめの理由としては勉強にかけるお金がないというものが多くあげられます。

勉強に投資をした分のバックを得られる自信がない。

子どもにお金がかかるので無理。

金銭的に余裕がないので学び直しができない。

このような理由で学び直しを諦めている人も多いようです。

学び直しによってスキルアップをしたけれど昇進や昇給につながらなかったという声もあげられています。

これらによって学び直しへのモチベーションが下がってしまう人も多くいるようです。

情報が少ない

3つめの理由としては学び直しに関する情報が少ないという点があげられます。

学び直しをしたいけれど何からはじめればよいのかわからない。

どんなスキルを身につければよいのかわからない。

このような理由から学び直しに積極的に慣れない女性も多くいます。

キャリアプランが明確になれば何を学べばよいのかも明確になるでしょう。

転職を考えている場合は、まずなぜ自分が転職したいのかという点を明確にしましょう。

その上で足りないスキルがあるならば学び直しのキーポイントにすることもおすすめです。

学び直しの情報はインターネットなどでも収集することは可能です。

ただ、多くの情報がありすぎて自分にとって本当に必要なものが何かを判断することが難しいという現状もあるでしょう。

このような場合には転職エージェントの活用がおすすめです。

転職のプロと一緒に学び直しについて考えてみましょう。

学び直しのメリットを知ろう

本とメガネ

学び直しを行うことで得られるメリットとはなんでしょうか。

具体的に4つのメリットについて解説します。

キャリアアップに繋がる

学び直しの目的をキャリアアップに定めている人も多くいます。

大卒の社会人が学び直しの内容としてあげているものの大半が仕事に必要な専門知識となっています。

働いていくなかで自分に必要なスキルが何かが明確にみえてくることもあるでしょう。

その上で、学び直しをすることでキャリアップにつなげることができると考える人も多いのが現状です。

専門性を高めることで仕事面で成果を残すことにできるでしょう。

こうした取り組みが会社に評価されることも多くあります。

社会人視点で学ぶことができる

学生時代に学ぶことと学び直しで学ぶ内容は同じものでも学ぶ視点が異なります。

社会人として働いた経験から、これを学ぶことで実務にどのように役立つかという視点を持つことができます。

学びを実務に応用できるという点が大きなメリットです。

働きながら学ぶ人であれば、学んだことを現場ですぐに生かすこともできるでしょう。

実戦で感じたことを学びに生かすということもできます。

労働と学びが直結することでより高い効果を生み出すことができる点は大きなメリットといえるでしょう。

転職に役立つ

パソコンに貼られた付箋

学び直しでまったく新しいスキルを身につけることも可能です。

とくに転職を検討している人であれば新たな環境に移行するために学び直しを行う人も多くいます。

知識の幅を広げるだけでなく、種類を増やすことも学び直しのメリットです。

専門知識を広く持つことは転職活動でも有利に働きます。

資格取得を目的として学び直しをすることもおすすめです。

人脈が広くなる

学び直しの環境で新たな人脈を築くことができる点もメリットのひとつです。

学校に入る場合には社会人向けクラスで幅広い年代や職業の人と接する機会を得ることになります。

講義を受けるだけでなくディスカッションの場が設けられることもあるでしょう。

こうした交流と通して仲間意識が芽生え、人脈につながることもあります。

また講師とのつながりを深めることでより深い知識を得る機会を持つことも可能となるでしょう。

 

ワンポイント
学び直しには多くのメリットがある点を理解して1歩踏み出す勇気を出してみましょう。

学び直しのデメリットや課題

ヘッドフォンとノートパソコン

学び直しにはメリットだけでなくデメリットや課題もあります。

まず大きな課題となるのが費用面です。

大学に通って学び直しをするとなると年間で最大100万円の費用が必要となります。

夜間や通信制を選択すれば費用を抑えることも可能です。

とはいえ数十万円単位の費用は必要となります。

さらに大学院となると最大で200万円の費用を用意する必要が出てきます。

学部によっても異なりますが、社会人になってからの学び直しにはそれなりの費用が必要となることがわかるでしょう。

さらにもうひとつの課題は仕事との両立です。

仕事が忙しいなかで専門的な知識を身につけることの難しさを感じている人も多くいます。

大学や大学院では学生に向けたカリキュラムが構築されているのが特徴です。

そのなかで働きながら時間を作って講義を受けることはかなりハードルが高くなるでしょう。

職場の理解が得られれば学びやすくなりますが残業や出張が多い仕事では難しいケースもあります。

学び直しが仕事にいかに役立つかをしっかりアピールしていくことも大切です。

学び直しのやり方をチェック

STUDYの文字

学び直しの方法にはいくつかあります。

この項目では学び直しのやり方について具体的に解説していきます。

「教育機関」で学ぼう

まずは教育機関で学ぶ方法です。

大学や大学院、専門学校などに入学して本格的に学ぶ方法となります。

この場合は、入学試験や進学金の問題などスタートする段階からハードルが少し高めです。

ただし、学べる内容はかなり専門的で実戦に即つながる知識を身につけることができるのも特徴のひとつです。

カリキュラムにしっかりついていける時間的な余裕があるのであれば教育機関での学び直しもおすすめです。

「オンライン講座」で学ぼう

時間や費用面でハードルを下げたい場合にはオンライン講座の利用もおすすめです。

オンライン講座や通信講座であれば自分の余暇を利用して学ぶことも可能となります。

学校に足を運ばずに自宅で勉強できる点も魅力でしょう。

オンライン講座の場合は、自分がしっかりと学ぶという意識を持ち続けることが必要です。

学びへのモチベーションを維持し続けることが難しいと感じる人も多いでしょう。

課題の提出や講義をしっかり集中して受けられる環境を整えることも大切な要素となります。

インターネット上では多くのオンライン講座の情報が提供されています。

複数の情報を比較して自分にあった講座をみつけてみましょう。

 

ワンポイント
学び直しはどこで行うかも重要なポイントになります。

学び直しの補助金制度とは

スマホを触る女性

学び直しの課題として時間と費用をあげる人が多いことはすでに解説しました。

そこで最近では社会人の学び直しを支援する制度が増えてきています。

具体的な支援について解説します。

教育訓練給付金

厚生労働省が提示しているのが教育訓練給付金制度です。

条件に当てはまる人には上限10万円、費用の20%がハローワークから支給されます。

大学や大学院の講座を受けたいという社会人が増えたことで新しい制度も導入されているのが現状です。

専門実践教育訓練の教育訓練給付金制度がこれにあたります。

具体的には年間で上限32万円、教育費の40%が支給されます。

この制度では修了後に条件にあえば給付金額がアップする点が特徴です。

法政大学大学院の「イノベーション・マネジメント専攻(1年制)」などもこの制度の対象となります。

また一部の専門職大学院のコースも対象です。

具体的な内容については最寄りのハローワークで確認することが可能となっています。

長期教育訓練休暇制度

勉強風景

長期教育訓練休暇制度は、休暇がもらえる制度です。

長期的に教育訓練を受ける労働者に対して一定期間の休暇が与えられます。

これは有給、無休を問わない点が特徴です。

たとえば、連続で1カ月以上の長期にわたる教育訓練休暇や5年以下の期間に連続2週間以上与える制度となります。

休暇をもらうことができれば学び直しのネックとなっている時間を気にせずに勉強に打ち込めるでしょう。

自分が条件に当てはまるか確認してみましょう。

 

ワンポイント
学び直しを検討する場合には利用できる給付金制度がないかを事前に確認してみましょう。

学び直しのメリットを知り転職しても活躍できるスキルを身につけよう

積まれた本

学び直しにはさまざまなメリットがあることを解説してきました。

転職の場合はとくに学び直しをしてスキルアップをしておくことで面接でのアピールにもつながります。

同業界への転職も異業界への転職も高いスキルを身につけるおくことは有利です。

学び直しに踏み出せずにいる場合には国の給付金制度などを活用することも検討してみましょう。

まずは自分が何を学びどうスキルアップしていきたいかを明確にすることからはじめてみましょう。

転職の相談は転職エージェントを活用しよう

タブレットで読書をする女性

転職活動をスタートするにあたってなかなか前に踏み出せずにいる人もいるでしょう。

転職は人生を左右する決断になることもあります。

スキルアップを目指しての転職であるならば学び直しを考えてみることもひとつです。

転職で悩んだ場合には転職エージェントの活用がおすすめです。

転職エージェントは転職のプロです。

転職に関連した全般の悩みに対して的確なアドバイスをもらうことができるでしょう。

学び直しについても相談してみましょう。

学び直しの方法についてもアドバイスをもらうことが可能です。

まとめ

パソコン作業をする女性

女性が活躍する社会のために学び直しが注目されています。

転職活動においても専門的な知識を持った即戦力が求められケースも多くあります。

会社も学び直しに対してサポート体制を整えている場合もあるでしょう。

勉強方法についても時間を有効的に利用するオンラインや通信講座が増えてきています。

学びたいという気持ちを後押しするための給付金制度などもうまく活用しましょう。

道筋を自分だけで決めることに不安を感じる場合には転職エージェントの活用がおすすめです。

転職のプロであるエージェントに転職のあらゆる相談をしてスムーズに転職を進めましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら