面接では応募者の人柄を知るために面接官が色々な質問を投げかけてきます。

その中でもよく聞かれる質問の1つが「あなたの誰にも負けないことはなんですか?」という質問です。

この質問を苦手とされる方は多く見られます。反面、明確に答える事ができれば良い自己アピールになります。

この記事ではこの質問に対する対策を解説します。

Contents

面接で誰にも負けないことの答え方

疑問

面接でよく質問される「誰にも負けないこと」とはなんでしょうか。

誰にも負けたことがないと自信をもって言いきれる人はかなり少ないでしょう。

しかし「誰にも負けないこと」は「自分の強み」と捉えていれば問題ありません。

他の人と比べて考えたことがなくても、深く突き詰めていくと誰にも負けない強みが見つかるはずです。

誰にも負けないことを質問する意図とは

この質問に適切に答えるためには、面接官がこの質問をする意図を理解することが重要です。

まずはこの質問に込められた2つの意図を解説します。

企業が求めている人材であるかの確認のため

面接

この質問をする意図としては、応募者の考える「自分の強み」が会社に有益なものかを確認するというものがあります。

そのため「早食いが得意」や「どこでも眠れる」など、仕事と全く関係ない強みでは自己アピールになりません。

一般的に、企業が求める人材は以下のような特徴があげられます。

・与えられた仕事に真剣に取り組める

・積極性があり、前向きに取り組める

・他の社員と協調・協力して働ける

面接で答える強みはこの3つに関連するものであることが望ましいでしょう。

自分の強みを把握しているか確認するため

この質問のもう1つの意図は、応募者が自分の分析が出来ているかを知るため、というものです。

自分の強みを把握できているかを確認することで分析力があるかどうかを判断できます。

応募者に分析力があれば、面接を受ける企業に対しても企業理念や事業内容の分析もできているでしょう。

それにより入社後に「想像と違った」という理由での退職を防ぐことができます。

面接の段階ですれ違いが起きていないか確かめるという意図がこの質問には含まれているのです。

誰にも負けないことを見つける時にやること

質問の意図を把握できたら、次は「自分の強み」を見つけましょう。

わかりやすいよう段階を踏んで解説します。

自己分析をして強みを探そう

ノートPCで仕事をする女性の手

「自分の強み」を見つける上で重要なのが長所探しであり、長所とは自分が得意であったり苦にならないことです。

長所を「〇〇力」「〇〇心」と漢字で端的に名付けましょう。

たとえばコツコツと積み重ねることが苦にならないのであれば「持続力」「計画力」「克己心」という表現ができます。

短い期間で一定のレベルまで物事を把握するのが得意であれば「学習力」「集中力」「分析力」と表現できるでしょう。

こうした長所の数が多ければ多いほど「自分の強み」が見つけやすくなります。

自己分析の中でも自分の長所を挙げることが苦手な人も多いことでしょう。

しかし自分では短所だと思っていることでも、考え方を変えれば長所になるものもあります。

例えば「負けず嫌い」ならば、常に上を目指す「向上心」があるということです。

「優柔不断」が短所だと思っていても、言い換えれば深い思考ができる「慎重力」があるといえます。

このように短所を長所に置き換えて考えてみましょう。

企業研究をして求めている強みは何かを探ろう

パソコンで作業する女性

強みの材料となる長所が用意できたら、就職を希望している企業の理念と事業内容を調査しましょう。

理念と事業内容を分析することで企業が求める人材をイメージしやすくなります。

求める人材を探る上でチェックしたいのが企業のホームページです。

ホームページ内の求人募集に求めている人材の特徴が詳しく書かれている場合もあります。

さらに理念から「高いコミュニケーション能力」「自ら考え、自ら行動できる」など求めている人材が読み取れます。

また、会社規模から応募者に求める強みをイメージする方法もあります。

大企業はリーダーシップやチームワーク、中小企業は長期勤務やコミュニケーション能力など企業規模によっても異なるものです。

ベンチャー企業では提案力や積極性が求められることもあります。

こうした分析が終了したら、企業が求める人材イメージ自分の強みをすりあわせてみましょう。

企業が求める人材イメージに結びつけることで自己PRになります。

 

ワンポイント
自己分析と企業研究をしっかり行おう

誰にも負けないことを回答する時のポイント

自分の強みが分かっても、強みだけでは質問の回答としては不十分です。

ここでは効果的な回答をするためのポイントを解説します。

応募企業に必要な強みを選ぼう

面接時

企業研究の段階で企業が求めているのか人材を把握したら、その情報を活かしてアピールする強みを選びましょう。

企業によって求める人物像は異なります。

自分の強みの中で、応募企業に最も必要とされている強みを選びましょう。

エピソードを具体的にしよう

アピールする強みが選べたら、次はその強みを裏付けるエピソードを考えましょう。

面接官は「自分の強み」で成し遂げた結果ではなく過程と、結果から学んだことを知りたいと考えています。

これまでの経験の中から、その強みを活かして取り組んだエピソードを探しましょう。

入社後どう活かせるかを伝える

面接 

これまでの実績だけで終わるのではなく、その強みを入社後にどう活かせるのかも伝えましょう。

強みとエピソードを伝えるだけでは面接官に感心されるだけで終わってしまう可能性があります。

その強みが入社後のイメージに結びつかなければ十分なアピールにはなりません。

面接官が求めているのは、その強みを入社後どう仕事に活かしてくれるのかという点です。

これを伝えることで面接官は入社後の働く姿をイメージしやすくなります。

 

ワンポイント
・応募企業が求めている人材を把握する
・強みを活かして働く姿をイメージできるような回答をつくる

誰にも負けないことの回答例

強みを見つけ、それに合ったエピソードも用意できたら回答をつくっていきましょう。

具体的な例文を2つ紹介します。

例1:向上心や継続力が強みの場合

PCを操作する女性

私の誰にも負けない強みは向上心と継続力です。

私は前職では営業職として従事しておりました。

未経験での入社だったため、最初は他の社員とのキャリアの違いを感じ、成績も大きく開いていました。

そのことを悔しく思い、私はとにかく営業のために知識を身につけようと毎日勉強に取り組みました。

お客様への適切な提案や説明ができるよう営業先の状況を把握し、製品に関する知識を身につけます。

さらに業界のニュースなどの情報収集も欠かさず、常に最新の情報を知ることを意識しました。

これらを継続することで成績も伸び、月間成績トップとなったこともあります。

この経験から私が学んだことは毎日、少しでも上達する事を目指して努力し続ければ必ず結果が出ることです。

御社は「自ら考え、自ら行動できる人」であるとホームページを拝見して知りました。

入社後は向上心をもって対策を考え、行動し続ける継続力を発揮し、御社で貢献できると考えております。

例2:観察力が強みの場合

私の誰にも負けないことは観察力です。私は前職で衣料販売の仕事をしていました。

入社当初はすべてが初めてで満足がいく接客ができず悩んでいました。

しかし、仕事に慣れるにつれて、毎週同じ商品を気にされているお客様や統一感のある商品を好むお客様がいらっしゃることに気づきました。

私はこれらの気づいたことやお客様の特徴をメモとして残すことを始めました。

お客様の中には、お声がけを苦手とされる方も多くいらっしゃいます。

しかし、メモの内容をきっかけにお声がけをすることで自然なコミュニケーションをとることができました。

その結果、悩まれていた商品をお買い上げいただいたりトータルコーディネートを任せていただけるようになりました。

この経験から学んだことは、観察力を磨くことで要望を叶えるお手伝いや円滑なコミュニケーションが取れることです。

御社は、人と人のふれあいを大切にし、一丸となって良い結果を出していこうという理念を掲げておられます。

お客様の要望を汲み取り、適切なコミュニケーションを取る力を発揮し、御社に貢献できると考えております。

誰にも負けないことを回答する時の注意すべき点

自分の強みを伝える際、伝え方や表現しだいではあまり良い評価がもらえない場合もあります。

ここでは、回答を考えるうえで注意しなくてはいけない点を解説します。

趣味などに関することは控えよう

NG

「ボーリングが得意」などの趣味要素から「自分の強み」を展開する場合は回答内容を工夫する必要があります。

「ボーリングが得意だから集中力がある」と判断し自分の強みにすることは問題ありません。

注意すべき点は趣味要素をエピソードに組み込んでしまうことです。

趣味からエピソードが展開すると企業に貢献するイメージには直結しません。

この場合は資格や前職などでの「集中力」にまつわるエピソードを交えた回答を作りましょう。

「誰にも負けないことはありません」はNG

質問内容をそのまま受け取り「誰にも負けないことはありません」とまじめに答えてしまう応募者が時々います。

しかし、面接官に伝わる印象は「面接に対しての準備不足」しかありません。

この質問は面接でよく聞かれる質問の1つのため、事前準備をしっかり行っていれば何かしら回答は作れるはずです。

先述した通り、強みは探してみるといくらでも見つかります。

誰にも負けない強みなんてないと思い込まず、柔軟な思考で強みを探してみましょう。

負けないことが見つからない時は

ここまで「誰にも負けない事」を「自分の強み」として捉え長所を元に割りだす方法をご紹介しました。

しかし長所がどうしても思い浮かばない。という方もいるでしょう。

続いて長所の見つけ方を解説します。

自分の過去を振り返ってみよう

悩み

現在ではなく過去の自分から長所を発見してみましょう。

例えば幼少時、好きなアニメがありオリジナルキャラクターやストーリーを考えて遊んでいたとします。

こういったエピソードだけでも「想像力」「企画力」「好奇心」「行動力」「提案力」といった5つの長所を発見できます。

今から近い過去ではなく「幼少期」のエピソードであることがポイントです。

「幼少期」に発揮していた長所は、人格の根幹に基づいています。

根幹にある長所は「資格や前職、アルバイト」に関連したエピソードにつながりやすいのです。

過去の体験をもとに必ず自分の長所を発見できるので、長所が見つからない場合はぜひ過去を振り返って探してみてください。

親しい友人に聞いてみよう

相談する女性

付きあいの古い友人がいましたら長所を聞いてみましょう。「自己分析」ならぬ「他己分析」です。

他己分析は思いもよらない長所の発見につながります。

たとえば、あなたが社交的だと思っている友人がいるとします。

本人は自分を社交的だとは思ってもいないかも知れません。

このように、あなたが思ってもいないことを友人が「長所」として捉えているのはよくある話です。

ストレートに自分の長所を質問ことが恥ずかしと感じる人もいるでしょう。

その場合は「〇〇は社交的なところが長所だね。自分にもなにか長所があればよかったな」と質問ではない形で聞いてみましょう。

友人から教えてもらう長所は自分で思う長所以上に性格に根ざしています。

「他己分析」ぜひ試してみてください。

 

ワンポイント
他の人に相談することで自分では気づかなかった強みに気づくことがある

自己分析や企業研究を徹底して質問の意図にあった対策をしよう

ノートとペン

ここまで「自分の強み」と「面接官の意図」を解説してきました。

面接は事前の対策が非常に大事であり、面接準備には多大な時間と労力がかかります。

しかし事前の準備ができていなければ転職を成功させることが難しくなってしまうでしょう。

転職を成功させるためには自分としっかり向き合って自己分析することと企業研究が大切です。

自己分析が苦手という人もいるかもしれませんが、その苦手意識を克服し、面接では自分を最大限アピールしましょう。

 

ワンポイント
面接対策にかけた時間がムダにならないようしっかり対策しよう

転職対策は転職エージェントを活用しよう

キャリアウーマン

自分で考え、他の人にも強みを聞いてみたけれど、これで良いのか自信がないという方もいるでしょう。

また強みとエピソードはあるけれど、それをどう活かせるとアピールするべきかも難しい問題です。

こうした悩みを抱えている場合には転職エージェントの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントを利用することで、転職にまつわる疑問や不安を解消することができます。

面接対策も一緒に考えてくれるため、自分でつくった回答を相談しながらブラッシュアップできるでしょう。

エージェントごとに得意分野があるため、職歴や年齢、希望職種にもっとも適している転職エージェントを利用しましょう。

まとめ

営業

今回は「あなたの誰にも負けないことは何ですか」という質問に対しての答え方を解説しました。

良く聞かれる質問ですが、自分の強みは何かを改めて考え答えることが難しいものです。

しかしこの質問にしっかりと答えることができれば、面接の際に十分な自己アピールをできます。

自分では強みではないと思っていることが、実は誰にも負けない強みである可能性は十分にあります。

この質問にしっかりと答えるためには、自己分析と企業研究は欠かせません。

自己分析と企業研究をしっかりと行って面接に備えましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら