転職面接で休日出勤の可否について質問されたことはありますか。

休みの日に働きたいという人は多くはありませんから答えづらい質問でしょう。

しかし面接官が「休日出勤は可能?」と聞くにはいくつかの意図が隠されています。

今回は休日出勤の可否と問われた際の適切な答え方を解説します。

他にも「残業ができますか?」などの質問にも応用できますのでポイントをしっかりと押さえましょう。

Contents

転職面接で「休日出勤は可能?」と聞かれた時の答え方

就活女性

転職面接で「休日出勤は可能?」と聞かれた時の答え方は1つではありません。

もちろん「はい、大丈夫です!」と答えられれば特に問題はありません。

しかし休日出勤が実際に難しい人にとっては非常に答えづらい質問です。

実際「断ったら不合格になるのでは」や「どんな理由で断るのが正解か」などと考えながら答える人が多いです。

中には休日出勤が難しい状況があるにもかかわらず「できます」と嘘をついてしまう人もいます。

しかし面接で嘘の回答をすることは後々とトラブルにつながるのでお勧めできません。

休日出勤が難しいことが事前に分かっている人は面接官が納得する理由で上手に説明できるようにしましょう。

面接官が休日出勤が可能か聞く意図は?

面接官が休日出勤について質問するにはいくつかの意図があります。

企業によっては間接的に「休日出勤もある会社ですよ」と応募者に伝えている可能性もあります。

しかし実際は休日出勤をあまり必要としない会社も意図的にこのような質問を出す場合もあります。

以下の項目を参考に企業が休日出勤について聞く意図を把握しておきましょう。

仕事への意欲を確認したい

意欲的な女性

休日出勤は休みの日に仕事をしなければならないので多くの人はやりたがりません。

「休日出勤は可能?」という質問は応募者の意欲を確認するために質問されることも多いです。

なぜなら企業は休日出勤でも意欲的に仕事をする気持ちがある人を採用したいと考えているからです。

また仮に応募者が「できない」と回答したとしても、その理由や回答の仕方によって応募者の意欲や考え方を判断できます。

だからこそ休日出勤が可能か聞かれたら、回答の可否にかかわらず志望意欲は伝える努力をしましょう。

時間外労働への考え方を知りたい

女性、パソコン

休日出勤について質問する意図として面接官が応募者の労働外時間への考え方を知りたい場合があります。

また同時に仕事に対する責任感があるかもチェックされるポイントです。

ここで1つ例文を上げてみます。

「休日出勤は〇〇ですが時間外労働をしなくても通常業務時間内に業務を終えられるよう計画性を持って行動します」

上記のような回答は休日出勤の可否に関わらず、業務に対する責任感や意欲を伝えるのに有効的です。

 

ワンポイント

面接官の質問意図を把握しているだけで、面接に効果的な回答を準備することができます。

面接官への回答は全て自己PRにつながると意識して回答を考えましょう。

 

転職面接で休日出勤について聞かれたら正直に答えよう

人差し指のオフィス女性

面接官から休日出勤について聞かれたら正直に答えるようにしましょう。

休日出勤できると答えたにもかかわらず、採用後に実際はできないことがわかるとトラブルの原因となります。

面接は企業と応募者の要望をすり合わせして適材適所を判断する場でもありますので、質問には正直に答えましょう。

正直に休日出勤ができない旨を伝えたとしても伝え方によっては面接官に好印象を与えることも可能です。

 

ワンポイント

「できない」ことがリスクだと考えるのではなく、できないことはできることでカバーして自己PRにしてみましょう。

 

「休日出勤は可能?」への答え方のポイント

休日出勤が可能か質問されたら以下のポイントを参考に回答するようにしましょう。

以下の項目は「残業できますか?」や「他の勤務地でも働けますか?」などの質問にも応用できます。

面接官に好印象を与えるためにも答えづらい質問に対する準備は万全にしておきましょう。

簡潔かつ具体的に答えよう

シンプル、植物

まず面接官の質問への回答では前提として分かりやすく簡潔に答えることが大切です。

話にまとまりがない人や何を言っているか分からない人は仕事もできない人と判断される傾向にあります。

発言する時は簡潔に分かりやすく回答してください。

また、具体的に回答をすることも心掛けましょう。話に具体性があると説得力のある発言が出来ます。

自分に不利な質問があったとしても簡潔で具体的に回答できることで有利に話を進めることが可能です。

話し方1つで人の印象は大きく変わりますので、面接に臨むさいは簡潔かつ具体的に回答しましょう。

「できない理由」を明確に伝えよう

ドア、閉店

面接官の質問に対し「できない」などネガティブな回答をする際はできない理由も明確にしましょう。

休日出勤ができるか質問されても「できない」という回答が直接的に不採用につながるわけではありません。

休日出勤ができないと不合格になるなら、募集する時点で休日出勤できる人に限定して募集するはずです。

もちろんできない理由が「休みの日は休みたいから」などの説明だと意欲が低いと判断されるでしょう。

しかし「子育て」や「介護」などの理由によっては面接官に悪い印象を与えずに断ることが出来ます。

できない理由は面接官に悪い印象を与えない内容を伝えるようにしましょう。

仕事に対する熱意も伝えよう

花火をもつ女性

休日出勤の可否にかかわらず、回答する際に仕事に対する熱意を伝えると効果的です。

面接官はこれらの質問から応募者の熱意や意欲、そして家庭環境や考え方などを間接的に判断しています。

とくにネガティブな回答をする場合は、熱意をしっかりと伝えるようにしましょう。

またネガティブ発言を以下のようにポジティブ発言に変える一言を添えることも効果的です。

「休日出勤はできませんが、代わりに残業することは可能です」

面接官も人ですので熱意や誠意をもって面接に臨めば好印象につながります。

「休日出勤は可能?」への答える時の注意点

では次に休日出勤についての質問に答える時の注意点を紹介します。

以下の項目を参考に面接で失敗しない応答方法を考えましょう。

「休日出勤はできません」とだけ答えるのはNG

NGブロック

休日出勤の可否を聞かれた際に、「できません」とだけ答えるのは不合格につながります。

理由もなく「できません」だけだと面接官に意欲も何も伝わりません。

できない場合はかならず正当な理由を伝えることを忘れないでください。

一方、「できます」と答える時も仕事への意欲や責任感が伝わる発言を添えると効果的です。

必要以上にプライベートを話す必要はない

コップからあふれる水

休日のことを聞かれるとついプライベートの話を必要以上に話す人がいます。

しかし面接官は応募者のプライベートに興味があるわけではないので必要な情報だけ伝えるようにしましょう。

例えば「休日は子どもを学童に預けられないから出勤できない場合」も全てを説明する必要はありません。

「休日は子育てのため出勤できません」と簡潔に伝えるようにしましょう。

嫌そうな表情をしない

落ち込む女性

面接では表情の変化も面接官はしっかりとチェックしています。

自分に不都合な内容の質問でも嫌そうな表情や態度を示さないように注意してください。

質問内容によっては応募者のストレスチェックも兼ねていますので、質問には堂々と笑顔で答えましょう。

面接中に上手く発言できなかったとしてもしぐさや立ち振る舞い、そして表情でカバーできることもあります。

常に見られていることを意識して魅力的な自分を演出しましょう。

転職面接で「休日出勤は可能?」と聞かれた時の回答例

では転職面接で休日出勤の可否を聞かれた時の回答例を紹介します。

正解は1つではありませんので自分に1番近い例を参考に自分なりの回答を考えましょう。

「休日出勤できます」の回答例

〇をあげる女性

「休日出勤は抵抗ありません。しかし仕事の効率化にも取り組み不必要な残業は発生しないようにしたいです。」

「休日出勤は可能です。前職でも繁忙期は休日出勤や残業で対応していました。」

上記のように休日出勤の可否だけでなく、自己PRにつながる発言を添えることがポイントです。

「休日出勤は出来ません」の回答例

✕をあげる女性

「休日は育児ため出勤出来ません。通常業務に集中して仕事の効率化で補いたいと思います。」

「休日は介護のため出勤出来ませんが、平日の残業は可能なので繁忙期は残業でカバーします。」

上記のように「できないこと」を何かできることで補うと面接官に好印象を与えることができます。

仕事に対する熱意や責任感も伝えることができますので参考にしてみてください。

即答できない場合の回答例

50%を示すカード

「休日勤務は家庭の事情でその都度調整が必要です。しかし事前に日程が分かれば調整して出社するつもりです。」

質問に対する回答は「できる・出来ない」の2通りではありません。

「できるか分からないけれど調整してみる」とあいまいな表現でやり過ごすことも可能です。

実際、休日出勤がいつでもできる人はなかなかいないものです。

冠婚葬祭や家庭の事情で休日出勤ができない日も出てくるはずです。

即答できない場合は、前向きな姿勢で「調整します」という回答をしておきましょう。

 

ワンポイント
面接官の質問意図を考えながら臨機応変に回答できるようにすることが大切です。

 

転職面接で「休日出勤は可能?」と聞かれた時のNG例

✕マークと初心者マークを持つ女性

では次に休日出勤が可能か聞かれたときのNG例を紹介します。

「休日出勤はしたくありません、休日出勤は労働基準法にひっかかるのではないでしょうか」

「休日出勤は友人との予定があるため出来ません」

「休日は休みたいので出勤できません」

上記のは典型的なNG例です。

仕事に対する熱意は感じられず、1番上の例は会社を挑発しているようにも捉えられます。

休日出勤を断る際は必ず正当な理由をもとに断るようにしてください。

趣味や友人と過ごす時間は正当な理由に含まれませんので気をつけましょう。

ちなみに休日出勤については企業の就業規則に休日出勤についての項目が記載されていれば違法ではありません。

 

ワンポイント
面接官にネガティブ発言をするときは、不当な理由や自分の悪印象につながる発言は避けましょう。

 

子供のいる女性は休日出勤を免除してもらえる制度をチェック

女性の多くは子育てなどの事情で休日の出勤が難しい可能性が高いです。

実は日本には休日出勤を免除してもらえる制度というものが存在します。

これらの制度をしっかりと把握して、子育てしながら働く環境を整えましょう。

「所定外労働の免除」

時計とカレンダー

子どもが3歳の誕生日を迎える前々日までは「所定外労働の免除」を受けられます。

この制度では就業時間以外は労働を免除されるため残業や休日出勤をする必要がなくなります

企業の労働協定によって対象者が制限される場合がありますが、基本的には1年以上勤める社員であれば適用可能です。

「短時間勤務制度」

短いベンチ

「短時間勤務制度」は会社での就業規則で決められた労働時間が短縮できる制度です。

対象者は3歳未満の育児をする労働者で1日の所定労働時間が6時間以下でないことが条件となります。

他にも労使協定の条件や雇用形態などの対象者条件がありますので細かいことは会社に確認が必要です。

 

ワンポイント

上記以外にも育児・介護休業法によって子育てをサポートする様々な制度が存在します。

2つの制度を合せて申請もできるので子育て中の人は必ず確認しておきましょう。

 

転職相談は転職エージェントを活用しよう

スーツで悩むしぐさ

転職活動は書類選考から面接そして入社まで非常に時間と労力がかかる活動です。

働きながら転職活動するのは容易なことではありません。

転職をスムーズに効率よく進めたいという人は転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントは転職先を紹介するだけではなく、転職に関する疑問や相談に丁寧に対応します。

また就業後のアフタフォローも欠かしません。

まだ登録したことがない人はこの機会に是非転職エージェントを活用して下さい。

まとめ

案内する女性

転職面接で「休日出勤は可能?」と聞かれたときの対応方法は分かりましたか。

面接官に悪い印象を与えずに断る方法はいろんな場面でも応用ができますので、ポイントを押さえましょう。

面接官の質問の意図を想像して簡潔に分かりやすく回答することも忘れないで下さい。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら