未経験職種への転職は、面接対策やどんな注意をするべきか疑問や不安がつきものです。

そもそも未経験で転職できるのかどうかを疑問に思う人もいるでしょう。

今回は未経験でも転職を成功させるポイントや注意点を解説します。

未経験から転職成功するポイントを解説

ガッツポーズ

転職活動をする方の中には、未経験の職種への転職を考えている方もいるでしょう。

実際に企業の求人をみてみると、未経験でも転職できる職種はたくさんあります。

しかし中途採用では経験者が優遇されがちであったり、何か強みがないと難しいというのが現実です。

そのため未経験というデメリットをいかにカバーするかが大切になります。

未経験でも転職できる職種は?

未経験でも転職できる職種はたくさんありますが、その中でも特に間口が広い職種があります。

未経験でも転職できる代表的な職種を紹介します。

「営業職」

笑顔の女性

まず営業職は未経験でも比較的転職しやすい職種です。

営業職には、高いコミュニケーション能力フットワークの軽さなどが求められます。

また営業は顧客と直接会う、いわば会社の窓口的な役割も担う職種です。

そのため、人柄の良さやビジネスマナーが身についているかなどもチェックされます。

これらは営業経験がなくても身につくもののため、未経験者でも転職しやすいのです。

「事務職」

ノートPCで作業する女性

女性の転職者から人気に高い事務職も未経験でも転職できる職種です。

事務職では基本的なPCスキルスケジュール管理能力が求められます。

地道にコツコツと作業をすることが多いため、こうした作業が苦にならないことも大切です。

デスクワークが得意であれば未経験でも転職できる可能性は十分にあります。

「美容業界」は女性に人気

美容業界は女性からの人気が高い業界であり、さらに未経験でも転職できます。

エステティシャンなど国家資格を必要としない職種もあり、働きながら学ぶことも可能です。

未経験で転職して働きながら専門知識を身につけていくことができるため、スキルアップを実感しやすいでしょう。

さらに美容への関心は男女問わず高まっており、急激に需要が高まる一方で常に人手不足でもあります。

そのため求人数も多く、未経験でも転職できる業界です。

 

無料転職相談をして理想のキャリアを掴もう

 

未経験職種の転職の履歴書と職務経歴書

未経験での転職の場合履歴書や職務経歴書は非常に大切な役割を担っています。

履歴書や職務経歴書もしっかりと準備しましょう。

未経験職種の転職は応募書類が重要

履歴書と四葉のクローバー

履歴書や職務経歴書を見れば、企業側はすぐに未経験での転職希望だと気付きます。

経験者優遇の場合は未経験と分かっただけであまり良い評価がもらえないかもしれません。

場合によっては書類審査の段階で落とされてしまう可能性もあります。

そうならないためには未経験というデメリットをカバーできるような内容を書くことが大切です。

履歴書や職務経歴書を適当に書けばそれだけでも印象は悪くなってしまうためきちんと丁寧に書きましょう。

相手に読んでもらい、興味を持ってもらうことを意識して書くことが大切です。

履歴書の志望動機や意欲が伝わるように書こう

資料に書き込む人

志望動機は履歴書に書く段階から熱意が伝わるように書きましょう。

文字で書くよりも面接で話した方が熱意は伝えやすいと考えている方もいるかもしれません。

しかし未経験の場合は書類で落とされてしまい、面接にたどり着かない可能性もあります。

そのため、履歴書を読んで自分の熱意が相手に伝わることを意識して書くことが大切です。

また志望動機の中で未経験の職種へ転職するために勉強していることがあればそれも盛り込みましょう。

資格の取得などを目指して勉強していることが伝われば、仕事への意欲がより伝わります。

文字で熱意や意欲を伝えるためには言葉のひとつひとつに気を配り、適切な表現を選ぶ必要があります。

言葉選びを間違えて伝えたいことが伝わらないということがないように注意しましょう。

職務経歴書で前職の実績をアピールしよう

職務経歴書を書く際には、これまでの自分の実績をアピールしましょう。

関係ないからと前職の実績を書かないのは非常にもったいないことです。

未経験の職種であっても、前職の経験が役立つということが十分に考えられます。

これまで経験したことを応用させることで、未経験でも大きな成果を出せる可能性もあるのです。

また、多くの実績をあげられれば仕事へ意欲的に取り組んでいたことも伝わります。

それにより転職後も同じように意欲を持って働いてくれるのではないかという印象を与えることもできるでしょう。

 

ワンポイント
書類審査で落とされないように志望理由や実績をしっかりと書こう
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


未経験職種の転職活動で意識しておきたいこと

未経験の職種への転職活動では経験したことがない故に意識しておくべきことがあります。

どういった点を意識するべきなのか解説します。

なぜその職種なのか明確にしておこう

女性

未経験職種への転職の場合、面接でなぜこの職種へ転職しようと思ったのかをほぼ必ず聞かれます。

面接官としては、経験がないのに志望する理由はどこにあるのかを探りたいと思っているのです。

そのため転職活動をする前に、なぜその職種へ転職したいのか、自分の中に明確な答えを持ちましょう。

理由としては「新しいことへ挑戦したい」「好きなことを仕事にしたい」など様々にあるはずです。

しかしそれは本当に未経験の職種でなければならないのか、という点も突き詰めてみてください。

面接官によっては「現職や他の職種でも良いのでは?」と考える場合もあります。

こうした疑問にも答えられるよう、その職種でなければならない理由を明確にしておきましょう。

前職の経験をどう活かせるか考えてみよう

未経験の職種だからといって、前職の経験が全く活かせないということはありません。

これまでの社会人として働いてきたことで、基本的なビジネスマナーや知識は身についているはずです。

それらを活かして未経験の職種で働くことも出来るでしょう。

例えば営業職であれば顧客と直接会うためビジネスマナーは必須になります。

前職でそれを身につけているならば、営業でも活かすことができるでしょう。

また、PCスキルが身についているのであれば事務職に活かせます。

このように自分がこれまでに身につけたスキルや経験は何かしら活かすことができるはずです。

前職の経験から活かせるアピールポイントがないかを見つけましょう。

未経験職種の転職面接は自己紹介が大切

未経験の場合は経験者に一歩リードされた状態での転職活動です。

そのため面接では自己紹介から面接官へしっかりとアピールする必要があります。

効果的な自己紹介の例文を紹介します。

「営業職」の自己紹介例

相談を受ける女性

営業職へ転職する際には、自己紹介の段階で営業に向いている強みなどを盛り込みましょう。

営業職に求められるスキルとしてはコミュニケーション能力ビジネスマナーなどがあります。

さらに自己紹介のため、これまでどのような経験を積んできたかも伝わることも大切です。

これまでの経験とあわせてアピールポイントが伝わるように心がけましょう。

 

〈例文〉

○○○○と申します。私は飲食店の店長として○年従事していました。

私は、前職では従業員同士のコミュニケーションを何よりも大切にしていました。

お客様に快適に過ごしていただくためには、従業員同士の連携が欠かせません。

そのため、日頃から些細なことでもコミュニケーションを取るよう心がけて参りました。

それにより従業員同士の関係を良好に保ち、緊急時にも連携して対応できる環境を保つことができました。

こうして培ったコミュニケーション能力が御社でも活かせるのではないかと思っております。

本日はどうぞよろしくお願い致します。

「事務職」の自己紹介例

事務職へ転職する場合は事務職に向いているスキルなどを盛り込んだ自己紹介を考えましょう。

事務職で必要とされるスキルの1つがPCスキルです。

書類作成などの事務仕事は他の職種であっても経験することがあるでしょう。

さらに事務職には活かせる資格が多くあります。

新卒の就職活動の際に取得した資格の中にも活かせるものがあるかもしれません。

もしそうした資格を持っていれば、それも自己紹介に盛り込むと良いでしょう。

 

〈例文〉

○○○○と申します。私は○○株式会社にて営業職として従事して参りました。

新規顧客の開拓や商品納入後のアフターケアなども行い、お客様に寄り添った営業を心がけています。

商品説明をする際には、既存パンフレットではわかりにくい場合もあります。

私はパソコンでの資料作りが得意でマイクロソフトオフィススペシャリストの資格も取得しています。

そのスキルを活かし、お客様にとってよりわかりやすい資料を自分で作成して活用していました。

お客様からも分かりやすい資料だとご好評をいただき、営業成績を大幅にあげることができました。

これまで活用してきたPCスキルを事務職で活かし御社へ貢献できるのではないかと思い応募しました。

本日はどうぞよろしくお願い致します。

 

無料転職相談をしてキャリアアップを目指そう

 

未経験職種の転職活動の注意点は?

オフィス女性

未経験者も募集している職種の共通点として、人手不足というものがあります。

経験者だけでは十分な人材が確保できないために、未経験の人材も募集しているのです。

そのため未経験の中途採用であっても即戦力として働けることを望まれます。

中途採用の場合、新卒のように教育に時間をかけるということは基本的にはないでしょう。

社会人としてある程度の下地はできておりすぐに活躍できることを望んでいるのです。

そのため即戦力として働けるようなスキルや知識が求められます。

職種の専門的な知識をカバーして即戦力として働けるスキルがあることをアピールできた方が良いでしょう。

 

ワンポイント
自分が即戦力として貢献できることをしっかりとアピールしよう

未経験転職に関する疑問

未経験での転職には不安や疑問がつきものです。未経験転職に関する疑問にお答えします。

女性でも未経験職種に転職できるの?

腕組

結論からいえば、女性でも未経験職種へ転職することは可能です。

先述した未経験でも転職できる事務職や美容関係は活躍している女性がたくさんいます。

女性だからこそ活躍できることもあり、企業側も女性活躍に力を入れている企業が増えています。

女性だからという理由で未経験の職種への転職を諦めなくても良いでしょう。

未経験転職は何歳まで?

未経験転職をすること事態は何歳でも挑戦することができます。

ただし、年を重ねるほど求められるレベルが上がってゆくでしょう。

20代での未経験転職であれば今後のポテンシャルを期待して採用されることがあります。

そのため仕事への意欲や柔軟な対応力をアピールすると良いでしょう。

30代になれば未経験であっても即戦力として働けることが求められるため、自分のスキルや知識が大きな武器になります。

これまでの社会人経験や実績をアピールすることが大切です。

ただし即戦力として求められるためビジネスマナーなどが身についていないとマイナスの評価を受けるでしょう。

面接だけでなく応募書類からマナー違反にならないよう注意が必要です。

面接では何を聞かれるの?

面接時

面接では「なぜ未経験の職種を選んだのか」という志望動機は必ず聞かれるでしょう。

転職の際にはこれまでの経験を活かして働きたいと思う転職希望者は多くいます。

企業側としても即戦力を欲しているため、経験者の方が望ましいと考えている傾向があります。

経験者であれば転職先が決まりやすい中でわざわざ未経験の職種を志望する理由が知りたいのです。

志望理由からその職種でなければならない理由や仕事への意欲・向上心が伝わることを心がけましょう。

志望理由以外にも、自分の強みや入社後にどのように仕事へ取り組むかなどの定番の質問もされます。

未経験であることにこだわりすぎず、転職面接でよく聞かれる質問への対策をしっかり行いましょう。

 

ワンポイント
面接でよく聞かれる定番の質問への対策もしっかりと行おう
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


未経験職種の転職成功のポイントを押さえて転職活動を始めよう

相談

未経験の職種へ転職する場合、なぜその職種を選んだのかを明確に説明できなければなりません。

自分の中で理由が明確になっていなければ、説得力のある回答はできないでしょう。

さらに理由によっては面接官を十分に説得することができない場合もあります。

そのため、まずはどうしてその職種を選んだのかを明確にすることが大切です。

さらにこれまでの経験や身につけたスキルがどのように活かせるかを分析します。

未経験であっても活かせる経験やスキルは必ずあるはずです。

未経験職種への転職を成功させるためには、これらのポイントを押さえて転職活動をしましょう。

 

ワンポイント
・未経験職種への転職理由を明確にする
・スキルや経験をどう活かして貢献できるかも考える

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

面接を受ける女性

未経験の職種へ転職するとなれば、同じ職種へ転職するよりも疑問や不安は増えてしまうでしょう。

未経験職種を選んだ理由も明確にしようと掘り下げるほどうまくまとめられなくなってしまう場合もあります。

こうした疑問や不安を自分だけで抱え込んでしまうと相当なストレスがかかってしまうでしょう。

自分だけではどうしたらいいのか分からない、という人は転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントは転職希望者の理想の転職を叶えるべく転職のサポートをしてくれる存在です。

転職活動中の疑問も相談できるため、様々な場面で力になってくれるでしょう。

 

無料転職相談をして転職を成功させよう

 

まとめ

桜、退職

今回は未経験職種への転職活動について解説しました。

未経験職種への転職は履歴書の段階から経験者よりは不利な立場でのスタートです。

その立場から逆転して内定を掴むためには採用担当者に自分の意欲や熱意をしっかりと伝えなければなりません。

さらにこれまでの経験やスキルがどう活かし、入社後どのように企業へ貢献できるのかを答えられるよう準備が大切です。

これらを伝えることができれば、未経験であっても内定への道が開けていくでしょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!