転職活動で耳にすることのある面接フィードバックという言葉。

この言葉の意味やその目的について、なんとなくしか理解していないという方もいるのではないでしょうか。

面接というのは転職活動において合否の分かれ目ともいえる重要なポイントです。

今回の記事では面接対策にも役立つ面接フィードバックについて解説していきます。

Contents

面接フィードバックの意味を解説

スーツで悩むしぐさ

転職活動の面接選考において、面接官によっては面接中に応募者に対して感じたことを伝えてくれることがあります。

これを面接フィードバックと呼び、面接本番においては面接終了時や退出時などに行われることが多いものです。

また、場合によっては転職エージェントなどの模擬面接でもフィードバックを行なってもらうことができます。

面接フィードバックは面接官が具体的にどのように感じたのかを言葉で直接伝えてくれる貴重な機会です。

しかしフィードバックで良い点を伝えるのか、悪い点を指摘するのかは面接官や企業によって様々。

面接官が面接フィードバックを行うのは何故なのでしょうか。

その目的やフィードバックのポイントについてご紹介していきましょう。

面接官がフィードバックを行う目的は?

指をさす女性

次は面接官がフィードバックを行う目的について解説していきます。

フィードバックを通して企業は応募者の何を見ようと考えているのでしょうか。

その目的を知ることによってフィードバックの受け止め方も変わってきます。

企業側の意図を知り、面接に役立てていきましょう。

フィードバックを受けたときの反応を見たい

フィードバックをすることによってその後の反応を見たいと考えている面接官もいます。

面接官が面接で感じたことを率直に伝えることで指摘をどのように受け止めるのかを確認しているのです。

この時の反応によって面接官は応募者がどのような人格であるのかを調べています。

人はこのような率直な会話の中で本来の性格を表しやすいからです。

もしフィードバックを受けた際にはその際の反応にも注意が必要となるでしょう。

次の面接で結果を出して欲しい

資料を持つ女性

悪い点を伝えられたから、その選考に落ちたと考えるのは時期尚早です。

面接官によっては次の面接でその部分を改善して結果を出して欲しいという期待を込めてフィードバックを行っている場合があります。

このような場合にはあなたに対して期待しているからこそ、時間を取ってフィードバックを行っていると考えられます。

悪い点を指摘されたからといって、企業からの印象が悪いとは限りません。

フィードバックは素直に受け止めるようにしましょう。

企業への関心を高めて欲しい

企業によっては面接フィードバックで自社への企業理解の不足を指摘する場合があります。

このようなケースでは企業に対して更に関心を高めて欲しいと考えていることがあるようです。

企業への理解が足りないと指摘された場合でも面接を通過できなかったと考えてはいけません。

一次面接で指摘された場合には二次面接以降であなたがどれだけ企業に対して関心を高めたのかを確認したい場合があるからです。

 

ワンポイント
・フィードバックを受けた時の反応に注意
・次の面接に向けてのアドバイスを行っている場合もある
・企業理解を深めて欲しいと考えている

面接官はどんなポイントを見ている?

会議

次は面接官が面接フィードバックを行った際、どのようなポイントを見ているのかを解説していきます。

面接官が何を考えているのかを知ることで、実際にフィードバックを受けた際の適切な対応がわかることでしょう。

褒められたときの反応

面接官からフィードバッグを受けた際に良い点を伝えられた場合、そこではどのようなポイントを見ているのでしょうか。

褒められた場合、面接官はあなたに対して次の面接でも頑張ってもらいたいという激励の意味を込めている場合が多いようです。

あなたがその面接官から見て魅力的であった場合、その長所を更に発揮してもらいたいと考えていると思われます。

その際、自身を卑下したり謙遜したりするとマイナスな印象となる可能性があるでしょう。

褒められたときには素直に受け止めることでプラスの印象を維持することができます。

ダメ出しをされたときの反応

面接官はあなたがダメ出しをされた際にイライラしたり落ち込んだりといった仕草を出さないかを見ているのです。

そうした仕草が出た場合、面接官はあなたを落ち込みやすかったり人の意見を素直に受け入れられなかったりする人だと考えます。

このような反応をした場合はマイナスな印象を与えてしまうため、避けた方が無難です。

冷静に感謝の気持ちだけを伝えるようにしましょう。

 

ワンポイント
・褒められても自分を卑下したり謙遜したりしない
・ダメ出しをされてもイライラしたり落ち込んだりした様子を見せない

面接フィードバックから合否の推測はできない

オフィスの女性

面接フィードバックは合否の結果には直接関係しないと考えて良いでしょう。

そのため面接で悪い部分を指摘されたからといってその選考を通過できなかったと判断するのは早すぎます。

その面接官は期待を込めて悪い点を指摘している可能性もあるからです。

面接フィードバックから合否の判定を推測するということはしないようにしましょう。

フィードバックの内容は今後の転職活動に活用するだけに留めておくのが無難です。

フィードバックを受ける際のポイントは?

意欲的な女性

フィードバックを受ける際には以下のようなポイントに気をつけましょう。

面接の終わり側にされることの多いフィードバックですが、この部分も面接官に評価されています。

自身の合否にも影響するため、油断しないようにしましょう。

褒められたときは?

面接官はフィードバックのような、面接の本筋とは異なる部分で応募者の人柄を見ようとしている可能性があります。

そのため褒められた場合には、素直に感謝することによって企業からの印象も良くなることでしょう。

先述したように応募者に意見を求めているわけではないため、フィードバックを受け止める姿勢を見せることが大切です。

マイナス面を指摘されたら?

面接を受ける女性

マイナス面を指摘された場合でも、そのことに対して反発することは避けましょう。

マイナス面を伝えられたからといってその企業の選考に落ちたとは限りません。

今後の面接で更に良い形で実力を発揮してもらいたいという期待が込められている可能性もあります。

マイナス面を指摘された場合にも、面接官は自分のために意見を言ってくれているのだと受け止めるようにしましょう。

そうすればその素直な姿勢で面接官に好印象を与えることもできます。

 

ワンポイント
・褒められた時は感謝の気持ちを伝える
・マイナス面を指摘されても素直に受け止める

フィードバックはどうやって受けるの?

悩み

次はフィードバックを受ける場所について解説していきます。

面接練習などでもフィードバックをもらうことは可能です。

客観的な意見をもらえる貴重な機会であるため、面接対策に不安がある方はそのような場を活用していくと良いでしょう。

転職エージェントとの練習

転職エージェントとの面接練習を利用することでも、面接フィードバックを受けることが可能です。

面接本番と違って、企業の評価を気にしなくて良いためフィードバックについて詳細に聞くことができます。

転職エージェントは転職のプロであるため、企業の面接官よりも鋭い指摘をもらうことができるでしょう。

話し方や立ち振る舞い、回答の内容など詳細にフィードバックをもらい面接本番に役立てることが大切です。

企業の面接官に対して好印象を与えられるように転職エージェントのアドバイスを元に対策を行っていきましょう。

面接本番

面接

面接本番でも企業によってはフィードバックを行ってくれる場合があります。

このような場合には面接官が今後の面接において直すべき部分や伸ばしていく部分を教えてくれるため参考にすると良いでしょう。

また、フィードバックをもらった企業で次の選考に進んだ場合、指摘された箇所を改善することによる効果は大きいと考えられます。

その企業における面接対策を直接伝えてくれる機会ともいえます。

フィードバックを素直に受け止めてその後の面接に活かすことによって、内定が更に近づくことでしょう。

 

ワンポイント
・転職エージェントで面接練習が行えるのでそこで得たフィードバックを活用する
・面接本番ではその後の選考で役立つ指摘をもらうことができる

フィードバックの体験談を紹介

スマホを見る女性

次は面接フィードバックを受けた際の体験談をご紹介していきましょう。

具体的にどのような形でフィードバックされるのかを知ることができれば不安を抱えずに済みます。

体験談を参考にして転職活動を安心して進められるようにしましょう。

褒められた体験談

面接官から褒められた体験談として、自身の素直さを評価してもらえたという応募者がいました。

面接の際に嘘をつくことなく、自身の想いを素直に表現していると感じてもらえたようです。

素直であるかどうかというのは転職活動で大きく評価されるポイントとなっています。

素直な人ほど周囲の意見を柔軟に受け入れ成長していくことができるとされているためです。

この応募者はその後この企業から内定をもらいました。

このように面接フィードバックでは単純に自身の長所を褒めてもらえるケースもあります。

ダメ出しされた体験談

面接官からダメ出しされた体験談として、事業内容への興味・関心の低さを指摘されたという応募者がいます。

面接において会社に対しての理解というのは大変重要視されるものです。

面接官は応募者の会社への志望度を測る際、企業研究をどれだけ行なっているかを基準としている場合があります。

そのためこのようなダメ出しをされた場合には、今後の面接では事前の企業研究を入念に行うようにしましょう。

フィードバックを上手く活用しよう

人差し指、女性

フィードバックというのは企業から直接面接に対しての評価をしてもらえる機会です。

転職活動においては貴重な機会であるため上手く活用するようにしましょう。

ここではフィードバックを上手く活用するために心に留めておくべき点を解説していきます。

フィードバックは企業からのアドバイス

フィードバックというのは企業側からの直接的なアドバイスであるといえます。

そのためもしその企業に入りたい場合には、自分がその企業とマッチするのかを判断する基準の1つにすることも可能です。

フィードバックでいわれたことというのは社内の評価基準にも通じて来る部分となっています。

そのため入社後も同じような基準で人事評価をされる可能性があるでしょう。

フィードバックの内容は受け止めつつ、その評価基準が自分に合っているかというのも知ることができる機会です。

企業からの言葉というものは、今後面接をしていく上で大変重要となります。

いわれたことに対して対策を行っていくことで、企業からより良い印象を持ってもらうことができるでしょう。

自分を見直すチャンス

フィードバックというのは自分を見直すためのチャンスでもあります。

自分だけではなかなか客観的な目線で自分を見るということは難しいでしょう。

悪い癖や伸ばすべき長所なども他社からの視点を持ち合わせていなければ改善が難しくなります。

しかしフィードバックというのはそうした他社からの意見というのが直接聞くことができる機会なのです。

自分を見直して改善することができるためフィードバックで得た意見を素直に受け入れて、更に飛躍していけるように頑張りましょう。

意見に対して反発するのではなく、自分のためにいってくれているのだと受け止めて今後に活かすことが大切なのです。

面接での心配事は転職エージェントに相談しよう

勉強

もし面接に対して心配事がある場合には、転職エージェントへ相談してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントというのは転職のプロの目線から転職活動者のことをサポートしてくれる存在です。

もし面接以外にも転職活動における不安があった場合にはエージェントに相談すればきっと良いアドバイスをもらえることでしょう。

安心して転職活動を行っていくためにも、この機会に是非転職エージェントを活用することを検討してみていただければと思います。

まとめ

パソコンで作業をする女性

今回は転職面接での面接フィードバックについて解説しました。

その意味やフィードバックを受ける際のポイントについて知ることで、フィードバックの重要性にも気付いていただけたかと思います。

もし面接本番や面接の練習でフィードバックをもらった際にはその言葉を大切にして、その後の選考に活かしていくようにしましょう。

そうすることで企業から更に好印象を持ってもらうことができるため、理想の転職の実現に向けて1歩前進することができます。

また、面接練習によるフィードバックが欲しい場合には、転職エージェントを活用してみると良いでしょう。

模擬面接形式で対策を行ってもらえる他、求人の紹介なども行ってくれます。

転職エージェントに相談して面接に対する不安を解消し、自信を持って転職活動を行っていける環境を作りましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら