とくに外資系企業への転職を志している場合、面接試験の際に英語でのやりとりも考えられます。

もし英語面接になった場合のその対処方法・対策するためのポイントなどを解説していく特集です。

また英語面接の際に役立つ回答例なども紹介していきます。

英語面接では何を見られているの?

ビルディングの画像

もし転職候補として外資系企業を希望する場合には、英語を日常的に使うポジションに配属される可能性があります。

そのため、転職者の採用プロセスには英語面接を行うことが想定されるでしょう。面接官が海外の人であれば英語面接は確定といえます。

仮に面接官が日本人でも、今から英語でのみ会話をしましょうといったケースもあり得るのです。

そこで今回は、英語面接を無理なくスムーズに終わらせるためのポイントやコツについて解説していく特集です。

応募職種で求められる英語力があるか

英語面接では、ビジネス英語として通用するスキルを持っているのかを判断します。

応募企業が外資系で、頻繁に英語でコミュニケーションを取るような業務内容であれば尚更なことでしょう。

そもそも英語力が必須であることは、募集要項にも掲載しているはずです。

まずは仕事内容を理解できる程度の英語の知識と表現ができそうかを判断しています。

英語圏でのコミュニケーション能力があるか

英語面接では英語によるコミュニケーションが取れることを前提に判断していることもあります。

自分の言葉を使って自己紹介などがスムーズに語れるかを見ながら、将来性を判断していると思ってください。

なぜなら、ネイティブレベルの英語力があれば海外赴任や出張なども想定することができます。

もちろん業務の中で徐々に鍛えられていくケースのほうがほとんどです。

しかしそれ以前に、英語で一定レベルのコミュニケーションができるかどうかは、面接官が一番知りたいスキルなのです。

ワンポイント
英語面接では英語での対応力のレベルを測る目的がある

英語面接の受け答えのコツとチェック

花と英語の画像

英語面接が行なわれるのは、当然ながら応募者のリアルな英語のスキルを測定するためでもあります。

ただし企業側の本音は英語力だけにこだわっているのではありません。

本当に知りたいのは、応募者の熱意がどう表現できているのかとその中身です。

英語を母国語にしていない日本人なので、スムーズに話すことにばかり気を取られがちになります。

そのため肝心な中身のない内容になってしまうことがあり得るのです。

英語面接で頻繁に交わされる質問項目や回答を整理しながら、何度も練習を繰り返すことが攻略方法といえます。

本番では多少の誤差を臨機応変に変えることが問われるでしょう。

すべてを暗記する必要などありません。多少のミスなど気にせず言いたいポイントをうまく表現することに専念すべきです。

英語面接の自己紹介

パソコンの画像

外資系企業への就職を目指すのであれば、英語面接を受けるのが必須だと考えて行動すべきです。

面接で必ず求められる項目は自己紹介があります。

ただでさえ緊張しがちな面接の場面で、自分を英語でアピールするわけです。そのための準備をしっかりとして臨むことが大切といえるでしょう。

では、英語面接での自己紹介について解説します。

対策のポイント

英語面接で聞かれるであろう質問事項について、あらかじめ研究をしておくことが対策ポイントです。

つまり、ある程度の質問フレーズも決まっているといえます。

基本的な構文などは英語面接で検索などをすれば回答例がたくさんありますので、それらをよく読んでしっかりマスターするようにしましょう。

ただしここで気をつけておきたいのは、実際に面接官が喋る英語をヒアリングできるかどうかです。

ヒアリングについてのトレーニングも併せて攻略することを忘れないようにしましょう。

スケジュール表の画像

「自己紹介をしてください」といった質問に関しては、大概の場合「Tell me ~yourself.」という決まったフレーズで聞くことが目立ちます。

  • Tell me about yourself.
  • Describe yourself.
  • Tell me a little about yourself.

他にはちょっと変わった手法として「自分を3語で例えると?」といった聞き方もするようです。

  • What are three words that describe you?

これらの質問表現もいろいろあるので、なるべく多く事例に触れて理解しておくようにしましょう。

また自己紹介を促された場合の回答例としては、以下のような入り方が典型的です。

  • Thank you for taking the time to meet me today and for giving me this opportunity to interview for the position at ●●.

本日は面接にお呼び下さいましてありがとうございます。この日にお会いできたことをうれしく思っております。

ワンポイント
英語面接での質問事項の傾向と対策を練ること

英語面接でよくある質問と回答例

パソコンを見る女性の画像

転職での英語面接では自己紹介をすることから始まり、次第に志望理由・自分の強みなど、日本語での面接と同様なことを質問してくるはずです。

では、英語面接でよく聞かれる質問とその回答例について簡単に紹介していきましょう。

  • Why do you want this job? (What interests you about this job?)

あなたはなぜこの職業に就きたいと考えているのでしょうか?

  • There are three reasons . At first, ~. Secondly, ~. At last, ~.
  • For these reasons, I want to work for your company.

理由は3つあります。始めに〜、次に〜、最後に〜です。

以上のような理由から、私は御社で働きたいと考えています。

リラックスの画像

  • What is your greatest strength ?

あなたにとっての自分の強みとはなんでしょうか?

  • One of my greatest strength is 〜.

私の強みは〜です。

  • What is your biggest weakness?

ではあなたにとっての弱みとはなんでしょうか?

  • My biggest weakness is ~

私の弱点は〜です。

その他に英語で聞かれる質問はさまざまな形式で存在します。

  • Tell me about your most painful experience.

今まででもっとも辛かった出来事を聞かせてください。

  • Are you willing to relocate?

(入社後に)転勤はできそうですか?

  • Are you applying any other job?

他社への就職活動も行っているのでしょうか?

英語面接での逆質問例

会議室の画像

一般的な転職面接でも逆質問の重要性が問われていますが、それは英語面接でも同じです。

むしろ英語圏では日本の面接以上に直球な質問を展開しているとされています。

逆質問で個性を出すことにより、就業意欲を表すことができるからです。

面接官にとっても応募者のイメージをより具体的に湧きやすくするメリットがあります。

逆質問をする際のフレーズも、ある程度確認して覚えておくとよいでしょう。以下のような質問をすることが典型です

  • What skills and experiences would make an ideal candidate?

これから、どのようなスキルや経験が必要とされるのですか?

  • What is the single largest problem facing your staff and would I be in a position to help you solve this problem?

御社のスタッフが直面する重大な問題はなんでしょうか?私はその問題解決に役立てるでしょうか?

ワンポイント
英語面接では逆質問をより積極的に行なうこと

英語面接で対策すべきポイントは?

面接室の画像

一般的な転職面接にてチェックされることは、応募企業に関しての理解をして積極的に臨んでいるかなどです。

英語面接では、それらに加えながら英語スキルとコミュニケーションに対応できる人物かをチェックしています。

ではさらに、英語面接での対策に欠かせないポイントを解説しましょう。

英語面接の練習は必須

英語面接に臨むことを想定しながら、事前に練習をしておくことが重要です。

英語は面接のテクニックというよりも言語であることが前提なので、練習量が多ければ多いほど自然と話せるようになるはずです。

できる限り英語についての知識を理解して、会話ができるレベルへ向上させる努力を日々怠らないようにしておくことです。

職歴に関する単語を確認しておこう

ノートの画像

英語面接の攻略方法は、自分の言葉によって考え方や仕事への取り組み方を表現できるようになることに注目するとよいでしょう。

そのため、万能なバイリンガルになる必要はありません。

面接官が確認したいのは英語の流暢さではなく、英語を使ってどう切り抜けるのかという技術や熱意を判断しています。

まずは仕事や職業・志望する分野に関する単語やフレーズ・ニュアンスを、できる限り勉強して覚えておくようにしましょう。

英語面接を受ける時の注意点

面接会場の画像

一般的な面接を受ける時と同様に、英語面接でも受ける側への注意点があります。

ほぼ内容は一般的な面接とも通じる部分が占めていますが、英語面接ならではの注意点も多少は含まれることを配慮しましょう。

では、英語面接を受ける際の注意点について解説していきます。

目線を意識しよう

英語面接での攻略ポイントは、面接官の目を見ながらアイコンタクトを取って対応することです。

そもそも相手の目を見て会話をすることは常識でもあります。

外資系企業ともなれば、それはほぼ間違いなく自然な流儀として確立しているからです。

目を合わせないと不快な印象を与えてしまいます。

それに自信のなさを印象つけてしまう原因になり、ネガティブな人物だと捉えられる恐れがあるでしょう。

必ず会話をしている相手に目線を意識することです。

相槌のしすぎには注意

英語圏の人々と会う時に日本人の癖として顕著なのが相槌です。過度な相槌をすると堂々とは見えずどこか卑屈な仕草に思われてしまいます。

対話中に意味のない相槌を無意識に繰り返していると、とくに外国人の面接官は不審に思うでしょう。

相槌そのものはコミュニケーションでも必要です。

ただし必要以上にはしないと心得ておくようにしましょう。同意をするための作法なのに、自分の意思がないようにも受け取られてしまいます。

自制と丁寧語に注意

面接とは、時間制限の中で自分らしく最大な成果を上げることに専念する場所です。

そのための自己管理能力が左右してくると思ってよいでしょう。

とくに英語を日常的に使う外資系企業では、指示待ちの人材は必要なく主体的に仕事をこなせる人物を理想としています。

しかし企業は個人行動の場ではありません。時として自制しながら行動もできることもアピールする必要があります。

英語なので敬語があまり存在しません。そのため調子に乗り過ぎて会話をしてしまうと、相手に失礼な態度を取ってしまいかねないのです。

英語での丁寧語などの常套句もあらかじめチェックしておくとよいでしょう。

ワンポイント
英語面接ならではな注意点を把握しておくこと

英語面接は事前の準備が大切

英語表記の画像

英語面接でも業界・業種・企業状況などによって、面接での質問事項も違いがあります。

各企業ごとに事前の下調べなども細かく研究しておくことが大切です。

自分の状況と受ける企業に合わせたアレンジをしながら面接に臨むようにしましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

相談員の画像

転職活動についての些細な疑問や問題点は、いち早く解消しておくことが大切です。

なるべく自分の分かる範疇で調べながら理解するほうが身になっていくでしょう。

もし、どうしても困ったことや不明点があれば、転職エージェントに登録して活用することをおすすめします。

転職エージェントは転職のプロフェッショナルです。転職希望者のさまざまな事情に対応しながら、最適なアドバイスを与えてくれることでしょう。

まとめ

コーヒーの画像

英語面接に臨む際には、まずはよく質問される事項を徹底的に研究してマスターするようにしましょう。ただしそれらは事例にすぎません。

面接本番では、TPOに合わせながら自分の言葉で話さなければならないことを忘れないように取り組みましょう。

そのためには、日ごろから1つでも多く英語に慣れ親しむしかありません。

本気で英語圏の仕事をしたいと考えるのであれば、英語そのものがライフスタイルに組み込まれて当たり前だと自覚することです。

また、流暢に話そうと思い込まずに、自分の伝えたいスタイルを一貫させて熱意のある回答をするように心掛けてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら