バブル崩壊に伴い終身雇用制度も崩壊し、働き方も多様化して転職が当たり前の時代になりました。

今の20代女性で転職活動を経験したことがない人は逆に少ないのではないでしょうか。

自分に合う仕事を求め、気がつけば転職回数が多くなっている人もいるかもしれません。

そ子で今回の記事では20代の転職回数が選考に影響を及ぼすのかどうか解説します。

果たして転職回数が多い20代女性に対して企業の採用担当者はどのような印象を持つのでしょうか?

またそんな転職回数が多い女性でも転職を成功させるポイントをチェックしていきます。

転職回数が多い20代は是非参考にしてみてください。

Contents

20代の転職回数が選考に影響するか解説

転職回数

一般的に転職回数が多いほど次の転職に不利に働くといわれますが、これは事実です。

20代であれば1回だけの転職であればそんなに珍しくはありません。

しかし2回目以上になると転職成功率が大幅に下がってしまう傾向があります。

ただ、大事なのはその転職した内情であり、例外的なケースもあるのです。

職種・業種によっては転職回数が影響しない場合もあります。

人手不足で採用ニーズが高い分野の場合2回以上でも問題ないのです。

何事も例外はあるので、必要以上に恐れることはないでしょう。

転職回数の多さで転職活動が不利になりやすい理由は?

転職回数が多ければ多いほど転職活動が不利になる理由は何でしょうか?

すぐ辞めるのではないかと思われてしまう

不安

まず1つ目が「定着性」「仕事への姿勢」という部分です。

転職回数が多ければ多いほど何やっても長続きしない人と思われます。

大変ではない仕事など1つもなく、辛いことが多少あっても乗り越えなければなりません。

特に20代だと「仕事が理想と違っていてきつかったから辞める」という人が多いです。

そういうたとえどんな仕事をしたとしてもすぐに放棄してしまう傾向があります。

そのような人物を企業側が採用したいかというと答えは「No」ではないでしょうか。

終身雇用が崩壊したとはいえ、企業としては長く勤めて欲しいのが本音です。

スキルや経験値が足りないと思われてしまう

スキル

20代の転職は未経験が多いのでスキルや経験が少なく、仕事の範囲が限られています

1つの会社に長く勤めることで任せてもらえる仕事も増えて収入もそれに比例して上がるのです。

転職回数が多いとそういう仕事のチャンスが得られず経験やスキルが身につきません

第2新卒を別とすれば多くの場合中途採用の基準となるのはスキルと経験値です。

転職回数が多いと即戦力として通用しない人だと思われてしまいます。

そのような人材は企業から見て採用したくなる魅力的な人材とはいえないでしょう。

人間関係のトラブルの元になると思われてしまう

トラブル

退職の理由として実は1番多いのが仕事内容ではなく職場の「人間関係」にあるのです。

確かにセクハラやパワハラなど明らかにいけないことをしている会社はあります。

しかし多少上司が厳しいとか合わない人がいたとかは納得できる理由にはなりません。

会社は決して理想郷ではなく、如何に様々な人がいる中で折り合いをつけるかが大事です。

転職理由が人間関係の場合企業側から「協調性のない人」と判断・評価されるでしょう。

人間関係は仕事において決して切り離して語ることができない重要な要素です。

たとえうまく転職できたとしても人間関係の構築ができないと同じ過ちを繰り返します。

 

ワンポイント
・転職回数が多いと長続きせずスキルと経験が身についていないと思われる
・人間関係は仕事の基本であり転職しても永遠に付いて回る問題である

 

20代の転職回数の平均はどれくらい?

質問

20代の女性が気になるのが平均的な転職回数ではないでしょうか。

20代前半であれば大体0〜1回であり、20代後半で1〜2回というところです。

今の時代は20代前半で転職を経験した人は少なくないどころか多くなっています。

たった1回か2回までであれば転職の回数としては特に影響がないでしょう。

3度以上になると流石に書類選考や面接などにおいて大きな影響があるようです。

そのため転職を若くして考えている20代の女性は転職回数に気をつけてください。

転職回数が多い20代に対する企業の印象は?

それでは転職回数が多い20代に対する企業の印象はどうでしょうか?

回数別に企業側の印象を解説していきます。

転職回数「1〜2回」の印象

グッド

20代で転職回数が1~2回は企業からすると「普通」です。

22歳で新卒で入社した場合1年以上3年以下で転職していることになります。

一般的に3年同じ会社に勤めていれば「短期離職者」とは見なされません。

しかし、2回になると2回目もしくは1回目のどちらかが短期離職の可能性があります。

その場合企業からやや疑いの目で見られるので気をつけましょう。

転職回数「3〜4回」の印象

20代で転職回数が3~4回の場合、1~2年で転職を繰り返している計算になります。

ジョブホッパー予備軍」あるいは「ジョブホッパー」とみなされやすいです。

ジョブホッパーとは「短期離職と転職」を繰り返す人のことを指します。

状態になるとかなり企業から不安がられるようになるので気をつけてください。

ただ、厳しくなるとはいえ、上手く立ち回れば再就職の希望の芽はあります。

サッカーでいえば「イエローカード」が発行された状態です。

転職回数「5回以上」の印象

良し悪し

20代で転職回数が5回以上は危険であり完全なレッドゾーンです。

企業側は完全に「ジョブホッパー」という印象を持ち書類選考で敬遠してしまいます。

いくら正当な転職理由があったとしても、書類選考で跳ねられてしまうでしょう。

対策としてできることは5回以上になる前に素敵な転職先を選ぶことです。

既に5回以上ある方は相当な努力をしないと正社員での雇用は不可能ではないでしょうか。

とはいえ、20代で5回以上もの転職を繰り返す人は余程じゃない限りいません。

レッドカードにならないよう転職先には気をつけてください。

 

ワンポイント
転職回数が多いほど企業の印象は悪くなるので注意が必要

 

転職回数が多くても転職成功する20代の特徴をチェック

しかし転職回数が多くても成功する20代の女性も中にいます。

ここではそんな内定をもらえる20代女性の特徴をチェックして見ましょう。

転職先でも活躍できることを言葉にできる

活躍

まず大事なのは転職先でも活躍できることを上手く言語化してください。

転職回数が多いからには相手を納得させる強力な理由付けが必要です。

面接で1番強調してアピールすべきは今度こそ本気で長く勤めるという熱意でしょう。

ここ以外のところにはもう勤めないと思うくらいの覚悟を伝えてください。

面接官も人間であり感情の生き物ですから転職者の熱意はきちんと評価してくれます。

まずは企業への信頼回復に努めることが大事です。

目的や目標が明確になっている

ゴール

2つ目に将来の目的目標を明確にしていくことを示すことが何よりも大切です。

企業は転職回数が多い人に対して意気地なしという評価を下しています。

その下馬評をひっくり返すためにも徹底してキャリアプランは練っておきましょう。

大事なことは転職回数が全て綿密な計画性と戦略のあるものだと信じてもらうことです。

将来の目標に対してしっかりキャリアプランやビジョンを伝えてください。

そうすれば、一見無作為に行われた転職の多さも計画性のあるものに見えてくるはずです。

ここをひっくり返すことができれば内定が貰える率はかなり上がります。

転職理由を納得いく説明ができる

3つ目に転職理由に関して納得できるような説明をしてください。

企業が最も心配していることはすぐに辞めてしまわないかということです。

転職回数が多いと、定着性や上記の働く意欲などの点で心配と不安に駆られます。

そのためにも、今までなぜ転職を繰り返してきたのかを分析してください。

自分が原因の場合はその反省と改善案を具体的に提示しましょう。

そこまできちんと弁明して初めてマイナスのスタートラインを帳消しにできます。

弊社では大丈夫だろう」と思ってもらうことが何より大切です。

重要なのは自己分析

 

分析

とにかく重要なのは徹底した自己分析を重ねて戦略を立てることです。

転職回数が多ければ多いほどフルになるという事実は変えられません。

いくら過去のことを振り返っても意識が後ろ向きになるばかりです。

だからこそまずは自分がなぜ転職回数が多いのか道筋を振り返りましょう。

転職が上手くいかなかったのにはそれ相応の理由があるからではないでしょうか。

そこを分析すればそこから面接でプラスに持っていく回答を作ることができます。

まず自分のことを客観的に見るところから始めないと何も好転しません。

 

ワンポイント
マイナスのスタートからどうひっくり返してスタートラインに立つかが重要

 

20代で転職回数が多くても転職を成功させるポイントをチェック

それでは20代で転職回数が多くても成功させるポイントをチェックしましょう。

キャリアに「一貫性」を持たせよう

一貫性

業種・職種が一貫している場合はそのアピール内容に一貫性を持たせてください。

例えばどの会社でも営業職という職種が共通していればそれだけで物語となりえます。

営業職の場合は需要も多く、経歴の多さを気にしないという会社もあるでしょう。

しかし、業界や職種にこだわりがない場合この戦法は通用しないのでやめてください。

無理に一貫性を持たせようとすると破綻してしまい、企業に見破られてしまいます。

あくまでも無理のない範囲でしっかり一貫性と物語性のあるキャリアだと語ることが大事です。

今までの職場での経験値をアピールしよう

転職の多さを逆手に取って他の人よりも多くの経験を積んでいることがアピールできます。

転職回数の多さは換言すれば普通の20代であれば経験できないことを経験しているということです。

また職歴が多い人は様々な業務や仕事をこなしているため変化に強いといえるのではないでしょうか。

例えばその会社の事業の改善案や課題解決をして業績アップに貢献した場合がこれに相当します。

コンサルティングをどの職場でも行った経験があればそれだけで強い自己アピールになるのです。

もしくは違う仕事でも一瞬でエッセンスを掴んでしまい結果を出すのが早い人もそうでしょう。

転職回数が多いこともその働き方次第では十分にプラスとなりうるのです。

キャリアアップのための転職だと強調しよう

キャリアアップ

そして上記していますが、キャリアアップのための転職だと強調してください。

キャリアプランがしっかりしていれば向こうの人もしっかり納得してくれます。

また一見無計画のようでもその仕事で得た経験は別のキャリアで生きることもあるのです。

例えば営業職を経験していたおかげで違う業界でも営業職を判断された場合がそうでしょう。

そのステージが上がれば上がるほどスキルや経験・実績も大きくなります。

そのようにキャリアアップが可視化されるように伝われば回数が多くても採用率が上がるのです。

 

ワンポイント
キャリアアップと経験値の豊富さで回数の多さをカバーできる

 

転職回数が多い時の退職理由や転職理由の伝え方は?

知識

転職回数が多い時の理由の伝え方ですが、基本的には前向きな理由を語りましょう。

ただし、あまりにも理不尽すぎる理由である場合はありのままをお伝えしても構いません。

例えば職場のパワハラやセクハラ・深夜までの時間外労働に対して残業代の支払いがないことなどです。

こういうケースの場合は転職希望先の面接官も思わず納得してくれます。

しかし、だからといって感情を露骨に出したり愚痴っぽくなったりしてはいけません。

あくまで事実として冷静沈着にきちんと説明してください。

その上で事実を教訓としてどういう学びを得て今後にどう生かしていくかまで伝えましょう。

転職回数が多い人こそ20代の間に転職しよう

握手

そしてこれが最も大切ですが、転職回数が多い人こそ20代の間に転職してください。

正社員としての転職は回数が多くても20代後半までならギリギリ間に合います。

しかしこれが30代以上になると途端にハードルが厳しくなるでしょう。

30代というと一般的には管理職やリーダーなど重い立場を任されるものです。

そうなると転職回数の多さによって益々不利な状況に追い込まれます。

だからこそ20代のうちに自分が理想とする職場への転職を決めてください。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

相談

転職回数以外にもまた様々な悩みがあるのではないでしょうか。

転職に際して不安がある方は是非転職エージェントに相談してみてください。

転職回数が多い方への書類の書き方から面接対策・求人の紹介までしてくれます。

また通りやすくなるように企業との仲介役も果たしてくれるのです。

マイナスのスタートからでも劣勢をひっくり返すことは不可能ではありません。

 
転職相談はこちら  

まとめ

転職

いかがでしたでしょうか?

今回は20代の転職回数が選考に与える影響について解説してきました。

確かに世間一般から見ると転職の多さが企業に与える影響は大きいでしょう。

しかし、だからといってそこで恐れ慄く必要はありません。

どんなに厳しい状態のスタートであっても方法次第でひっくり返すことはできるのです。

大事なのは企業が納得できる理由と一貫性・キャリアプランにあります。

徹底的な自己分析と戦略を重ねて是非とも素敵な転職活動にしてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら