転職活動を行う上で重要なキーワードの1つが「市場価値」です。

転職を成功させるためには市場価値をどれだけ高められるかにかかっています。

しかし、多くの転職者が見逃しているのは市場価値とは何なのか?ということです。

転職市場を正確に把握し、その測り方や高め方を知らなければなりません。

そこで今回は女性転職者が市場価値を高める方法を解説いたします。

自分の市場価値を知る方法や市場価値が高い人の特徴も併せて紹介しましょう。

Contents

市場価値を高める方法を解説

市場価値

まず市場価値を高める方法は具体的に次の方法が挙げられます。

  • 現職でしっかりとスキル経験を身につける
  • 転職市場を正確に把握分析する
  • 転職サイトや転職エージェントに相談する
  • キャリアアドバイザーに教えを請う

とにかく大事なのは徹底した現状分析を行うことです。

まず自分がどの位の価値があるのかを正確に把握しないことには何も始まりません。

現在の自分の力量やスキルを知って市場価値がどれくらいかを客観的に判断しましょう。

そこをしっかり理解して初めて自分が目指すべき業界やステップが見えてきます。

転職における市場価値とは何を指しているの?

市場価値

転職における市場価値は後述しますが「需要」と「供給」によって決まります。

その評価基準は時代のニーズや社会情勢などによって大きく異なるでしょう。

そのため絶対的な物差しは存在せず相対評価となる傾向にあります。

業務内容が違えば求められる人材もスキルもまるで異なるのです。

分かりやすい例としては明治維新後の武士の扱いなどがそうではないでしょうか。

世の中が大きく変わり文明開化と共に時代に求められる人柄やスキルが大きく変化しました。

そこでは武士は旧式化して大きな価値を持たなくなり時代錯誤な存在となったのです。

このように、まず時代のニーズやトレンドをきちんと掴むところから始まります。

転職における市場価値は何で決まる?

それでは具体的に転職における市場価値は何によって決まるのでしょうか?

ここではその価値基準について上記から更に掘り下げて解説します。

「企業が求める能力」と「企業が求める能力を備えた求職者」のバランス

バランス

冒頭でも書きましたが、市場価値は「需要」と「供給」のバランスで成り立ちます。

即ち「需要」=「企業が求める能力」と「供給」=「企業が求める能力を備えた求職者」のバランスです。

「市場価値が高い」とは企業が求める能力やスキルを持ち合わせていることを意味します。

スキルというと専門性の高い特殊なものと思われがちですが、そうではありません。

特殊な資格やスキルがあってもそれを求める企業が少なければ市場価値は低くなります。

この掛け算がしっかり出来ていないと転職が途端にうまくいかなくなるのです。

応募企業が求める能力を把握することが重要

市場価値を見る時に最も重要なのが応募企業の求める能力を把握することです。

例えばエンジニアとして転職したいのであればPCのスキルは欠かせません。

また事務経理として転職したい場合は収支管理などの能力が必要になります。

このように、企業や業界で求められる能力に絶対の政界や基準はないのです。

この点を無視して転職活動を行うとミスマッチでエラーが起こってしまいます。

また転職者の年齢によっても求められるスキルが異なるので気をつけましょう。

20代女性であればコミュニケーション能力を求める企業が多い傾向にあります。

 

ワンポイント
・市場価値は「需要」と「供給」のバランスで決まる
・企業が求める能力は千差万別あり、年代によっても異なる

 

 市場価値を構成する要素は何?

それでは市場価値を構成する要素は果たして何でしょうか?

「スキル」

スキル

まず1つ目に求められるのが「スキル」=能力です。

市場価値を高めるためにはまずスキルをしっかり習得しなければなりません。

具体的には以下の3つです。

  1. ヒューマンスキル(周囲と円滑な人間関係を築くコミュニケーション能力)
  2. テクニカルスキル(専門性の高い特殊スキル(PCや経理など))
  3. コンセプチュアルスキル(論理的思考に基づく課題解決力(コンサルティングなど))

まずこれら3つの内1つ以上はしっかり持っているかどうかを分析してください。

20代女性であればヒューマンスキルかテクニカルスキルが中心かと思われます。

コンセプチュアルスキルを有する20代女性は珍しいのではないでしょうか。

まずはこれらのスキルを持っているかどうかを調べてください。

「実績」

実績

2つ目がその3つのスキルを裏付ける仕事上の実績成果です。

職務経歴書や面接でもアピールできるのではないでしょうか。

気をつけたいのはその実績で自分は何を担当したのか?ということです。

1つのプロジェクトを1人で完遂するのと大勢の中の1人として行うのは意味が違います。

チームで協力して行うとなればそれは応募者の実績であるとはいえません。

逆にプロジェクトのリーダーや中心人物であればそれは大きな実績といえます。

日頃の仕事の中でどんな成果を残しているかを常に意識して働きましょう。

「キャリアプラン」

キャリアプラン

そして大事なのが未来への展望=キャリアプランです。

キャリアプランが明確の人ほどやりたいことや目標の方向性がはっきりしています。

そういう人は努力も自然と行うでしょうから自然と市場価値が上がっていくのです。

面接でも将来の目標という形でキャリアプランについての質問があるでしょう。

転職活動を行うきっかけは自分が目指す目標があるからこそです。

そのため普段から自分は将来どういう人材になりたいのかを想像してください。

そういう意識を持つと自然とキャリアプランも思い浮かぶのではないでしょうか。

 

ワンポイント
・市場価値のスキルには3つのスキルがある
・そのスキルを具体的に裏付ける実績が重要である
・明確なキャリアプランがあるかどうかも大事な価値基準である

 

市場価値の高い人の特徴

それでは市場価値が高い人とは具体的にどのような人でしょうか?

テクニカルスキルを複数使いこなせる

複数のスキル

まず1つ目が汎用性の高いテクニカルスキルを複数使いこなせる人です。

現在は働き方も大きく異なり業務の体系化・細分化が益々進んでいます。

また1つの専門的スキルだけでは稼ぎにくい時代になりました。

そこで複数のテクニカルスキルを使って複数の収入源を持つことが大切です。

つまりスペシャリストよりもジェネラリストの方が活躍できるのです。

必要に応じて複数の能力を掛け合わせて使えるようにしておきしましょう。

相手を尊重しスムーズに仕事を進めることができる

チームワーク

職場の多様化が進んだ今、会社のサービスや働き方も一様ではなくなりました

リモートワークや在宅勤務の導入が進み別々の場所で働く機会も増えています。

したがって、異なる価値観や立場・年齢の人を尊重する姿勢が求められるでしょう。

上記の「ヒューマンスキル」が今の時代だからこそ強く求められるのです。

特に管理職になると業務範囲が広がり裁量も大きくなります。

基礎的な能力ではありますが、それだけいつの時代も大事な力です。

課題の本質を捉えて解決できる能力がある

解決策

上記のコンセプチュアルスキル=課題の本質を捉えて解決する能力を持つ人も市場価値が高い人です。

そのためには具体的に以下の思考力が必要なるでしょう。

  1. ロジカルシンキング(論理的に根拠付けて物事を考える力)
  2. ラテラルシンキング(思考の枠を打ち破り大胆な改善案を生み出す力)
  3. クリティカルシンキング(課題点・問題点を批判的に考えて見る力)

こう書くと難しい能力のようですが、実はそうではありません。

仕事の基礎だといわれる営業職も基本的に求められるのはこれらの能力です。

お客様の悩みや不安を分析し、そこから最善の回答をきちんと導き出す必要があります。

営業というと簡単なイメージがありますが、基礎的だからこそ奥深く終わりがありません。

こうした俯瞰した視点での課題解決力はとても大事ではないでしょうか。

 

ワンポイント
・複数のスキルを同時に使いこなす力
・相手を尊重して仕事を進められるコミュニケーション力
・課題を俯瞰して解決する高度な思考力

 

自分の市場価値を知るには?

それでは自分の市場価値を知るにはどうすればいいのでしょうか?

自分のキャリアや年収を同業界の人と比較してみよう

年収

自分の市場価値を知りたい時はキャリアや年収を同業界・同年齢の人と比較してみてください。

よく「他者と比較するな」といわれますが、転職市場は比較ありきの競争社会です。

標準年収とも見比べて自分がどの位の成果を出せているのかをきちんと見てみましょう。

そこが標準年収より高いか低いかによって自分の市場価値を測ることができます。

冒頭で述べた現状分析をしっかり行うことから全ては始まるのです。

転職エージェントに相談してみよう

そして2つ目に自分の市場価値を転職エージェントに相談してみてください。

転職のプロであるエージェントはこのような市場価値を正確に把握してくれます。

また市場価値を知った上で最適な企業の求人などを紹介してくれるのです。

自分1人で市場価値を測るとなるととても大変であり余計な時間と労力を消費します。

そうした不安をなくすためにも、エージェントに相談することで悩みがクリアになるのです。

客観的な視点で分析してもらえるので信頼性の高い市場価値の分析が可能ではないでしょうか。

 

ワンポイント
・まず自分の年収やキャリアを同業界・同年齢の人と比較する
・俯瞰で知りたい場合は転職エージェントに相談してみる

転職における市場価値を高めるには?

それでは転職において市場価値を高めるためにはどうすればいいのでしょうか?

日頃からPDCAを意識しよう

PDCA

よくいわれる手法ですが、PDCAサイクルを意識して働いてください。

PDCAとはPlan(計画)Do(実行)Check(評価)Action(改善)の略称です。

まず目標を具体的に計画し、その計画を実行に移してみましょう。

その実行した結果をしっかりフィードバックして次への改善点を出します。

これを毎日継続的に行うことで市場価値は高まり実績を出しやすいでしょう。

転職活動においてもこのサイクルを身につけておくと非常に役立ちます。

新たなサービスや技術に対応していこう

最新の技術

市場価値が高い人材は複数のテクニカルスキルを使いこなすことができる人です。

そのため最新のサービスや技術にも興味・関心を示し積極的に取り入れています。

それはビジネスセミナーの参加でもいいですし、ネットワークビジネスでもいいでしょう。

今だとあらゆる業界でテック化の風潮が強いので、テック化のスキルなどもおすすめです。

時代のニーズを掴むためには最新のトレンドを知って吸収する必要があります。

そういったスキルを身につけることによってどんどん市場価値は高まりますよ。

新たなスキル習得や経験を使用

そしてこれが最も大切ですが、新しく得たスキルや経験はどんどん実行してください

どんなに高度なスキルを得てもそれを実行に移さなければ意味がありません。

今ではネットワークビジネスで誰もが簡単にビジネスを始められる時代です。

昔はビジネスを始めようと思うと巨額を投資しなければなりませんでした。

しかし、今ではノウハウとフォーマットがあれば0円でビジネスを始められます。

そしてそこで得た力は確かな実績を生み出し市場価値を高めることになるでしょう。

市場価値を意識した20代の過ごし方

20代

上記していますが、転職の市場価値は年代によっても異なります

20代女性であればまず必要なのがヒューマンスキル=コミュニケーション能力の習得です。

周囲との協調性を築く基礎能力がなければ市場価値を高めることはできません。

20代後半になると実績・成果を出し始めて個人の成功体験が出てくるでしょう。

そしてその成功体験を出していくためにはコンセプチュアルスキルが求められます。

大事なのはその能力を開花させる自分の得意分野を開拓することです。

どんな人にも仕事の適性や向き不向きがあるので、そこをきちんと考えましょう。

常に先を見据えて行動することによって市場価値を高め転職活動を有利に進められます。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

エージェント

今まで紹介してきたこと以外にも転職活動では悩みが多くあるのではないでしょうか。

そんな方は上でも述べていますが転職エージェントに悩みを相談してみてください。

まず悩みを打ち明けることによって自分がどこで悩んでいるのかがクリアになります。

心の中で思っていることは相談という形で言語化して初めて現実化するのです。

そこでためらわずに自分の意見をどんどん出して話していきましょう。

転職のプロから思いがけないアイデアやアドバイスを沢山もらえます。

市場価値を高める方法も含めてビジネスチャンスが増えるためおすすめです。

まとめ

市場価値

いかがでしたか?

今回は女性転職者が市場価値を高める方法を解説してきました。

市場価値というと難しく高尚な響きがありますが、詳細を知ると何も難しくありません

その本質は応募者の持つスキル・能力と会社の求める能力の掛け合わせです。

この原理原則を理解した上で普段から市場価値を高める意識と努力が肝心でしょう。

分からない時は転職エージェントに相談して自分の市場価値を見てもらってください。

本記事が市場価値を測るための参考になれば幸いです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら