誰もが一度は聞いたことがある「編集者」という職業。

メジャーな職業ですが実際に「編集者」になる方法やその実態まではご存知でしょうか。

今回は、特に「女性」にフォーカスを当て、女性が編集者に転職する方法をご説明します。

「未経験でも編集者になれるか」、「自分に向いているだろうか」という疑問をお持ちの方。

また、編集者の仕事に興味をお持ちの方へ向けて、編集者の主な仕事内容や、編集者に向いている女性の特徴を紹介いたします。

さらに編集者に必要な資格やスキル、「履歴書や職務経歴書を書くポイント、面接で聞かれることについてもチェックしていきましょう!

Contents

女性が編集者に転職する方法を解説

ファイルを持つ女性

編集者が必要とされるのは、一般的に出版社、新聞社の出版局、編集プロダクションなどになります。

本の出版にはスピードが求められるため、出版社側は即戦力となる人材を求めています。

そのため、「編集者募集・未経験歓迎」といった求人は決して多くありません。

どうしても「経験者歓迎」、「〇年以上の経験を持つ方」という求人が多くなる傾向にあります。

関連する仕事に「ライター」がありますが、ライターは編集者の企画に沿って原稿を書く仕事。

書籍やインターネットからの情報収集や、取材・インタビューを行うことがあり、編集者とは一線を画します。

編集者は指示を出し、ライターの作成したコンテンツをチェックするのが仕事です。根本的に役割が異なるということが分かります。

編集者になるという目標を持った方の中には、まず必要な経験を積むために出版社に転職する方も少なくありません。

最初はライターとして社内で経験を積みながら、編集者を目指すという形式が多いです。

一方、「メディアを立ち上げた経験のある人」、「日本語の新聞記事を英語に翻訳できる人」というように、一定のスキルが求められることも。

出版社側が一定のスキルを持った編集者を求めている場合には、前職などで培ったスキルを活かして転職することも可能です。

編集者の主な仕事内容

転職活動する女性

編集者と聞くと、有名な作家や芸能人と仲良くなれる仕事で、優雅で華やかなイメージを持つ方がいらっしゃいます。

しかし、編集者の代表的な仕事は「企画・制作・出版」がメイン。

つまり、裏方の仕事がメインとなるのが現実です。具体的な仕事内容を見ていきましょう。

編集者の主な仕事内容「企画」

どれほど頑張って本やWebコンテンツを作っても、読んでくれる人がいなければ意味がありません。

編集者は、誰が読むのかターゲットを決めます

「ターゲットが知りたい情報」について調べた上で、どのような本やWebコンテンツを作成するか、企画していくのです。

もしファッション雑誌を企画するとしたら「来春におすすめのファッションは○○」、という情報だけでは不十分。

「テレワーク時におすすめのファッション」なのか、「外回りにおすすめのファッション」なのかで企画の内容が異なってきます。

さらに経費がどのくらいかかるか、売り上げはどのくらいになることを見込んでいるか、それらを考えるのも編集者の仕事です。

編集者の主な仕事内容「制作」

ノートPCで作業する女性

「制作」と聞いてイメージが浮かびやすいのは、文章や挿絵の作成、写真の撮影といった部分でしょう。

もちろんそれらも重要な仕事ですが、裏方で更に多くの作業が必要になります。編集者は何を行うのでしょうか。

文章を書くライターを手配し、挿絵を描くデザイナーを探してくる必要があり、写真の撮影もカメラマンに依頼しなくてはいけません。

企画のイメージに合っているかに加え、予算内に収まるかも注意深く考えます。

出来上がったものの確認を行うことや、必要な場合には修正の依頼などを行う必要もあります。

編集者の主な仕事内容「出版」

編集者の多くは、自分が制作にかかわった本が書店に並び、インターネット上で多くの人に読まれる時にやりがいを感じます。

しかし、どんなにすばらしいものを作ったとしても、売れて収益を生み出さなければ会社は困るのが現実です。

売れなければ、意味がありません。

ワンポイント
買ってもらうための戦略を考えるのも、編集者の大切な仕事。

編集者に向いている女性の特徴

就活女性

編集者は本やWebコンテンツの作成にかかわる仕事です。

「文章を書くことや、コンテンツの作成が好きという前向きなモチベーションは、絶対に必要だといえます。

さらにライターやカメラマンに対して適切な指示を出す際には、コミュニケーション能力が求められることも。

続いては、編集者に向いている女性の特徴を詳しくチェックしていきましょう。

同時に複数の作業をすることが得意な女性

編集者の特徴の一つは、同時に複数の作業をこなしていくことです。

例えば「テレワーク時におすすめのイス」に関する企画「〇〇地域でおいしいテイクアウトのお店」の予算立てを同時並行して行うといったイメージです。

当然、全ての作業が順調に進むわけではありません。

頼んでいたカメラマンが急病で倒れて代わりの人を探さなければいけない…というような想定外の事起こり得ます。

そういった不測の事態にも動じず、同時に複数の作業を苦労せず行うことが得意な人は編集者に向いているでしょう。

さまざまなことに興味を持てる女性

女性,鏡,メイク道具,身だしなみ

複数の作業を同時並行でこなしていくスキルが必要ですが、自分の抱えている仕事だけに没頭することは出来ません。

Webコンテンツ等で「次に来る〇〇」という見出しを目にすることはありませんか?

日々変化していく人々の関心事を先取りし、流行りそうなものを予見・企画しなければならないのです。

「これなんだろう」、「おもしろそう」と色々なものに興味を持つ女性は、今後の企画につながるネタを集めやすく、編集者に向いているといえます。

スケジュール管理が得意

編集者の仕事の大変な点として、よく挙げられる「締め切り」。

作家やライターが締め切りに間に合うように原稿を作成してくれない時にも、どうにかして締め切りに間に合わせなければいけません。

ある作家が、締め切りぎりぎりにならないと仕事に取りかからないというケースも考えられます。

担当の編集者が急かしたり、スケジュールの管理と調整を行います。

そういった調整などができる人が向いていることは明らかです。

編集者に必要な資格やスキル

転職

編集者になるには、医師の医師免許のように国家資格が必要なわけではありません。

しかしスキルアップにつながる資格や、求められるスキルがあるのも事実です。

例えば、新聞や雑誌、書籍などの誤字脱字がないかチェックする技能を認定するための「校正技能検定」

ライターの書いた記事のチェックも編集者の仕事なので、役立つでしょう。

また、原稿の作成と編集、デザイン等の作業をパソコンで行い、印刷会社にデータで入稿し出版する作業であるDTP。

この作業に関する知識と技術を認定する試験であるDTPエキスパート認定試験も役立つでしょう。

・ビジネス著作権検定

著作権に関する民間資格であるビジネス著作権検定も編集者という仕事に役立つ資格です。

著作権やコンプライアンスに関する知識が必要であり、著作権を侵害することのない、良質なコンテンツ作成に繋がるでしょう。

また、ざという時に自分や関係者を守るためにも必要な知識です。

また、打ち合わせや取材のため、なにかと外出する機会も多いのが編集者。

そのため、自動車が使えれば電車やバスがない地域にもアクセスしやすくなるので普通自動車免許も役立つでしょう。

また、大手の出版社では、応募条件として大学や大学院を卒業していることを要求するケースも多いです。

そのため大学を卒業しているという要素も重要になってくるでしょう。

そして何より、コミュニケーション能力は非常に重要です。

取材やインタビューを行う時はもちろん、ライターやカメラマン、イラストレーターなどと打ち合わせを行う時に必要だといえます。

ワンポイント
 編集者という仕事をする上で「コミュニケーション能力」は欠かせません。

編集者に転職するために履歴書を書くポイント

履歴書

他の職業と同様に、編集者に転職したいと思う場合、大半の会社で履歴書が必要です。

「編集者を採用したい」と考えている採用担当者は、履歴書のどんな点に注目するのでしょうか。

履歴書を書く時のポイントをチェックしていきましょう。

履歴書を書くポイント

未経験の場合、これまでの経験で少しでも編集者と関係するものがあれば積極的にアピールしましょう。

例えば、「会社の総務部で社内報を作成していた」、「メールマガジンの作成をしていた」等。

経験として履歴書に書くことは賢明です。

これまでの経験が編集者となった時に役立つことをイメージし、アピールしていきましょう。

履歴書の作成例

履歴書はあなたのプロフィールを確認するためのもので、今まで従事してきた職務の詳細に関しては、職務経歴書に記載します。

例えば資格。

校正技能検定やビジネス著作権検定など、編集者にプラスとなるような資格を持っている場合には、ぜひ履歴書に記載してください。

普通運転免許など、他にも取得している資格があれば記載しましょう。

資格以外にも、ワードやエクセルが使えることや、Photoshop等の操作ができることなどを書くのもポイント。

編集者として役立つ技術を持っている場合には、それらも記載します。

また、志望動機に関しては「出版に興味があるので応募しました」という旨は大半の応募者が書いています。

採用担当者の目に留まることを書けるかどうかが大切です。

この点は「編集者に転職するための志望動機の例文」でも、サンプルを紹介します。ぜひご覧ください。

趣味については、写真撮影、ブログ作成、イラストなど、編集者の仕事に役立つスキルであればぜひ書きましょう。

それ以外にも、長く続けているものがあれば書いてもいいかもしれません。

一つのことをずっと継続していることは、プラスになります。

希望する勤務地がある場合は本人希望記入欄に記入します。

「家族の介護があるので、勤務地は東京か千葉を希望します」等、絶対に譲れない条件も忘れずに書きましょう。

編集者に転職するための職務経歴書を書くポイント

履歴書,職務経歴書

職務経歴書は、これまでの業務経験を書き、あなたのスキルが編集者の仕事に活かせることをPRするために必要な書類です。

履歴書に比べて、より詳しい内容を書くことになります。

一般的にはA4サイズの用紙1〜2枚にまとめ、長い文章は避けましょう。

一度読んだら要点のわかる、簡潔な文章にするのもポイントです。

それでは、職務経歴書を作成する際の重要点をチェックしていきましょう。

職務経歴書に記載する内容

まず、「いつ、どこで、誰に対して、何を作成し、何をしたか」をはっきりと記載しましょう。

その時に自分の役職や得られた成果も記載します。

ライターや編集者の経験がない場合でもこの部分はある意味アピールチャンス。

これまでに社内報や広報等の原稿の作成経験や、メーリングリストやウェブコンテンツの作成経験があれば、しっかり記載することが重要です。

内容や作成時期を記載することはもちろんのこと、ウェブコンテンツの場合にはURLも記載しましょう。

もし、原稿作成やウェブコンテンツ作成の経験がなかった場合でも落ち着いて自分の経験を振り返ってみて下さい。

もし、イベントの企画や画像の加工を行っていた経験があれば、それらも編集者の仕事として必要なスキルです。

アピールするポイントになり得ます。

職務経歴書の記載例

一例ですが、このようなスタイルになります。下記をご確認ください。

20〇〇年△月〜20〇〇年◇月 〇〇株式会社

事業内容:人材紹介業

20〇〇年△月〜20〇〇年◇月まで、営業部に勤務。お客様向けのメーリングリストの作成や会社ウェブサイトの管理運営を行う。

20〇〇年△月〜20〇〇年◇月まで、運営委員長として自社アピールイベントの企画運営を行う。売上〇〇億円を達成。

ワンポイント
できるだけ短い文章でまとめることを意識しましょう。

 

編集者に転職するための志望動機例文

女性,スーツ,パソコン,書類,真剣,仕事中

さて、未経験から編集者に転職するのには「絶対にこの会社に入社したい」と伝えることに加えて、積極的に自分のスキルをアピールしていくことが大切です。

志望動機の例文を3つご紹介します。是非参考にしてみてください。

例文①総務で行っていた社内報の作成をアピール

これまで〇〇株式会社総務部で5年ほど社内報の作成に従事しており、最後の1年はリーダーを努めました。

もちろん締め切りに遅れたことはありません。締め切りが迫った時は大変でしたが、スケジュールの管理が得意になりました。

文章を書く楽しさ、書きたかったものが形になる達成感を知ったので、これからは文章を書くことに加えて、幅広いジャンルで企画もしていきたいと思います。

例文➁得意な分野のスキルをアピール

これまで10年ほど、パソコン修理会社に勤務しております。

現在はパソコンのアプリケーションや周辺機器に関するメールマガジンを作成しており、お客様に発信しています。

パソコンや周辺機器に関しては、詳しいアカウントをフォローし、独自に調べることによって、最新の情報を入手するようにしています。

さらに毎週発行しているメールマガジンの作成によって、ライティングのスキルが向上しました。

例文③イベント企画の経験をアピール

これまでスーパーマーケットで働いてきましたが『お客様感謝祭』や『秋の運動会祭り』など、数々のイベントを企画し成功させてきました。

イベント時は朝9時〜夜8時まで営業していますが、夜6時に目玉商品が売り切れてしまったことが何回かありました。

通常、土日祝日は100万円程ほど売り上げるお店だったのですが、イベント時の売り上げは最大で1日300万円になったことがあります。

編集者の面接で聞かれることは

面接

さて編集者の求人に応募し書類選考を通過できれば、当然面接が待っています。

少しでも選考突破率を上げるためにも、万全の準備をしましょう。

出版社での面接で聞かれやすい点として、下記の4つが挙げられます。

  • 志望動機
  • 最近どんな本を読んだか
  • 好きな本とその理由
  • 体力に自信はあるか

当然ですが、本に関係した質問が多いことが分かりますね。

みんなが読んでいる本を押さえるのはもちろん、加えて他の人があまり読んでいない本の内容をあげるのもポイント。

面接官の印象に残る可能性を高められます。なるべく事前に、いくつか候補を用意しておきましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

企業のビジネスマン

さて、編集者になりたいという気持ちはあっても、実際にどの会社が求人募集しているかわからないという方も少なくないはずです。

そんな時には、転職のプロである転職エージェントの力を借りるのはいかがでしょうか。

編集者を希望する場合には「編集・校正の転職情報が豊富」、「編集・ライターの転職に強い」エージェントを選びましょう。

ワンポイント
転職エージェントでは、出版社や編集プロダクションの求人動向や、転職ノウハウに特化したキャリアアドバイザーが担当します。

編集者はハードながらもやりがいのある仕事

女性、対話

今回は、未経験から編集者に転職する方法をご紹介しました。

未経験の編集者を募集する求人は、決して数は多くありません。

高いスキルが求められることに加えて、精神的・肉体的にハードな仕事であることも事実です。

それでも、自分が企画したアイデアが形になること、書店に並び、コンテンツとなって多くの人に読まれる喜びは、何にも代えられないでしょう。

ハードながらも、間違いなくやりがいに溢れる仕事だといえる編集者。

ぜひ、興味のある方は勇気をもって転職活動にトライしてみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら