転職を何度も繰り返すと疲れてしまいます。

応募や情報収集・面接にも時間を取られますし何より落ち着かない日々を過ごすのは辛いことです。

「転職を繰り返すのは嫌だ」「ずっと働ける環境を手に入れたい」と考えている方もいらっしゃるかもしれません。

このページでは転職を繰り返してしまう女性の特徴を解説していきます。

転職を繰り返さないためにはどうすれば良いのか原因別の対策を紹介しますので参考にしてください。

Contents

転職を繰り返している人の特徴

悩む

転職を繰り返す人に共通する特徴を挙げてみました。

  • 転職を繰り返さないためにも特徴を把握して対策を考えていきましょう。
  • 自己分析が不足している
  • コミュニケーションが苦手で職場に溶け込めない
  • プライドが高くつい見栄を張ってしまう
  • いつも周囲の目が気になってしまう
  • つい悪い方へと考えてしまう

転職を繰り返してしまう人は精神面で打たれ弱くネガティブな思考に陥りがちです。またプライドが高く周囲の人と馴染めない傾向があります。

周囲の目を気にしてしまうため自分の希望に沿った転職ができていないのかもしれません。

また自己分析が不足しているので自分の能力やスキルに合った仕事を選択できていないケースがあります。

転職を繰り返すことのデメリット

困る

それでは転職を繰り返しているとどのようなデメリットがあるのか見ていきましょう。

特に転職回数が増えると採用担当者に良くない印象を与えてしまう可能性もあるようです。

転職回数の多さで採用担当者の印象が悪くなる

バツ

転職を繰り返す人の特徴に「コミュニケーション能力が低い」「職場に馴染めない」という点があります。

当然採用担当者もそのことを分かっていますので、転職回数が多いと「職場に馴染めない人かな?」と思われてしまうかもしれません。

会社での業務は一人で完結するものは少ないです。職場ではコミュニケーションを取り社員同士が助け合って仕事を行います。

そのためコミュニケーション能力が低い人や職場に馴染めない人は企業にとっては魅力的な人材に見えないことがあります。

また職場に馴染めないということは「業務を行うためのスキルが不足しているのかも」という印象も与えてしまうかもしれません。

経験の積み重ねができない

困る

一つの仕事を身につけるためにはある程度の期間同じ業務に携わる必要があります。

業務経験を積み重ねることで自分自身のスキルが磨かれていくのです。

転職を繰り返しているとこうした経験の積み重ねができない可能性があります。

若いうちはスキルが磨かれていなくても問題ありません。企業としても成長を見越して採用を考えます。

ところがある程度の年齢であるにも関わらずに積み上げた経験やスキルがない人は、企業としても採用したいとは思えません。

積み重ねた経験は自分の強みになるのです。

キャリアアップや目的意識があれば転職もメリット

笑顔

ここまでは転職を繰り返すデメリットを見てきました。ですが転職をすることは決して悪いことばかりではありません。

キャリアアップなど明確な目的があれば転職は大きなメリットになります。

例えば一般事務職からより専門的な知識を活かしたいと考える人は経理事務へ転職することで自分の活躍できる環境を手に入れることができます。

同じ職種でも自分の希望する年収を提示してくれる企業へと転職するのも良いでしょう。

自分にメリットのある転職をしたいのであれば転職エージェントの力を借りてください。目的を定めて納得のいく転職をしましょう。

ワンポイント
目的のはっきりした転職はメリットになる。

転職を繰り返している人のアピールポイントは?

オッケー

きちんとした目的がある転職はメリットがあると分かりました。

転職を繰り返していることがマイナスの印象にならないためには目的があって転職していることをアピールしましょう。

キャリアアップやスキルアップなど前向きな状況を明確にするのがポイントです。

自分の状況を伝えたうえで退職の理由転職先の企業で何を目指すかを誠実に伝えてください。

転職を繰り返してしまう原因と対策

悩む

それでは転職を繰り返してしまう原因を考えてみましょう。自分のケースに当てはまるかどうか確認してください。

原因ごとに対策案も説明します。ぜひ参考にしてみてください。

もし転職のことで不安に思うことがあれば転職エージェントに頼るのも一つの手です。

対策をしっかりと練り転職を成功させましょう。

ワンポイント
転職を繰り返さないために自分の特徴を考えてみよう。

「勢いで転職してしまう」

女性

職場や待遇に不満を募らせている方もいらっしゃるかもしれません。

ストレスが積みかなさったときに「すぐに転職しよう」と考えてしまいがちです。

もちろん勢いは大切です。より良い待遇を求めて転職をするということは珍しくはありません。

ですが転職をしたいと考えて勢いで転職先を決めてしまうのはあまり良い方法ではないでしょう。

転職先の情報を集めずにいきあたりばったりで転職してしまうと、自分が思っていた環境を得られずにまた不満が募るかもしれません。

これが転職を繰り返す原因になってしまいます。

転職をするときにはまず自分の希望を明確にしたうえで、転職先が自分にとって良い場所であるかどうかを見極める必要があるでしょう。

転職先の情報はきちんと集めてください。

ワンポイント
転職の情報をきちんと集めよう。

「自己評価が高い」

笑顔

自分を客観的に評価することは決して悪いことではありません。

転職をする際には自分が今どんなスキルを持っているのかを知っておく必要があります。

ですが実力以上に自分の能力を過信することは良くありません。

自己評価が高すぎると、実際に転職したあとに「自分の実力はこんなものじゃない」「思った通りの評価が得られず辛い」と感じてしまいます。

こんなふうに不満を感じるようになると転職を繰り返すことになるでしょう。

自分の能力を評価するときには、できるだけ第三者の目線を取り入れてください。

転職エージェントに相談するのも良いでしょう。

「企業に求めるレベルが高い」

転職の際に自分が希望する条件を明確にすることは大切です。

ですがあまりにも企業に求めるレベルが高いと、実際の環境とのギャップに辛さを感じてしまいます。

こんな環境を求めていなかったと感じ始めると、すぐに転職したくなってしまうでしょう。

転職をする前に「企業が自分の理想をすべて叶えてくれることはない」ということを知っておいてください。

現実的な希望をリスト化することも大切です。

転職時には絶対に譲れない条件とそうでない条件を切り分けて考えます。

「自己分析や企業研究が浅い」

悩む

自分の分析ができていないまま転職してしまうと、本当に求めていた企業に出会うこと無く転職を繰り返してしまいます。

自分がどんな希望を持ちどんな能力があるのかじっくりと考えてみてください。

もし自己分析が弱いと感じたら転職エージェントに相談するのも良いでしょう。

また応募する企業についても情報を集めたり研究したりしてください。

そうすることによりその企業が本当に自分の求めている場所なのかどうかが分かります。

「職場に馴染めない」

困る

せっかく転職をしても職場に馴染めないのであれば仕事が苦痛に感じます。

どんな業務であっても社会人として働くのであれば他人とコミュニケーションをとらなければなりません。

職場に馴染めずに人間関係でトラブルになってしまうと転職せざるを得ない状況に陥ることもあります。

もし職場に馴染めずに転職を繰り返しているのであれば、周りの人間関係コミュニケーションのとり方を見直してみてください。

難しい場合は転職エージェントに相談しましょう。

無駄な転職を繰り返さないためのコツ

面接

何度も転職を繰り返すと今後デメリットが生まれてくるかもしれません。

自分にあった職場で長く働けるようにいくつかコツを紹介します。無駄な転職を繰り返さないためにも是非参考にしてください。

自己分析をやってみよう

分析

転職しても何となく仕事が続かないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

何度も転職を繰り返してしまうのは自分に合わない仕事を選んでしまっているからかもしれません。

まずは自分がどんなスキルを持っているのか、何を希望しているのかを分析してみましょう。

そして転職したあとにどんなふうに活躍したいかも想像してみてください。

自己分析を行うことで希望する企業が明確になることがあります。

もし分析が難しいと感じたら転職エージェントに相談してください。自分の希望能力を知って自分にピッタリの転職先をみつけましょう。

ワンポイント
自己分析をして自分を見つめ直そう。

自分の過去を振り返ろう

悩み

これまでの自分の業務や仕事環境を一度振り返ってみるのも良いかもしれません。

本当に合わなかった仕事、それとは反対に意外と上手くできた仕事が見えてくるのではないでしょうか。

過去の自分を振り返ってみて自分がどんな業務に馴染むことができたのか知ることは大切です。

またこれまでの人間関係を考えてみても良いでしょう。

職場に馴染めないことがよくある場合は、一度自分の言動を振り返ってみてください。

企業研究を徹底しよう

研究

転職先の企業を勢いだけで決めてしまうのは控えましょう。

企業研究をしっかりと行い、候補の企業が本当に自分の希望条件を満たしているのか判断します。

事前にきちんと情報を集めることで「こんなはずではなかった」「希望していた場所ではない」という落胆を防ぐことができます。

自分の希望する条件に当てはまる企業であれば納得して勤務できるはずです。

勢いで転職する前に転職する必要があるか考えてみよう

パソコン

転職をしたいと思っても一度は立ち止まって本当に転職が必要かどうか考えてみましょう。

自分の希望を考えてみたり企業の情報を集めてみたりする時間を作ってください。

また現在不満に思っていることをリスト化するのもいいでしょう。

情報を並べてみて「転職すると現在の不満は解消されるのか」「転職すると希望している条件を満たすことができるのか」考えます。

一旦立ち止まって考える時間を作ることにより、自分が本当に希望する転職先を見つけることができるかもしれません。

納得のいく転職をするために

女性

転職をするのであれば納得の行く結果が欲しいものです。

そのためには自分の現状をきちんと分析し転職後に不安や不満を残さないようにしましょう。

転職してしまってから気づくのでは遅い場合もありますので、転職する前に情報を集めておきましょう。

内定前に不明点や疑問は解消しよう

解消

不明点や疑問を解消しないまま転職するのはおすすめできません。

転職後に「知らなかった」「こんな条件は聞いていない」となると無用なトラブルを招いてしまいます。

もし何か疑問があれば内定前の面接で質問してみてください。

すぐに調べてわかるような質問はよくありませんが、本当に聞きたいことはきちんと聞いておくべきです。

不明点や疑問はそのまま何となく放置せずにきちんと解消しましょう。

企業選びは第三者の意見も聞いてみよう

打ち合わせ

企業の情報を事前に集めることはとても大切です。

それに加えて第三者の意見を聞いてみることも企業選びには有効になります。

自分とは違った意見でも参考になりますし、客観的に情報を見ることもできます。

第三者の意見は転職エージェントに聞いてみるのも一つの方法です。

信頼できる情報と客観的な意見を得ることができるでしょう。

転職を繰り返さないために自己分析をして納得のいく転職をしよう

笑顔

納得のいく転職をするためには自分がどんな希望を持っているのかを知る必要があります。

無駄な転職を繰り返さないためにも勢いで転職せずに一度自分を分析してみてください。

自分が希望している条件を明確にすることでどんな企業が良いのか見えてきます。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

納得

自己分析や企業情報収集は一人ではなかなか難しい場合もあります。

情報がなく不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。そんなときは転職エージェントに相談してみてください。

転職のプロと一緒に納得のいく転職を目指しましょう。

まとめ

笑顔

どうせ転職をするのであれば、転職先で長く働き続けたいと考える方もいらっしゃるかもしれません。

転職を考えたときには一度きちんと自己分析をしてみてください。

自分の希望譲れない条件を明確にすることで本当に自分にあった企業を探すことができます。

何度も転職してしまう原因を考えて対処するのも良いでしょう。

困ったことがあれば転職エージェントにご相談ください。自分にあった企業を見つけて納得のいく転職をしましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら