女性が転職活動をする際の面接では、いかにマナーを守って振る舞うかで合否が決まります。

やりたい仕事・職場への転職を果たしたいのなら、面接マナーを重視すべきでしょう。

今回は、転職面接でのマナーについての特集です。

面接にて採用担当者へ好印象を与えるためのポイント・注意点について解説していきます。

好印象を与える面接マナーを解説

会議室の画像

女性の転職活動では面接試験での振る舞い方に悩むものです。

少しでも採用担当者へ好印象を与えるためには、面接に相応しいマナーをわきまえておく必要があるでしょう。

もはや面接での第一印象こそが採用の合否にも大きく影響すると考えてもよいくらいです。

履歴書上での経歴やスキルが優秀でハイレベルな人物は世の中にたくさんいます。

そうだとしても、面接時でのマナーや常識を知らなくて上手に振る舞えなけらば、間違いなく不合格になる可能性があります。

そこで転職者を成功に導くための面接マナーについて解説していきましょう。

面接官は面接で何を見ているの?

オフィスの画像

採用企業の面接官は面接当日に応募者のどのような点をチェックしているのでしょうか?

その要素はさまざまにありますが、中でも重視するのが「態度と仕草」です。

いくら優秀な学歴やキャリアを持っている人物でも、面接時での態度に問題があればマイナス印象になります。

どのような企業でも、常識から外れた単独行動をする人物は認められません。

周囲とのコミュニケーションに支障をきたす人物では困るのです。

その次に面接官は「話し方」に問題点がないかをチェックします。

自分の意思を簡潔に分かりやすく伝える能力があるかを判断しているのです。

他にも「表情」「あいさつ」「身だしなみ」といった、基本的なマナーに関連した個所も厳しくチェックしています。

面接マナー「到着〜受付」

待合室の画像

面接でのマナーを心掛けることは大切です。

そのタイミングは、すでに面接会場の現地に到着した時点から始まっていると思っておくようにしましょう。

つまり受付での行動や対応も評価の1つとされているのです。

では、面接にてマイナス印象を与えないための、面接会場到着時のマナーについて解説しましょう。

遅くても5分前には到着しよう

面接会場の受付への到着は、面接開始時間の10分前までが最適です。

あまり到着が早過ぎても先方が対応できないことがあり得ます。

その反対に、ギリギリや開始時間に遅れてしまうことは絶対にNGです。

少なくとも最低5分前までには到着するようにしっかりと準備しておきましょう。

万が一、やむを得ない理由で遅れてしまう場合は、必ず早めに電話を一本入れるマナーを忘れないよう心掛けてください。

その際は、概ねの到着時刻についても連絡しておくことです。

受付から面接は始まっていると考えよう

既に受付を通過した時点から、採用面接は始まっているものと自覚するように心がけてください。

近年よくあるNG行為は、無意識にスマホの画面を眺めてしまう癖があることです。

スマホは必ずマナーモードなどに設定し、面接だけに集中しなくてはなりません。

とくに控え室に通された場合、姿勢を正して静かに待つのがマナーです。

すでに選考は始まっているのだと意識するようにしましょう。

ワンポイント
面接会場到着までの段取りは早めに取っておくこと

面接マナー「入室」

控室の画像

面接試験で第一印象を良くするには、入室の場面から礼儀正しく振る舞う必要があります。

これは何も面接だけのマナーではありません。実際には、一般的なビジネスマナーの基本でもあるからです。

では、転職面接での入室時のマナーについて解説しましょう。

ドアのノックは「3回」

面接試験では控室などで待たされ、順番に名前を呼ばれてから面接室へ入るのが通例です。

その際の入室直前では、ドアをゆっくりと3回ノックするのだと覚えておいてください。

その後、面接官から「どうぞお入りください」などの応答があるはずです。

「失礼いたします」と声を掛けドアを開けて入室するのが基本マナーとされています。

間違っても黙って入室するようなことはしないよう気をつけましょう。

入室「失礼します」と答えてから

タブレットを見る女性の画像

必ず入室時には「失礼します」と一言添えてから入るようにしましょう。

慣れないとタイミングが取れない場合があります。緊張のあまり頭の中が真っ白になってしまうからです。

できれば転職エージェントなどに登録して、模擬面接を事前に行なっておくとよいでしょう。

また入室してドアを閉める時、ドアに向かい直して閉めるよう心がけましょう。

後ろ手で閉めると行儀が悪い行ないに見えてしまいます。入室したら椅子の横に立ちましょう。

面接官から座るよう指示があるはずです。

その際に「失礼いたします」「よろしくお願いいたします」とあいさつをし一礼することが望ましいでしょう。

その際には、所持しているカバンを椅子の横に置くのが原則です。

面接マナー「面接中」

スマホの画像

ベテランの面接官ほど、応募者の立ち振る舞い・言葉遣い・姿勢とともに、コミュニケーションの取り方を観察しています。

その応募者はビジネスパーソンらしい人物かどうかなどを見極めるためです。

そのため、面接中の双方向のやり取りは総合的な判断をする材料にもなっています。

では、転職活動での面接の最中に注意すべき点を解説していきましょう。

面接機会を頂いたお礼を伝えよう

面接のチャンスをいただいたことへのお礼を一言述べると、面接官は好印象を持ってくれます。

あいさつやお礼の言葉などは、極端に大声を張り上げる必要はありません。

しかし、顔を相手に向けていないことや声が小さいようでは、やる気や人格を疑われてしまいます。

面接全体の流れにも影響を及ぼしてしまうでしょう。はっきりと明るい表情でお礼を言うことです。

面接官とのアイコンタクトは重要

ビルディングの画像

一般常識でもある内容ですが、会話をする相手とはしっかりと目を合わせながら話をするよう心がけましょう。

これは面接での採用担当者でも同じことです。相手の目を見て話をすることは面接マナー以前の基本といえます。

よくありがちなのが、想定外の質問に戸惑ってしまう時、つい面接官から視線を外しがちになることです。

うつむいた姿勢で回答をしてしまうと、自信のなさを印象付けてしまうでしょう。

もし相手と視線を合わせる習慣が苦手な場合は、目の周辺を見るとよいでしょう。

ネクタイ・口元・額(眉間の当たり)など他のパーツを意識すれば、視線そのものが前に向いているため問題ありません。

もし面接の際に複数の面接官がいる場合は、質問や回答をする対象者に目を向けながら話すようにすればよいでしょう。

名刺の受け取り方と置き方

転職活動では名刺を受け取る機会が度々あります。そのため、正しい名刺の受け取り方のマナーは覚えておきましょう。

名刺の受け取りにはいくつかの注意点があります。まずは受け取る時に机を挟まないようにしましょう。

状況によって難しい時は「机越しで申し訳ございません」と一言添えればよいです。

そして必ず両手で受け取り、軽く内容を見てください。

名刺を見るという行為をしない人は信用を失う可能性があるので、とても重要なとこだと自覚しましょう。

その後頂いた名刺の置き場所にもマナーがあります。原則としてテーブルの左側へ置きます。

もし面接官が複数だった場合は、役職の高い順に置き、最も役職の高い人物の名刺は名刺入れの上に置くことです。

ワンポイント
面接中マナーの手順には社会人として当たり前な振る舞い方がほとんど

面接マナー「面接終了」

面接官の画像

面接が終われば緊張から解放されるはずです。つい気が緩みそうになりますが、面接会場から出るまでは油断できません

面接終了の最後まで面接官へプラスな印象を与えるには、退室時のマナーも心得ておく必要があります。

では、面接終了後の退室マナーについて解説しましょう

面接機会を頂いたお礼を最後にも伝えよう

面接が終わったら、椅子の横に立って「ありがとうございました」とお礼を伝えましょう。

できれば再度、面接機会を頂いたことに感謝している旨を伝えられれば尚可です。

そしてドアの前で面接官ともう一度向かいあって、一礼をしてからドアを開けます。

お礼とともに入社意思を伝えると好印象に

やや高度なマナーになりますが、お礼を一言述べつつ入社意思の強さをアピールできるフレーズを入れると効果的です。

例えば「入社できることを心待ちにしております」といった程度で構いません。

注意点はあまり具体的なことに迫る内容に触れないことと、細かい個所に執着して長々と話さないことです。

あくまでも社交辞令ではありますが、ちょっとした前向きさの表現になるのです。

退室は「失礼しました」と一礼しよう

ドアの手前で面接官に「失礼します・失礼しました」と一言述べて、更に一礼をしましょう。

最後のけじめという意味にもなります。そして部屋を退室する際には、ドアを極力静かに閉めるよう心掛けることです。

面接マナー「身だしなみ」

スーツの画像

転職活動の面接時にて重要な要素となるのが身だしなみです。

転職活動に見合った標準的な服装が決まっていると思ったほうがよいでしょう。

転職活動での身だしなみのポイントは、清潔感・健康的・機能的の3つ要素を意識して準備すると好印象を与えられます。

では具体的に面接での身だしなみマナーについて解説していきましょう。

スーツのマナー

就職活動での女性のスーツは、スカートかパンツタイプに大別されます。

どちらでも可能ですが、もし迷うようならスカートを選ぶほうが無難といえます。

転職活動でのビジネススーツは自分の体型にマッチしたものが前提です。

カラーも黒・紺・グレーといった落ち着いたもので統一するのが一般的です。

着用前にシワ・ほつれ・汚れ・しつけ糸などの余計なものを必ずチェックして整えておきましょう。

また襟が乱れないように気をつけることです。中に着るシャツも清潔に保つことが重要です。

スカートの場合は、スカート裾からのほつれに注意しましょう。スカート丈は座った状態で膝にかかる程度の長さが適当です。

髪型のマナー

とくに女性の場合、転職活動でのヘアスタイルはとても重要です。

ショートでもロングでも、ある一定のマナーがあると考えておきましょう。

派手なカラーリングやヘアスタイルはビジネスシーンに相応しくありません。

ましてや寝ぐせをつけて面接に臨むことはNGと思って自覚すべきです。

原則としては、額や眉毛を出すようなスタイルが明るい印象を与えることができます。

女性の場合は、長い髪ならすっきりと後ろで束ねるのが鉄則です。

カバンや靴などのマナー

パンプスの画像

持ち物へのこだわりも忘れずに気遣いしておきましょう。カバンはなるべくスーツと合った色合いがベストです。

概ねでは黒や茶系統なら問題はありません。

書類などを渡されることが多いので、A4サイズを折らずに収納できる大きさが便利です。

また床に置くことが多くなるため、なるべく独立できるカバンが最適でしょう。ブランド品は避けたほうが無難です。

高価なものではなく機能的なものを選ぶことを心掛けてください。靴については、もちろん事前に磨かれていることが前提です。

かかとやヒールの磨り減りにも注意をして必要に応じながらメンテナンスもしておきましょう。

ワンポイント
面接試験に相応しい質素で標準的な服装を心掛けよう

面接でのNGマナーをチェック

キーボードの画像

転職活動での面接は、その後の人生を決定させる重要地点です。最善の準備をして臨むことを心掛けてください。

少なくとも普段の日常生活とはかけ離れた作法もあるので、その時だけは気を引き締めて取り掛かってほしいものです。

挨拶をしない・不潔感・遅刻・忘れ物などのNG行為を再度チェックしてすべてクリアしておくことです。

ワンポイント
挨拶できない・不潔感・遅刻・忘れ物はNG

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

事務所の画像

転職活動をする中で生じてくる些細な悩みや不安は一刻も早く解消したいものです。

そこでおすすめするのが転職エージェントです。

転職エージェントに登録して活用することで、なかなか自分では気がつかないポイントを把握することができます。

担当アドバイザーからの指摘を客観的に受け入れながら、転職を成功させることを目標に臨むことができるでしょう。

まとめ

夕日に向かう女性の画像

書類選考が通過したら、間違いなく採用面接に呼ばれるのが一般的な流れといえます。

面接時のマナーで心得ておきたいことは、決してお客として訪問するのではない点です。

1人のビジネスパーソンとしての立ち振る舞いが問われます。

言葉遣い・姿勢・コミュニケーションが選考される場であると自覚すべきでしょう。

転職面接は、その企業に自分が相応しいかどうかが判断される場だといえます。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら