第二新卒は転職において有利であるといわれています。

その定義は定かではありませんが、新卒よりも経験があり経験豊富な社会人とは呼べないのが、第二新卒です。

第二新卒の需要は転職市場で確かに高いのですが、異業種転職でも同じことがいえるのでしょうか。

ここでは企業が思う第二新卒の魅力を紹介します。

そしてまだ新米と呼ばれる第二新卒が、これまでとは異なる業種へ転職する際には注意すべきポイントがあります。

これから第二新卒が異業種に転職成功させる方法を細かく解説していきます。

なぜ第二新卒は転職は有利といわれているのかも、併せて確認していきましょう。

Contents

第二新卒が異業種に転職成功させる方法は

転職

転職には難易度というものがあります。

当然のことながら同業種からの転職が最も成功率が高く、異業種への転職は難易度の高いものといわれています。

そんな難易度の高い異業種への転職ですが、職務経験が浅い第二新卒でも可能なのでしょうか。

また成功させるには、どのような手順を踏めばいいのでしょう。

調査によると、入社後3年未満で転職を決意する人は30パーセントほどにものぼっているようです。

いわゆる第二新卒と呼ばれる人材です。

見方を変えれば第二新卒同士での競争率もあがる、といえます。

転職に有利な第二新卒とはいえ、確実に異業種に転職を成功するには基礎となる対策をしっかりと行う必要があるのです。

第二新卒が異業種へ転職するのはチャンス!

ガッツポーズ、女性

実は結果だけを見ると、転職者の半数以上が異業種へ転職しています。

難しいと思われている異業種への転職は、意外にも多いのです。

そんな転職者の中でも有利だといわれている第二新卒ですが、社会人としての基礎がありいい意味で企業に染まっていない人材といえます。

異業種の転職にも抵抗なく行動することが出来、高いポテンシャルを持った人材が多いようです。

企業側も第二新卒の基礎力と、対応力に注目を置いているので、異業種へ転職を考えているのならば第二新卒がチャンスの時といえるでしょう。

 

ワンポイント
 異業種への転職は、第二新卒が有利です。

企業が思う第二新卒の魅力とは

企業のビジネスマン

なぜ第二新卒は転職市場での需要が高いのでしょうか。

採用を決定する企業側からの視点で、第二新卒の魅力を探ってみましょう。

社会人としてのビジネスマナーが身についている

第二新卒は一度実務を経験しており、社会人としてのビジネスマナーが身についています。

しかし新卒を雇用した場合、一から全部を教育しなくてはいけません。

当然のことながら、時間も労力もかかってしまうのが現実です。

第二新卒にはその手間が省かれるので、企業としての労力を最小減に抑えることが可能なのです。

基礎が出来上がっているので、仕事を教える手間が省け効率よく教育が出来ます。

実は、新卒よりも第二新卒の方を優先して採用している企業というものは少なくありません。

社会経験が少ないため自社のスタイルに馴染みやすい

簿記

新卒と比べて教育的労力を抑えられる第二新卒ですが、経験豊富な社会人と比較しても利点は大きいといえます。

長年他社で働いてきた人は仕事に対してのこだわりや癖を持っている人が多く、新しい業務にもその癖が出やすいものです。

ゼロからのスタートを切れる人は、なかなかいないのではないでしょうか。

しかし第二新卒の場合は前職に染まりきっていない為、ゼロから企業に馴染んでいくことが出来ます。

企業にはそれぞれ特徴があり、社風というものがあります。

社風を大切にしている企業ならなおのこと、すぐに企業に馴染める人材を求めているのものです。

入社後の離職率が低くなるため

退職

新卒で入社した場合の離職率は30パーセントを超えているといわれています。

その理由は仕事へ対する不満が大半を占め「自分に合わない」「イメージと違っていた」という理由です。

その点転職者は、離職での経験を活かし徹底した企業研究をしてきます。

お互いにミスマッチがなく、離職率は少ないのです。

またある程度スキルのある人材の転職では即戦力を求められるので、転職後に強いプレッシャーを受けてしまう場合もあります。

良くも悪くも第二新卒には、即戦力のような高い期待をかけることはありません。

それゆえプレッシャーもなく、入社後は長期で勤務する人が多いのです。

転職を希望する企業が、第二新卒をどのくらいの割合で採用しているか、詳しい情報を知りたい人は転職エージェントを利用しましょう。

第二新卒の異業種転職が有利な理由

ビギナー

上記したように企業側は、第二新卒に対して魅力を感じています。

では実際のところ、なぜ第二新卒の異業種転職も有利だといわれているのでしょう。

教育コストが少ない

教育コストに関しては上記した通り、企業側の大きなメリットとなります。

新人教育を担当している人の声を聞くと「辛い」「大変」という言葉が多く聞かれます。

企業側にしては貴重な人材を裂かれている状態です。

第二新卒は育成が比較的楽で、時間もかからないという大きなメリットがあるのです。

企業側の視点でみると第二新卒が有利な理由が見えてくるのではないでしょうか。

業種が違っても教育にさほど苦労しない為、第二新卒の異業種転職は有利なのです。

ポテンシャル重視だから

ポテンシャルを重視する企業が多く、多くの人材の中から優秀な人材を得る為に「未経験可」と掲げる企業も多数あります。

そして実際に第二新卒の多くはこの「未経験可」をターゲットにしています。

長く前職についている人ほど、入社後の即戦力を求められるので高いスキルと経験が必要となってくるのです。

即戦力というプレッシャーのない第二新卒は、ポテンシャル採用を狙うことが出来ます。

とはいえ、近年このポテンシャル採用は減少傾向にあるといわれています。

厳しい経営状況の中、即戦力を重視する企業が増えている為です。

競争率のあがったポテンシャル採用だからこそ、異業種転職を成功させるためのポイントをしっかり把握しておきましょう。

 

ワンポイント
 第二新卒はポテンシャル採用を狙うことが出来る為、異業種転職が有利になります。

第二新卒が異業種転職するためのポイント

ポイント

近年少々減少傾向にある第二新卒の異業種転職ですが、成功させるためのポイントをおさえておきましょう。

退職理由は志望動機と合わせてポジティブに伝えよう

第二新卒に限らず転職者への不安要素として、企業は再度辞めてしまうのではないか、という思いを抱えています。

第二新卒者の前職からの退職理由を調べてみると「自分との合性が悪かった」「人間関係が辛かった」「労働条件が悪かった」などがあげられます。

例えそれが本音だったとしても、退職理由をマイナスの言葉で伝えるのはNGです。

企業側は、また同じ理由で辞めるのではないかと判断します。

「自分のスキルをもっと活かせる職場に就きたかった為」など、前職を辞めた理由はあくまでもポジティブに答えましょう。

仕事への熱意を込めて回答するのがベストです。

前職の経験をどう活かすか伝えよう

女性、対話

例え異業種であっても前職との共通項を見つけ、自分の経験をどう活かしていきたいかを伝えます。

第二新卒の前職での経験は少ないのが当然です。

しかし経験が少ないながらも、自分が何を頑張り何を得たのかを伝えましょう。

面接では経験の深さよりも、職務経験の中で何を得たのかがみられています。

そして採用した場合に、どのように貢献してくれるのかを企業は知りたがっているのです。

転職後のビジョンを具体的に伝えよう

入社後に何をしたいのか、企業の中でどのように活躍したいのか、転職後のビジョンを伝えることを忘れないようにしましょう。

転職後のビジョンは、志望動機企業研究の成果とも繋がり企業側も重要視している項目です。

しっかりビジョンを持っていれば、ミスマッチを防ぐ事にもなるので企業としても安心して採用の判断を下せます。

新卒では理解出来ない実務経験を活かし、転職後のビジョンを組み立てたいものです。

転職活動での不安は、転職エージェントに相談し解決しておくといいでしょう。

重要なのは仕事への熱意を伝えること

ガッツポーズの女性

ポテンシャル採用が多い第二新卒は、何よりも仕事への熱意が重要視されます。

「自分はどんどん新しいことを吸収していきたい」「他社ではなくこの会社に入りたい」という思いをしっかりした理由を添えて伝えます。

その想いを伝えるには、表面的な言葉だけでは面接官に見透かされてしまいます。

異業種転職には、並々ならぬ努力も必要です。

どれだけ転職対策をしたかは、面接時に必ず表面化するものです。

そして、忘れてはいけないのが伝える力であるコミュニケーション力を磨くこと。

熱い思いがあっても、言葉に出来なければ伝わりません。

端的に、そして論理的に相手に伝わる言葉を選びましょう。

第二新卒が異業種に転職する時にやること

企業

転職の際のポイントを確認してきましたが、具体的には何をすればいいのでしょう。

自分の熱意を企業へ伝える為に、欠かせないことを2つ紹介します。

自己分析をして自分の強みを知ろう

自分をアピールする為には自己分析が欠かせません。

前職で自分はどのような行動をとったのか、その時に何を思っていたのか。

また他者と自分の行動を比較すると、自分の特徴が見えてくる場合もあります。

面接時には「自分は粘り強い性格です」と答えるのではなく、どんな時にどんな行動をしたから粘り強いのかという理由もプラスします。

また自分の欠点を知ることも大切です。

自分のマイナス面をどうやって補うのかを自己分析し、相手に伝えれば自己管理が出来ている人材として高い評価を受けるでしょう。

希望業種についてリサーチしよう

これまでとは違った業種への転職は知ることからはじまります。

市場はどのような状況なのか、転職希望する企業だけではなく広い視野で業界を研究しましょう。

ネットや新聞、時には足を運んで徹底的にリサーチすることをおすすめします。

知ることは自分の力になり、面接時の自信にもつながります。

また、自分が希望するのは本当にこの業界でいいのか、確かめる手段にもなるのではないでしょうか。

 

ワンポイント
 基本となる自分を分析し、業界を深く知ることでミスマッチを防ぐことが出来ます。

面接時で聞かれることが予想される質問

面接官,質問意図

第二新卒が面接時に聞かれることは、一般的にどんなことでしょう。

面接前に質問をイメージして、回答を書き出してみることをおすすめします。

前職で学んだことは?

新卒時の面接と違うことは、既に実務経験があり企業というものを経験している点です。

当然のことながら、質問も前職に関するものがあるでしょう。

退職理由を聞く企業もあれば、何を学び取ったかを聞く企業もあります。

ここで前職の悪口となるような、ネガティブな発言「特にありません」という回答はNGです。

「チームとして得て不得手を分散し、効率よく業務をすすめる術を学びました」など、これから先のプラスになる事柄を回答します。

長所と短所を教えてください

長所や短所を聞く際の意図は、自己分析が出来ているかどうかの判断をする為といえます。

なぜ自分をそう分析したのかの理由付けをして答えるのが基本です。

自分の短所をあげるのはなかなか難しいことですが、短所に対しての解決策まで添えて回答しましょう。

「一つのことに集中するあまり、広い視野での仕事が出来なくなる傾向があるので、業界全体を把握し業務出来るように心がけたいと思います」

上記のように、自分はどう解決するのかを明確にしておきます。

転職先に求めるものは?

この質問の意図はミスマッチを防ぎ、お互いの相性を確認するものです。

実力を出しきれる環境、お客様の喜ぶサービスを提供出来る環境など、自分が仕事に関してどうしたいのかを伝えます。

この時、なぜそう思うのかも添えましょう。

NGな回答は福利厚生や給料面での話など、自分の待遇についての話です。

自己中心的な人物であると判断され、他にいい条件の会社があればまた転職するのではないかと敬遠されてしまいます。

 

ワンポイント
 面接時の質問にはそれぞれ企業側の意図が隠されているもの、回答は常に前向きなものにしましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

OKサイン

転職に有利といわれている第二新卒ですが、転職市場の状況は刻々と変化をするものです。

第二新卒の需要はどのくらいあるのか、何を求められているのかを把握することが大切です。

また異業種への転職では、上記以外にも様々な質問が予想されます。

事前に対策をしておかないと、回答に困ってしまうでしょう。

異業種への転職を成功させる為にも、専門の転職エージェントに相談することをおすすめします。

まとめ

ガッツポーズ

第二新卒は他と比較すると確かに異業種への転職が有利です。

しかしだからといって対策を怠ると、転職は成功しないでしょう。

転職の成功率をあげるのは、何といっても準備と対策です。

情報を出来るだけ集めて、第二新卒という立場を最大限活かした転職活動をしていきましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら