転職活動を始めようとする場合、どれくらいの期間を想定しておけばよいのでしょうか。

ダラダラと長引かせたくないとは思っていても、準備や選考にはそれなりに時間がかかるのは事実です。

ここでは女性の転職活動においてどれくらいの期間がかかるのか、事例も交えて詳しくお伝えしていきます。

女性の転職活動期間はどれくらいか調査

グラフデータ

転職活動にかかる期間は人によって大きく差があります

知人の紹介やヘッドハンティングなど特別な事情があれば、1か月程度ですぐに決まる場合もあるでしょう。

逆になかなか内定が出なかったり、いい企業に巡り合えなければ期間が長くなる傾向にあります。

期限を決めずに活動すれば、半年や1年以上かかることももちろんあり得ます。

そこで、一般的にはどれくらいの期間が必要とされるのか、様々な観点から調査しました。

女性の転職活動の目安期間は「3〜6ヶ月」

カレンダー

転職活動にかかった期間の平均は3~6か月程度という結果でした。

もともと退職ありきで、すぐにでも転職したいという場合は、退職日を先に決めてしまうのも方法の一つです。

その退職日までに転職活動が終わるよう、計画を立てて迅速に進めることになります。

繁忙期に入るまで、ボーナスをもらうまで、などを目安にすると計画を立てやすくなります。

今の仕事にそれほど不満がない場合は特に期限を決めなくてもよいでしょう。

良い条件の職場が見つかるまでじっくりと見定めることができます。

 

ワンポイント
転職活動期間の目安は「3~6か月」。早めに決着をつけたい場合は最初にゴールを決めましょう。

一般的な転職活動のスケジュールと必要期間をチェック

転職活動を進める中で、どの段階でどれくらいの期間が必要になるのか具体的に確認していきましょう。

転職準備「約2週間〜1ヶ月」

考える

準備の内容としては、自己分析、業界や企業・職種に関する情報収集が主になります。

自己分析では「キャリアの棚卸し」をして、自分の経歴や仕事に生かせる強みを整理しておきましょう。

その上で転職の目的を明確にし、そこを基盤として転職先を選定することになります。

ここはしっかりと時間をかけて、2週間から1か月程度を目安に取り組みたいところです。

もちろん日頃からキャリアについて考えている人は、それほど時間はかからないでしょう。

また、履歴書や職務経歴書などの書類作成もこの段階で用意しておきましょう。

転職エージェントに登録した場合は、担当のキャリアアドバイザーに相談しながら進めることができるので安心です。

相談してから数日以内に希望に合う求人を紹介してくれるので、時間の短縮にもなります。

応募から内定まで「約2ヶ月」

面接

応募先の選定から、応募、面接、内定に至るまでは、大まかに2か月程度見ておきましょう。

面接は1回で終わることもありますが、採用担当者から役職者まで段階を踏む場合も多いです。

一般的に、応募から書類選考の結果が来るまでは約1週間かかります。

採用面接を受けてから採用可否の連絡があるまでの期間も同様に約1週間です。

内定から入社承諾・辞退の連絡まではできれば2~3日以内、長くても1週間以内には連絡しましょう。

このように考えると、1社受けるだけでも応募から内定まで1か月近くかかることになります。

結果を見てから次の応募先を探すという方法で進めていくと、どんどん期間が長くなってしまいます。

あまり長引かせたくない場合は、複数の選考を同時に進めることも必要になるでしょう。

退職交渉から退職まで「約1ヶ月半〜2ヶ月半」

退職届

転職が決まった場合は、上司への連絡と退職交渉、退職手続き、業務の引継ぎが必要になります。

退職願いの提出期限は会社によって決まっています。事前に就業規則で確認しておきましょう。

職場によっては後任者が決まらずに引き留められることも考えられます。

就業規則に従って退職の申し出や各種手続きをしていれば、必要以上に気を使う必要はありません。

毅然とした態度で退職日の交渉をしましょう。

退職が決まってから退職日までの間に、業務の引継ぎや各種手続きを進め、場合によっては残りの有給を消化します。

引継ぎはその場で伝えるだけではなく、退職後に後任者が困らないように配慮しましょう。

日頃から自分の担当業務のマニュアルを作成しておくことで、スムーズに引継ぎを進めることができます。

これらのことを順に進めていくと、1か月半~2か月半ほどかかる見込みになります。

転職準備「2週間〜1ヶ月」

勉強

転職先の入社日までに、新しい職場での就業規則や業務に必要な予備知識を頭に入れておきましょう。

この期間は転職先によって様々ですが、一般的には2週間~1か月ほどになるでしょう。

会社によっては入社日よりも前に、手続きや面談で出社を求められることもあります。

また、転職先から提出書類の提示がある場合はこの期間に揃えておきましょう。

もし引っ越しが必要になる場合は、この期間に全て終えられるよう事前に手配しておく必要があります。

 

ワンポイント
それぞれの段階でかかる期間を大まかに把握し、計画を立ててみましょう。

転職にかかる期間は人それぞれ

再転職

今すぐにでも転職したいという気持ちが強い場合は、転職日を先に決めてどんどん活動を進める方がよいでしょう。

今の職場に特に不満はないが、もしいいところがあればという程度なら、急ぐ必要はありません。

各個人の転職を考える理由によって、設定する転職活動期間は人それぞれになります。

大事なのは自分のスタンスをきちんと決めておくことです。

転職したい理由や目的と正面から向き合い、どれくらいの期間で決着をつけるか事前に計画を立てておきましょう。

転職活動が長引く原因は?

いざ転職活動を始めてみたものの、思わぬトラブルで期間が長引いてしまうこともあります。

退職時期が決まっている場合は大問題になりかねません。

事前に原因を把握しておき、トラブルを未然に防ぎましょう。

「応募」に関する原因

時計を見て慌てる女性

前述の通り、応募から結果が出るまでの期間は1社につき1か月近くかかることもあります。

1社受けて、結果が出てから次の応募先を探そうとすると、内定が出るまでにどうしても時間がかかってしまいます。

期限が決まっている場合は、同時に複数の企業の選考を進めることも選択肢に入れましょう。

複数応募することで、選考を進めながら企業同士の比較をすることもできます。

また、面接や選考での改善点をすぐ次の面接に生かしながら選考を進めることができるのも利点と言えます。

「面接」に関する原因

疑問

在職中に転職活動をする場合、日程調整に時間がかかることも考えましょう。

現職の業務時間外に面接日程を設定してもらえない場合は、週単位で先延ばしになることもあります。

どうしても調整が難しい場合は、有給を使うなどして都合をつける必要があります。

また、選考の結果が必ずしも1週間で返ってくるとは限りません。

応募者が多い場合や、他の候補者の回答待ちで連絡が遅くなることも考えられます。

もし不自然に時間がかかっている場合は、失礼にならない範囲で問い合わせをしてもよいでしょう。

その際には「いつ頃まで待てばよいか」という聞き方をすれば、印象を損なうことはありません。

「退職」に関する原因

ストップ、女性

転職先が決まり、上司に退職の意を伝えた際に、退職交渉に同意を得られず慰留されることもあります。

特に人手不足の職場や中小企業では代わりの人材確保が難しく、引き留めの説得をされる可能性が高いと言えます。

可能な限り繁忙期を避け、人手に余裕がある時期を選ぶことで、それらのリスクを最小限に抑えましょう。

また、引継ぎのトラブルで時間がかかる場合もあります。

自分がいなくても、マニュアルを見れば誰でもその仕事ができるように準備しておけば安心です。

その他にも、退職願の提出時期によっては、希望日に退職できないことがあります。

退職に関する規定は会社の就業規則で決められているので、事前によく確認しておきましょう。

 

ワンポイント
転職活動が長引く要因は様々。スムーズに進めるためには事前準備が不可欠です。

「2ヶ月」で転職したスケジュール

Aさんの事例

テキパキ仕事をする女性

短期決戦を目指すために、自己分析は3日で完了し、1週間で情報収集したAさん。

日頃から転職に対する意識が強く、日常的に考えを深めていたのでそこに時間はかからなかったようです。

2週間で約20社に応募。ほぼ常に複数企業の選考を同時に進めていたので、スケジュール管理が大変だったそう。

転職活動を開始してから1か月後に内定をもらいました。

残りの期間で引継ぎやあいさつ回りを済ませ、転職活動は2か月で完了したということです。

「2ヶ月」で転職したポイント

Aさんの場合は先に退職日を決めてしまい、そこから逆算してスケジュールを立てたことで、期限を考えて行動できたようです。

最初のポイントとしては、自己分析や情報収集の期間を短く設定したこと。

普段からアンテナを張り情報を集め、動き出してからバタバタしないように準備していました。

また、選考を1社ずつではなく複数社を同時に進めることで、大幅な期間短縮が可能になったのも大きなポイントでしょう。

転職活動を進めながら引継ぎ準備も同時に進めることで、内定後もスムーズに退職することができました。

全ての工程で時間を最小限に抑えたことで、スピーディーに転職することができました。

「4ヶ月」で転職したスケジュール

Bさんの事例

相談する女性

転職エージェントに相談しながら自己分析や情報収集を行ったBさん。

キャリアアドバイザーと相談しながらキャリアの棚卸しや希望条件をまとめていきました。

応募書類のブラッシュアップや面接練習もサポートしてもらいながら選考を進めることができたとのこと。

ここまでの事前準備には1か月ほどかけてじっくりと進めたようです。

応募を始め、いくつかの面接を経て、内定をもらえたのは転職開始から3か月後

その後1か月の間に退職準備や引継ぎを済ませ、活動開始から4か月で転職活動を終えることができました。

「4ヶ月」で転職したポイント

Bさんの場合は、転職エージェントを活用して腰を据えて準備や活動に取り組んだところがポイントです。

目指すキャリアの相談や希望条件の決定など、時間をかけたいところは相談しながらじっくり考えることができました。

一方で、応募先の選定や面接の日程調整などにかかる時間をエージェント側が負担してくれたことも大きいでしょう。

結果として、一人で進めるよりも期間を短縮して進めることができました。

「11ヶ月」で転職したスケジュール

Cさんの事例

スマホを見る女性

転職はチャンスがあればとは思っているが、基本的に待ちの姿勢だったCさん。

求人サイトのスカウトサービスで自分に合う企業や転職エージェントを選定しました。

自分が登録した経歴や希望条件をもとにオファーが届くタイプのものです。

「これだ」と思える求人が来るまで腰を据えて待ちつつ、情報が古くならないようこまめにメンテナンスしていました。

最終的に時間はかかりましたが、希望通りの条件で納得のいく転職をすることができました。

「11ヶ月」で転職したポイント

Cさんが利用したようなスカウトサービスでは、企業やエージェントからのオファーを待つ形になるため、長期戦になりがちです。

しかし、事前に経歴や経験を理解した上でオファーが来るため、面接以降の流れはスムーズです。

ただし登録から時間が経ってしまうと、内容が古くなってしまい、また採用担当者の目にも触れづらくなります。

定期的に内容を見直し、常に最新の状態を保つようにメンテナンスする必要があります。

 

ワンポイント
短期決戦かじっくり長期戦か、自分のスタンスに合わせて最初に決めておきましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

転職エージェント

転職活動を計画的に進めるためにはプロに相談するのがおすすめです。

情報収集や自己分析などの時間がかかる工程も、キャリアアドバイザーに相談しながら進めることで期間の短縮が期待できます。

また、自分に合った求人紹介や面接の日程調整など、自力では難しい部分も的確にサポートしてもらうことができます。

何よりも、わからないことの多い転職活動で相談できる相手がいるのは心強いものです。

どれくらいの期間で転職活動を進めたいかなど、転職エージェントに相談して実際に予定を立ててみましょう。

まとめ

転職にかかる期間は人それぞれではありますが、工夫して適切に準備することで、計画的に進めることも可能です。

早めに決着をつけたい場合は最初にゴールを設定し、そこから逆算して計画を立てながら活動を進めていきましょう。

特に急がない場合でも、いつ理想的なオファーがあってもいいように、常に準備をしておくことは重要です。

自分のスタンスをしっかりと決めて、転職活動を計画的に進めていきましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら