大手企業に比べて規模の小さい中小企業にとって課題となるのが中途採用です。

多くの中小企業にとって中途採用というのは悩みの種であり、なかなか思うようにいきません。

何故中小企業の中途採用は難しいといわれるのかをご紹介していきましょう。

また、それと併せて中小企業への転職のメリットや転職を成功させるポイントについて解説していきます。

Contents

中小企業の中途採用が難しい理由とは

スマホを見る女性

中小企業の中途採用が難しいといわれる理由は様々です。

しかしその中でも大きな理由となっているのが大手企業に比べて知名度が低いという点です。

中小企業は大手企業と比べて会社の規模が小さいため大きな広告を常に打てるわけではなく知名度が劣ってしまいます。

会社の知名度が無いことによって優秀な人材は大手企業へと流れるため中途採用が難しくなってしまうのです。

また、様々な業界で人手不足の状況であるというのも中途採用に影響しています。

人手不足であるとそれだけ自社が求める人物像に合致する応募者も少なくなってしまうためです。

自社の価値観に合わない人材であると長期間勤めてもらうことは出来なくなるでしょう。

これら2つを始めとした様々な理由により、中小企業の中途採用は難しいとされているのです。

中小企業に転職するメリット

ビジネス女性

中小企業の中途採用は会社側にとってはなかなか難しい状況となっています。

しかしながら応募者側からすると転職のメリットというのも明確に存在しているのです。

このメリットというのは大手企業への転職では得られないものとなっています。

転職活動を始めることを考えている方は中小企業への転職も検討してみてはいかがでしょうか。

重要な役職につける可能性が高い

中小企業というのは先述した通り、規模が大手企業と比較して小さい傾向にあります。

そのため大手企業とは違い役職につける可能性も高くなるのです。

また、スキルや経験を評価してもらいやすい社内環境であることも多く、そのような場合には重要な役職につける可能性もあります。

もしキャリアアップを考えているのであれば中小企業への転職はメリットの大きいものとなるでしょう。

仕事全体の流れを知り経験を詰める

人差し指と女性

大手企業では各工程を分担して仕事を行うことが多いため、仕事全体の流れを知るということはなかなか出来ません。

しかしながら中小企業では全ての工程に携わったり見たりすることができるため大手企業では出来ない経験が出来ます。

プロジェクト全体の流れを知ることで、その経験を活かした職種へとキャリアアップすることも可能です。

多用な経験を積んでいきたいという方は中小企業への転職を検討してみてはいかがでしょうか。

配属先の希望が通りやすい

大手企業に入社後配属される際には様々な要因により希望通りに行かないというケースも多くあるようです。

それに対して中小企業は希望が通りやすいため、自身の働きたい場所で働くことができる確率が上がります。

働きたい場所で働けると仕事にやりがいを感じやすく、自身のスキルも活かしやすくなるでしょう。

またその部署で学びたい専門知識を身に付けることも可能となります。

もし今後のキャリアパスがしっかりしている場合には中小企業へ転職するとスムーズにキャリアアップを実現できるかもしれません。

 

ワンポイント
・大手企業よりも重要な役職につける確率が高い
・仕事全体の流れを知ることができるためキャリアアップに役立てられる
・大手企業よりも配属先が希望通りになりやすい

中小企業に転職するデメリット

考える女性

次は中小企業に転職する際のデメリットを解説していきます。

中小企業と大手企業を比較してどのような点がデメリットとなるのでしょうか。

転職先に迷っている方はメリットだけでなくデメリットについても知り、自身に合った企業を選択していきましょう。

予算不足でできないということも

自身が主導となって新たな取り組みを行おうとしても予算不足で行えないというケースがあり得るのが中小企業のデメリットです。

対して大手企業は予算があるため会社にとって利益があると見なされれば新しい仕事を立ち上げることが出来ます。

中小企業で働く際には資金面でのハンデがあると考えて良いでしょう。

もし今後やっていきたい明確なビジョンがある場合でも中小企業では予算不足で実現できない可能性もあります。

専門知識の習得が難しい

NGサイン

中小企業では大手企業よりも社内にその分野の専門家を雇っていることが少なくなります。

そのため専門知識を習得していくということが難しくなるケースもあるようです。

社内に専門家がいればその人たちから専門知識を教えてもらったり、スキルアップしたりすることも可能となります。

しかし中小企業ではそうした場が少ないため、専門知識の習得を考えている方にとっては大きなデメリットとなるでしょう。

仕事ができなくても逃げ場がない

もし入社後に会社が合わず仕事が思うようにできなかった場合、中小企業は規模が小さいため逃げ場がなくなってしまいます。

もし仕事が原因で人間関係が悪化しても規模が小さいため異動するということもできないためです。

逃げ場が無いため、結果的に転職しなくてはならなくなる可能性もあります。

もし仕事面で不安を抱えている場合にはこうしたリスクがあることも事前に考えておきましょう。

 

ワンポイント
・新規事業に予算不足で取り組めないことがある
・社内に専門家が少ないため専門知識の習得ができないことがある
・異動がないため逃げ場がなくなることがある

自分に合った中小企業の求人を探す時のポイント

資料を持つ女性

次は自分に合った中小企業の求人を探す時に考えたいポイントを解説していきます。

求人探しというのはがむしゃらではなかなか自分に合ったものを見つけられません。

ここで紹介するポイントを念頭に置いて、効率的に求人探しを行なっていきましょう。

数字を見ることが大切

中小企業の求人を探す際に大切なのが、数字に注目することです。

例えば売上高などは経営が安定しているかを判断するのに欠かすことができない情報です。

もし売上高が他社と比較して低い場合には倒産のリスクが高いと思われるでしょう。

また、中小企業であってもグループ連結している企業ではグループ会社全体で多くの人員を雇用しています。

このような企業は経営が安定していると考えられるため安心して業務に取り組むことが可能です。

また、これらと併せて給与面での待遇についてもしっかりと確認するようにしましょう。

中小企業への転職活動では数字に注目して企業情報を見るということが大切です。

企業説明会などで社員の話を聞く

資料を持つ女性

企業説明会などで社員の話を聞き社内の様子を知ることができれば、その企業が自分に合っているかの判断基準の1つになります。

また、その際に事前に企業研究を行い社員の話と比較して矛盾がないかなどを調べると良いでしょう。

もし矛盾が生じている場合、求人に書いているのと待遇が違う可能性もあるためです。

中小企業は規模が小さいため、長く働いていく上で社内全体の雰囲気というのがとても重要になります。

社員の話を聞き可能であれば不鮮明な点は質問をして安心して選考に望めるようにしておくと良いでしょう。

転職エージェントを利用する

転職エージェントを利用すれば、エージェント側から自分に合った求人を提案してもらうことも可能です。

自身に合った中小企業を転職のプロが教えてくれるため、リスクなく転職先を探すことができるでしょう。

また、その際非公開求人などを紹介してもらえる可能性もあるため求人の幅が広がる可能性もあります。

もし求人選びで困っている場合には転職エージェントの利用も検討してみてはいかがでしょうか。

転職活動前にチェックしておきたい注意点

疑問

次は転職活動前にチェックしておくべき注意点について解説していきます。

転職活動で失敗しないためにも以下のような企業には注意が必要です。

年齢比率で中堅層の社員が少ない企業

年齢比率的に中堅層の社員が少ない企業は離職率が高い可能性があります。

そのため社内で何らかの問題が生じていることが予想されるため入社は避けた方が良いでしょう。

その原因が経営状態の悪化などであった場合、最悪の場合倒産などのリスクもあります。

事前に年齢比率を確認しておくと良いでしょう。

求める条件は低いが高収入をアピールしている企業

もし求人で求めている条件が低いにも関わらず、給与面での待遇の良さをアピールしている場合は注意した方が良いでしょう。

このような場合には残業代が給与に含まれている可能性があるためです。

残業が多かったり、休日出社を強制されたりすることもあるかもしれません。

もしも待遇に違和感を感じた場合にはその会社に応募するのは避けた方が無難でしょう。

 

ワンポイント
・中堅層の社員が少ない場合、離職率が高い可能性がある
・条件と収入が釣り合わない場合、残業や休日出勤が多い可能性がある

中小企業の悩みを知って転職に活かそう

女性

中小企業の悩みを事前に理解しておくことで転職に活かすことができます。

ここでは中小企業が抱えている問題について解説していきましょう。

内定を出しても入社に繋がらない

中小企業の中途採用では内定を出したとしても内定者が辞退して待遇面でより良い企業を選択するというケースがあります。

これを逆手に取り、面接などでは内定が出たら必ず入社するなどと発言することで転職活動を有利に進めることが可能です。

もし絶対に入社したい中小企業がある場合には自身の熱意をそのように伝えてみると良いでしょう。

自社の良さに気づけていない

中小企業の中には自社への理解が足らず、それを中途採用に結び付けられていないケースもあります。

そのような場合には徹底した企業研究を行い、企業の良さを面接などで沢山伝えましょう。

自分たちでも分からなかった自社の良さを応募者が知っていた場合、企業はその応募者にプラスの印象を抱きます。

企業は沢山企業研究を行っていて熱意のある人材を入社させたいと思うものです。

選考書類や面接では企業のことをよく調べていることをアピールすると良いでしょう。

中小企業の転職を成功させるポイントは情報収集

指

前述した内容からも分かる通り、中小企業への転職を成功させるには情報収集が大切となります。

転職を考えている企業が将来性があるかどうか、倒産のリスクは無いかどうかを知るためにも多くの情報が必要です。

会社の社風や価値観なども企業研究を入念に行うことで明確になっていきます。

また十分な情報があれば入社後に自分にその企業が合わないといったリスクを減らすことも可能です。

中小企業への転職を考えているのであれば、情報収集を欠かさないようにしましょう。

理想の会社への入社を実現するためにも、日頃から志望する業界の会社についてよく調べる習慣を付けておくことが大切です。

 

ワンポイント
中小企業への転職を成功させるには企業に対しての情報収集を徹底することが重要なポイントです。

中小企業のメリットや企業の悩みを理解して転職活動を成功させよう

外で電話する女性

中小企業というのは大手企業には無いメリットが存在しているということを今回の記事で理解いただけたことでしょう。

勿論、同時にデメリットも存在しているということを忘れてはいけません。

しかし、もしそのメリットの中で自分が重要視している要素があった場合には転職を検討してみると良いでしょう。

大手企業にも中小企業にもメリット・デメリットが存在しています。

正しい判断をするためには自分が転職に何を求めているのかを明確にすることが大切です。

また、中小企業にとって中途採用というのはなかなか難しい現状にあります。

そのためもし中小企業に入社したいのであれば中小企業が抱える中途採用への悩みを理解して自身を売り込んでいくようにしましょう。

会社側も自社に対しての理解が深い人材を求めているため価値観がマッチすればスムーズに内定が決まる可能性もあります。

転職活動を成功させるために中小企業の特徴への対策を行なっていくことが大切です。

転職の相談は転職エージェントを活用しよう

面接 

もし転職活動に不安を抱えているのであれば、転職エージェントを活用してみてはいかがでしょうか。

転職活動というのは企業に対して自分を売り込むという行為です。

自分だけではなかなか自分のことを客観視できないため何が転職を成功させる上で効果的な方法か分からない場合があります。

そんな時に頼りになるのが転職エージェントなのです。

転職エージェントはプロの視点からあなたの転職活動をサポートしてくれます。

不安なく転職活動を行なっていきたいのであればこの機会に是非転職エージェントへの相談を検討してみてください。

まとめ

面接を受ける女性

今回は中小企業の中途採用が難しい理由や、中小企業への転職のメリット・デメリットなどについて解説してきました。

中小企業は大手企業とは異なる部分が多いため自身にとっての理想的な働き方がどのようなものかを考えることが大切です。

もし今後のキャリアパスが明確に存在している場合には中小企業でそれが実現可能かよく考えてみると良いでしょう。

また、転職活動で不安を抱えている場合には転職エージェントの活用がおすすめです。

エージェントを活用すれば安心して転職活動を行っていけることでしょう。

是非検討してみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら