採用担当者に自分の経験やスキルをアピールする材料となる職務経歴書は、転職活動においてとても重要な資料です。

大抵はWordで職務経歴書を作成することが多いのではないでしょうか。

しかし、実はパワーポイントで作ることも可能で、しかもWordにはないメリットもあるのです。

今回は職務経歴書をパワーポイントで作成するコツやメリットを解説していきます。

Contents

職務経歴書の重要性と活用法

書類を書く女性

そもそも職務経歴書はなぜ必要なのでしょうか。職務経歴書の役割と重要性について解説します。

職務経歴の役割と重要性

採用担当者が転職志願者を見るとき、どんな情報が知りたいと思うでしょうか。

家族構成や恋人の有無・趣味などがわかったとしても、一緒に仕事をする上でこれらはあまり関係ありません。

つまり一緒に仕事をしていくという前提で面接を受けるのであれば、応募者の職務経歴を知ることが採用のポイントとなるのです。

応募者は今までどんな仕事を経験したのか。どんな困難に直面してどうやってその困難を乗り越えたか。

それらを採用担当者に理解させ、その経験やスキルからこれからどんな仕事ができるかを期待させることができます。

それこそが職務経歴書の役割なのです。

そして職務経歴があることによって実際に一緒に働いたときに想定した期待値とのギャップが少なくなるという利点もあります。

だからこそ、あくまで職務経歴書に嘘は書かないようにしましょう。

重要な職務経歴書に虚偽が見つかる採用の合否だけでなく、社会的な信頼性も失うことになりかねません。

職務経歴書を活用して面接を自分の有利な方向へ

ノートパソコン

職務経歴書は今までの自分の仕事の経験やスキルをアピールするのに最適ということがわかりました。

それでは、いざ面接に進んだときに職務経歴書はどのような役割を果たすのでしょうか。

ご存知の通り、面接時に採用担当者は職務経歴書に沿って質問などをして話を進めていきます。

つまり、面接で質問されたい内容を職務経歴書に組み込めば、採用担当者の質問を誘導することができるのです。

これまでの仕事で困難に直面した経験を乗り越えて、結果的にスキルを身につけたことを書きます。

その具体例を職務経歴書に書いてみましょう。たとえば、飲食店勤務で売上が上がらないという困難を迎えたとします。

まず問題の原因が「商品のラインナップの魅力不足」なのか「集客、販売経路の見直し」なのか判断するはずです。

分析の結果後者が原因と突き止め、販売経路の拡充に尽力して売上が上がった経験を職務経歴書に書きます。

するとその職務経歴を見た採用担当者はこの出来事に関する質問をするでしょう。

それに答えることで、問題抽出能力と問題解決能力を自然と採用担当者にアピールすることができるのです。

職務経歴書をパワーポイントで作成するメリット

グラフを移したパソコン

職務経歴書は使い勝手の良いWordで作成されることが多いです。

しかし、皆Wordで作成しているから自分もWordの方が良い、とは限りません。

パワーポイントで作るからこそ個性を発揮し、オリジナリティのある職務経歴書をつくることができます。

印象を残しやすい

職務経歴書は転職活動においてどの応募者も作成しますが、ほとんどはWord形式です。

採用担当者は何百人、何千人の職務経歴書を見ることになります。

その中で大勢の中に埋もれない、差別化できる職務経歴書こそが面接に進むための必須アイテムなのです。

だからこそパワーポイントはおすすめといえます。

パワーポイントはプレゼンテーションのときに使用するもので、面接時に使用した経験がない人も多いのではないでしょうか。

しかし、だからこそパワーポイントで職務経歴書を作成したほうが良いのです。

グラフやスライドを用いて自分をアピールできるというのは、他者との差別化になり採用担当者に印象を残しやすいという利点もあります。

自分のスキルをアピールできる

パワーポイントはプレゼンテーションで使用されることも多く、仕事で使ったことがある人もいるのではないでしょうか。

そこでパワーポイントのスキルを活かしてグラフや書き方を工夫してみましょう。

そうすることで採用担当者へ効果的に自分のスキルをアピールすることができます。

面接を自分が有利な方向に進められる

成功

パワーポイントで書いた職務経歴書は、面接時に自分が有利なように進められるとても便利なツールです。

通常のWord形式の職務経歴書と比べるとインパクトのある書き方ができるのです。

実はそれ自体で採用担当者が応募者の主張に納得してしまうこともよくあります。

たとえばだれかのプレゼンテーションを聞いているときに、そんなにたくさんの質問事項を思いつくでしょうか。

大抵はプレゼンテーションの主張を受け入れてしまって質問を考えるほうが難しくなります。

つまり、面接時にプレゼンテーションを行っていると採用担当者に思わせたら、答えにくい質問攻めで不利な状況になることはないのです。

 

ワンポイント
パワーポイントはデザイン性が高く、Wordと比べると目を引きやすい資料を作ることができます。

職務経歴書をパワーポイントで作成する際の注意点

資料

魅力的な面が多いパワーポイントによる職務経歴書作りですが、注意しなければならない側面もあります。

Wordと比べると彩りを加えやすいのでこだわりたいところもたくさん出てきますが、無理のない範囲で作成することを心がけましょう。

時間と手間がかかる

Wordで職務経歴書を作成する人が多い中、パワーポイントで職務経歴書を作成するとなると、時間と手間がかかってしまいます。

もちろんパワーポイントが得意な人もいますが、それでもWordで文字を書く方がよほどスピードは早いです。

そして時間がないので、面接対策に注力できなくなる恐れがあります。

面接までの時間を逆算してスケジュールを立てておくのがおすすめです。

相応の出来でないとマイナス点となる

パワーポイントを使い慣れている人なら上手く魅せるコツを知っていて、採用担当者にプラスの印象を残せるでしょう。

しかしパワーポイントをよく知らず慣れていない人だと、それ相応のクオリティにはならない可能性もあります。

他の応募者とは違う方法で自分をアピールするのだからきっと人よりも優れていると採用担当者は応募者に期待します。

しかしいざ見てみてスライドが不出来だった場合、残念だと落胆されてしまうでしょう。

 

ワンポイント
パワーポイントはグラフや図面を使えるのでセンスが問われます。
事前にパワーポイントの資料や他の人が作った職務経歴書などを見てイメージをしておくと良いでしょう。

職務経歴書を作成する時のポイントをチェック

グラフとカレンダー

注意点で解説した通り、パワーポイントで職務経歴書をつくるのは少しコツが必要です。

これから紹介するポイントを意識して作ってみてください。

「見やすさ」を意識する

職務経歴書に自分の経験やスキルを思う存分書きたい気持ちはわかります。

しかしまずは、見やすさを第一に意識しましょう。

なぜなら採用担当者は数多くの応募者を選考しているため、いくらスキルが貴重でも読みにくい文章は目に止まらずスルーされてしまうからです。

きちんと行間をとる、句読点をつけるなど基本に忠実に文章を作成してマイナス点を少なくすることを心がけましょう。

「きちんと伝わる内容か」を確認する

自分のスキルをアピールするために、莫大な量の文章を書き連ねる応募者がたまにいます。

しかしそれは百害あって一理なしです。

理由は、多くの内容を一度に詰め込んでしまうと、採用担当者には半分も伝わりません。

よく1センテンス1コンテンツといわれますが、職務経歴書でも同じです。

職務経歴書全体を通して何を主張したいかまとまっていないと、どれだけスキルがあっても企業の採用担当者に届くアピールにはなりえません。

一度自分で書いた内容を家族や友達に読んで理解できるか確認してもらうのもよいでしょう。

ぜひ、自分伝えたい内容を盛り込みすぎることなく、採用担当者に伝えたいことを厳選して職務経歴書を作ってみてください。

スライドの枚数は2枚までにまとめよう

パワーポイントで職務経歴書を作成するにあたっては、通常のプレゼンテーションのように何十枚もスライドを連ねないようにします。

前述したように、採用担当者が見やすく伝わりやすい内容でないといけないからです。

企業への志望度が高く気持ちを込めすぎてスライドを多く作成したくなることもあるでしょう。

しかし、そこでぐっと自分の気持ちを抑えて本来の目的を考えてみてください。

職務経歴書を書く目的は自らのスキルをアピールするためではありません。

本来の目的は面接を通過してその企業で働くことであるはずです。

それならば採用担当者から活躍の見込みがある人材だと思ってもらわなくてはなりません。

そのためには自分の都合で職務経歴書を作成するのではなく、採用担当者の気持ちになってみることが大切です。

たとえば手間が少ない2枚にしぼり、自分のスキルを思う存分アピールしてみると良いでしょう。

きっと採用担当者の目に留まるはずです。

作成前に職務経歴書の形式を決めよう

グラフとコーヒー

パワーポイントで見やすい職務経歴書を作る際、形式を決めておくことをおすすめします。

書き方を決めることですっきりとまとまり、見やすい職務経歴書になるのです。

編年体形式

編年体形式とは、時系列に所属企業・部門・業務内容を記載していく形式でもっともポピュラーな書き方になります。

こちらは第二新卒や20代の転職活動など比較的社会人経験が浅く、転職回数が少ない方向けの形式です。

メリットとしては、時系列ごとにキャリアを記載しているので、採用担当者に伝わりやすいことがあげられます。

また、特出したスキルや経験がなくても記入事項に困らないことも社会人経験の浅い若者にとっても利点になります。

キャリア形式

キャリア形式とは、職務内容や分野ごとに記載していく形式です。

時系列でなく職務や分野ごとにまとめていくことができます。

どんな経験やスキルをもっていて得意な仕事がどの分野かといったことが採用担当者へ伝わりやすいです。

こちらは編年体形式の時とは反対に、転職回数が多く社会人経験豊富な人向けの形式であるといえます。

 

ワンポイント
今の自分のキャリアや状況に合わせた書き方がベストです。

パワーポイントでの効果的なアピール方法

情報

パワーポイントだからできるアピール方法を解説します。

成果や実績は数字などを用いて具体的に書こう

パワーポイントを使用して職務経歴書を作成するため、グラフなどを使って成果実績を効果的にアピールすることが可能です。

大抵の応募者はWordの文字のみで勝負しています。

その中でパワーポイントを使用することで、自分は他者と圧倒的に差別化を図ることができるのです。

今後挑戦したいことやキャリアビジョンを書く

面接時に聞かれる質問として、将来のキャリアビジョンというものがあります。

転職していざ入社したものの、企業側のビジョンとあなたのビジョンが一致していなければ早期離職につながる恐れがあるからです。

そうならないためにも、今後挑戦していきたいことを職務経歴書に盛り込みましょう。

採用担当者も面接時のあなたの印象と将来のビジョンが一致しているか、入社後実現できそうかといった視点で見ています。

前向きにビジョンをアピールしていくことが大事です。

経験のある人は経験値をアピールしよう

スキル

20代の転職活動はポテンシャル採用といわれ、経験やスキルを問われないことが多いです。

しかし30代以上になると話は変わって、経験やスキル・実績があることが前提で選考が進んでいきます。

その中で社会人生活が長く、経験が豊富な方は自分の経験値をアピールしてみると良いでしょう。

どんな経験でも思わぬ分野で役に立つものです。世の中の物事はあらゆる方向で連鎖し合って経済が回っています。

誇れる経験じゃないと尻込みせずに、自分の経験値を武器に選考を進めていきましょう。

 

ワンポイント
一見仕事と関係なさそうに見えても、スキルや資格は思わぬところで活躍することがあります。
持っているスキルは職種と関係なさそうなものでもなるべく紹介すると良いでしょう。

職務経歴書のポイントを押さえて転職活動を有利にしよう

コンピューター

職務経歴書のポイントを解説してきました。転職活動においてはどうしても面接が重要視されがちです。

しかし実際は面接の前提知識となる職務経歴書が、いかに重要なのか理解できたのではないでしょうか。

職務経歴書に書いた内容はあなたがアピールする経験やスキルであると同時に、採用担当者が質問してくる内容でもあります。

つまり、面接とは応募者が質問されるという受け身の場面ではありません。

職務経歴書にて採用担当者がするであろう質問を引き出させる攻めの場面なのです。

ぜひそのような強い気持ちで面接に臨むために、職務経歴書の作成には誠心誠意向き合う価値があります。

職務経歴書に書く内容は転職エージェントと相談しよう

会話

転職活動には悩みが付きものです。

もし転職先が決まらなかったら、年収が下がったらと不安を感じる人もいるでしょう。

「そもそも自分のスキルや経験をほしいと思ってくれる企業なんてあるのだろうか」と考えて転職に踏み出せないでいる人もいます。

そのような悩みを持つことは自分が弱いからではありません。ただ、転職活動についての知識・ノウハウがないからです。

どうやったら知識やノウハウが身につくのでしょうか。それは転職エージェントに登録し相談することです。

転職エージェントには転職活動を熟知した担当者が揃っているのです。

仕事のスキルや転職の悩み、プライベート含めた将来のビジョンまで親身になって話を聞いてアドバイスをしてくれます。

まとめ

グラフ

今回は、務経歴書をパワーポイントで作成するコツをご紹介してきました。

パワーポイントで職務経歴書を書くなんて常識から外れていると思った人もいるかもしれません。

しかし、これからは変化の時代です。

今一般に認知されていないことが数年後には当たり前になっているかもしれません。

変化のスピード、サイクルはだんだん早くなっています。

つまり、パワーポイントで職務経歴書を書くことが一般的になる時代も来るかもしれないのです。

その波に乗り遅れないように、転職活動で成功を掴み取ってください。

 

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら