女性の転職活動は不安だらけだと思います。

男性と違い結婚・出産・育児など人生においての大きなイベントを考えるものです。

「転職して大丈夫かな?」「もし結婚したら・・・子供が産まれたら・・・」と悩むことや不安に思う方も多いでしょう。

しかし、会社によってはプライベートに配慮してくれるところもあり労働環境がよくなることもあります。

女性の転職活動を失敗しないための方法・対策・転職エージェントを紹介していきます!

Contents

女性が転職で失敗しない方法

ガッツポーズ、女性

転職活動において失敗しない方法、それは転職理由を明確にすることです。

これは男女問わず転職活動において最も重要。

それに加えて女性の場合は女性の場合はライフイベントも頭に入れておかなければいけません。

今よりも劣らなければよしと考えている人が多いでしょう。

女性の場合は労働時間や給与面以外でも出産や育児についての条件なども視野に入れ長い目でしっかりと転職先の会社を調ベることが大切です。

その調べた条件の中で自分のスキルが活かせるか自分の条件に合っているかなど転職理由と照らし合わせることが失敗を避けることに繋がります。

転職に失敗した理由を考えてみよう

悩む女性

転職活動を行うにあたり初めから失敗や後悔することを考えて転職活動を行う人はいません。

しかし、何回も転職活動を行なっているとまた失敗するんじゃないか、どうやったら後悔なく転職先が見つかるのだろうかと考えてしまいます。

では、転職において失敗とはどのようなことをいうのだろか。

転職においての失敗とは転職先の雰囲気が合わない・説明と待遇が違っていた・自分のスキルが活かされないなどがあげられます。

自分の理由は何に当てはまるのだろうか、その理由以外にも何か思うところはあるのかなど、理由を見直すということは自分を見直すことです。

自分を見直し、その理由を参考に転職活動を行うと違ったものが見えてきます。

転職をして失敗したなと感じたら、まずはどうして?なぜ?と失敗の理由を考えてみましょう。

よくある転職失敗の理由

失敗の数

先程もあげましたが、よく転職失敗の理由であげられるのが、転職先の雰囲気が合わない・説明と待遇が違っていた・自分のスキルが活かされないです。

詳しく聞いてみると、

  • 転職して給与をあげたいと思い転職したが、給与と仕事が割りに合わない
  • 仕事をこなすことに精一杯で職場の雰囲気に馴染めない
  • キャリアアップを望んで転職したが、なかなか仕事を任せてもらえない

現状をよくしたくて転職をしたものの自分の思い描いていた転職後ではなかったことが理由にあげられます。

では、どうしてそのようになってしまうのか、失敗してしまう原因は何かをみていきましょう。

転職に失敗してしまう原因は?

悩む

転職活動を行なっている人に共通する思いは「今の現状を変えたい。」です。

この思いが強すぎて転職の理由が明確ではなくなっている人が多く、転職先の情報が少ないまま転職を決めてしまうことがあります。

その他にも転職に失敗してしまう人は何が原因かをみてみましょう。

「転職すること」事態を目的にしてしまっている

転職

転職活動を行うにあたって、転職後の自分をイメージできていない。

これは自分の転職理由が明確になっていない場合が多く、「とにかく今の現状を変えたい。」とただ転職先を探す。

今の会社の不満のところだけ見て自分のスキルや条件を後回しにしてしまう。

これは、自分の将来のための転職活動が、ただ転職するという「目的」になってしまい失敗します。

目的にならないようにしっかりと理想の転職後の自分をイメージしましょう。

条件の優先順位を決めていない

数字の旗
転職する際にこれだけは譲れないという条件は明確ですか?

転職活動の中で大事になってくるものが会社の条件です。

自分のスキル・給与・人間関係・労働時間・・・人によってこの大切な条件は違います。

この条件に優先順位を決めずに転職をすると「こんなはずじゃなかった」と不満になる可能性が高いです。

例えば、労働時間を短くしたくて転職するつもりが給与面に惹かれたところに転職。

結果的に労働時間は増え最初の条件が満たされずに再度転職先を探すということになった例があります。

こういった失敗をしないためにも、会社に求める条件に優先順位をつけ転職先を選んでいきましょう。

転職先が決まる前に退職してしまう

退職願
転職を考え始めると同時に現職の退職について考えると思います。

では、転職活動を始めるタイミングはいつがいいのか?

転職を考え転職活動を始めたので退職します。これはNGです。

転職活動を始めても次の職場が決まるまでには、会社を調べて面接を受け、結果を待つ。このような流れがあります。

この結果が1回で合格になるかどうかはわかりません。

もしも、転職先が決まらないのに退職してしまうと仕事をせず収入がない期間ができてしまいます。

この収入がない期間ができてしまうと「早く次の会社(仕事)を見つけなければ」と焦りが生じ、条件よりも合格できる会社を選ぶでしょう。

せっかく理想の自分になるために転職をするのであれば自分が納得し、自分が輝ける転職先をじっくりと探すことが大切です。

そのためにも転職先が決まる前に退職するということはやめましょう。

転職に失敗した人の実例をチェックしよう

悩み

”ずっとやってみたかった仕事があり転職したが、イメージしてたものと違った。”

自分のやりたいことを見つけ転職する人も少なくありません。

しかし、こう言った場合の失敗例として多いのが、理想と現実のギャップです。

やりたいことがあり転職後を想像しているだけだと仕事を美化してしまい、

「イメージしていた仕事と違った」「ハードワークでついていけない」などと、挫折する人が多いくいます。

やりたいことを見つけることは素晴らしいことですが、その業種について詳しく調べて本当に自分にあっているかを見極めることが重要です。

”求人に書いてあった条件や面接の時に聞いていた条件が異なっていた。”

この例はよくある例の一つです。

パッと入ってくる情報だけで情報取集が少ないまま安易な決断をしてしまい転職後に後悔してしまう。

このような失敗・後悔をしないためにも自分が求めている条件があったらしっかりと情報収集をしましょう。

今すぐに辞めたいという気持ちが強く会社をやめたが、なかなか次の就職先が決まらない。

この例は職場の人間関係で悩んでいる人に多い失敗例です。

転職活動をしてから転職先が決まるまで短くても収入のない期間が生じます。

収入がなくなると早く次の就職先を探さなければと気持ちばかり焦ってしまい、条件などを見ずに選んで後悔する。

せっかく職場を変えて頑張ろうと思ったのにまた仕事が嫌になってしまう。と悪循環になってしまいます。

このような失敗をしないためにも転職先を決める前に退職は辞めましょう。

ワンポイント

転職に失敗する人は少なくありません。

失敗する人の理由は似たようなもが多いです。

失敗の例を参考にして失敗しない転職活動をしていきましょう。

転職で失敗しないための対策は?

勉強

何かを失敗する人はその準備が足りないと言われます。

転職活動に失敗する人も原因を探ると企業を調べるなどの準備が不足していることがわかりました。

しっかりと企業を調べ、下準備を行うかどうかが成功に繋がる鍵になるので転職活動を失敗しないために対策をしっかりと行いましょう。

転職の必要性や目的を考えよう

退職理由

転職は今しなければいけませんか?

転職する目的はなんですか?

転職をするときに確認したいものが転職のタイミングと目的

「早く今の会社をやめたい」という気持ちが強くなると現状から逃げるための転職です。

今の会社と比べて選ぶので自分の転職の明確な目的が果たせず後悔してしまいます。

焦って転職先を探し企業理念や条件をしっかりと確認せずに「今よりはいいかな」で選びやすくなる反面、失敗、後悔に繋がる一つの原因です。

転職を考えたら、転職活動を始める前にもう一度転職の必要性と目的を見直しましょう。

自己分析をしっかりしよう

分析

まず転職活動を始めるにあたり、自分をしっかりと知りましょう。

自分にはどんなスキルがあるのか、長所と短所は何か、どのような業種が向いているのかを自己分析することがとても重要です。

自己分析をすることで今までの経験を振り返るいいきっかけにもなり、自分に合った業種・企業を絞ることができるのでいい選択ができます。

自己分析で、新しい面を発見でき関心のある業種の幅が広がり視野が広がる。

自己分析をするということはただ、転職に対して自分の思いを確認するだけではなくこれからの自分の可能性を広げることになります。

また、自己分析をしていると転職活動の面接でも自分の経歴・長所をアピールできるので成功へ近づくことができるでしょう。

企業分析をしっかりしよう

会社

転職活動を始める際に自己分析が大切です。

では、自己分析からみえてくる自分に合った業種・企業はどれくらいあるかある程度絞れたら次は企業分析を行います。

この企業分析は自分が求めている条件(スキル・給与・仕事内容など)に合っているかどうかを見極めるために重要です。

自分が求めている条件に合えば、会社理念や雰囲気、さらにその企業の売上や経常利益なども細かく調べていきましょう。

会社理念や雰囲気に関しては自分が働く会社になるので調べると思います。

では、その転職しようとしている企業の売上や経常利益を見るひとは少ないです。

なぜ企業の売り上げや経常利益を見るか、それは成長率や安定感をみてその企業の将来性がわかるからです。

自分の条件に合い転職しても、業績が下がり続けている企業では将来が期待できないかもしれません。

転職先で長く仕事することを考えると企業の業績など細かく調べたからこそみえてくる企業の良し悪しがわかります。

そういった点から企業分析をしっかりとしましょう。

今後のキャリアを明確にしよう

スキル

ただ仕事をこなすだけではなく、仕事を通してどんな経験を積みたいかどんな力を身につけたいか。

自分自身を成長させられるようなキャリアを考えていくことで、企業側に求める条件を見出すことができるでしょう。

キャリアを考えるということは仕事を中心とした生き方を考えるということです。

何のために仕事をするか、給与のためだけではなく自分が生き生きと仕事ができるようにキャリアを考えていくと転職活動も楽しく行えます。

今後のキャリアを明確にして転職活動を行いましょう。

ワンポイント

キャリアとは、経歴・経験を表します。

近年では働くことに関わる「過程」・働くことにまつわる「生き方」と言われています。

一言でキャリアというと経験を積んで出世するというイメージですが、その仕事の経験の中で技術や知識に加えて自分自身を磨き上げるということです。

転職の失敗を繰り返さないためにすべきこと

チェックリスト

転職を何度も繰り返してしまうと、転職先が見つけにくくなってしまうというデメリットが生じてきます。

短期間では仕事内容を覚えれなかった、スキルが身につけることができなく能力が低い。

やめ癖がついているのではないか。と転職先の印象がとても悪くなります。

自分自身の印象を下げないためにも以下のことを頭に入れておきましょう。

社風や職場環境をチェックしよう

会社

転職に失敗している人の例で職場環境や会社の雰囲気などを調べずに会社を名前と条件だけで決める。

これは転職先で再スタートをと張り切っていても、職場環境・会社の雰囲気が合わず1年も経たずに辞めてしまったという例は少なくありません。

転職活動の中で事前に調べておくことでこのような失敗はなくなるでしょう。

では、職場環境や会社の雰囲気を調べる方法とは・・・

面接、求人で見極める・職場の口コミサイトを利用する・転職エージェントを活用する・などがあります。

面接では、実際に会社や社員の様子を知ることが出来ます。実際に自分で雰囲気を感じてみましょう。

求人で見極めるとはどういうことか、

頻繁に求人が出ているということは、人の入れ替わりが多く常に人材不足になっています。

そういったところは、事業拡大での人材不足でない限り会社に何らかの原因があるのではないかと考えられるのです。求人でも見極めることができるのです。

転職サイトなどで会社の評判や元社員の投稿などをあげているところがあります。そのような口コミを見てマイナスな投稿があるかどうかで調べる。

自分で調べることが出来ないとなると、専門家の転職エージェントに相談するのが失敗もせずに1番わかりやす方法になります。

転職エージェントは、多数の転職希望者、企業の採用担当者とやりとりをしています。

そのため、自分が求めているものがその会社に合うかアドバイスをしてくれます。専門家のアドバイスは信頼もできる情報になるでしょう。

このように様々な方法で調べ少しでも失敗のリスクを下げていくことが大切になってきます。

希望の条件に優先順位や妥協点を決めよう

順位

あなたが転職においてこれだけは譲れないという条件はありますか?その条件はいくつありますか?

今この質問に対して自分の求める条件がいくつか出てきたと思います。

その条件が全て満たす企業を探すとなると難しいです。

しかし、全ての条件を満たす企業がないといって妥協ばかりするとこれも失敗につながりやすくなります。

失敗につなげないためには現実離れした理想の条件ばかりを並べるのではなく、なぜ転職したいという考えが出てきたのか原点に戻り、

「譲れない条件」「妥協できる条件」を明確にして条件に優先順位をつけることが大切です。

優先順位をつけることで、条件を満たす企業が見つけやすくなり転職活動が長引かない。

妥協できる条件で最低ラインの求人を探すことができ、

自分が応募しても大丈夫な企業とそうではない企業を見分けることができるので失敗しない転職活動になります。

今の自分と将来の自分を見据えて考えていきましょう。

内定の承諾前に就業条件を再確認しよう

内定通知書

転職活動もいよいよ終盤

転職したい企業を絞って面接も終わり、内定通知書が手元に届いた。

この瞬間はとても嬉しく思い、やる気に満ち溢れるでしょう。

「次は失敗しないで頑張るぞ」と張り切って承諾したくなりますが、

就業条件を再確認せずに承諾してしまうと「あれ?こんなはすじゃなかった・・・。」と失敗に繋がる可能性も出てきます。

内定をいただいたらまずは、自分の条件と一致しているか再確認してから承諾しましょう。

企業側は労働契約の期間や就業場所に関すること、賃金に関することなど労働条件を示したものを提示する義務があります。

この条件を再確認して不安に思う箇所があった場合は、企業側に直接確認しお互いが納得できるよう交渉するということも可能です。

これまで転職活動を励んできた自分のために最後の最後で妥協せずにしっかりと確認をして、再スタートを切りましょう。

ワンポイント

転職を繰り返すということは、一つの企業にいる期間が短い経歴は増える。

これは履歴書に書いたときに不利になる。

転職を失敗したと思った時の対処法は?

OK・NGカード

転職後この転職は失敗だったと感じたらまずは、転職活動中の自分と活動内容を振り返ってみてください。

この転職は急いで決めていないか、自分がだした条件を照らし合わせて選んだか、今までの経緯を振り返ることで失敗した原因がみえてきます。

なぜ今回の転職は失敗したのか、転職したい理由を明確にせずに失敗した原因をあやふやにして次の転職活動を行っても結果は失敗です。

失敗した原因を明確にして自己分析や企業分析などの下準備を再度しっかりと行い、次の転職活動が成功になるよう改善していきましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

転職エージェント

転職活動を行うときに不安が生じると思います。

そんな不安を抱えながら一人で転職活動を行うと、何がいいのかわからなくなり失敗するイメージが強くなり成功しにくいです。

人生においてターニングポイントになる転職活動は焦らず後悔のしないことが大切になるので、

転職に関しての専門家の転職エージェントと相談しながら転職活動を進めましょう。

自分に合った転職先を面談を通して一緒に探してくれます。

ワンポイント
 転職を成功させるためには専門家の転職エージェントに相談を!!

まとめ

仕事とは自分の人生を輝かせる一つの要素になってきます。

自分の転職の理由必要性・理由を明確にする。

自己分析を行い、「絶対に譲れない条件」「妥協できる条件」を分けて優先順位をつける。

絞り込んだ企業の企業方針・職場環境・会社の雰囲気などの企業分析を行う。

最終的に内定通知書が届いたら条件の再確認をする。

不安なことがあれば、一人で考えないで転職エージェントに相談する。

以上の項目で紹介してきたことを確認して自分の将来のための転職を失敗に終わらないためにも、転職活動をしっかりと頑張っていきましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら