就活や転職活動を経験した方であれば内定後の質問メールを経験なさった方もいるでしょう。

企業から内定をもらった後は入社後のことでいくつか気になることもあるのではないでしょうか。

面接の時や内定者懇親会の時には聞けなかったことも聞きたいという方もいるはずです。

しかし、内定が出ても正式に入社するまではあくまで「お客様」であることを忘れないでください。

質問の仕方次第では相手に悪印象を抱かせたりマナーのない人と判断されたりすることもあります。

そこで今回は内定後の質問メールの送り方・書き方をそのマナーと共に解説しましょう。

質問していいことやNGなこと・例文なども併せて紹介しますので是非参考にしてください。

Contents

内定後の質問メールの送り方

Eメール

転職活動に限らず社外の人と何かしらの連絡を取る時には電話よりもメールを用いる場合が多いです。

採用担当者は勿論中小企業になると社長と直にやり取りを行うことも珍しくはありません。

特に内定後は内定者に対する連絡用のツールとして用いられることがあるのではないでしょうか。

当然ながらビジネスマナーをきちんと遵守したメールを送ることが求められます。

返信する際の件名・本文の書き方まで含めて社会人として今後も求められるものです。

入社前に悪印象を持たれないよう礼儀正しいメールを心がけてください。

内定後の質問メールの送る時のマナー

それではまず内定後の質問メールを送る時のマナーを解説します。

内定先の企業に失礼に当たらない文章とはどのようなものでしょうか?

件名は分かりやすく簡潔に書こう

タイトル

まず件名は分かりやすく簡潔に書くようにしてください。

企業には毎日多くのメールが届くので、内定者が送ったメールを見分けるのが大変です。

そこで件名には自分の名前と「〇〇について」など内容を具体的かつ簡潔に書きましょう。

ここで誰からのメールかがわからないと担当者が見落としてしまう可能性があります。

まずこの件名の部分でメールマナーがきちんとできる人かどうかが判断されるのです。

会社名は正式名称で書こう

会社

会社名は省略せずに正式名称で記載するのがメールマナーです。

株式会社を(株)と書いたり有限会社を(有)と書いたりしてはいけません。

そのようなことをしてしまうと相手先の会社に不快な印象を与えてしまいます。

気心知れた友達同士ならともかくあくまでも仕事が絡む大人の関係です。

また、普段の話し言葉で使っているからとメールまでそれを用いてはなりません。

書き言葉と話し言葉は違うという認識をしっかり持ってください。

送り先の部署名や名前は間違っていないか

正しい

会社名同様部署名や役職・担当者の名前を間違えるのは失礼に当たります

相手の名前をきちんと見ていない・知らない人という印象になるのです。

入社後はともかく入社前の段階ではまだ表面的な部分しか見えません

だからこそこういう細かいメールのやり取りができるかどうかは大事なのです。

その会社のどの方にもいい印象を持ってもらえるよう心がけてください。

署名を記載しよう

署名

メールマナーの最後には自分の署名をきちんと記すことがマナーになっています。

自分の署名が抜けていないか入念にチェックしてください。

署名には名前は勿論電話番号やメールアドレスなどの連絡先も併記しましょう。

ここまでを1セットで書いて初めて内定先の企業に対する丁寧なメールとなります。

本当に細かく基本的なことですが、それだけ大事なマナーだということです。

この部分がきちんと出来ていないと入社前によくない印象を与えます。

 

ワンポイント
・件名が相手に伝わるよう分かりやすく書く
・会社名は正式名称にし、部署名や担当者の名前も間違えない
・文末にはきちんと正式な個人情報を署名として記す

 

内定後の質問メールで聞いていいことは?

それでは内定後の質問メールで聞いていいことを解説しましょう。

聞いていいことをしっかり知ることで不快な印象を与えないようにしてください。

入社手続きの疑問に関して

入社後

たとえば入社手続きの疑問に関して事前に連絡されていないことがあれば確認しおきましょう。

多くの場合は引越しの手続き住民票の移動に関することなどです。

もしかすると会社の都合で入社手続きなどの準備が遅れる可能性もあるかも知れません。

また会社によっては通勤や引越しの話などをする可能性があるでしょう。

もしマイカーを購入する必要があるとなった場合はお金が必要になります。

そういった金銭面や必要経費のことなども事前にきちんと確認してください。

とにかく小さな疑問でも思ったことはどんどんぶつけてクリアすることが大切です。

入社までに準備しておくことに関して

準備

内定をもらったら、入社前の準備や過ごし方などについて会社に聞いておくといいでしょう。

基礎知識は勿論のこと資格や勉強しておくべきことを聞いておくと入社前の準備が可能です。

そのようなことを聞いておくと会社としてもやる気や向上心のある若者という印象を与えます。

また入社後の研修などに関することや入社前の心構え、会社の雰囲気を聞くといいかも知れません。

とにかく大事なことは入社前に具体的なイメージを持てるようにしておくことです。

そうすることによって入社した時に高いモチベーションで働くことができるのではないでしょうか。

入社前まで日々を漫然と過ごすよりも目標意識を持って過ごすことがとにかく大切です。

 

ワンポイント
とにかく入社後の働く姿をクリアにしておくこと

 

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

内定後の質問メールでNGな質問は?

それでは逆に内定後の質問メールで聞いてはいけないこと、NGな質問を解説しましょう。

聞いていいことよりも聞いてはいけないことを知る方が遥かに勉強になります。

HPに記載されていること

ホームページ

まずHPに記載されているようなことは事前に調べればわかることなので聞かないでください。

そもそも徹底した企業研究さえ行えばそのようなことは聞かなくて済むはずです。

その上で気になったことは寧ろ面接の段階で聞いておくべきでしょう。

調べればわかることをわざわざ聞き直すのは相手に野暮な印象を与えます。

もし面接で聞きそびれたことなどがある場合はその旨をきちんと添えてください。

もしくは自分がここまで調べたけど分からないなど勉強した跡を見せることが大切です。

質問力というのは社会人として円滑なコミュニケーションを図る上で欠かせません。

配布された書類に記載されていること

お金

2つ目に入社に際して配布された書類に記載されていることも聞かないでください。

特に給与体系や残業のことなどを聞いてしまうと相手先の企業に悪印象を与えかねません。

こういうお金や福利厚生に関することは面接では聞きにくいことではないでしょうか。

しかしだからといって入社前に聞いていいことかというとそうではありません。

どうしても聞きたい場合はその知りたい理由と共に相手を納得させる質問にしましょう。

また残業がある会社の場合は繁忙期などに限定して聞くと柔らかい印象になります。

そういう聞いていいことと悪いことの境界線はしっかり区別してください。

 

ワンポイント
・事前に見ればわかることや面接で聞いたことは聞かない
・聞きにくいことを聞きたい場合は質問の仕方を考えて聞く

 

内定後の質問メールで意識すべきこと

それでは具体的な内定後の質問メールで意識すべきことを解説しましょう。

質問内容はまとめて1度で送ろう

質問

質問内容は基本的に1度にまとめて送るようにしてください。

これは担当者にメールに割く時間と労力を少なくするためです。

あまり多すぎてもいけませんが、質問されて気分が悪いという方はいません。

余程失礼に当たるような質問でない限りは相手もきちんと受け入れてくださいます。

そのため事前に聞きたいことをリストアップしておきましょう。

そしてその中から特にこれが大事という質問を聞いていくといいのではないでしょうか。

誤字脱字がないようにしよう

エラー

これはメールに限ったことではありませんが、誤字や脱字が無いかを送信前にチェックしてください。

上記したように会社名や部署名・担当者の名前などはパソコンで打つ場合誤変換されることがあります。

旧字体の漢字を含む固有名詞だった場合はきちんと変換できるようにしておくといいでしょう。

文章の「てにをは」などの助詞・助動詞などの細かい部分が抜けていないかも確認してください。

そしてこれが最も大切ですが改行や段落をつけて読みやすいレイアウトにしましょう。

読み手にとってきちんと読みやすい文章を心がけると相手に伝わる素敵なメールになります。

内定後の質問メールの例文

オッケー

それでは具体的な質問メールの例文を紹介しましょう。

件名:鈴木愛子 入社前に関するご質問

株式会社○○
人事部採用担当 ○○様

〇〇会社〇〇部の鈴木です。お世話になります。

電話ではご迷惑ではないかと思いメールでご連絡差し上げました。
大変恐縮ですが、差し支え無い範囲で貴社のことを教えていただければ幸いです。

質問① 入社日が遅れるとのことですが、何日までに引っ越し手続きを完了すればよろしいでしょうか?
質問② 入社後の研修では◯◯が中心と仰いましたが、それまでに勉強しておくべきことがあれば教えていただけますか?

ご多忙のところお手数をおかけしまして誠に申し訳ありませんが、何卒よろしくお願いします。

―――――――――――――――――
【会社】株式会社〇〇 〇〇部
【氏名】 鈴木愛子
【電話】090-****-****
【メール】aiko-suzuki@***.jp
【住所】〒000-0000
東京都○○区○○1-1
―――――――――――――――――

内定後の質問メールのNG例

NG

それでは次に聞いてはいけない内定質問のメールを紹介します。

件名:聞きたいこと

〇〇(株)
人事部採用担当 ○○

〇〇会社〇〇部の鈴木です。お世話になります。

いくつか質問がありますが、よろしいでしょうか?

質問① 具体的な給与体系を教えていただけますか?
質問② 毎日の残業は何時間ほどありますか?また、残業手当は出ますか?
質問③ 全国に支社はどれくらいあるのでしょうか?
質問④ 研修期間はいつまででしょうか?

よろしくお願いします。

―――――――――――――――――
【会社】株式会社〇〇 〇〇部
【氏名】 鈴木愛子
【電話】090-****-****
【メール】aiko-suzuki@***.jp
【住所】〒000-0000
東京都○○区○○1-1
―――――――――――――――――

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

内定後の質問メールの回答に返信する時の注意点

内定後の質問メールの回答が来た場合どう返信すべきなのでしょうか?

件名は変えずに返信しよう

返信

企業からのメールに返信する時には件名を変えずに返信してください。

担当者が誰からのどんな内容のメールかすぐに把握できるようにするためです。

メールの件名そのままでRe:をつけるのは失礼だと感じる内定者もいるかもしれません。

しかしビジネスマナーとしてはこれで特に間違いではないのです。

むしろ件名を変えて返信した方が企業にとっては大迷惑なるので気をつけましょう。

上記したように企業には取引先からたくさんのメールが届きます。

返信の時間や他の業務のことも考えると企業に手間をかけさせない工夫が大事です。

件名を変えずに返信することで企業も管理しやすくなりますので件名はそのままにしましょう。

本文は引用しよう

引用

何に対する返信かをすぐに把握してもらうため、本文を引用して返信してください。

これを「サインポスト」というのですが、どの回答に対する返信かを示すと相手の負担も減ります。

担当者は件名を見ただけで何のメールかすぐに把握出来るとは限りません。

メールの内容を全て覚えていれば大丈夫ですが、それを全て覚えている方はなかなかいないでしょう。

そのためにも本文の引用をしっかり行うことによって解消できます。

常に相手に対する誠意や優しさを忘れないようにして返信してください。

早めに返信しよう

そしてこれが最も大切ですが、回答が来たらどんなに遅くても24時間以内に返信してください。

返信は即日、それも仕事のメールとなれば早めに返信をするのが鉄則です。

メールはいつでも確認出来る便利なものですが、後回しにすると印象が良くありません。

相手先の企業も忙しい中貴重な時間を割いて返信してくださいっているのです。

ここで返信を怠るとそれだけ「ホウレンソウができない人」という烙印を押されます。

入社後もそうですが、メールの返信が早ければそれだけで仕事も早く進むでしょう。

仕事ができる人かどうかというのはこういう基本のホウレンソウができるかどうかにかかっています。

短時間で的確な返信を行い信頼・信用をしっかり積み重ねてください。

 

ワンポイント
 ホウレンソウはスピード感と正確さが命

 

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

エージェント

内定後の質問メールとなると緊張して上手く書けない人もいるかも知れません。

そこでどうしても悩みがある場合は転職エージェントに相談してください。

転職のサポートはもちろんのこと入社前のフォローも的確に行ってくれます。

また、場合によっては聞きにくいことを代わりに聞いてくれる場合もあるのです。

1人では心細くて聞けない場合は思い切って転職のプロの力を借りることも大事でしょう。

入社前に好印象を持ってもらうことで素敵な入社式にできるようにしましょう。

まとめ

Eメール

いかがでしたでしょうか?

今回は内定後の質問メールで聞いていいことと聞いてはいけないことに関して解説しました。

メールは話し言葉とは違う書き言葉でしっかりしたマナーを守って書かなければなりません。

質問内容しかり件名しかり、礼儀礼節をしっかり弁えたメールを書きましょう。

入社前の印象をここでしっかりよくしておくと入社後も大きなミスはありません。

だからこそここで大きな失墜を避けるためにもきちんと勉強しておいてください。

本稿が内定後の質問メール作成に役立つことを心より祈っています。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら