事務職の中には経理事務一般事務と呼ばれるものがあります。

この2つには仕事内容に違いがあるのですが、どのような業務を行っているのか知らないという方もいるのではないでしょうか。

それぞれの具体的な仕事内容を知らなければ転職活動がスムーズにいかない可能性があるため注意が必要です。

今回の記事ではこれら2つの違いや向いている女性の特徴、仕事内容などについて詳しく説明していきます。

この記事の内容を是非転職活動に役立ててください。

経理事務と一般事務の特徴を解説

ビジネス女性

経理事務と一般事務はどちらも事務と呼ばれることから仕事内容も似たものだと思っている方もいるでしょう。

しかしながらこれら2つには明確な違いがあるのです。

もし転職活動を行っている方で尚且つ事務職を志望している場合にはそれぞれの特徴を知っておく必要があるでしょう。

事務職への転職を考えている場合には書類選考や面接でもその職種の特徴に合わせた対策が必要となります。

今回の記事では経理事務と一般職に向いている人やそれぞれの特徴などについて解説していきましょう。

経理事務と一般事務に向いている人は?

人差し指と女性

まずは経理事務と一般事務、それぞれに向いていると思われる人について解説していきます。

事務職というのは人気の高い職種ですが、どのような職種もそうであるように誰にでも勤まる仕事ではありません。

経理事務・一般事務を志望している方は自身が事務職に向いているのかを確認していきましょう。

「経理事務」に向いている人

経理事務には数字の入力や計算などが得意であったり、データ収集や分析が好きであったりする人が向いているといえます。

経理事務という職種名からも分かる通り、会社の経理を担当することとなる職種です。

もし数字を扱う仕事が好きなのであれば、経理事務へ転職すれば仕事にやりがいを感じられるでしょう。

しかしながら会社のお金を扱う仕事であるためミスは禁物です。

ミスなく丁寧に仕事を行える人材が求められます。

「一般事務」に向いている人

一般事務はその仕事内容が多岐にわたるため、社内の何でも屋のようなポジションになることが多い職種です。

社内の人々が必要とする書類作成やファイリングといった仕事を一般事務が代わりに行います。

裏方として皆が働きやすい環境作りに貢献したいという方は一般事務として働くのが向いているでしょう。

また、単純作業の繰り返しとなるケースが多いため単純作業が苦痛ではない方も向いています。

 

ワンポイント
・経理事務は数字に強い人が向いている
・一般事務は裏方として企業を支えたい人に向いている

 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

経理事務と一般事務の違い

女性指導員

次は経理事務と一般事務の違いについて解説していきます。

ここでその違いを明確に認識しておくことによって、転職活動にその情報を役立てていきましょう。

自分がどちらの仕事をやりたいかということを考えるためにもその違いをしっかりと知っておくことが必要です。

「経理事務」

経理事務を一言でいうと経理と事務の業務が組み合わさった職種です。

一般事務との違いとしては、経理事務がお金を扱う仕事に特化しているという点が挙げられます。

決算書の作成や経営管理など会社のお金に関する業務は経理事務の管轄です。

そのため、お金の計算や管理などに関する知識・能力が必要とされる職種だといえます。

「一般事務」

一般事務は社内の様々なサポートを行う職種であり、企業内の幅広い業務を行います。

経理事務はお金に関することに特化して業務を行うのに対し一般事務は配属される部署によってもその仕事内容が変わるのが特徴です。

社内の様々な要望に応える形で仕事を行うため、いろいろな社員とコミュニケーションをとることが重要になります。

一般事務は会社の仕事が円滑に回るように縁の下の力持ち的なポジションとして重要な役割を担う職種です。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

経理事務の主な仕事内容

簿記

次は経理事務の主な仕事内容を解説していきます。

経理事務が普段どのような仕事を行っているのかを知ることで、転職活動に役立てていきましょう。

日時・月次業務

経理事務はお金の出入りを記録するというものが日頃の主な業務となります。

経費の精算や伝票の記帳・整理、現金の出納管理などお金に関する取引が発生したら経理事務が経理・会計ソフトで記録するのです。

また、月末には月次決算書を作成したり給与計算を行ったりといった業務も行います。

特に月次決算書は月単位での売上や利益を確認するために必要です。

経営陣が会社の経営状況を確認したり今後の計画を立てるためにも重要な書類となっています。

年次業務

ガッツポーズをする女性

経理事務として最も重要といえる仕事が年次業務です。

この業務の中には決算書や税務申告、年末調整などが含まれています。

どれも専門的な知識が必要となる業務であり、会社全体にとっても重要な仕事です。

それに合わせて膨大な量の事務作業を行うこととなるため、決算期前後は仕事が忙しくなる傾向にあります。

経理事務の仕事全体にいえることですが、年次業務は特に決算書など重要な書類の作成が多い責任重大な仕事です。

 

ワンポイント
・会社のお金の出入りを記録するのが日頃の主な業務
・月次決算書の作成、給与計算なども経理事務の仕事
・年末には決算書や税務申告、年末調整などの重要書類の作成を担当する

一般事務の主な仕事内容

相談する二人の女性

次は一般事務の主な仕事内容について解説していきます。

経理事務と比較してどのような仕事を行っているのかを知ることで、その差異が明確になることでしょう。

書類作成や管理

一般事務は書類作成や管理が主な仕事の1つとして挙げられます。

会議の議事録・請求書などあらゆる書類の作成を担当する職種です。

多くの場合、社内でのフォーマットが決められておりその通りに仕事を行うこととなります。

また、書類を作成するだけでなくファイリングして書類を整理するのも一般事務の仕事です。

来客や電話対応

電話する女性

一般事務は会社への来客があった場合には待合室へ案内したり飲み物を出したりといった応対も主な仕事に含まれています。

また、かかってきた電話を担当者へ引き継ぐのも一般事務の仕事です。

代表電話は基本的に一般事務宛となっており、そこから各担当者へ取り次ぎます。

備品管理

文房具・コピー機・パソコンやその周辺機器などといった備品の管理も一般事務の仕事です。

そのためこれらに不具合が生じたり故障したりする場合には修理を依頼したり、新しい備品を発注したりといった対応を行います。

一般事務は目立たない裏方の業務が多いですが、会社全体をサポートする必要不可欠な職種なのです。

 

ワンポイント
・社内の多様な書類作成・管理を担当
・来客や電話の取次も行う
・会社の備品を管理し修理や発注の手配も行う

仕事のやりがいは?

勉強

次は経理事務と一般事務それぞれにおける仕事のやりがいについて解説していきます。

ここまでそれぞれの職種について解説してきたところからも分かる通り、やりがいを感じる部分もそれぞれ違うと考えられるでしょう。

仕事に対してやりがいを感じるかどうかは、転職を成功させる上でも重要な判断基準の1つです。

ここで紹介することを転職活動で役立てていただければと思います。

「経理事務」のやりがい

経理事務は事務職の中でも特に専門的な知識が必要となる職種の1つです。

そのため明確なキャリアパスが描ける職種だといえます。

税理士・ファイナンシャルプランナーなどへのキャリアアップの筋道があるためそれをやりがいにすることもできるでしょう。

他にも経理の専門知識を活かして会社経営にも携わることができるなど、幅広いキャリアが実現可能となっています。

また、経理事務はその専門性から一般事務と比べて給与が高い傾向があるようです。

収入面でもやりがいを感じながら仕事を行うことができるでしょう。

「一般事務」のやりがい

キーボードに置かれた指

一般事務はオフィスワークの基礎を学ぶことができる職種であるため、様々な仕事に応用できるビジネススキルを学ぶことができます。

そのため自身のスキルアップにも繋がり、やりがいを感じやすいでしょう。

配属される部署によっては経理・財務などといった専門的な知識を学ぶこともでき、それらの知識は転職にも役立ちます。

また、一般事務は基本的に定時で上がることの多い職種であるためプライベートを充実させることが可能な職種となっています。

プライベートが充実させられるため生活のバランスが取れるのも特徴です。

その分仕事にも身が入りやすいため、やりがいも感じやすいでしょう。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

経理事務と一般事務の年収は?

考える女性

次は経理事務と一般事務の年収について解説していきます。

前述したやりがいにも繋がってくるものであり、転職の上で給与というのは重要なポイントの1つです。

それぞれの年収を知り、転職活動に役立てていきましょう。

「経理事務」の年収

経理事務の平均年収は350万円程度となっています。

しかしながら給与幅が280万円〜840万円程度と幅広いのが特徴です。

これは経理事務が専門的なスキルを必要とされる職種であることが関係していると思われます。

そのため高度な専門的なスキルを身に付ければその分だけ年収の向上も期待できるでしょう。

「一般事務」の年収

一般事務の平均年収は320万円程度となっており、経理事務よりも低い傾向にあるようです。

平均年収は低いながらも経理事務と同じようにスキルが重要視される職種となっています。

そのため一般事務としてのスキル以外にも何らかの専門的スキルを身につけていると付加価値として捉えてもらえることがあるようです。

様々なスキルを身に付けていくことで年収の向上も期待できる職種だといえるでしょう。

 

ワンポイント
・経理事務の年収は350万円程度
・一般事務の平均年収は320万円程度

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

女性の転職に経理事務と一般事務がおすすめな理由をチェック

資料を持つ女性

次は女性の転職に経理事務と一般事務がおすすめである理由について解説していきます。

この2つの職種のおすすめポイントを紹介するので、是非転職活動の参考にしていただければ嬉しいです。

「経理事務」のおすすめポイント

経理事務というのはどのような企業でも必要となる職種であるため、年間いつでも求人が出ているのが特徴です。

また、そのためある程度経理に関するスキルがあれば安定して仕事を行っていける職種でもあります。

事務職として仕事をしながら経理・会計の専門知識を学ぶことができるため、スキルアップも望めるでしょう。

もし今後何かに特化した仕事をこなっていき、キャリアアップを目指したいという方は経理事務がおすすめです。

先述したようにその後のキャリアパスも明確に存在しているためスキルを磨いていけば更なる専門職に就くこともできます。

経理事務は経理・会計の高度な専門知識を身に付けていきたい方におすすめです。

「一般事務」のおすすめポイント

一般事務ではパソコンスキルコミュニケーションスキルが重要視される職種です。

これらのスキルというのはどのような職種であっても必要とされることの多いものとなっています。

そのため、もし一般事務から他の職種に転職した場合にもそれらのスキルを活かすことが可能です。

また、一般事務として働く中でその部署に関する専門知識を得られるのもおすすめポイントの1つといえます。

財務・総務などの部署に配属された場合にはそれらの仕事の専門知識を得ることも可能です。

これらの知識はその後のキャリアアップにも活かすことができるでしょう。

また、一般事務はプライベートと仕事の両立が可能であり、仕事以外を自身のスキルアップの時間に割くこともできます。

自分の時間を大切にしたい方にはおすすめの転職先です。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

パソコンで作業する女性

もし転職に関して悩みを持っている方は転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントはプロの目線から転職書類の作成や模擬面接の実施などを行ってくれます。

転職対策がなかなか出来ておらず、不安を抱えている方にも最適です。

自分ではなかなか気が付けない部分も客観的な視点でサポートしてもらうことができることでしょう。

安心して転職活動を行っていきたいと考えている方は是非転職エージェントの活用を検討してみてください。

まとめ

パソコン作業をする女性

今回は経理事務と一般事務の特徴やそれぞれの違い、やりがいや給料などについて解説してきました。

どちらの職種も事務職であることには変わりありませんが、その仕事内容は異なるものです。

自分に合った事務職への転職を考えている方は今回の記事を参考にしていただければと思います。

もし転職活動を進めていく中で不安な点や悩みが出てきた場合には転職エージェントへ相談してみてはいかがでしょうか。

エージェントがプロの視点から理想の転職先を探す手助けをしてくれるはずです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら