結婚後も働く女性の増えた現代では、生活の変化にも対応できる企業が人気になっています。

将来を見据えて転職を考える人は多いでしょう。転職をする人が多くなることで増えていくのが、疲れを感じる人です。

よりいい企業に転職しようとするあまり、検索を繰り返し転職活動自体に疲れてしまう場合があります。

今回は、転職活動の疲れの中でも「検索疲れ」にスポットを当てて紹介していきます。

転職活動に疲れたり悩みを抱えたりしている人はぜひご覧下さい。

検索疲れへの対処法をご紹介

検索

転職活動をする際インターネットを利用して情報収集をする人は非常に多いです。

一昔前は、ハローワークや求人誌で転職先を探していたことでしょう。

しかし、最近はネット上で求人を見ることだけでなく応募することもできます。

また、履歴書の書き方から始まり志望動機や企業の情報などのあらゆることを、検索して知ることができるのです。

万全の体制で転職に臨みたい人は非常に多く、そのために検索を繰り返し疲れてしまいます。

転職時の悩みである検索疲れ。どう解決していけばいいのでしょうか?詳しく分析していきます。

転職活動で疲れが溜まる原因は?

疲れ

転職活動で疲れが溜まる原因は大きく分けて5つあります。ここでは、その原因について詳しく紹介していきます。

疲れを解消するためには、その原因を知る必要があるのです。問題解決のためにもきちんと原因を追究していきましょう。

検索疲れ

転職活動をしている人が注意しなければならないのが、検索疲れです。

ネット上にたくさんある求人の中から、自分の条件に合う企業を探すだけでも大変です。

いざ応募したい企業が見つかったら、次はその企業の情報が知りたい。そして、どんな風に履歴書を書けばいいのか。

また、面接で注意することはないのか。様々なことが知りたくなってしまいます。

その全てを多くの情報があるネット上から探すことは容易ではないでしょう。

何回も何回も転職に関わる情報を調べることで疲れてしまうことを検索疲れというのです。

時間的な余裕を失う

時間

転職活動には思っている以上に時間がかかります。

特に、初めての転職だと戸惑うことも多くなるため、より一層時間が必要になるでしょう。

  • 自分がどんな企業に転職したいのか考えるための時間
  • 転職先を探す時間
  • 履歴書を作成する時間
  • 面接対策をする時間
  • 面接のために身なりを整える時間

想像している以上に転職にはたくさんの時間がかかるのです。

焦燥感に駆られる

焦燥感に駆られるのも、転職活動に疲れてしまう原因の1つ。転職活動は長くなるにつれて焦りが出てきます。

特に、退職してからの転職活動は金銭的な面でも焦ってしまうことでしょう。

「早く転職先を見つけなければ」「早く採用されたい」こういった心理状態となり、自分にプレッシャーを与えてしまうのです。

現職の悩みも影響してくる

 

転職を考えている人は少なからず現職に悩みを抱えているでしょう。

仕事の内容・給料・待遇・人間関係など悩みの理由は様々ですが、何かしらの不満があるから転職を考えます。

不満があるから辞めようと思っている会社で仕事をしつつ、プライベートの時間で転職活動をする。

心が休まる時間を作れなくなり、現職での悩みはより一層大きなものになってしまいます。

仕事と転職活動の両立は意外と難しいので疲れを感じてしまうのです。

出費がかさむ

転職活動にはお金が必要となります。

  • 履歴書などの書類関係を揃えるための費用
  • 面接に行くための費用
  • スーツを新調したり外見を整えるための費用

など思っている以上に出費がかさみます。

退職した後の転職活動の場合、こういった出費が大きな負担となります。

そして、転職先が見つかるまでの期間が長くなるほど負担は大きくなり、生活に影響を与えることで疲れを感じてしまうのです。

最近の転職活動で「検索疲れ」が増加している理由とは

ネット検索

転職活動で「検索疲れ」が増加している理由は時代の変化です。

昔はで求人情報が発信されていましたが、現在はインターネット上での求人がほとんど。

そして、インターネット上にはたくさんの情報が溢れています。その情報量は膨大であり、全てを確認することはできないでしょう。

また、中には間違った情報も多数あります。

分からないから調べているのに、インターネット上にある情報が正解なのか間違っているのかは自分自身で判断しなければならないのです。

転職活動をする人のほとんどがインターネットを利用していることも、「検索疲れ」が増加する原因となっているでしょう。

 

ワンポイント
求人情報の掲載は紙からインターネットへと変化している

疲れを溜めない方法は?

疑問符

転職活動をする上で重要となるのが、心にゆとりを持つことです。精神的・肉体的に疲れていると心にゆとりが持てなくなってしまいます。

その状況を回避するためにも、疲れを溜めない方法を学んでおきましょう。

ここでは、疲れを溜めない方法を2つ紹介していきますね。誰にでもできることなのでぜひ参考にしてみてください。

時間に余裕を持たせよう

まず、転職をする際は時間に余裕を持たせましょう。

例えば、春までに転職をしたいと考えている人は夏頃には行動を開始しておきましょう。

一般的に転職活動にかかる期間は3ヶ月~6ヶ月といわれています。

しかし、状況によってはそれ以上かかることもあるのです。

すぐに転職先が見つかると思って後先考えずに退職してしまうと、転職先が見つからず疲れが溜まってしまいます。

退職時期、転職時期ともに時間に余裕を持たせておきましょう。

転職活動のスケジュールを立てよう

転職活動をする前に、スケジュールを立てておくのも重要です。

「いつまでに応募する企業を決めるのか」「退職することをいつ言うのか」「転職先をいつまでに決めるのか」

スケジュールを立てておくことによって、自分が今後どう行動するのかが明確になるのです。

計画性のない転職活動は焦りの原因にもなります。

また、応募企業を絞ったら履歴書を作成するメリットなどもスケジュールにいれておくと、時間に追われて慌てることもなくなるでしょう。

転職活動での疲れを解消する方法

疑問符

転職活動での行動は気をつけていても、疲れが溜まってしまうものです。

疲れを溜めないことも大切ですが、それ以上に重要なのが疲れをきちんと解消することです。

誰しも疲れを感じることはありますが、解消することができれば転職活動も成功します。

では、転職活動での疲れを解消する方法を紹介していきます。

家族や友達に相談しよう

転職活動をしていることを周囲にアピールする人は少ないでしょう。そのため、必然的に1人で悩みを抱えてしまうことになるのです。

1人で考え込むことを防ぐためには、誰かに相談をするのが効果的。

ただし、転職は人によってはデリケートな問題であり誰にでも相談できる内容ではないでしょう。

そのため、自分が信頼できる家族や友人に相談するといいのです。

自分のことを客観的に見てくれて、アドバイスをくれるような人を探してみてください。

睡眠をしっかりとる

睡眠

転職活動には時間がかかるため、体調を崩してしまう人は多いです。

体調を崩してしまうと精神的にも疲れを感じやすくなり転職活動に悪影響を与えます。

そのため、体調を崩さないよう睡眠をしっかりとることが必要となるでしょう。

睡眠をしっかりとることで、頭がスッキリして効率よく作業を進めていくことができます。

履歴書を書くにも志望動機を考えるにも頭を使うことになるため、睡眠をたっぷりとって頭をリセットしておく必要があるのです。

好きなことをする時間を作ろう

仕事をしながらの転職活動は、どうしても自分の時間を削ってしまいます。

好きなことができない状況はストレスが溜まり、仕事効率を下げることとなるでしょう。

好きなことをする時間があるからこそ、嫌なことも頑張ろうと思えるもの。

忙しい毎日の中でも、自分の好きなことをする時間を作るようにしてみてください。

好きなことをしてリフレッシュをすることにより、転職活動に対する意欲も高まるでしょう。

情報取集の選択肢を増やそう

転職活動で大切なのが情報収集です。

インターネットにはたくさんの情報があることから、情報を得る手段をインターネットだけに絞る人は多いです。

しかし、それは視野を狭めることとなります。多くの情報を得るためにも情報収集の選択肢を増やしていきましょう。

転職イベントや企業説明会に参加することにより、インターネットでは得られない情報を知ることができます。

企業に直接接することによって今まで見えていなかって世界を見つけることも可能に。固定観念は捨てて視野を広げていきましょう。

 

ワンポイント
・家族や友人に相談しよう
・睡眠時間を確保しよう
・好きなことをする時間を作ろう
・情報収集の選択肢を増やそう

上手くいかない場合の進め方

自己分析

転職活動は必ずしも上手くいくとは限りません。

転職活動がスムーズに進む人もいますが、反対に長い時間をかけても上手くいかない人もいます。

ただ、転職が上手くいかないのには理由があります。

そして、その原因を解決することによって転職活動はスムーズに進むようになるのです。

ここでは、転職活動が上手くいかない場合の進め方を紹介していきます。

転職活動に息詰まるのは誰にでもあることなので、チェックしておきましょう。

自己分析をして自分の強みを見直そう

転職活動が上手くいかないときは、自己分析をしてみましょう。

自分の強みを理解して正しい自己アピールができれば、あなたの魅力は企業に伝わります。

しかし、中途半端なアピールや何が売りなのか分からない人は、魅力的ではないのです。

自分のどの部分を企業に対して売り込むのか、それを知ることが転職するためには重要です。

自己分析をきちんとして自分の強みを見つけましょう。そうすることによって効率よく転職活動を進めることができるでしょう。

転職エージェントを活用しよう

転職に行き詰まったときは、転職エージェントを活用していきましょう。

転職エージェントは転職のプロであり、あなたの問題点を的確に指摘してくれます。何をするにしても、プロの意見は大切です。

多くの人の転職を助けてきた転職エージェントだからこそ、気づけることもあるのです。

相談できる知り合いがいない場合も転職エージェントを活用してみてください。

20代の検索疲れの事例をチェック

リラックス

20代の転職活動の場合、情報収集はインターネットを使用することが非常に多いです。

普段からスマートフォンやタブレットでインターネットを利用していて、何かを調べるときはインターネットを使用することが当たり前となっているのです。

小さな問題でも自分で考えず、スマホで調べる癖がついているため、転職活動中も検索することが多くなります。

結果的に検索する回数が増えて、たくさんの情報を目にして疲れてしまいます。

 

ワンポイント
スマホで調べる癖が検索疲れの原因になっている

転職活動に疲れた時は一度休むことも大切

休憩

転職活動に疲れてしまったら、一度休んでみてください。

マラソンでも疲れた状態のまま走り続けるよりも、少し休憩を挟んだほうがより早くゴールできることってありますよね。

転職活動も同じで休みをとってリフレッシュすることにより、余裕を持って転職活動をすることができるようになります。

「転職が上手くいかなくて疲れてしまったな」そんなときは休んでみましょう。休むことが早く転職することにつながりますよ。

 

ワンポイント
転職活動に疲れた時は休みを取ろう

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

転職

転職に関する悩みがあれば、ぜひ転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントは多くの人から相談を受け、転職の手助けをしています。転職のプロであり様々な状況に的確に対応できるのです。

また、転職希望者から悩みを聞くことによって、よりその人にあった転職先を探してくれます。

転職の際一番多いのが、どんな企業を選べばいいのか分からないという悩みです。

自分にあった企業を見つけるには客観的な自己分析が必要不可欠です。

転職エージェントに相談すれば気持ちがスッキリするだけでなく、その後の転職活動もスムーズにいくようになります。

1人で悩みを抱え込まず、転職エージェントを頼ってみましょう。

まとめ

ステップアップ

今回は転職活動での疲れについてご紹介しました。人生を大きく左右することとなる転職活動。

将来のことも見据えた転職をするため、情報収集は必要不可欠です。

しかし、検索のしすぎは疲れの原因となり、転職活動を停止させることにもなりかねません。

適度にリフレッシュをしつつ、疲れを溜めないことが転職活動には大切です。

転職活動での悩みは転職エージェントを利用しつつ、1人で溜め込まないよう注意していきましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら