営業職を目指すのであれば高いコミュニケーション能力を求められます。

今回はコミュニケーション能力の高い人の特徴と同時にコミュニケーション能力を磨くスキルについて紹介します。

コミュニケーションは相手の会話があってこそ成り立つものですから、全てが自分の思い通り進むわけではありません。

しかし相手と上手くコミュニケーションをとるスキルを身につけると話し相手の思考が読み取れるようになります。

コミュニケーション力を高めて営業職で活躍する女性を目指しましょう。

女性の営業に求められるコミュニケーション能力を解説

花と蝶

営業職に求められるコミュニケーション能力は取引先企業と良好な関係を築き、会社の業績や売上に貢献することを目的としています。

コミュニケーションの取り方は人それぞれですが、女性と男性でもコミュニケーションの取り方は多少変わります。

女性が営業職で成功するためには女性特有のコミュニケーション能力を活かして仕事をすることを意識しましょう。

  • 協調性
  • 共感性
  • 繊細性

上記は男性よりも女性の方が優れている傾向がある女性特有の性質です。

女性はチームで協力して行動することや喜怒哀楽を豊かに表現し相手に共感することが得意です。

また人の服装や髪型、そひて些細な表情の違いなどに気が付ける繊細さも持ち合わせています。

これらの特性は営業をする上で非常に役立つスキルになります。

また物腰やわらかい立ち振る舞いや表情豊な笑顔も女性が人とコミュニケーションをとる上で役立つスキルになります。

 

ワンポイント
女性ならではの特性を活かしコミュニケーションの達人を目指しましょう。

 

コミュニケーション能力が高い人の特徴

コミュニケーション能力の高い人はいくつかの特徴があります。

特に営業職には以下のようなコミュニケーション能力が求められます。

女性営業職として成功するためにまずはそれぞれの特徴を確認してみましょう。

話の切り出し方が上手

女性、口

「話の切り出し方が上手」というのは営業が得意な人に共通する特徴の1つです。

営業職はもちろん初対面の人と上手にコミュニケーションをとる必要があるため話の切り出し方は非常に大切です。

初対面の人との会話は誰でも少しは緊張したり警戒心を抱くものです。

コミュニケーション能力の高い人は些細な会話から相手の緊張や警戒心を解いてから本題を切り出します。

話の切り出し方が上手だと取引先にも安心感を与え、且つスムーズな商談につながります。

まずは話の切り出し方やタイミングを意識してコミュニケーションをとるようにしましょう。

話題の広げ方が上手

営業の得意な人は「話題の広げ方」の得意です。

取引先の人との会話の中で相手がどんなことに関心を持ち何を求めているのかを探りながら臨機応変に対応します。

常にいくつかの話題の引き出しを用意しており、相手の要望や思考に合せて話題を広げるため、商談の成約率が上がります。

例え取引先の人が断るつもりで商談に臨んでいても、話が上手く広がると断る理由がなくなるのです。

話題を上手く広げるためには日ごろから様々なことに興味をもち、どんな会話にも対応できるように訓練することが大切です。

これから営業を目指す人は情報収集からはじめて常に話題がつきない話し上手を目指しましょう。

顧客満足度を高める意識がある

笑顔メッセージ

営業の得意な人は顧客満足度を上げることも上手です。

これは営業職に求められる大切なコミュニケーション能力の1つでもあります。

営業職は売上が重要な仕事ですが、取引先に喜んでもらえなければ売上を伸ばすことは出来ません。

常に取引先に満足してもらえるよう最善をつくすのが営業職の仕事だともいえます。

顧客満足度を意識して営業すると、自然と相手の立場を考え相手に求められる営業を実現できます。

本当に洗練された営業マンを目指すのであればたくさんの顧客を笑顔にするコミュニケーション力を身につけましょう。

 

無料転職相談をして転職を成功させよう

 

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


営業でよくあるコミュニケーションの失敗

人は営業職につくと売上を上げようと意識するがゆえに自分勝手な前のめり営業をしてしまいがちです。

ここでは営業でよくあるコミュニケーションの失敗例を紹介します。

話を聞かずに一方的に話し続けてしまう

一方通行

ダメな営業の1つの例は相手の話を聞かずに一方的な営業をすることです。

よく新人営業マンにありがちなのがマニュアルを丸暗記して取引先の人と会ったそばからマニュアルトーク始めてしまう事です。

一方的な会話ではコミュニケーションが成り立つはずがありません。

営業する際はまずは相手の話に耳を傾けることを大切にしてください。

相手の求めていることが聞き出せないと的外れの営業をしてしまう可能性が高まります。

顧客に喜んでもらうためにも、相手の要望に合せた提案を心掛けるようにしましょう。

過大表現をしてしまう

気球

取り扱い商品を過大表現してしまうのも悪い営業のコミュニケーション例です。

自己中心的な人は自分の売上を伸ばすために販売商品を事実以上に過大評価して相手に気に入ってもらおうとします。

しかし事実と伴わない営業トークは”詐欺罪”に問われる可能性があるほど悪質です。

その場で売上が上がったとしても、後々大きなクレームにつながったり会社の信用を落とす原因となってしまいます。

どんなに商品を売りたい気持ちがあったとしても事実と違うことは言わないようにしましょう。

 

ワンポイント

ダメな営業マンの特徴は自己中心的な考え方が強いことです。

営業は相手があってこそ成り立つものです。相手の立場を考えて丁寧なコミュニケーションを意識しましょう。

 

女性が営業で使いたいコミュニケーション能力

では次に女性の営業マンにおすすめのコミュニケーションの取り方をもう少し具体的に紹介します。

以下のポイントを参考にコミュニケーション能力が高い営業マンを目指してください。

相手に共感しよう

握手、女性

「共感を示す」ということは営業職には欠かせないコミュニケーションの1つです。

共感することは相手に安心感を与え、相手の心を開くきっかけにもなります。

特に初対面の相手は警戒心を強くもっていることが多いので、まずは相手の話に耳を傾けて共感することが大切です。

メリットやデメリットは明確に話そう

ポジティブとネガティブ

営業する際に商品のメリットだけを伝える営業マンがいますが、デメリットも明確に伝えることが大切です。

メリットだけを伝えてしまうと後々大きなクレームとなり、信用を失う可能性が高くなります。

逆にデメリットまで丁寧に伝えることで発言に信憑性が増し、相手の信用を得やすくなります。

デメリットを伝えることにリスクを感じるのではなく相手の信用をつかむためのツールとして上手く活用しましょう。

相手の話をよく聞こう

耳を傾ける女性

相手の話に真摯に耳を傾けるのは営業の基本です。

些細な会話の内容でも相手が発する言葉の1つ1つに営業につながるヒントが隠されています。

営業の切り口を探すためにもまずは相手の話をしっかりと聞き把握することを大切にしましょう。

具体的な商品の活用事例を伝えよう

人差し指と女性

何かの商品を販売する際は、商品の魅力を伝えるよりも商品を活用して何を実現できるのかを魅力的に伝える方が効果的です。

商品提案をする際は、その商品について語るだけではなく、その商品の活用事例を具体的に伝えるようにしましょう。

具体的な活用事例が分かると相手にもより強い印象と活用イメージを持ってもらえます。

自分の営業トークに固執しないこと

執念深い

営業現場で事前に用意してきた営業トークやマニュアルはほぼ活用できないと意識しておきましょう。

人と人との会話はその場の空気や話題で多様に変わります。

例えマニュアルがあったとしてもマニュアル通りに進まないのが会話というものです。

自分が話したいことにばかり固執してしまうと相手の話をていねいに聞けなかったり、相手と話が噛み合わなかったりします。

自分の営業トークスタイルを持っておくことも大切ではありますが、あまり固執しすぎないように気をつけましょう。

 

無料転職相談をして転職を成功させよう

 

コミュニケーション能力の磨き方

拭き掃除

ではコミュニケーション能力はどのように磨けばよいのでしょうか。

営業のコミュニケーションの特徴やポイントを把握しても実際に実践をするまでには訓練が必要です。

ここではコミュニケーション能力を向上するために必要なポイントを項目別に紹介します。

聞き上手になろう

聞く女性

まずは聞き上手を目指すことが大切です。

営業マンは話すことが仕事ではありません。まずは相手の意向を聞くことから仕事は始ります。

さきほど相手に共感するスキルが営業に役立つとお伝えしましたが、共感することも相手の話を聞くことから成り立ちます。

相手の話にしっかり耳を傾けて、共感を上手に示すことが聞き上手の醍醐味です。

人は自分の話を聞いてくれる人を好きになる傾向があります。

取引先相手に気に入ってもらうために、まずは聞き上手になることを意識しましょう。

数字や事例を活用しよう

数字の旗

コミュニケーションにおいて、数字や事例を活用することは相手の印象に残りやすい話し方です。

営業成績を上げたいのであれば数字や事例を活用しながら会話ができるようになる訓練が必要です。

取引先相手に興味をもってもらう営業トークを確立するために具体的に説明できるよう準備しましょう。

先輩や上司に確認してもらおう

チェック、虫眼鏡

コミュニケーション能力の評価というのは自分でできるものではありません。

自分の話の聞き方や話し方を確認する上で1番効果的なのは先輩や上司にお願いして確認してもらう事です。

上司から客観的なアドバイスをもらったら、素直に受け止めて改善できるように努力をしましょう。

 

ワンポイント

「自分は正しい」や「自分はコミュニケーション力が高い」と自分を過大評価しているうちは成長がとまるので注意しましょう。

常にひたむきな気持ちで周りのアドバイスにも耳を傾けられることがコミュニケーション力の向上に繋がります。

 

営業コミュニケーションでの注意点

ストップ、女性

営業職に必要なコミュニケーション能力として、聞き上手になることや相手に共感するスキルを紹介しました。

それらは相手との関係性を深める上でも非常に大切なスキルです。

しかし、営業でコミュニケーションをとる上で1つ注意しなければならないことがあります。

それは「営業先のペースに振り回されないこと」です。

相手の話に共感し、相手のペースに合せるだけでは営業は成り立ちません。

ある程度相手との関係性が構築できたら会話の切り口を変えて、自分の話を聞いてもらう環境を作る必要があります。

営業職は売上目標を達成する上で、期限を決めて計画的に行動することが求められます。

1人の顧客だけに時間をとられていては効率的な仕事も出来ません。

営業でコミュニケーションをとる際は相手のペースに合せるのではなく、あくまで自分のペースを維持するようにしましょう。

ワンポイント

自分のペースを崩さずに且つ相手のペースに合わせているかのように感じさせるコミュニケーションスキルを目指しましょう。

相手も自分も気持ちよく仕事ができるのが1番理想的です。

 

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


コミュニケーションマネジメントの重要性

PDCAサイクル

コミュニケーションマネジメントはコミュニケーションに関するニーズに合せて情報収集や計画を立て、実行することです。

営業職においてもコミュニケーションマネジメントは業務プロセスを効率化する上でも役立つスキルです。

どんな商談もある程度事前の情報収集やアプローチの仕方を工夫することで内容を推測することが可能です。

営業の目標とする到達地点にたどり着くためのプロセスを計画的に実行することで目標を達成することが可能です。

営業に携わる際はコミュニケーションマネジメントも取り入れながら計画的に行動しましょう。

営業で大切なのはコミュニケーションを取った後

サポートの手

営業の仕事は売上を上げるだけではありません。

取引先との人間関係の構築が上手な営業マンはアフターフォローもしっかりとしている特徴があります。

商品を販売後も取引先の企業が商品を上手に活用できているかなども気にかけることがより良い関係を築きます。

営業職についた際は顧客のアフターフォローまで気を使えるよう意識してみましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

ビジネス女性

転職活動をしていると多くの悩みが出てくるものです。

まだ転職エージェントを活用したことのない人は是非この機会に登録してみましょう。

履歴書の書き方からお勧めの企業紹介など様々なサポートを受けられるのがメリットです。

実は転職エージェントとのやりとりもコミュニケーション能力を使うきっかけとなります。

そしてコミュニケーション能力の高い人はより良い職場を紹介してもらいやすい傾向にあります。

コミュニケーションが苦手という人は逆にコミュニケーションを練習する場としても活用可能です。

転職エージェントはそんな些細なことも親切に対応してくれますので、まずは気軽に問い合わせしてみてください。

 

無料転職相談をして転職を成功させよう

 

まとめ

木、花、光

営業に必要なコミュニケーション能力は身につきましたでしょうか。

どんなに人と会話をするのが好きな人でもコミュニケーション力が高いとは限りません。

相手の立場を尊重して、相手に気持ちよく商品を購入してもらえるような営業を心掛けることが大切です。

まだコミュニケーション力に自信のない人は自分を客観的に振り返るところからはじめて改善してみましょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!