事務系の職種は働く女性から人気の高い職種であり、労務事務もその1つです。

担当する仕事内容ややりがいが他の事務とどう違うのかよく分からないという人もいるでしょう。

今回は労務事務の仕事内容や向いている女性の特徴なども解説します。

労務事務の仕事内容を解説

労務事務は会社の中でも大切な業務を数多く担う職種です。

まずは労務事務の仕事内容を解説します。

「勤怠の管理」

カレンダー

まず労務事務の仕事としてあげられるのが「勤怠管理」です。

従業員の出退勤時間・休憩時間・残業時間・欠勤日数・有給の取得日数などを管理します。

こうした従業員の就業状況を正確に把握することは、給与計算の業務に繋がります

さらに就業状況をしっかりと管理することは長時間労働や残業代の未払い防止にも繋がる大切な業務です。

このように勤怠管理は働く従業員の待遇を守ることにも繋がる業務のため、正確な管理が必要になります。

「給与の計算」

お金、計算機

勤怠管理で集計する就業情報をもとに、従業員の「給与の計算」も労務事務の仕事です。

給与計算をする際には諸手当や法定控除なども関係します。

さらに給与から天引きされる社会保険料などの保険料、所得税などの税金の計算も行います。

正社員だけでなくアルバイトなどの雇用形態に応じてルールは異なるため、それらも把握しなければなりません。

従業員の生活を支える給与だからこそ、正確な計算が求められます。

「保険の手続き」

企業に勤めている場合は各種社会保険に加入することが義務づけられています。

これらの保健の手続きも労務事務の主な仕事の1つであり、主な社会保険は以下のようなものがあります。

・雇用保険

・健康保険

・労災保険

・厚生年金保険

・介護保険(40歳以上)

これらは病気やケガなどのもしもに備えるためには大切なものです。

会社がもし手続きを怠っていれば、従業員は不利益を被ってしまうことになります。

そのため入退社時や労災が発生した際などには適切かつ迅速な対応が求められる業務です。

「福利厚生業務」

福利厚生は従業員のモチベーションや生産性の向上などを目的として会社ごとに様々な制度が導入されているものです。

転職の際、福利厚生の内容は会社選びのポイントでもあるためチェックしている人は多いでしょう。

福利厚生は「法定福利」「法定外福利」2種類に分けることができます。

法定福利とは加入義務のある社会保険などの企業負担分のことです。

一方法定外福利とは企業ごとに独自に制度を導入することができます。

住宅手当や慶弔時の見舞金などがあり、これらは従業員に安心して長く働いてもらうための制度です。

そのため従業員のニーズに応えて整備されています。

労務事務はこれらを管理し必要な手続きを担当することも仕事内容の1つです。

「安全衛生管理」

会議室

労務事務の仕事の中でもあまり聞き慣れないのが「安全衛生管理」です。

企業は従業員の安全と健康を確保することが義務づけられています。

そのため、医師による健康診断を年1回以上、定期的に行う必要があります。

労務事務ではその健康診断を実施した後に下記のような業務を行います。

・健康診断結果の記録

・診断結果の従業員への通知

・健康維持のため、必要な者への保健指導

・所轄の労働基準監督署長への報告

さらに体の健康だけでなく、心のケアも重視されています。

そのため2015年12月からは従業員のストレスチェック制度の実施が義務付けられました。

この検査結果に基づき、必要があれば面接指導や産業医との面談を実施します。

なお従業員が常時50人以上は義務、50人未満の場合は努力義務となっています。

会社における労務事務の役割

資料を見る女性

労務事務の仕事は会社を適切に運営し、従業員が安心して働くためには必要な仕事です。

労働環境が適切に整備されておらず、給料の未払いや長時間労働などがあればトラブルのもとになります。

働き方が見直されている中で、労務事務の関わる領域は社会的にも関心が高いものばかりです。

労働環境に関するトラブルなどは会社の評判にも関わります

労働環境に問題があれば社会的に批判を受けることもあるため、積極的に改善に取り組んでいる企業も増えています。

こうした取り組みを労務事務が適切に管理していくことで、企業の円滑な活動を下支えしているのです。

企業が円滑に活動できることは、ひいては企業の成長にも貢献していることに繋がります。

 

ワンポイント
・従業員が安心して働くために必要な業務を担っている
・円滑な企業活動を下支えしている

労務事務に求められるスキルは?

ノートPCで作業する女性

労務時の仕事では給与計算や保険の管理など、適切に管理すべきものです。

扱う情報は個人情報に当たるものが多いため、機密保持も慎重に行う必要があります。

そのため機密情報保持を徹底することは求められるスキルの1つです。

また、これらに不備があれば従業員の安全などへ影響を及ぼしてしまいます。

多くの法令を把握し、正確に処理することが求められるために高い専門知識が必要です。

さらに従業員へ様々な通知を行う際のコミュニケーションも気を配るべきポイントです。

コミュニケーション不足で従業員への通知の仕方次第では不快感を与えてしまう場合があります。

それにより社員のモチベーションの低下を引き起こし、ひいては生産性の低下を起こす可能性は否定できません。

そのため多くの従業員と柔軟にコミュニケーションがとれる高いコミュニケーション能力も必要です。

 

ワンポイント
労務事務に求められるのは機密保持の徹底・高い専門知識・コミュニケーション能力。

労務事務に向いている女性の特徴

労務事務は扱う業務の特性上、丁寧で適切な業務管理が必要とされます。

続いて労務事務に向いている女性の特徴を解説します。

事務処理が得意

キーボードに置かれた指

労務事務は基本的に書類の処理などのデスクワークが中心です。

基本的にはPCで作業するため、ある程度のPCスキルがあると良いでしょう。

さらに多くの書類を正確かつ早く処理することが求められます。

そのため事務処理を正確に行うためのPCスキルが高く、デスクワークが苦にならない人が向いているでしょう。

向上心を持っている

指導・教える

労務事務の仕事は事務処理が中心のため、向上心がなくてもできると考える人もいるかもしれません。

しかし労務事務で扱う書類は専門性が高く、さらに時代の変化に合わせて変わるものが多くあります。

特に働き方改革のもとで法改正や新しい制度の導入などは国が主体となって進められています。

それらに柔軟に対応するためには、常に自分から勉強して新しい知識を身につける必要があるのです。

そのため向上心を持って主体的に取り組める人が労務事務には向いています。

秘密厳守できる

先述した通り、労務事務の扱う情報は従業員の個人情報が多く含まれています。

これらは万が一漏洩してしまえば会社にとって大きな問題になるものです。

そのため労務事務では関係する書類の管理を徹底することが求められます。

さらに労務事務の担当者が誰かに口頭で話すことも情報漏洩にあたるため、絶対に話してはいけません。

仕事で扱う情報を漏らさず、秘密厳守できる人が労務事務には向いています。

労務事務の仕事のやりがい

労務事務は従業員が安心して働くための土台を支える存在です。労務事務のやりがいを詳しく解説します。

会社の労働環境を整えることで会社や社員を守る

会議をするビジネスマン

労務事務が行う業務は、従業員が安心して働くためには必要不可欠なものです。

勤怠管理や給与計算などは、就業状況をきちんと把握し、適切な給与を支給するために欠かせません。

保健の手続きなど、万が一の備えがあることで従業員は安心できるでしょう。

さらにこれらが適切に管理されていることで従業員のモチベーション維持に繋がります。

それにより会社は生産性の向上が見込めるでしょう。

また、労務事務の業務が適切に行われることで社内環境を良い状態に保つことができます。

しっかりとした労働環境を維持できるかどうかは会社自体の評判にも関わる問題です。

労務事務は従業員が安心して働ける環境の提供と会社の生産性向上に貢献できるというやりがいを感じられます。

信頼感や責任感を感じられる

笑顔

労務事務の扱う情報は社内でも特に重要な機密情報です。

それらを管理し適切に取り扱うため、強い責任感が芽生えるでしょう。

さらに労務事務は従業員の労働環境を守る役割も担っています。

そのため、地位を問わず従業員から信頼を寄せられる職種でもあります。

従業員から信頼を寄せられることからも仕事への責任感を感じられるでしょう。

法律などの専門知識を身につけられる

給与計算や保健の手続き、勤怠管理などは労働基準法などの法律で規定されていることが多くあります。

これらを適切に管理するためには、法律の知識が必要とされるのです。

法律に関する知識は専門性が高く、業務も専門知識を駆使して行います。

これら知識や技術を身につけることは自分のスキルアップにも繋がるでしょう。

業務をしながら自分の成長も感じられるため、モチベーションの維持や向上心も抱けるでしょう。

労務事務の仕事に活かせる資格

労務事務には必須の資格というものはありません。

しかし取得していれば活かせる資格があります。どのような資格が活かせるのかを解説します。

労務管理士

六法全書

まず労務事務で活かせる資格の1つが「労務管理士」の資格です。

これは労働基準法を中心として、労働環境を適切に整えるために必要な法律の知識に関する民間資格です。

この資格は一般社団法人日本人材育成協会の講座を受講し、試験に合格することで取得できます。

講座は「公開認定講座」「通信講座」があり、どちらも同じ資格の取得が可能です。

「通信講座」と並行して「Web資格認定講座」を受けることもできます。

この場合は「Web資格認定試験」に通ることで資格の取得が可能です。

さらに労務管理の実務経験が3年以上ある場合は「書類審査」でも取得できます。

「書類審査」の場合は経歴と課題論文によって合否がだされる仕組みです。

労働基準法など、労働環境に関する法律の知識は労務事務にとって欠かせません。

この資格を取得していることでこれらの知識があることを証明できます。

即戦力として働けるだけでなく、企業によっては資格手当が給付されることもります。

転職の際には企業から高い評価も得られやすく、強いアピールポイントになるでしょう。

保険労務士

キャリアウーマン

労務事務で活かせる資格として「保険労務士」という資格もあります。

保険労務士は厚生労働省大臣の認可を受けた、全国社会保健労務士連合会が管理する国家資格です。

労働関係や各種社会保険に関する専門家であることを示す資格であり、その分難易度は高くなっています。

この資格を取得することで、労務事務に必要な知識を幅広く有していることを証明できるでしょう。

転職の際には労働環境を守るためのスペシャリストとして活躍できることをアピールできます。

 

ワンポイント
この他にも「日商簿記検定」や「給与計算実務能力検定」など労務事務に関係する資格は多くある。

労務事務は未経験でも目指せる?

悩む女性

労務事務の業務は総務や人事などが担当している企業もあります。

そのため、労務事務単体で求人募集をしているケースは少ない職種です。

労務事務に就職したい場合は、人事部や総務部など関係する別の職種の求人で探してみましょう。

特に事業規模の小さい企業であれば人事部などが労務の業務を兼ねているケースが多くあります。

実質的には労務と人事や総務との兼業になるため、経験者の方が優遇される傾向にあります。

未経験でも応募OKとなっていることもありますが、その場合は資格を取得していた方が良いでしょう。

 

ワンポイント
・未経験でも応募はできるが経験者が優遇されやすい
・労務事務単体での募集はまれ

労務事務のキャリアパスは?

面接

労務事務のキャリアパスとしてまず考えられるのが企業の人事・総務・労務部門内でのキャリアアップです。

給与計算などの実務を担当し、主任や課長へ昇進することでさらに高度な業務を行うことができるでしょう。

実力と意欲次第では人事全体に関わる人事部長などへのキャリアアップも可能です。

他にも企業内で労務事務の実務経験を積んで労務士事務所労務コンサルティング会社で働くこともできるでしょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

相談する女性

労務事務は会社の根管を支える職種であり、その分やりがいも得やすいでしょう。

しかし労務事務で働きたいと思っても、ピンポイントで募集している企業は少ない傾向にあります。

人事や総務が兼ねているとはいえ、労務の仕事がしたい場合にどちらへ進むべきか迷う人もいるでしょう。

労務として働くためにどの方向へ進むべきか悩んでいるのなら、転職エージェントに相談してみてください。

転職エージェントは転職のスペシャリストとしてサポートをしてくれます。

希望を叶えて転職を成功させるためにも、ぜひ転職エージェントを活用してみてください。

まとめ

会社の研修のイメージ

今回は労務事務の仕事内容を解説しました。

労務事務は専門性が高く大変な仕事ですが、会社や働く従業員にとっては欠かせない存在です。

その分やりがいも得やすく、向上心を持って取り組むことで自分の成長にも繋がります。

労務事務単体で募集している企業は少なく、人事や総務に所属して労務事務を行う場合は多いでしょう。

その場合は労務事務だけでなく、人事や総務の知識や経験も得ることができるとも考えられます。

身につけた知識や経験はキャリアアップや転職を目指す中で大きな武器になります。

それらを活かして理想のキャリアプランを描きましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら