人事事務はどんな企業にも必要とされる職種であり且つ女性に大変人気の職種の1つです。

今回は人事事務への転職を成功させるたに志望動機の書き方を徹底解説します。

面接官に好印象を与えるコツをつかんでスムーズな転職を実現しましょう。

Contents

人事事務を目指す女性の志望動機の考え方

やる気ポーズ

人事事務は非常に人気な職種でもあるので、多くの応募者の中から採用されるためには書類選考に合格しなければなりません。

ここでは人事事務を目指す女性ならではの志望動機の考え方を紹介します。

まずは志望動機を書く前に人事事務に求められるスキル業務内容をしっかりと理解しておくことが大切です。

人事は言葉のとおり「人」に関わる業務です。「採用」や「教育」、「評価」そして「労務」など幅広い業務に携わります。

企業は「人」で作られているので、その「人」と深く関わる人事職は企業にとって非常に重要な職種です。

人事事務を目指すのであれば企業の求める人事職の人材像をしっかりと把握して臨むようにしましょう。

求められる人材像を把握することがより良い志望動機の作成にも役立つことを忘れないでください。

 

ワンポイント

まずは人事事務として求められる人材像に自分を近づけることが重要です。

志望動機に魅力的な内容を記載できるよう自分自身を人事事務に適した人材に育てましょう。

 

人事事務の魅力を知ろう

ではまず人事事務の魅力について紹介します。

人事は「人」に関わる業務を中心に幅広く活躍することができる職種です。

業務が多岐にわたるため様々な側面を持っているのも人事職の特徴です。

ここではその中から代表的な特徴と魅力を項目別に紹介します。

組織運営で経営に携わることができる

経営者と労働組合

人事事務の魅力の1つは会社の「経営」に携わることが出来ることです。

採用業務では会社の経営計画に基づいて採用計画を作成し採用業務を行います。

また教育業務では採用した人を育てていくことで組織を活性化し企業の利益を追求します。

営業職のように自ら売上をつくる職種ではありませんが、企業の経営に近い立場で間接的に企業利益を追求する職種です。

人と関わることが好きで利益を追求することに達成感を感じる女性にとっては大変魅力的な職種といえるでしょう。

自分が採用に関わった人の成長を見ることができる

過去と現在と未来

自分が採用した人の成長を見守ることができるのも人事の魅力の1つです。

人事事務は採用業務に携わるため常に企業に貢献できる人材を選び育てる責任を抱えています。

自身で選んだ人材が企業で力を発揮し活躍することは人事職にとっては誇らしいことでもあります。

ルーティンワークが少ない

指示する笑顔のビジネス女性

人事事務は他の事務作業に比べてルーティーンワークが少ないのも1つの特徴であり魅力でもあります。

多岐にわたる業務をこなすため変化を楽しめる人に向いているといえるでしょう。

採用業務や教育業務は繰り返し行う作業ではありますが毎回扱う「人」が異なるためルーティンワークに感じにくいのです。
 
わがままな条件も叶えられる
派遣のお仕事【テンプスタッフ】はこちら
 

人事事務を目指す女性の志望動機作成のポイント

人事事務を目指すのであれば志望動機作成のポイントを押さえる必要があります。

まずは以下の項目を参考に書類選考に通過しやすい志望動機の内容を考えましょう。

志望動機の作成は書類選考だけでなく面接でも役立つので時間がかかっても魅力的に仕上げることをお勧めします。

人事を希望している理由を明確にしよう

喜ぶ女性

志望動機を書く際は前提としてその職種を志望する理由を分かりやすく伝えることが重要です。

面接官は応募者が何故「人事」の仕事を希望しているのか知りたいと考えています。

経理や営業などの他分野ではなく何故「人事」でなければならないのかを明確に伝えるようにしましょう。

人事の仕事でしか成し遂げられないことや人事ならではの業務内容を具体例として上げると面接官に好印象を与えることができます。

ありふれた志望動機ではなく自分なりの人事ならではの志望動機に仕上げることを意識しましょう。

応募企業を選んだ理由を具体的にしておこう

理由

人事の仕事はどんな企業でも募集している職種なため、「何故応募先企業で働きたいのか」を明確にすることも大切です。

「ただ人事の仕事がしたくて人事職を募集していた企業に応募した」という理由では面接官に採用されません。

面接官に好感を持たれるためには「その会社でなければならない理由」も伝えるようにしてください。

「その会社でなければならない理由」が明確に伝わると面接官へ入社意欲や熱意を伝えることができ好感にも繋がります。

そのためには企業理念や実績など様々な角度から企業研究をしっかり行うようにしましょう。

企業について知れば知るほど、応募理由をより具体的に説明できるようになります。

まずは企業研究をしながら自分なりの志望動機を具体化してみてください。

企業にどう貢献できるかを考えよう

サポート、ハート

将来応募先企業でどのように貢献したいか、活躍できるのかも具体的に伝えるようにしましょう。

より具体的に伝えることで面接官に一緒に働くイメージを与えることが可能です。

またどのように貢献したいかの内容から面接官も企業との相性や適性を判断することが出来ます。

企業にどう貢献できるかを考える際は、企業が求めている人物像を意識して伝えるようにしてください。

 

ワンポイント

面接官に好感をもたれる志望動機作成スキルを身に着けるとどんな転職も有利に進めることが可能です。

周りと差をつけるためにも志望動機作成のプロを目指しましょう。

 

人事事務に役立つスキルのアピールをしよう

人事事務の募集に採用されるためには、自分の人事事務としての適性を面接官へアピールする必要があります。

まずは人事事務に求められる能力をしっかりと把握して、役立つスキルをアピールできるようにしましょう。

人事事務に必要な全ての要素が自分に備わっていなくても、1つでも強みとしてアピール出来ることを見つけましょう。

「コミュニケーション能力」

電話と女性

人事事務の仕事で求められるスキルの1つはコミュニケーション能力です。

「人」を扱う作業が多いため、社内外の人を相手にスムーズなコミュニケーションがとれることが重要です。

また企業で働く人を育成したりと影響力の強い部署なためどんな人にも好感を与える人材が人事職には好まれます。

人とのコミュニケーションに自信がある人はコミュニケーションスキルが高いことが証明できる具体例をまとめておきましょう。

「私はコミュニケーション能力が高いことが強みです」と伝えるだけではどの程度のレベルなのかは面接官に伝わりません。

「〇〇の業務を通して〇人のメンバーで連携して〇〇を達成した」など、具体的な実績をもとにアピールしましょう。

「企画力」

アクションマークと女性

「企画力」も人事事務に求められるスキルの1つです。

何故なら人事職は企業の経営と密接な関係を持っているからです。

企業の経営計画に沿って人材の採用や教育育成、そして時には人事戦略を計画して実行する必要があります。

企業に利益をもたらすためにも有益な企画や人事計画を立ち上げることが重要です。

プランナーの仕事や何かの企画に携わったことがある人は「企画力」を切り口に人事職へ応募するのもお勧めです。

「情報収集力」

情報収集、パソコン

「情報取集力」も人事の仕事に求められる非常に大切なスキルです。

人事の仕事は会社の経営方針や計画、そしてコストと効果など様々な情報を取り扱います。

収集した情報をもとに人事戦略を企画したり社員の育成を担うため、常に情報収集に敏感である事が大切です。

またそれと同時に人事で取り扱う情報は個人情報などの重要な情報が多いため、秘密保持に責任を人間性も求められます。

情報収集力を面接でアピールしたい人はその取り扱いかた等も具体的に伝えられるようにしましょう。
 
わがままな条件も叶えられる
派遣のお仕事【テンプスタッフ】はこちら
 

人事事務を目指す女性の志望動機の書き方

志望動機の書き方は経験者採用と未経験者採用では大きく異なります

ここでは人事事務を目指す女性のために経験者が記載するべきポイントと未経験からの応募の場合のポイントを紹介します。

人事事務の職務経験があれば書こう

人差し指、女性

まず人事経験が少しでもある場合はその経験を最大限にアピールするようにしましょう。

人事の仕事は専門的な知識も取り扱うため経験者が優遇される傾向にあります。

人事事務の経験がある人はその経験を具体的に実績を含めて伝えるようにしましょう。

その上で何故転職に応募先企業を選んだのかを明確に伝えることが大切です。

企業が求めているポジションに関連する経験をアピールしよう

初心者マーク、女性

人事事務経験がなくても、他の職種で面接官の経験や人材育成の経験をした人はそれらの経験を活かして自己PRしましょう。

労務事務や総務事務などの経験も人事事務の採用に活かすことが可能です。

企業は即戦力になる人を優先的に採用する傾向にあるため、応募先職種に関連する経験をアピールすることが大切です。

人事事務の志望動機の例文

では実際に経験者採用と未経験者採用の両方の観点から志望動機の例を紹介します。

書き方のポイントとしてはPREP法を活用して要点から分かりやすく伝えることを意識します。

以下の例文を参考に自分なりの志望動機を完成させましょう。

人事事務経験者の志望動機例文

考える女性

貴社の人事部が採用から人材育成、そして労務まで幅広い業務を任されることに魅力を感じで応募しました。

私は前職で3年間人事部にて勤務し主に新卒採用の担当を任されておりました。

説明会や大学訪問、採用面接、教育まで全ての人事事務作業を担当し、会社の利益に繋がる人材採用と育成に力を入れていました。

自分が採用に携わった人材が社内で成果を上げると自分のことのように嬉しく、昨年は人材育成に関して社内にて高い評価を得ました。

人事の仕事は人のために貢献することが企業への貢献に繋がる仕事なので非常にやりがいを感じています。

もっと人に貢献できる分野を広げたいと考えたときに貴社の求人と出会いました。

貴社では前職では携わる機会のなかった労務の分野まで業務を任されるので、幅広く人に貢献することが実現出来ます。

人を採用するだけでなく、採用した人材が長期間会社に貢献してくれるよう社内環境の調整役として活躍したいです。

人事事務未経験者の志望動機例文

書く女性、ペン

人事職にて企業の人材育成や経営戦略に携わりたいと考え人事事務へ応募いたしました。

前職はメーカーの営業部にて営業事務の仕事に3年間従事しておりました。

営業職も人に貢献することで企業の利益を追求する仕事でしたので、常に営業担当が成果を上げられるようサポートしてきました。

前職では客観的に営業結果を分析し営業事務でありながら部署内の業務改善や人材育成にも積極的に関わることを意識しておりました。

その結果営業担当のサポートだけでなく、新人社員の育成サポートも任されるようになりました。

自分がサポートした人材が会社で成果や実績を上げることに非常に喜びを感じ、今後は更に人に貢献する仕事に注力したいと思いました。

貴社の人事の仕事と経営管理部と密接に連携をして人材の採用から育成、経営戦略まで携われることに魅力を感じております。

私の営業事務で培った人をサポートするスキルを気貴社の人事事務にて活かしたいと思います。

 

ワンポイント
志望動機は最初に要点を述べることが大切です。
面接官も多くの応募者がいる中で全ての志望動機に目を通せるわけではないので、冒頭で志望理由は明確にしましょう。

 

人事事務の志望動機のNG例

NGサイン

人事事務を目指すのであれば以下のような志望動機にならないように注意が必要です。

・自分の経験や実績について一切触れていない

・人事の仕事について一切触れていない

・人事事務を志望する理由の具体的根拠が記載されていない

志望動機を書く際に気を付けてほしいことは、内容が曖昧にならないようにすることです。

例えば、「人をサポートするのが好きなので人事の仕事に応募しました」という志望動機があったとします。

面接官は具体的にどのように人をサポートできて、どのような点でサポートが好きになったのかを知りたいと考えます。

しかし志望動機に関する具体的説明がないと面接官も応募者の人柄や考え方を知ることが出来ません。

 

ワンポイント
志望動機を考える際は、分かりやすく簡潔にそして根拠のある動機にすることを意識しましょう。

 

人事事務の志望動機の作成ポイントを押さえて人事事務を目指そう

ガッツポーズ、女性

人事事務の採用に合格するためには志望動機作成のポイントをしっかりと押さえることが大切です。

以下のポイントを参考にスムーズな合格を目指しましょう。

・人事職の業務内容と魅力への理解していることが伝わる内容

・応募先企業でなければならない理由を記載

・人事事務に役立つ自身の経験や実績を具体的に伝える

・要点を冒頭に置き、簡潔で分かりやすい文章を心掛ける

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

ワークライフ、ビジネスマン

志望動機はどうしてもありふれた内容になりがちで、自分なりの魅力的な志望動機を作成するのは慣れるのに時間がかかります。

不安な人は転職エージェントを活用して志望動機の添削をしてもらうことをおすすめします。

転職エージェントも面接官と同様さまざまな求職者を相手にする仕事なので、具体的で有効なアドバイスを得ることが可能です。

仕事を紹介してもらうだけが転職エージェントの使い道ではありません。

転職に関する些細な質問や悩み、書類作成のノウハウまで多岐にわたってフォローしてもらいましょう。

まとめ

棒をもつ女性

人事事務の志望動機作成のポイントはつかめましたか。

志望動機は転職活動で合格するために必要な第1ステップです。

魅力的な志望動機を作成するスキルを身につけると書類選考を突破する確率が高まります。

転職活動を成功させるためにも、志望動機作成のコツをつかんで合格に近づきましょう。
 
わがままな条件も叶えられる
派遣のお仕事【テンプスタッフ】はこちら
 

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら