転職情報をみると「学歴不問」と表記されているものが、幾つか目につきます。

学歴を問われない仕事=誰でも出来る仕事、と捉える人も多いのではないでしょうか。

また学歴を問われないので採用される確率も高い、と思われがちです。

しかしそれらは全て間違いなのです。

学歴不問という言葉の裏側には何があり、どこまでが本当なのでしょうか。

企業側は何を意図して学歴不問の文字を掲げているのか、応募の際の注意点を確認していきましょう。

学歴不問の求人は実際どこまで信用できるの?

リクルート

「学歴不問」の求人に応募をしたいけれども、本当は学歴をチェックしているんじゃないの?

上記のように思っている人も多くいるのではないでしょうか。

近年は学歴フィルターなどの言葉を耳にするほど、学歴にこだわった企業が増えています。

その一方で学歴不問を掲げる企業は、どんな人材を探しているのでしょうか。

そして実際の所はどこまで学歴不問なのか、細かく確認していきましょう。

企業の裏側を覗くと、学歴不問という言葉は実に曖昧な言葉でもあるのです。

学歴不問で募集する意味は

学歴

学歴を重視する企業が増える中、なぜ一部の企業は学歴を問わずに求人をかけているのでしょうか。

そこには求める人材というキーワードが隠されています。

学歴よりポテンシャルで判断したい

企業にとって大切なのは、ポテンシャルです。

学歴が高くても、消極的で実行力がないという人もいるでしょう。

一方、学歴はなくてもいつも前向きで向上心がある人もいます。

企業にとっては、伸びる可能性がある後者の人材を採用したいと思うはず。

学歴と仕事は繋がっていないと考える企業であれば、よりポテンシャルの高い人を採用する為に「学暦不問」を掲げています。

こうすることでより多くの人材を集め、ポテンシャルの高さ採用基準にするのです。

学歴より年齢を見ている

資料を見る女性

例えば仕事上、長期戦になる技術系の仕事や体力重視の仕事場などは学歴よりも年齢を重視します。

それらの企業の多くは「20代」などと年齢を掲げているものです。

基本的に法律では年齢制限をかけることはNGですが、例外としてキャリア形成に時間がかかる場合は年齢制限をかけられます。

このように、学歴以上に重視したいもの(年齢)がある場合も「学歴不問」を掲げています。

学歴問わず人員の確保をしたい

学歴を打ち出す理由のひとつは、募集人数を絞る為のライン引きともいえます。

反対に「学歴不問」は募集人数を増やすための手段といえます。

より多くの人材を確保したい企業は、学歴によるライン引きを行わず広く募集をかけるのです。

この場合、同じ条件下で集まった応募者でも学歴のある人材が優先されることもあります。

学歴不問ではないと感じてしまいますが、条件のいい人材を採用したいという企業側の立場でみると納得できるのではないでしょうか。

とはいえ、上記したようにポテンシャルの高さは十分武器になります。

学歴不問を打ち出している以上、チャンスは大いにあるといえるでしょう。

転職を希望する企業が何を求めているのかを知るために、転職エージェントを活用してもいいのではないでしょうか。

 

無料転職相談をして企業の採用基準を知ろう

 

応募する時の注意点は

パソコン

では実際に学歴不問の企業へ応募する際に、何に注意をすべきかを確認していきます。

倍率が高い

上記したように、学歴不問は多くの人材が集まります。

採用枠が広いとはいえ、倍率は高くなるといえるでしょう。

特に学歴重視ではないにせよ、多くの企業は学歴がある人材を優先させる傾向にあります。

多くの採用枠を高学歴の人材に取られることになるので、更に採用の倍率は狭くなるといえます。

逆に学歴を持っている人ならば、採用されやすいともいえるのではないでしょうか。

転職者は、前職のスキルや経験などが即戦力として認められれば採用の確率も高くなるはずです。

最終学歴の理由を説明できるようにしよう

学歴については面接で質問されるケースも少なくありません。

特に中退などをしている場合は、採用後に長く働いていけるのか否かを判断する為に、中退理由を聞かれることもあるでしょう。

特に求職中は、学歴などに引け目を感じる時があるかもしれません。

しかし、素直に中退理由や進学をしなかった理由を答えることが好印象に繋がります。

高学歴=優れた人材ではありません。

面接では、自分のポテンシャルやコミュニケーション能力を伝えることが大切です。

面接官がみているのは、なぜそのような行動をとったか、という理由です。

自分の意志を感じさせる理由を説明できるようにしておきましょう。

 

ワンポイント
 面接時は前向きな回答になるように、注意をしましょう。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


転職で学歴より重視されるものとは

優秀な人材
転職の場合は、学問よりもむしろ経験や自分が培ってきた力が重要視される傾向にあります。

実際の所、学歴よりも実力重視と考える企業が多いのです。

では具体的に、転職者は何を重視されるのでしょうか。

経験や知識

転職者の強みといえるのが前職での経験です。

同業種や同職種ならば、これまでの実績なども大きなアピールポイントになります。

また転職者は、異業界であってもこれまでの経験や知識を活用することが可能です。

企業側は、これまでの経験をどう活かしてくれるのかをみています。

また実務で得た知識は宝です。

業界や職種に対して、どのような知識を持っているのかも採用に関わる大切な点といえるでしょう。

いずれにしても自分がどのような経験をしてきたのか、どんな知識を持っているのかをしっかりと伝えることが大切です。

コミュニケーション能力

ビジネスパーソン

学力よりも重視されるのはコミュニケーション能力です。

社会人としての基礎といえるのではないでしょうか。

仕事をしていく上で、空気を読んで感じ取ったり相手の意見を聞いたりする力は必要です。

また、的確に自分の意見を伝える力も大切な要素といえます。

知識を持っていても、コミュニケーション能力が低ければ企業にとっての求める人材から外れてしまうこともあるでしょう。

面接では前職でのエピソードなども踏まえて、コミュニケーション能力をアピールしたいものです。

仕事に対するモチベーション

モチベーションは、企業が最も重要視する部分といっても過言ではないでしょう。

応募者は各々企業研究をおこなってきますが、どの位企業へ対してモチベーションを持っているのかを測る材料とされています。

面接官は、企業への理解を確認する為に「自社の課題」などを質問する時があります。

深く企業を研究していないと答えられない質問ですが、応募者の熱意を知りたいという企業の思いが伝わる質問です。

このように学歴よりもモチベーションを重要視する企業は多いのです。

マネジメント力

転職者の場合、20代後半になってくると立場的に人や仕事をマネジメントすることも要求されます。

即戦力としての採用が多い転職者だからこそ、重要視される部分であるともいえるでしょう。

企業によっては転職者に、マネジメントの経験を問いかける場合もあります。

この質問にはより具体的な数字を出したり、成果などを伝えたりすると好印象を与えることになります。

 

ワンポイント
 企業が何を重要視するのかを確認し、転職活動を進めていきましょう。

学歴不問の求人が多い業種

転職

では具体的に、どのような業種が「学問不問」として募集をしているのでしょうか。

サービス業

顧客相手に仕事をするサービス業は、学問を問わずに募集をかけている企業が多いようです。

旅行関係や医療サービス関係、コールセンターなどその職種は様々です。

人の生活に密着に関係している仕事が多く、臨機応変さが求められる仕事でもあります。

現在サービス業は多様化しており、市場の規模も増えているので転職者にとっては注目の業種といえるのではないでしょうか。

ITやWeb関連

近年注目されているITやWeb関連の仕事は、学歴よりも実力といわれています。

専門的なスキルが重視される世界なので、大手企業を除いたほとんどが経験者や未経験者(学問不問)としています。

ITやWeb関連の業界では、仕事をしながら学んでいくスタイルが多く用いられており学歴は重視されません。

また就職後の年収に関しても、能力給となっており学歴で左右されないのが一般的です。

この他にも製造業など、学歴不問にしている企業は多く見受けられます。

 

無料転職相談をして企業の採用基準を知ろう

 

学歴不問の求人のメリット

採用条件

学問を問わない企業だからといって、簡単に採用される訳ではありません。

では「学問不問」の求人には、どのようなメリットがあるのでしょうか。

中卒や高卒問わず正社員を目指せる

学歴を定めている企業では、大卒以上の人が正社員の対象となっている場合があります。

一方実力重視をする企業や、スキルを尊重している企業では中卒や高卒であっても正社員になれるケースが多く見受けられます。

転職先は正社員がいい、という人にとっては大きなメリットといえるのではないでしょうか。

スキルや実力を見てもらえる

外まわり

学歴で就職先を制限されてしまうのは辛いことです。

また就職してからも学歴が壁となり、なかなか思うように働けないこともあります。

しかし学歴を問わず採用されたら、自分のスキルや実力評価されたということです。

就職後も、頑張り次第でキャリアアップが可能となり、仕事へ対するやりがいもきっと変わってくるでしょう。

何よりも、学歴への引け目を感じることがなくなるのではないでしょうか。

新卒の場合は、広く学べるという能力をかわれて高学歴の人材が選ばれます。

しかし転職者の場合は、実戦で学び吸収しているものがあるのです。

自分のスキルや実力は、学歴を上回る力となります。

 

ワンポイント
 学問不問のメリットは、自分の頑張り次第でキャリアアップできることです。

学歴不問の求人のデメリット

腕組

上記したように学問不問を掲げる求人理由には、多くの人材を集める為というものがあります。

その場合は、募集後に学歴で線引きをする企業も存在します。

同じようなスキルを持った人材であったり、同じような職種経験があったりする場合は特に学歴を確認されるでしょう。

学歴不問だからといって100%学歴は関係ない、といいきれない曖昧な箇所です。

多くの人材を採用しようとしていても、学歴のある人材を優先的に採用する企業もあることを念頭に入れておきましょう。

また、技術職などでは実力重視ゆえに継続した努力が必要です。

努力をした分キャリアアップにつながる反面、実力重視ゆえのシビアな一面があることも忘れてはいけません。

 

ワンポイント
 デメリットを前向きに捉えて、転職活動をしていきましょう。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


学歴不問の求人の転職を成功させるには

成功

学歴不問の求人を出している企業には、それぞれ理由があります。

転職を成功させるには、相手企業の意図を把握することが何よりも大切です。

学歴不問だからこそ、それを補うスキルや経験が必要であるといえるでしょう。

企業はあくまでも自社に貢献してくれる人材を求めています。

学歴をさほど気にしていない企業も多く、逆に応募者が学歴が原因で自信が持てない態度になっている、と指摘する声もあるようです。

転職活動では、自分をいかにアピールできるかが成功の鍵を握っています。

自分のスキルや経験に自信をもって、転職を成功させましょう。

転職の相談は転職エージェントを活用しよう

企業

転職者の多くが利用している転職エージェントですが、個人では集めきれない情報を多く持っています。

学歴を問わない求人の場合は、企業への熱意や自分のスキルをアピールできるか否かが合否の分かれ道となるでしょう。

その為にも希望する企業についての情報は、誰よりも多く集めておきたいものです。

また、転職エージェントは独自の求人情報を持っています。

希望する業種での「学歴不問」の求人など、いち早く情報を掴むことも可能です。

転職の際には、転職エージェントの活用も検討してみてはいかがでしょうか。

 

無料転職相談をして企業の採用基準を知ろう

 

まとめ

ビジネスパーソン

転職の求人には、学歴不問の求人掲載が増えています。

特にITやWeb関連では人材不足が問題となっており、希望する転職者には大きなチャンスです。

自己分析をしっかり行い企業研究という対策をすれば、学歴という壁も容易に乗り越えられるのではないでしょうか。

コミュニケーション能力やマネジメント力など、自分の能力を最大限にアピールして、転職を成功させたいものです。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!