転職活動で人気の資格の1つが簿記です。

簿記は企業にとって必ず必要なスキルであり、その需要は高いものがあります。

本項では、転職活動における簿記の資格の有用性について解説していきます。

有用な簿記について知り、転職活動に役立ててください。

転職市場で女性の簿記資格が重要視されるか解説

簿記

簿記とは企業の会計を帳簿にまとめるための手法です。

会計はどの企業においても必要なものであり、いつの時代も普遍的に需要があります。

また、簿記が出来る人材は数値処理に強いとされるため、重宝されるでしょう。

企業にとって簿記が出来る人材というのは貴重です。

転職市場でも例外ではなく、簿記資格を保有していることは優秀な人材であることを証明する手段であるといえるでしょう。

 

ワンポイント
 簿記は有手な人材であることの証明

転職市場での簿記資格の印象

簿記

簿記の資格は大まかに分けて初級、3級、2級、1級の4種類があります。

それぞれについて、転職活動においてどのような印象をもたれるのか詳しく見ていきましょう。

簿記「初級」

簿記初級は2017年4月に新設されたばかりの資格です。

かつては「簿記4級」と位置付けられていたものの、初級という名称に変更されました。

内容はとしては簿記3級の一歩前の段階としての知識を問うものです。

簿記3級が非常に人気になってきたため設立された資格であり、簿記資格の人気を裏付けるものでしょう。

内容としては、ビジネスで一般的に使用される簿記の概念や会計処理について問うものです。

簿記初級を持っていると、ビジネスに最低限必要な会計知識を有した人材であると評価されるでしょう。

簿記「3級」

簿記3級は初歩的な会計知識を問うものです。

簿記の試験とは、単純に知識を問うだけのものではありません。

実際に行われる企業会計をベースにして考えられるものであり、電卓などを動かして計算していくことになります。

企業会計のほとんどは複式簿記において記されます。

複式簿記とは、会計取引を貸方と借方の2面において注目したものです。

全ての取引が貸方と借方という取引にまとめることで、企業会計を明示的にとらえることが可能になります。

簿記3級を取得することで、複式簿記をある程度マスターした人材であると評価されるでしょう。

簿記「2級」

簿記

簿記2級は高度な会計知識を問うものです。

2級から新たな出題範囲として「工業簿記」が登場します。

工業簿記とは、原価を計算するための簿記の手法です。

3級までに学習してきたものは商業簿記といわれ、社外に企業会計の状態を示すための簿記手法です。

それに対して、工業簿記は社内の原価管理に役立てるものとされ、高度な数理的知識が必要になります。

工業簿記だけでなく、従来な商業簿記も必要になります。

3級の内容よりも更に高度で複雑な会計処理が求められ、生半可な知識では太刀打ちできない内容です。

2級の商業簿記においては連結会計も出題の範囲になります。

連結会計とは、企業単体だけでなく子会社や連結会社なども一体とする会計の考え方です。

簿記2級を取得するためには、複雑な会計取引の実態を知らなければ太刀打ちできません。

そのため、簿記2級を持っているということは相当な会計知識や会計スキルを持った人材であるとみられるでしょう。

簿記「1級」

簿記1級は2級よりもさらに専門的な会計知識を扱う試験です。

税理士や公認会計士など、会計の国家資格のための登竜門とも位置付けられる資格であり、合格には相当な努力を要します。

試験においては計算問題だけでなく論述など記述の問題も多く出題されます。

会計基準など会計の在り方について問われるため、高度な会計知識が必要となる試験といえるでしょう。

上位の国家資格を目指す方には避けて通れない資格ですが、いきなり1級を目指すのは現実的ではありません。

まずは2級から挑戦していき、更なる簿記知識を習得したいと考えた方は1級の資格取得を目指すといいでしょう。

簿記1級を取得していると、高度な会計処理を知る人材として評価されるでしょう。

 

ワンポイント
 簿記を取得していると会計知識をアピールできる

転職に有利になるのは何級から?

簿記

初級であれば全く役に立たないということは決してなく、どの資格も役立つものです。

実務的な観点からいうと、2級が最もコストパフォーマンスが良いとされています。

勉強時間でいうと2級は半年間300時間程度勉強すれば合格可能な試験です。

忙しい社会人であっても、半年間で合格できるというのは心強いでしょう。

2級になると実務に使えるレベルまで会計知識が必要となります。

2級を保有していることで、転職活動におけるアピールポイントとしてはかなり強いものになるでしょう。

 

ワンポイント
 簿記は転職に役立つ

簿記資格は転職に役立つの?

簿記

簿記資格は転職に役立つでしょうか。

簿記の検定は実務にかなり近い知識を問われるため、保有しているだけで転職市場では有利にはたらきます。

未経験者であっても経験者であっても、その有利性に変化はないでしょう。

未経験者

簿記資格を保有していれば、相応の会計知識を持った人材であるといえます。

経理はどの会社でも必要であるのに対して、人気の職種でもあります。

そのため、企業内において中々経理職につけないというケースも多いです。

転職市場においては、未経験者であっても経理の募集をしているというケースが多くあります。

ある会社で経理職につくことが出来なくても、転職市場では引く手数多という状況です。

簿記の資格を取得していれば、ある程度の経理処理ができると見なされます。

経理職につきたいという方は、まず求人情報を探してみましょう。

経験者

簿記資格を取得しており、経理など会計の経験があるという方は転職活動でかなり有利になります。

経理には企業としてのモラルも求められるため、感性が重要になります。

経理の実務者として必要な感性を有している人材は転職活動でかなり有利です。

経理の経験者で簿記の資格を有している方は転職市場に出て更に有利な求人を探してみましょう。

簿記を取得しているとどんな仕事が有利になるの?

簿記

簿記を保有しているとどのような職種につけるでしょうか。

「経理」

簿記を使用する代表的な仕事は経理職でしょう。

経理では会計処理を扱うため、会計知識が必要な簿記は転職でも有利になるといえます。

経理職は会計処理を始めとする数値計算の連続です。

数値計算が苦手であったり、数字が極端に苦手という方でなければ、どんな人にも適性はあるでしょう。

経理の仕事は多岐にわたります。

簿記の知識が役立つものといえば、企業会計を進めるための帳簿処理などが挙げられます。

帳簿処理においては、企業会計の記帳を行うために簿記の知識が活用されるのです。

その他、経費精算なども経理の仕事であり、やはり簿記の知識が必要になります。

簿記の知識は経理にとって必須であると共に、ビジネスパーソンとしてステップアップするために役立てられるスキルであるといえるでしょう。

「労務」

簿記の資格は労務においても有用です。

労務管理は経理と密接に関わってくるため、簿記の資格が有用になるでしょう。

特に、給与計算などにおいては簿記の知識が有用になります。

簿記は様々な場面で有用になるので、持っておいて損はしないでしょう。

 

ワンポイント
 簿記は実務に役立つ

簿記を持っていると年収は上がるの?

簿記

簿記を持っていると年収は上がるでしょうか。

簿記は実務において非常に有用な資格であるため、転職市場においても高く評価されるでしょう。

簿記「2級」の場合

簿記2級を持っていると、年収が400万円ほどになると言われています。

これは、簿記2級を募集している求人が大手の上場企業が多いからです。

上場企業は年収も高い傾向にあるため、簿記2級を持っているとそういった大手企業へ採用される可能性が高くなります。

簿記の資格を持っていることが、有利な求人に応募できる条件可能性が広がるといえるでしょう。

簿記「1級」の場合

簿記1級を持っていると、更に年収はアップして450万円ほどと言われています。

簿記1級となると会計の専門家として扱われ、更に上位の公認会計士や税理士などに挑戦するようになるでしょう。

レベルの高い人材はそれだけ転職市場の需要も高く、転職によって更なる年収アップが望めるでしょう。

簿記取得後の転職成功例をチェック

簿記

簿記を持っていると転職活動に有利になります。

今回は、3人のケースを見て簿記の資格を転職活動に繋げた例を見ていきましょう。

例(経理職への異動を希望しての転職)

営業事務職に励んでいたAさんはスキルアップのため簿記3級の資格を取得しました。

社内で経理職への異動を希望していましたが、人材ローテーションの観点で中々受け入れることはありませんでした。

Aさんは社内だけではなく社外にも活躍の場を求め、転職エージェントに登録します。

Aさんのスキルと真面目な人柄は転職市場においても非常に評価が高く、1ヶ月ほどで内定が決まります。

Aさんは簿記3級の知識を活かして晴れて希望する経理職で活躍することになりました。

例(新しい環境を希望しての転職)

Bさんは経理職として活躍しているものの、社内の体質に悩んでいました。

トップダウンの傾向があり、役職を持っていないBさんは発言権が弱く、中々自分の思うように仕事を進められていない現状です。

簿記2級を取得し、経理としての実力は相当であるものの思うように活躍が出来ていません。

そこで、Bさんは今よりも風通しの良い職場を選ぶことで自分の実力をより一層発揮できるような環境を求めました。

やる気や知的好奇心が旺盛なBさんは転職市場でも評価が高く、すぐに次の職場への転職が決まりました。

新しい職場では自分の意見を発揮することができるBさんは、以前よりも生き生きと仕事に励んでいます。

例(再就職の場合)

Cさんは結婚を機に退職し、育児に専念してきました。

家庭に入って落ち着く予定でしたが、子供が手を離れて自分の時間を使えるようになります。

そこで、元より興味のあった簿記の資格にチャレンジしようと思い立ち、簿記3級を取得しました。

マメな性格で緻密な計算も得意であったCさんは事務職の経験を活かして再就職したいと思うようになります。

資格を武器に転職活動を始めたCさんは多くの企業が興味を示し、あっという間に転職が実現しました。

育児と仕事を両立するようになったCさんは、充実した日々を過ごしています。

簿記資格が有利になる職種をチェックして転職活動に活用しよう

簿記

転職活動は1人でできるものでなく、色々な人と協力し合って成功させるものです。

具体的な採用においても例外ではなく、いくら優秀な人材であっても募集がなければ転職は実現しません。

逆にいうと、募集に空きがあれば簿記の知識は相当なアドバンテージになるでしょう。

このように、転職活動では1人の努力でどうにか出来るものではなく、様々な人の協力が必要になるのです。

しかし、転職活動は常に孤独との戦いになります。

同じ会社の同僚や上司に転職の相談はするべきではありません。

転職活動をしていることが他人に分かってしまうと、その職場に居づらくなってしまうでしょう。

転職について相談するべきは少ない傾向です。

転職エージェントなど社外の専門家に相談するといいでしょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

簿記

転職についての悩みは転職のプロに相談しましょう。

転職エージェントでは、数多くの転職希望者を転職成功に導いた実績があります。

転職についてのノウハウも豊富で、あらゆる悩み事を解決に導いてくれる存在です。

資格についての情報も豊富であり、転職活動に人気な資格についても教えてくれます。

簿記を取得しようと考えられている方は、相当に学習の意欲が高いと思われます。

簿記以外にも転職活動に役立つ資格がないか、転職エージェントに相談してみましょう。

まとめ

簿記

転職活動における簿記の資格についてみていきました。

簿記はどの企業においても必要な役割であり、持っていて損をしない資格であるといえます。

しかし、その分資格の需要も高いため近年の資格取得は競争を増しています。

簿記の資格を取得することで、高度な専門性を持っている人材であるといえるでしょう。

おすすめの簿記の資格は2級です。

簿記2級は比較的取得しやすく、高度な簿記知識を有していることを証明できるため非常にコストパフォーマンスが良いです。

まずは何から取得するべきか検討している方は、是非簿記2級の挑戦から検討してみてください。

転職のための資格取得として人気な簿記の資格を取得して、是非転職活動に役立てましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら