転職の気になることや悩みは数多くありますが、上司への転職相談のタイミングもその1つでしょう。

円満に退社し転職するには、上司へ相談するタイミングや伝え方も大きく影響します。

また相談して引き留められた時にどう答えれば良いかと悩む人もいるでしょう。

今回は転職を上司に相談するタイミングや伝え方について解説します。

上司に転職相談をするべき?

悩む女性

転職を決意した時、多くの方が悩むのが上司へ転職相談をどうするべきかという問題です。

お世話になっている上司だと転職するのが申し訳ないように感じる人もいることでしょう。

逆に上司と仲が悪く早く転職したいけれど転職について話したくないと思う人もいるかもしれません。

しかし上司に何も言わずに退職することはできないため、タイミングを見て伝える必要があります。

上司への伝え方次第で円満に退社できるか、伝えた後ギクシャクしてしまうかは変わるものです。

円満退社できるように、きちんとタイミングや伝え方に注意して上司へ相談しましょう。

 

無料転職相談をしてキャリアアップを目指そう

 

転職相談を受けた上司はどう思う?

上司は転職相談をいずれは必ずすることになる相手です。

まずは転職相談を受ける側の上司がどのように思うのかを解説します。

可愛がっていた部下だから残念

面接会場

上司との関係が良好だった場合は、退職することを非常に残念に思うでしょう。

部下として可愛がっていた人材が退職するとなれば、その部下の思いに気づけなかったことにもショックを受けてしまいます。

この場合はなんとか考え直して思いとどまってほしいと引き止められるでしょう。

優秀だから手放したくない

優秀な人材であり、会社にとって必要だから辞めて欲しくないと考える場合もあります。

仕事で大きな成果を出している人材であれば、今後会社の重要なポジションを任せたいと計画している場合もあるでしょう。

退社するとなればその計画も白紙になりますし、優秀な人材のぬけた穴を埋めなければなりません。

しかし優秀な人材の代わりとなれるように部下を育成することは非常に大変です。

そのため会社としてはなんとしても引き止めたいと考える上司は多くいます。

離職率が高いため引き伸ばしたい

面接

会社が離職率を気にしている場合はそれを理由に引き止めたいと考える上司もいます。

離職率が高い場合、長く続いている人材が少ないということです。

採用してもすぐに辞めてしまうということは会社側に何か問題がある場合があります。

そのため離職率は転職先を探す際に転職希望者が気にする点の1つでしょう。

これ以上離職率が高くならないように引き止められる場合もあります。

送り出してあげよう

上司の中には退職を素直に受け止め、退職する部下を前向きに送り出してあげようと考える上司もいます。

退職することで会社が受ける影響ではなく、部下の気持ちを優先し応援しようという考え方です。

この場合は退職までの交渉がスムーズに進みやすく、円満退社できる可能性も高くなります。

上司の思いにきちんと応えるためにも、退職までのプロセスはきちんと筋を通しましょう。

相談すべき上司はどんな人?

上司といっても会社によっては上司にあたる人が複数人いることもあります。

どの立場の上司に伝えるべきなのかを解説します。

最初に相談すべき相手は直属の上司

指導・教える

まず最初に転職を相談するべき相手は直属の上司です。

普段からその人の指示に従い、報告や連絡をしている人が直属の上司にあたります。

直属の上司は部下達の仕事配分や進捗具合だけでなく、仕事を円滑に進めるために必要なことは全て把握します。

必要があれば業務上での悩みなどにも向き合うこともあり、退職や休職などもまずは直属の上司に話します。

また、転職の相談を上司ではなく先輩や同僚にしたいと思う人もいるでしょう。

上司よりも相談しやすいかもしれませんが、どれだけ他の人に秘密にしてもらってもいずれどこかから噂が広まってしまうものです。

噂話として上司に伝わってしまえば上司の心証を悪くしてしまいます。

転職の相談もまずは直属の上司に相談しましょう。

伝える順番を考えよう

直属の上司に伝えるのは気まずいからと、直属の上司より先に、さらに上の上司に相談するのはマナー違反にあたります。

例えば直属の上司は部長なのに課長や人事部門に先に伝えるということです。

この場合、人事部などから直属の上司が監督不行き届きと思われてしまう可能性があります。

故意ではなくても上司の評価を落としてしまうかもしれないため、まず一番最初に直属の上司に伝えましょう。

 

ワンポイント
・退職相談はまずは直属の上司にする
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


上司に退職相談をする時の伝え方

いざ上司に相談をするにしても、伝え方次第では上司の受け止め方は変わります。

上司に退職相談をする時の伝えた方の、押さえておきたいポイントを解説します。

1対1で話せる環境を用意しよう

相談する女性

まずは上司と1対1で話せる環境を用意しましょう。

そのためには事前に上司に2人だけで話したいという意思を伝え、アポイントを取ります。

普段の報告と同じように上司の席で話してしまうと、上司側はきちんと話を聞く心の準備ができていません。

それによってきちんと話を聞いてもらえない場合もあるためきちんと事前にアポを取りましょう。

また、他の社員がいる場ではお互いに落ち着いて話せません。

またその場にいた他の人も話している内容を聞いてしまう可能性があります。

誰かが退職すれば、何かしらの形で組織へ影響することは避けられません。

そのため会社としては他の社員に伝えるタイミングなども考慮したい問題です。

他の社員に聞かれて噂が立たないよう、上司と1対1で話しましょう。

退職の意思を丁寧に伝えよう

女性、相談

退職の意思を伝える時には丁寧に伝えることを意識しましょう。

社員が退職するとなれば上司は仕事の配分や引き継ぎなどを行わなければなりません。

そのため「◯日に会社を辞めます」といきなり断言して伝えてしまうと上司に反感を持たれてしまいます。

また「退職したいと思っているのですが…」という曖昧な表現ではまだ退職を迷っていると思われ引き止められてしまうでしょう。

こうした事態を避けるためには、退職する意思を丁寧にはっきりと伝えることが大切です。

反感を持たれずに転職する意思が固まっていることがきちんと伝わるように心がけます。

 

無料転職相談をして転職を成功させよう

 

上司に相談する時のポイントをチェック

上司に相談する際、タイミング以外にも気を付けたいポイントがあります。

退職する意思がスムーズに伝えるためのポイントを解説します。

退職するか迷っている場合

悩む女性

転職活動を始めたばかりの頃や転職活動が上手くいっていない時など、本当に退職するか迷っている場合もあるでしょう。

本当に退職するか迷っている時に話すのは、相談するかどうか自体をよく考える必要があります。

迷っている段階では、まだ明確な方向性が決まっていないと上司に思われ、引き止められる可能性が高くなります

それによって自分の中でも退職の意思が揺らいでしまうでしょう。

さらに相談をして退職を思いとどまったとしても、上司は「一度辞めようとした人だ」という印象を抱いてしまいます。

それによって働きづらくなってしまう場合もあるため、相談の段階では話してもよいかを慎重に見極めましょう。

退職の意思が固まっている場合

退職の意思が固まっている場合には、その意思がきちんと伝わるように丁寧に伝えましょう。

この場合のポイントは退職の「相談」ではなく「報告」のような形で伝えることです。

先述した通り、退職する意思が固まっているのに曖昧な表現で伝えるとまだ引き止める余地があると思われます。

そのため退職する意思を丁寧に伝え、その上で退職する具体的な時期や退職までの引き継ぎなどを相談しましょう。

 

ワンポイント
・退職の意思が固まっている場合は迷う素振りを見せない

上司に退職相談をする時の注意点

退職相談をする際には伝え方や話す内容によってその後の上司の対応が変わる可能性があります。

上司に退職相談をする際の注意点を解説します。

「やめます」とだけ伝えるのはNG

笑顔のビジネスウーマン

退職の相談の際、退職する旨だけを伝えることはNGです。

社員が退職すれば会社側は引き継ぎや新しい社員を募集する準備をしたりといった影響をうけます。

退職する意思だけを伝えると、会社のことを何も考えていないのではないかと不快感をもたれてしまうでしょう。

そのため、これまでお世話になったことへの感謝や退職することへの申し訳ない気持ちも伝えることが大切です。

退職予定日より期間に余裕を持って相談しよう

カレンダーの画像

退職相談は自分で決めた退職予定日よりも期間に余裕をもたせた時期に行いましょう。

直前になってから相談しても会社側も困りますし、場合によっては予定日に退職できない可能性もあります。

民法上では雇用契約上特に定めがない場合は、退職を申告した2週間後に退職できるとなっています。

しかし実際には仕事の引き継ぎや退職の手続き等にある程度の期間が必要です。

これらもスムーズに行い円満に退社するためには、退職予定日の1ヶ月〜1ヶ月半前には伝えましょう。

また退職予定日も繁忙期や関わっているプロジェクトの途中などは避けることが望ましいです。

これらの時期は退職することで会社や他の社員への負担が大きくなってしまいます。

退職する時期は会社に迷惑をかけないことを意識しましょう。

退職理由は事前に用意しておこう

退職の意思を伝えた際、退職理由は必ず聞かれるものです。

聞かれた際にきちんと答えられるよう、退職理由は事前に用意しておきましょう。

「一身上の都合」と伝えるだけでも問題はありませんが、上司に納得してもらえない可能性があります。

納得してもらいやすくするポイントは個人的、かつポジティブな理由にすることです。

自分の今後のキャリアプランやしたいことが、今の会社では実現することが難しいものであれば受け入れてもらいやすいでしょう。

また家庭の事情など会社側ではどうにもできない理由の場合も受理されやすい理由の1つです。

ただし結婚や出産などの場合は産休などの制度の活用などで引き止められる可能性があります。

退職理由を伝える際に注意したいのが、会社への不満や愚痴を理由にしないことです。

これらを退職理由として伝えると上司に不快感を与えてしまい、その後の関係に大きく影響します。

不満が溜まっている場合は退職するのだからと不満をぶつけたくなるかもしれませんが、円満に退社するためにはやめましょう。

ワンポイント
・退職相談は退職予定日の1ヶ月〜1ヶ月半前が理想
・退職予定日は繁忙期など会社に迷惑をかける時期を避ける
・退職理由は個人的かつポジティブなものにする

引きとめられた時は?

向かい合って話す人

退職の意思を固めているのであれば、引き止められても絶対に折れない心の準備をしておきましょう。

退職を申し出た場合、よほど人手が余っていたり関係が悪化しているのでなければ引き止められる可能性があります。

会社側が引き止める理由としては「会社に必要な人材だから」「人手不足」などの理由が考えられます。

また部下から離職者が出てしまうと上司の評価にも関わるため、上司の保身のために引き止められることもあるでしょう。

会社にとって必要な存在だと言われてしまうと、退職することを後ろめたく思ってしまうかもしれません。

これまでお世話になったことを考えると、決意が揺らいでしまう人もいるでしょう。

しかしここで迷う様子を見せてしまうと、上司側が引き止められるのではないかと考え、退職の交渉が長引いてしまいます。

退職の決意が揺らがないよう、引き止められることを最初から考慮して心の準備をしておきましょう。

 

無料転職相談をして理想の企業へ転職しよう

 

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


円満退職を目指すために

スーツ姿の男女

退職の際にはできるだけトラブルに発展することなく円満に退社したいと考える人は多いことでしょう。

円満退社を目指すためには、会社に迷惑をかけないことを考えて行動しましょう。

退職のタイミングを繁忙期から外したり、退職までに引き継ぎの期間を確保することで会社側の抱く印象は大きく変わります。

立つ鳥跡を濁さずというように、最後に余計なトラブルや迷惑をかけることのないように心がけしましょう。

ワンポイント
・退職する際には会社への配慮を忘れない

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

面接する女性

転職の際、今勤務している会社への退職相談は多くの方にとって悩みの種となっている問題です。

伝え方次第では関係が悪化してしまったりなかなか辞められない状態になってしまうこともあります。

それらを避けるために上手く伝えて円満退社したいと多くの人が思っていることでしょう。

どうしたら円満退社できるのか悩んでいる場合は転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

転職エージェントは転職に関する悩みに応えてくれるため、退職についても相談することができます。

悩みや不安を抱えているという場合はぜひ転職エージェントに相談してみてください。

まとめ

オペレーターの女性

今回は上司に転職の相談をするタイミングや伝え方について解説しました。

転職をするなら今の会社を辞めることが必要になりますし、できる限り円満に退社したものです。

円満に退社するためには会社へ配慮しつつ退職の意思をしっかりと示す必要があります。

トラブルがおきて後味の悪い退職になってしまうと、精神的にも負担を感じてしまいます。

円満に退社して転職先で前向きなスタートを切りましょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!