面接とは企業と転職希望者のマッチングの場です。

応募者の経歴やスキルはもちろん“身だしなみ”も面接時の評価ポイントとなります。

しかし、そこで困るのが夏場の転職活動です。

クールビズのため、涼しい服装を企業から指定されることがあります。

果たして涼しい服装として半袖シャツを面接に着てもよいのでしょうか?

面接官の印象を損なわない“夏面接の適切な服装”について解説します。

夏面接で半袖シャツを着てもいいの?

シャツを持つ女性

季節を問わず、面接では男女共にスーツの着用が基本です。

しかし、真夏に通常のスーツ姿ではジャケットの下は汗だくになります。

どれほど服装を整えていても、汗だくの清潔感を欠いた姿では面接時の印象も決して良いものとはいえません。

また熱中症の危険もあるため季節に合った涼しい服装が好ましいといえるでしょう。

今では夏素材を用いた薄手のスーツや袖の短いシャツなど夏場も快適な服が多々あります。

転職面接で相手企業から「涼しい服装でお越しください」と案内されることも増えました。

そこで気になるのが面接で‟半袖シャツ”を着てもいいのかという点です。

服装は面接での印象を左右するものであるため、どのような服装であれば問題ないのか事前にチェックしておきましょう。

面接でもクールビズを導入している企業は増えている

冷房

夏も快適な軽装にすることで職場の冷房を節約しようと2005年に導入したのが「クールビズ」です。

第一ボタンを外したりノーネクタイを導入したりなど、襟元を緩めるイメージを持っている人は多いことでしょう。

しかし、実際にはクールビズのスタイルは「ノーネクタイ」と「半袖シャツ」着用の2つが基本です。

銀行員や公務員にはじまり今では一般企業でも「クールビズ」の着こなしは浸透しています。

そのためきちんとした印象の面接でもクールビズを導入する企業が増えてきました。

ノーネクタイやノージャケットなど男性のクールビズスタイルはルールも明確です。

ではネクタイを締めない女性の場合は「半袖シャツ」がクールビズになるのでしょうか?

以下で女性のクールビズスタイルについてご紹介しましょう。

女性のクールビズスタイルをチェック

女性は着用アイテムも多いため、どこまでならOKなのかがわかり難いといえます。

そこでヘアスタイルから靴までアイテムごとの女性のクールビズスタイルをチェックしてみましょう。

ヘアスタイル

女性のクールビズでもヘアスタイルに関しては普通の面接時と特に変わりはありません。

髪の毛が目や肩にかからないことを心がけ、髪が長い場合には1つにまとめましょう。

面接時のヘアスタイルはどの季節においても「清潔感」が大切です。

特に夏場は汗で髪が額や首筋にはりついてしまうと清潔感が損なわれてしまう可能性があります。

髪が汗で乱れていないか面接前には必ず鏡で確認し、セットし直すようにしましょう。

ジャケット

カジュアルスーツの女性

ジャケットは裏地がない夏用スーツのものを選びましょう。

夏用スーツのジャケットは通気性と機能性に優れた素材で作られています。

また女性のジャケットでは袖や裾の丈が短めといったデザインも豊富です。

定番のブラックはコーディネートを引き締める効果がありますが、熱を吸収しやすいデメリットがあります。

また見た目も重い印象になりやすいため、ダークグレーやネイビーの方が夏面接にはピッタリです。

グレーやベージュなど明るめのカラーやノーカラージャケットも夏らしい雰囲気になります。

例えクールビズを適用しているとしても、基本的にはジャケットを着用しましょう。

しかし、移動中は着ている必要はないので、しわにならないように持つことをおすすめします。

トップス

3枚のトップス

相手企業からクールビズOKの指示があればトップスに「半袖シャツ」を着用しても大丈夫でしょう。

しかし、カジュアルなポロシャツやTシャツはだらしない印象を与えやすくおすすめはできません。

また女性のクールビズでは露出が高い服や下着が透ける服は基本NGです。

薄手のシフォン素材などは透けてしまわないか必ず試着して確かめてください。
もし透けてしまうようなら肌着も上手に組み合わせてみましょう。

さらに面接時ワイシャツが汗で張り付くような不快感を避けるならトップスの素材にも注目してください。

通気性も良く消臭効果や汗ジミ対策、透けにくい素材のものがおすすめです。

七分袖や半袖などバリエーションも豊富ですが、デザインはシンプルなものを選んでください。

ボトムス

カジュアルスーツの女性、足元

ボトムスはスカート・パンツのどちらでも問題ありません。

アクティブでキャリアウーマンの印象が強い「パンツスタイル」は転職活動でもプラスイメージです。

足の甲に裾が当たるハーフクッション裾丈が基本ですが夏仕様はバリエーションがあります。

おもに女性のクールビズスタイルでは足首辺りまでが見える「アンクル丈」が人気です。

また面接官に女性らしい印象を与えるスカートも夏面接で活躍します。

スカート選びでは丈の長さが重要なため、基本の「膝丈の長さ」を選びましょう。

女性のボトムス選びでは身体のラインが出てしまうものは避けるのがポイントです。

またパンツスタイルであってもストッキングは着用しましょう。

パンツ丈が短いクールビズスタイルでは着席したときにストッキングをはいているかどうかが一目で分かってしまいます。

アンクル丈用のショートストッキングなら夏面接も快適でしょう。

男性と女性の足元

女性のクールビズで意外と気になるのが「靴」ではないでしょうか。

デザインやカラーも多彩なためミュールなどで足元を涼しく見せたい気持ちもわかります。

しかし、たとえクールビズでもビジネスシーンで「つま先の出る靴」はNGです。

ミュールやサンダルはもちろん、オープントゥパンプスやメッシュ素材のものも面接の場には相応しくありません。

転職の面接ではヒールの高さ3~5cmのパンプスがオールシーズンの定番です。

黒はもちろんコーディネートに合わせてベージュカラーもOKですが落ち着いた色を選びましょう。

 

ワンポイント
女性のクールビズは夏素材を活用、企業から指示があれば半袖シャツもOK!

服装に指定がない時は

女性,ビジネス,スーツ,面接

面接する企業から「服装」に関して指定がない時はどのような服を選べば良いのか不安になるかもしれません。

そんな時は半袖シャツではなくフォーマルを意識した夏仕様の長袖シャツを選びましょう。

いくらクールビズが浸透したとはいえ「面接時はきちんとした格好で」という方針の会社はあります。

また、その企業の業務内容が理由で半袖をNGとしている場合もあるからです。

そのような企業の面接に「半袖シャツ」を着用すれば理解度や勉強不足と受け取られかねません。

クールビズ用のシャツであれば冷感素材を使ったものもあり、そうしたものであれば夏場の長袖も苦にならないでしょう。

スーツの色はグレーやベージュでも構いませんがトップスの色には要注意です。
夏物に多い派手な色は避けてデザインがシンプルなものを選びましょう。

 

ワンポイント
企業から指定がない時はフォーマルな面接スタイルが正解。

小物の選び方やメイクの注意点

多くの人が面接時のスーツにはこだわりますが小物やメイクを見落としがちです。

スーツをスマートに着こなし面接官へ好印象を与えるためにも全体の統一感を大切にしましょう。

そこで「小物の選び方」や「メイクの注意点」について解説します。

腕時計

腕時計

スマホが普及したことで普段は「腕時計をつけない」という人もいることでしょう。

しかし、腕時計は時間を確認する以外にも“社会人マナー”を象徴するアイテムでもあります。

腕時計をしない人は時間にルーズで自己管理ができないなどマイナスの印象になりやすいのです。

面接時の腕時計を選ぶときはベルトが金属製か革製で、アナログの文字盤のものを選びます。

一目でブランドものだと分かるものはあまり良い印象を持ってもらえません。

色やデザインはコーディネートとのバランスも考えて落ち着いたものを選択しましょう。

カバン

カバンも派手過ぎないシンプルなデザインのものを選びます。

カバンの大きさは履歴書を折らず、A4サイズのままで入る大きさがベストです。

また面接時には床にバッグを置くことになるため底に鋲がついた自立するタイプが良いでしょう。

アクセサリー

アクセサリーをつける女性

面接時に身につけるアクセサリーについて厳密な決まりはありません。

しかし、ビジネススーツやオフィスカジュアルでもシンプルなアクセサリーが好まれます。

大ぶりだったり揺れるタイプはコーディネートの統一感を損ないやすいため避けた方が良いでしょう。

小物のカラーを合わせると全体に統一感が出ます。

また、企業によってはアクセサリー自体好まれない場合もあるでしょう。

事前の企業研究の際には企業風土もチェックし、面接でアクセサリーをつけても問題無いかどうかを見極めることが大切です。

ネイル

女性の転職活動では「ネイル」にも注意が必要です。

お洒落なネイルアートは手元を華やかに見せますが面接シーンではNGになります。

濃い色や派手なカラー、またラメやストーンなどの光り物も避けましょう。
基本的にはネイルはしない方が無難です。

もしネイルをするのならば肌になじむベージュ系や淡いピンクなどのナチュラルカラーがおすすめです。

メイク

肌に触れる女性

アイシャドウのビビットカラーは夏らしい印象ですが、面接で濃いメイクはNGです。

夏場の面接でもメイクの基本はナチュラルメイクを心がけましょう。

汗をかいてメイクが崩れるからと、ノーメイクで面接に臨むのもNGです。
ラメが主張しすぎたキラキラのアイシャドウや濃いチークも避けた方が無難です。

しかし、サマーシーズンの化粧品で完全にマットな質感のものを探すのも大変です。

パールであれば部分使いをすることで清楚で上品な印象を面接官に与えられます。

 

ワンポイント
小物やメイクのカラーを合わせるとコーディネートに統一感がでる。

夏面接で面接官に好印象を与えるポイント

時計を見て慌てる女性

汗や皮脂分泌量の多い夏面接では「清潔感」をアピールするのは大変です。

しかし汗や臭い対策など「細やかなポイント」への気配りは面接官へ好印象を与えます。

ベストコンディションで面接に挑むためにも、時間には余裕を持って行動しましょう。

たとえ駅近くの面接会場でも電車の遅延など当日に思わぬアクシデントが起こるかもしれません。

汗だくの状態を解消しないと面接そのものに集中できないこともありえます。

いくら暑い季節だからといっても、面接前に身だしなみを直すことができていないとマイナスな印象を抱かれてしまうでしょう。

面接官に好印象を与えるためにも、時短で身なりを整えられる万全の準備をすることが大切です。

夏面接に用意しておきたいアイテム

多汗になる夏場のスーツスタイルでは暑さや汗の対策が大切です。

夏面接に備えて用意しておきたいアイテムをいくつかご紹介しましょう。

制汗剤

デオドラントスティック

機能性に優れた夏仕様のスーツは汗をかいてもすぐに吸収し速乾性にも優れています。

しかし、見た目は大丈夫でも‟汗の臭い”まで消えるわけではありません。

そこでおすすめのアイテムが「制汗剤」です。

制汗剤は臭いだけでなくベタつきや蒸れを抑える効果もあります。

出かける前に、汗をかきやすい脇などに制汗スプレーを使うことで、汗をかいても臭いを抑えてくれるでしょう。

また、携帯用のコンパクトサイズのシートやスプレーをバッグに入れておけば出先でもすぐに対処できます。

ただし匂いの強い製品やスプレー箇所が白くなる商品は避けましょう。

脇汗パッド

脇を押さえる女性

面接官によっては、気遣いで「ジャケットを脱いでもいいですよ」とすすめてくれる場合もあります。

しかし、脇汗が気になって面接中に気まずい思いをしてしまったという人もいることでしょう。

面接シーンでは気温はもちろんですが緊張による発汗もありえます。

そのような場面で役立つアイテムが脇汗パッドです。

脇汗パッドには肌や服に貼るタイプや繰り返し使えるタイプ、また消臭や抗菌効果のある商品もあります。

面接に適したグレーやブルーのトップスは、脇汗が悪目立ちしやすい色です。

手持ちのトップスに脇汗パッドをプラスするだけで安心して面接に臨めるでしょう。

メイク直しシート

制汗アイテムは用意していても、うっかり忘れがちなのがメイク直しシートです。

夏場は、汗はもちろん皮脂も分泌されやすいことからメイクが崩れやすくなります。

メイクが崩れたままでは、ノーメイクを疑われたり身だしなみができていないと思われたりする可能性が高くなってしまうでしょう。

余分な皮脂と汗を吸収するメイク直しシートであれば時短ケアが可能です。

皮脂や汗を抑える効果のある化粧品もありますが、メイク直しシートもあればより安心できるでしょう。

特にメイクが崩れやすい午後の面接や移動の多い転職活動でも重宝するアイテムです。

 

ワンポイント
制汗グッズやメイク直しなどのアイテムは持ち歩こう!

夏面接の服装や身だしなみで差をつけて転職を成功させよう

面接

クールビズでの夏面接では、薄手だからこそ汗や臭い対策といった‟身だしなみ”は他シーズンよりも気を使います。

一見面倒にも思える夏面接の身だしなみ対策も、ポイントを押さえれば大丈夫です。

また適切なアイテムを活用すれば清潔感のある「爽やかな応募者」として差をつけられます。

夏面接をスマートに乗りきってぜひ希望する転職を成功させましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

説明を受ける女性

フォーマルなクールビズか、それともカジュアルなクールビズなのかは企業によって異なります

あなたの希望企業に「最適な面接スタイル」が知りたいなら転職エージェントに相談してみましょう。

たくさんの転職を成功させてきたエージェントならあなたの不安や悩みも解消できます。

ぜひ心身共にパーフェクトな状態で夏面接を突破しましょう。

まとめ

空に手を広げる女性

誤魔化しのきかない夏面接の身だしなみはあなたの印象を大きく左右します。

夏面接だからこそ「清潔感」をアピールすることが大切なのです。

上記でご紹介したポイントを参考に転職面接を頑張ってください。

あなたの新しいスタートを心から応援しています。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら