退職の理由として多いのが人間関係です。

同僚や上司との関係がうまくいかず悩んだ末に退職や転職を決意する人も少なくありません。

ここで問題となるのが、転職面接で転職理由を聞かれた場合の回答です。

正直に人間関係と答えてしまうとマイナスのイメージを与えかねません。

この記事では退職理由が人間関係の場合に面接でどのように対処すればよいかについて解説します。

具体的な例文も紹介しますので参考にしてください。

Contents

退職理由が人間関係の時の伝え方

悩む女性

退職理由が人間関係の場合、基本的には正直に伝えないほうがよいでしょう。

人間関係がうまくいかないイコールコミュニケーション能力が劣るのではないかと思われてしまうからです。

企業側としてはスキルや能力が高いことも重視します。

それと同時に人間性も採用基準で大きな割合を占めています。

同じスキルがある2人が同時に面接を受けていたとすれば人間関係を円滑に進めることができそうな人を採用するでしょう。

人間関係が原因で退職した場合には、言い方を変えたり工夫したりして面接に臨む必要があります。

具体的には以下の項目で解説します。

面接官は退職理由で何を見ているの?

会議の様子

転職の面接で退職理由を聞かれるのはなぜでしょうか。

退職理由を聞くことで応募者の何をみているのかについてみていきましょう。

仕事に対する考え方を見ている

退職理由はその人の仕事に対する姿勢にもつながります。

もしも「残業が嫌だから退職しました」と話したとしましょう。

この人はあまり仕事をしいたくないのかなと思われる可能性が高くなります。

もしかしたらすぐに辞めてしまうかもしれないと思われることもあるでしょう。

せっかく採用してもすぐに辞めてしまったり仕事に対して怠惰な態度だったりすると会社としては損失となります。

そのため退職理由から応募者の仕事に対する考え方を見ていると考えてよいでしょう。

仕事や社内の役割に責任を持てるか見ている

パソコン

 

もうひとつは仕事や社内の役割に責任を持ってくれる人かのチェックです。

自社の仕事内容と照らし合わせてマッチするかどうかを確認します。

「上司からの嫌がらせ」「給料が安い」「キャリアアップできそうになかった」

このようなネガティブな理由をあげてしまうと仕事よりも条件のほうに目がいく人と思われる可能性もあります。

どのような状況でも仕事に対して責任が持てる人物であると印象付けるにはこうした理由は避けたほうがベターです。

とくに人間関係の問題はどの職場でも起こりえる問題です。

職場環境への不満が退職理由という人に対しては責任感がないかもしれ否という印象をもたれやすいと考えておきましょう。

退職理由を上手に伝えるポイント

悩む女性

人間関係が理由で退職した場合、面接でどのように理由を伝えればよいかは大きな課題です。

上手に伝えるポイントについて3点紹介します。

ポジティブな内容に変換しよう

仕事と生活のバランス

転職をする人というのは、少なからず前職に不満がある人です。

これは面接官も承知の上で面接を行っています。

だからといって不平不満を面接で並べ立てては不採用になる可能性を高めるだけです。

ネガティブな理由もポジティブな内容に変換することを考えましょう。

退職理由は簡単に伝えて、その点をどのように解消して今後はどう頑張りたいのかを伝えます。

前向きな転職であることを面接官にアピールできるように内容をしっかり考えておきましょう。

志望動機や入社意欲に繋げて伝えよう

仕事内容が自分とは合わなかった、上を目指せない環境だった。

このような理由で退職することもあるでしょう。

人間関係の悪化もありがちな退職理由のひとつです。

これをそのまま伝えてしまうとただの愚痴になってしまいます。

自分なりに対処してきたが改善が見込めなかったなどと具体的な話をしましょう。

たとえば営業職にチャレンジしたかったけれども希望が叶わなかった。

そのため営業職で働ける企業への転職を希望したという伝え方もあります。

ここから転職先ではどのように貢献していきたいのかという志望動機や入社意欲につなげていきましょう。

背筋を伸ばしてハキハキと話そう

顔に手を当てる女性

人間関係が退職理由の場合、ネガティブな印象を与えるのではないかと不安が先に立つでしょう。

そうなると話し方も自信のない様子になってしまいます。

退職理由があまりポジティブでないため小声でボソボソと話す人もいます。

これはマイナスの印象を与えてしまいます。

ポジティブな内容に変換したのであれば自信を持って堂々と話すことも大切です。

真剣に背筋を伸ばしてハキハキと丁寧に話してみましょう。

話の内容も重要ですが話す態度ひとつでよい印象を与えるかマイナスの印象を与えるかが決まります。

臆することなく自信を持って発言することを意識しましょう。

 

ワンポイント
退職理由が人間関係だった場合はポジティブな言い回しに変換して伝えることが重要です。

 

状況別の回答例「社内の人間関係が悪い」

悩む女性

人間関係が悪いと仕事に対しても大きな支障をきたす可能性が高くなります。

職場に行くことさえも辛くなってしまっては働くことすらままならなくなるでしょう。

社内の人間関係が悪いことが原因で退職した場合の回答ポイントと実例について紹介します。

回答のポイント

人間関係が理由で退職することは決して悪いことではありません。

多くの人が転職の理由として人間関係の悪さをあげています。

ただし、それを面接でそのまま伝えてしまうことはNGです。

どのような表現をしたとしても「本人にも何か原因があったのでは」「不満の多い人なのでは」と思われてしまうこともあります。

ネガティブな理由はポジティブな言い回しに変換しましょう。

具体的には次のような回答がおすすめです。

人間関係が原因の場合の回答例

前職では個人担当する仕事が多くありました。

そこでチームで仕事をすることができる環境で働いてみたいという思いから退職を決めました。

8年間、営業職として1人で新規開拓業務に勤めてきました。

そのなかでお客様との良好な関係づくりのスキルを身につけることができました。

チームで周囲と意見を交換しながら働くことができれば営業職としてより幅が広がるのではないかと考えております。

そこでチームでプロジェクトを進めておられる御社を志望しました。

状況別の回答例「パワハラ」

怒られる人

パワハラも退職理由で多くあげられる事例です。

パワハラもネガティブな理由となるため正直に伝えることは避けましょう。

パワハラが原因で退職した場合の面接の対処法について解説します。

回答のポイント

どんなに辛い思いをしたとしても面接で具体的な話をすることは避けましょう。

これはただの愚痴になり、前職の悪口をいっているようにも取られてしまうからです。

また打たれ弱い人なのかもしれないという印象も与えてしまいます。

少しのことで辞めてしまうのではと思われてしまうと採用が遠のきます。

面接ではどのような理由でパワハラを受けていたのかという点に着目しましょう。

具体的には次のような回答がおすすめです。

パワハラが原因の場合の回答例

前職は比較的硬直的な組織でした。

若手社員の意見やアイデアを発表できる場がほとんどありませんでした。

そのため年齢や社歴に関係なく誰もが自由に意見を伝えられる職場で働いてみたいと思い退職を決意しました。

新しい仕事にどんどん挑戦してスキルアップしていきたいと考えています。

前職で身につけたスキルを生かして御社で貢献できたらと考えております。

 

ワンポイント
パワハラや人間関係の悪化が原因でも正直に話すことはNGです。新しい環境で何をしたいかを明確に伝えましょう。

 

状況別の回答例「いじめや無視」

社会人になってもいじめや無視は大きな問題として取り上げられています。

社内風紀でいじめや無視を監視しなくすような取り組みも行われてはいます。

ただ悩みを抱える人はまだまだ多くいます。

いじめや無視が原因で退職した場合の面接での回答ポイントと例文について解説します。

回答のポイント

いじめや無視を受けるとひどい場合には精神的に病んでしまう可能性もあります。

無理をして働き続けるよりも気持ちを切り替えて思い切って転職することもひとつです。

面接ではいじめや無視の実態について語る必要はありません。

面接官にとっては知らない人同士のトラブルです。

被害者側としては実情を訴えたくなる気持ちはあるでしょう。

ただし、あまり具体的に話してしまうと「本人に問題はなかったのか」という疑問を持たせてしまうことになります。

現場にいなかった人にいじめや無視の状況を事細かに伝えることは難しいと考えましょう。

それよりもいじめや無視のことはポジティブな表現に切り替えてよい職場環境に転職することを優先しましょう。

いじめや無視が原因の場合の回答例

前職の職場は協調性よりも社員個々の判断を重視する環境でした。

各自の判断で働くことができた点はとてもありがたいと感じています。

ただ私は次のステージとして協調性やチームワークを重視する環境で働いてみたいと感じ、退職を決意しました。

1人でできることは限られていると感じています。

より大きな成果をあげるにはここが持つスキルを持ち寄って協調しながら働くことが不可欠と考えます。

今後のキャリアを考えて、チームで仕事ができる環境に身を置いてみたいと考えています。

これまで培ってきたスキルを生かしてチームのなかでしっかりと貢献させていただきたいと思っております。

状況別の回答例「仕事の進め方の不一致」

オフィス

自分がやりたい仕事ができないという理由で退職を決意する人もいるでしょう。

会社や上司との仕事に対する方針が合わないことで仕事のモチベーションが下がるということもあります。

仕事の進め方の不一致が原因で退職する場合の回答ポイントと回答例について解説します。

回答のポイント

面接で前職の文句や愚痴をいうことは避けましょう。

「やりたい仕事ができなかった」と話してしまうとマイナスの印象を与える可能性があります。

面接官としては、この人はやりたい仕事しかしないのかもしれない。

仕事があわないと思ったらすぐに辞めるかもしれないと危惧する材料を与えてしまいます。

会社の方針に寄り添えない社員はトラブルの原因にもなります。

採用の段階でこのような課題が見えてしまうと内定が遠のいてしまう可能性もあるでしょう。

具体的には次のような回答がおすすめです。

仕事の進め方の不一致が原因で退職した場合の回答例

私はキャリアアップをしたいと考えて前職を退職しました。

前職では社内環境や人員の関係で事業発展が困難な状況がありました。

業績が悪いということではありませんでしたが、会社全体や社員個々の成長が見込めない状況にありました。

将来性を考えた場合、キャリアップを目指すなら退職して新たな環境に身を置いてみたいと考えました。

スキルもしっかりと磨きながら御社に貢献しキャリアアップを目指していきたいと考えております。

退職理由を伝える時の注意点

パソコンとスマホ

面接で退職理由を伝える場合には慎重に言葉を選ぶ必要があります。

ネガティブな発言はできるだけ避けましょう。

退職理由の大半がネガティブなものであることは面接官も理解しています。

その上で、いかにポジティブな印象を与えることができるかが転職を成功させるカギにもあります。

採用する側がどのような人物像を求めているのかを考えると自然と選ぶ言葉も決まってくるでしょう。

仕事に対して前向きに取り組める人。

入社後も積極的に活躍できそうな人。

社員と調和が取れそうな人。

最低限、このポイントは抑えておくとよいでしょう。

間違っても前職の愚痴や悪口に聞こえるような発言はしないことが大切です。

 

ワンポイント
退職理由を伝えるときは堂々とした態度でポジティブな印象を与えることができるように練習しておきましょう。

 

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

悩む女性

 

 

ネガティブな退職理由をポジティブに変換することはなかなか難しい作業です。

自分だけで考えていると嫌な思いをしたことや不平不満がどんどんと出てきます。

そこで活用したいのが第三者の存在です。

身近に転職活動の相談に乗ってくれる人がいる場合には相談しながら客観的な意見をもらうことも大切です。

おすすめは転職エージェントの活用です。

転職エージェントは転職のプロであるため、客観的な意見だけでなくプロとしての意見をもらうこともできます。

退職理由についてだけでなく転職活動全般について相談することも可能です。

転職の悩みは転職エージェントに相談することで転職活動をスムーズに進めることができます。

 

ワンポイント
転職活動全般の不安や悩みは転職エージェントに相談してスムーズに活動を進めましょう。

 

まとめ

内定通知書

 

人間関係が原因の退職理由を面接でどう伝えるかについて解説してきました。

ネガティブな原因で退職する人は多くいます。

そのため面接官も退職理由がポジティブなものばかりではないことは理解しています。

そこでポイントとなるのが、いかにポジティブ思考に切り替えて面接に臨むかです。

いじめや無視、パワハラなどが原因の場合はとくに私は悪くないと主張したくなるでしょう。

ただ面接官にそれを訴えたところでマイナスにしかならないことは理解しておきましょう。

それよりも転職先の企業でどのように活躍したいのか、貢献できることは何かを語る方が効果的です。

退職理由で悩んだら転職エージェントを活用してみましょう。

転職のプロに客観的な意見をもらうことで転職活動が前向きに進み出すでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら