意を決して転職を決めたら、転職は無事成功させたいもの。

転職を成功させる要素はいくつかありますが、コミュニケーション能力が高い人材が好まれるのはいうまでもないですよね。

コミュニケーション能力は、どの職種においても高いに越したことはない能力です。

この記事では、コミュニケーション能力をうまくアピールする方法を解説していきます。

Contents

自己PRでコミュニケーション能力をアピールする方法

ミーティングをする女性

採用試験において、コミュニケーション能力をアピールするタイミングがいくつかあります。

それは履歴書の自己PR欄や職務経歴書、さらに面接のタイミングです。

面接でアピールすることが一番有効ですが、そこまで行くためにはまず書類選考を通らなければいけません。

そのため、履歴書一つとっても安易に考えず自己PRには力を入れ、有効にアピールすることが大切です。

自己PRでコミュニケーション能力を効果的に伝えるポイント

ポイントを指す女性

自己PRでコミュニケーション能力を効果的に伝えたいとは思っていても、ポイントがいまいちわからないなんてことも。

ここでは、そんな効果的に伝えるポイントを解説していきます。

結論から話そう

自己PRでは結論から話すことが大切です。

それはコミュニケーション能力が伺えるエピソードを1から話してしまうと、聞く側は話の焦点が分からなくなるためです。

一生懸命に準備してきた話なのに、‌採用担当者や面接官に興味をもってもらえなくなるのは非常にもったいないですよね。

そして、企業側も何人も書類選考や面接をこなすために効率よく情報を得たいと考えています。

話の結論から話すことで、聞いている人に興味を持たせることができ、内容も伝わりやすくなります。

具体的なエピソードを交えて伝えよう

笑顔で話す女性

具体的なエピソードを交えることで、ぐっとコミュニケーション能力が高いことに真実味が湧きます

そして、企業側もどの程度のコミュニケーション能力があるのかが分かりやすくなります。

抽象的に「コミュニケーション能力があります。」だけでは誰でもいうことができますし、どの程度あるのかはよく分かりませんよね。

今まで自分が経験してきたことを、具体的に話せるようによく思い出しましょう。

コミュニケーション能力をどう活かせるか説明しよう

あなたが持っているコミュニケーション能力は、どのようなビジネスシーンで役立ちそうですか。

企業側は業務に役立つ能力を求めています。

コミュニケーション能力が高いのは理解してくれたとしても、自社で役に立つイメージがわかないと採用に繋がりません。

そのため、あなたが持っているコミュニケーション能力を、どのような時に活かせるかを企業に説明しましょう。

受ける企業がどのような企業であるかを調べ、具体的なビジネスシーンを想定してアピールすることが大切です。

 

ワンポイント

結論から話したり、具体的なエピソードを話すことで、相手の理解度がグッと高まります。そして入社後にコミュニケーション能力どう活かせるかを説明することで、活躍できるイメージを沸かせることができます。

自己PRでコミュニケーション能力をアピールする時の注意点

ポイント

効果的に伝えるポイントが分かったところで、コミュニケーション能力をアピールする時の注意点を確認しましょう。

 コミュニケーション能力をアピールする応募者が多い

コミュニケーション能力は特別な資格もいりませんし、採用する上で重要なポイントとしている企業がほとんどです。

そのため、コミュニケーション能力をアピールする応募者は多くなります。

よって、ありきたりでポイントを押さえていないPRの仕方では、採用担当者や面接官に目をつけてもらうことが難しいかもしれません。

しっかりと作戦を立てて自己PRに挑みましょう。

ビジネスに必要なコミュニケーション能力を理解しよう

ビジネスに必要なコミュニケーション能力を理解することは非常に重要です。

ビジネスでは、社内外問わず自分以外の人と常に関わっていかなければなりません。

円滑に業務を遂行するためにもコミュニケーション能力は必要ですよね。

そのため、このビジネスに必要とされるコミュニケーション能力を正しく理解していないと、企業に欲しがられないのです。

自己PRでは、的外れなアピールをしないように気をつけましょう。

 

ワンポイント

他の応募者より効果的にコミュニケーション能力の高さをアピールするには、ビジネスに必要なコミュニケーション能力を正しく理解し、戦略を立てることが大切です。

ビジネスに必要なコミュニケーション能力は?

ノートパソコンを見る女性

ビジネスに必要とされるコミュニケーション能力は、大きく3つに分類されています。

この項目では、この3つについて解説していきます。

「聞く」コミュニケーション能力

聞くコミュニケーション能力というのは、ビジネスにおいてしっかりと相手の話を傾聴するという能力です。

相手の話を的確に正しく理解する力ともいえるでしょう。

聞くコミュニケーション能力を会得するには、基本ともいえますが相手が話しているときは必ず目を見ましょう。

そして、落ち着いて話を聞き、相づちを打ちます

目を見るのが恥ずかしい場合には、目と鼻の間を見ても良いでしょう。

そして、聞き間違いや理解にずれが生じないように、理解したことを繰り返し相手に確認することも大切です。

正確に聞くことは、良好な信頼関係を築くことができますので、是非聞き上手をめざしましょう。

「伝える」コミュニケーション能力

カウンセラー

伝えるコミュニケーション能力とは、相手に伝えるべきことを正しく適切に伝える能力です。

それは相手の知識量や立場、タイミングなど状況に合わせて伝え方を工夫する必要があります。

そうすることによって、相手の理解度が高くなり情報を正しく共有することが可能になるのです。

伝えている途中でも相手の反応を伺い、どのくらい理解しているかどうかを判断して臨機応変に説明しましょう。

「連携する」コミュニケーション能力

連携するコミュニケーション能力というのは、社内外の人と円滑に連携を図り、スムーズに目標を達成できる力です。

この力があれば、目標を達成する過程で他者の協力が必要不可欠でも、頻繁に連絡を取り合ってミスを防ぎながら仕事ができます。

また、連携プレーという言葉があるように時には少ない言葉でも瞬時に分かり合え、通じ合えることも大切です。

例えば、相手の表情や周りの状況・雰囲気を感じとり、相手がどうして欲しいかを察し瞬時にサポートする行動です。

空気を読む力ともいえるでしょう。

そこまで出来るようになるためには、日ごろより相手との信頼関係を築いていく必要があります。

自己PRで知りたいのは企業で活かせる強みがあるか

ガッツポーズをする女性

自己PRで企業側が真に知りたいのは、どんな能力があるかということではなく、企業で活かせる強みがその人にあるかどうかです。

相手が求めていない能力をアピールする時間は非常にもったいない時間です。

そのため、コミュニケーション能力をアピールするときには、その企業で活かせることに焦点を当てて話を進めましょう。

そして、入社後には即戦力として成果をあげ活躍するイメージをもってもらうことが大切です。

コミュニケーション能力の効果的なアピール例

それでは、コミュニケーション能力の高さを効果的にアピ―ルする例文をご紹介していきます。

この例文でイメージをつかみましょう。

例文

接客をしていた際に大きなクレームに発展させずに、お客様から逆にお褒めの言葉を頂いた経験があります。

飲食店でホール担当をしていた際、提供した料理に問題がありお客様に呼ばるということがありました。

そこで私は、お客様が何を伝えたいのかを真剣に聞きお客様のお気持ちを確認いたしました。

そして私は心よりお詫びをし、お客様に今後の対応を誤解なくお客様に伝わるようお話いたしました。

次に早急に職場のルールに則った対応をしましたが、さらにお客様の連絡先をお伺いし後日改めて上司と共にお詫びをしました。

その結果お客様の機嫌を損なわずに、気持ちの良い対応だったとお褒めの言葉を頂くことができました。

ミスを起こさないことがもちろんベストですが、問題が起こった際に真摯に対応し相手の気持ちを深く思うことの大切さを学びました。

また、こちらの意図も相手に適切に伝えることが重要で、そこで学んだことは貴社の営業スタイルに通じると確信しています。

文章をつくるコツ

ノートとひらめき

コミュニケーション能力をアピールするには、相手の話をきちんと理解し、相手に情報を適切に伝えられるかということが重要です。

そして円滑に仕事が進められ、良好な人間関係を築けるということをアピールすることが有効です。

例文では相手の気持ちを汲み取り、自身も正確に丁寧に情報を伝えることができたエピソードになっています。

そのため、相手への配慮や適切な会話ができることを伝えることができます。

 

ワンポイント
このとき、入社後にはどのような場面で自分のコミュニケーション能力を活かすことができるか、相手がイメージできるように話すことで効果的にアピールできます。

コミュニケーション能力アピールのNG例

NGを出す女性

それでは先ほどの例文1を少し変えてみますので、効果的にコミュニケーション能力のアピールが出来ていない部分を見てみましょう。

NG例

私は以前飲食店でホール担当をしていました。その際、お客様に提供した料理に問題があったのでお客様に呼ばれました。

そこで私は心よりお詫びをし、早急に職場のルールに則った対応をしました。

さらにお客様の連絡先をお伺いし後日改めて上司と共にお詫びをしました。

その結果、そのお客様には気持ちの良い対応だったとお褒めの言葉を頂くことができました。

ミスを起こさないことがもちろんベストですが、問題が起こった際に真摯に対応し相手の気持ちを深く思うことの大切さを学びました。

また、こちらの意図も相手に適切に伝えることが重要で、そこで学んだことは貴社の営業スタイルに通じると確信しています。

NGな理由①

指さす女性

上記の文のNGな理由が2つあります。

1つ目は、結論から話していないことです。

先ほども述べましたが、先に結論を話さないことで話のポイントが分かりにくくなり、採用担当者や面接官の理解度が下がります。

先に結論を話すというちょっとしたポイントで、アピール効果が高くなりますのでぜひ意識してみてください。

NGな理由②

2つ目は、ビジネスに必要なコミュニケーション能力の「聞く」「伝える」「連携する」のどれにも触れていないことです。

これに触れていないことで、ビジネスシーンでのコミュニケーション能力の高さの具体性が薄れてしまっています。

これらのNGポイントのせいで、入社後に活躍しているイメージが湧きにくくなり、効果的にアピールが出来ていないのが分かります。

 

ワンポイント
エピソードは結論から話し、ビジネスに必要なコミュニケーション能力を意識して文章を考えることで、効果的に企業側に伝えることができます。

面接中の会話でもコミュニケーション能力を意識してアピールしよう

面接

履歴書や面接時の自己PRエピソードを充実させるだけではなく、面接の会話の中でもコミュニケーション能力を意識しましょう。

そうすることでアピール効果が高まります

面接中の会話でも、何を聞かれたのかを理解し、的を得た返答を相手にきちんと伝わるように話しましょう。

そのためには、落ち着いて冷静に相手の目を見て話を聴くことが大切です。

質問の意味が分からないときは、「その質問はこういうことでしょうか」と確認をいれましょう。

なかなか確認をとりにくい雰囲気ではあるかもしれませんが、的外れの回答をするよりは面接官が受ける印象も良いといえます。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

OKを出す女性

今回ご紹介したように、コミュニケーション能力を効果的にアピールする方法など、転職活動にはさまざまな疑問がつきものですよね。

そのような疑問を1から調べていると、時間がかかってしまったり自信も持てなかったりと、転職活動中に困ってしまうことも。

そんなときは、転職のプロである転職エージェントを活用する方法があります。

転職を成功させるためのノウハウや、自分をアピールするコツなどさまざまな相談ができます。

浮かんだ疑問をすぐに相談できる相手がいるというのは、非常に心強いですよね。

また、転職エージェントは非公開求人情報を持っていたり、求人を出している企業に詳しいため転職活動がスムーズに進みます。

不安なことや分からないことを一人で悩まずに、転職エージェントをうまく利用しプロからのアドバイスをもらいましょう。

まとめ

ノートとシャープペンシル

転職を成功させる要素である、高いコミュニケーション能力

これを効果的にアピールするには自己PR時に、具体的なエピソードを結論から話し、入社後にはどう活かせるかを伝えましょう。

そして注意すべき点は、自分がアピールしようとしているのが、ビジネスに必要なコミュニケーション能力かどうかです。

ビジネスに必要なコミュニケーション能力は、「聞く」「伝える」「連携する」の3本の柱があります。

この3本の柱を意識して、精一杯アピールしていきましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら