就活や転職活動の最初に行うことといえばまず自己分析ではないでしょうか。

就活生・転職者が苦戦する原因の多くは突き詰めるとこの自己分析にあります。

企業選び以前にまず自分の長所・短所を客観的に分析できていないから躓くのです。

自己分析は志望動機や自己PRなどのあらゆる部分に大きく影響する根幹になります。

本稿では自己分析シートのやり方をその目的やメリット・注意点と共に解説しましょう。

自己分析シートのやり方とは

自己分析シート

自己分析と聞くと「自分のことは自分が1番分かっているから必要ない」という人も多いでしょう。

しかし、それはあくまでも主観の領域であり他者から見た客観的な自分ではないのです。

自分が思う自分と他人が思う自分には大きな差があることを自覚しなければなりません。

就活・転職活動で多くの人が失敗するのはこのスタートが間違っているからです。

自己分析の目的と方向性を間違えると、内定への道のりは遠のいてしまいます。

そのためにはまず自己分析診断や他者に自分はどういう人間かを聞いてみてください。

そこを知ることによってようやく転職活動のスタートラインに立つことができるのです。

自己分析が苦手な人は目的をちゃんと理解しよう

理解する

自己分析が苦手という人はそもそも何のために行うのかという目的を理解しましょう。

例えばスポーツだと「全国大会優勝」や「オリンピック金メダル」などの目的が必要です。

勉強でも「東大合格」や「英検一級取得」などの目的があって初めて取り組むことができます。

転職活動も同じであり「この企業で働きたい」という目的があるから行うものです。

この根本を理解した上で自己分析の目的を大別すると以下の2つになります。

  • 自分の強みをしっかり面接官に伝えられるようにする
  • 自分に合った企業選びができるようにする

この2つを理解して初めて明確な方向性のある自己分析ができるようになるのです。

明確な目的を設定することで初めて自己分析の意味が具体化されます。

 

無料転職相談をして理想のキャリアを実現しよう

 

自己分析の目的を知ろう

それでは上記した自己分析の目的を更にここでは掘り下げて語ります。

自己分析の目的がわからないという方はぜひ参考にしてください。

自分の結論や強みを伝えられるようにする

研究

自己分析の最初の目的は自分の結論や強みを面接官に伝えられるようにすることです。

転職活動は現職の自分という商品を転職希望先へ売り込む営業活動になります。

自社の商品の強みと弱みをきちんと理解できていない営業マンはいい売上を出せません。

お客様からどんな質問を聞かれても論理的かつ具体的な説明が営業には欠かせないでしょう。

自己分析も同じことであり面接官の質問に対して論理的かつ具体的な説明が必要になります。

内定をいただくことは即ち自分という商品を企業に買っていただくことを意味するのです。

自分に合った企業を選べるようにする

2つ目の目的は自己分析を行うことで自分に合った企業を選べるようにすることです。

転職者の多くが内定までいただけない理由はこの企業選びの軸が定まっていないことにあります。

上記したように、あくまでも転職活動は自分という商品を売り込む営業活動です。

どんなに優れた商品でも企業が求めるものと一致しなければ買ってもらえません。

また仮に内定をもらえたとしても入社後のミスマッチが起こり長く持たずに辞めてしまいます。

そこを防ぐためにも自分の性格やスキル・実績から何が向いているかを客観的に判断して下さい。

自己理解を深めることによって自分にはどんな企業が向いているのかが自ずと分かるでしょう。

餅屋は餅屋であり自分の向き不向きをまずは徹底的に分析することが大切です。

 

ワンポイント
転職活動は「自分という商品」を買ってもらう営業活動である
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


自己分析を始めるタイミング

自己分析の目的が理解できたら次は始めるタイミングが大事です。

早ければ早いに越したことはなく、ここではそのタイミングを解説します。

自己分析は転職活動の第一歩

ファーストステップ

まず自己分析は転職活動を行う上でのファーストステップだと肝に銘じてください。

‌転職活動のゴールは「自分に合う企業に自分という商品を買ってもらうこと」にあります。

そのためには深い自己理解が必要であり、それなくして自分に合う企業は明確化されません。

‌結果として目的とゴールがずれてしまい、延々と無駄な転職活動を行うことになるのです。

自己分析を早くから行うことでそうした無駄なことをせず最短ルートで内定を勝ち取れます。

基本中の基本だからこそ決して疎かにせず早め早めに取り組みましょう。

きちんと自己分析をするには時間と労力がかかる

考える

自己分析は転職活動における基本中の基本だと書きましたが、決して簡単ではありません

自分がどういう人間かを言語化するだけではなく、そこから更に深掘りする必要があります。

そのためには上記した「他者から見た自分」という客観的な意見も欠かせないのです。

時には自分自身が思いもしなかった意見や認めたくない弱みが出ることもあるでしょう。

しかし、その他者からの意見を認めることができて初めて説得力のある自己分析ができます。

あくまでも「他者から見た自分」と「自分が思う自分」をしっかり一致させてください。

そのためにはどうしても時間と労力がかかると認識しておきましょう。

ただ、転職者の場合は就活経験者でもあるので自己分析は然程難しくないと思われます。

 

ワンポイント
自己分析は転職活動の基礎基本であり、絶対疎かにしてはならない

自己分析シートを書くときのポイント

それでは自己分析シートを書く時に気をつけるべきポイントは何でしょうか?

自分の経験を古いものから箇条書きしよう

書く

まずは自分の経験を古いものからどんどん書き出していってください。

いわゆる「自分史」と呼ばれる、転職活動において非常に有効なやり方です。

自分史を作成することで自分が歩んできた道のりを可視化することができます。

ここで大事なのはそれが単なるエピソードの羅列にならないようにすることです。

転職活動であれば仕事における経験が中心となってくるのではないでしょうか。

そうしたエピソードを出すことで自己分析を肉付けする材料が出来上がります。‌

その経験で「嬉しかったこと」と「苦しかったこと」を考えよう

経験やエピソードが揃ったら「嬉しかったこと」と「苦しかったこと」を考えてください。

面接でよく「1番嬉しかったことは?」「1番苦労したことは?」と聞かれることがあるからです。

そういった質問に答えるためにはエピソードを厳選して深める必要があります。

経験に深みを出すためには「なぜ?」を中心に深く問いかけ答えを出していきましょう。

そうして出た答えを1つに繋ぎ合わせてストーリー仕立てにすることで深みのある話となります。

転職者が人生で得た経験・体験は企業に買ってもらえる商品となりうるのです。

経験から「強み」と「弱み」を探し出そう

強みと弱み

3つ目の方法とは箇条書きにした経験から「強み」と「弱み」を探して抽出することです。

自分の経験を深めて物語に仕立てた後はそこから長所・短所を引き出してください。

その過去の経験には何か共通する行動・言動の傾向があるのではないでしょうか。

例えば営業職の経験であれば「社交的」という強みと「八方美人」という弱みが挙げられます。

また、事務職であれば「堅実」という強みと「柔軟性に欠ける」という弱みが出てくるでしょう。

このように帰納法を用いて過去の経験や仕事から共通する強み・弱みを抽象化してください。

それが転職希望先に売り込むことができる「客観的な自分」となります。

将来実現したいことと経験を結び付けよう

現在、未来、過去

そしてこれが最も大切ですが、過去の出来事将来実現したいことを結びつけてください。

どんなに素晴らしく深みのある自己分析ができても大事なのは将来に繋げることです。

過去の経験から抽出しただけでは単なる回顧録で話が完結してしまい広がりがありません。

相手先の企業に自分を買ってもらうにはその会社の事業にどう貢献するかが大切なのです。

具体的には以下のように質問を設定してください。

  • どの企業に入りたいのか?
  • その企業に入りたい理由はなぜか?
  • 過去の経験と会社の事業がどう繋がるのか?
  • 自分の強みと弱みはその企業で活かせるのか?

大変な作業ですが、ここまで掘り下げて初めて深みのある自己分析シートが出来上がります。

 

ワンポイント
・過去の経験を抽出し物語仕立てにする
・その経験から出てくる強みと弱みを抽出する
・その過去の経験が企業の事業にどう活かされるかを関連づける

自己分析シートのメリットは?

このように自己分析シートをしっかり完成させるためには相応の労力と時間がかかります。

それではこれだけの手間をかけて自己分析シートを完成させるメリットはなんでしょうか?

考えた内容を整理し可視化できる

可視化

まず1つ目にシートに書き出すことで考えた内容を言語化可視化できることです。

思っていることや過去の経験はただ頭の中で考えるだけでは具体化しません。

言語化するなり絵として形にするなりして初めて具体的な輪郭を持つのです。

過去の経験を文字に起こすことによって自分の情報を分かりやすく整理できます。

そうすると文字という視覚で自分がどんな人間かがしっかり肉付けできるのです。

しっかりした軸が出来てくるので迷いやブレが少なくなるでしょう。

過去の経験から自分の強みと弱みを知ることができる

強みと弱み

2つ目は過去を振り返ることで新たな強みと弱みを知ることができるというメリットです。

転職活動の場合は仕事の経験から共通点を探し当ててみると、意外にも新鮮な発見があります。

時として自分でも想像しなかった新しい自分に出会うことが出来るのです。

例えば自分では真面目な慎重派だと思っていた人が過去の経験から実は積極的な人だと気づくことがあります。

逆に自分で強みだと思っていた部分が人によっては弱みだと受け取られることもあるでしょう。

このように、客観的な分析を通して自分ではない自分を知ることが出来るのです。

 

無料転職相談をして憧れの企業に転職しよう

 

自己分析シートを使うときの注意点

このように自己分析シートを使うとかなりのメリットがあることが分かりました。

しかし使う時にはまた注意点もありますので、ここではそれを並べてみましょう。

自己分析シートをやっただけで終わりにしないこと

書いた後

まず自己分析を書き終えたからといって、そこで自己完結しないでください

自己分析シートを書き終えてからが本番であり、あくまでも目的は企業から内定をいただくことです。

どんなに素敵な自己分析シートが書けたとしてもそこで終わったら絵に描いた餅にしかなりません。

自己分析シートを基に企業分析や業界分析・履歴書の作成・面接の練習など行動に移しましょう。

絵に描いた餅で終わらせないためにはとにかく次につなげていくための行動が大事です。

企業とのご縁を引き寄せるためには待ちの姿勢ではなく攻めの姿勢で臨みましょう。

自己分析と合わせて企業分析しよう

企業

2つ目に自己分析シートで書いた内容を基に企業分析を行うことです。

何度も書きますが、転職活動は自分という商品を希望先の企業に買っもらうことが目的になります。

そのためには自己分析の内容と企業の求めるのを合致させるチューニングを徹底してください。

多くの就活生や転職者が失敗してしまうのはこの自己分析と企業分析が上手く噛み合わないからです。

負けに不思議の負けなしであり、転職活動が上手くいかない時は大体どこかに原因があります。

逆にいえば、自己分析としっかり合致した企業を選べれば失敗する確率は格段に減るのです。

成功率を上げることは難しくても失敗率を減らすことは今この瞬間から可能ではないでしょうか。

自己分析シートの結果をそのまま使わないこと

そして3つ目に自己分析シートで得られた結果をそのまま履歴書や面接で使わないことです。

自己分析シートはあくまでも基礎基本の土台であり、まだ実践向けの材料ではありません。

幾分主観が混じっていますし、最終的に企業の求めるものと合致しなければ意味がないのです。

そのため実戦向けに洗練させるという応用・発展を忘れずに行いましょう。

また、1度完成させた自己分析シートも時間を置いてから見直すと荒削りな部分も沢山見えます。

そういう部分をしっかり修正していき遂行を重ねて精度を上げていく努力・研鑽を続けてください。

 

ワンポイント
・自己満足で終わらせるのではなく次に繋げる
・転職希望先の企業と上手くマッチングさせる
・完成したシートをそのまま使わず実戦向けに洗練させる
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


自己分析を徹底して自分の新たな強みを見つけよう

見つける

このように自己分析シートは転職活動においても欠かせない基本中の基本です。

一見簡単なようでいて実に奥が深く内定を勝ち取るのには徹底した戦略が必要になります。

しかし自己分析を重ねて新たな強みが見つかると、それだけで大きなモチベーションになるでしょう。

時間や労力はかかりますが、用意周到に準備が出来れば転職活動も決して難しくはありません。

自分という商品を企業に買ってもらえるようにしっかり深みのある自己分析を行ってください。

 

無料転職相談をして自分の夢を実現しよう

 

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

エージェント

自己分析シートを完成させようと思っても自分1人では大変ではないでしょうか。

そこでおすすめなのが転職エージェントに自己分析シートについて相談することです。

新卒の就活との違いも含めて転職活動のノウハウや知識を具体的に教えてくれます。

また「他者から見た自分」がどういう人間かもより的確に分析してくれるのです。

もし転職活動で悩みや行き詰まりを感じたら是非1度エージェントをご利用ください。

まとめ

自己分析

いかがでしたか?

今回は就活・転職活動の基本である自己分析シートのやり方を解説・紹介しました。

まず自分のことを自分で説明できなければ他人に魅力を理解してもらえません。

転職活動はあくまでも自分という商品を売り込む営業活動です。

時間と労力はかかってもいいので、しっかり行うようにしてください。

本稿が自己分析シート作成の参考になれば幸いです。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!