転職面接で腕時計を忘れてしまった時、どうすればよいのでしょうか。

転職面接では、面接官はまず面接を受ける人の身だしなみをチェックします。

腕時計の有無は、時間に対してルーズかどうかの目安とされる場合があるのです。

こちらではうっかり面接に腕時計を忘れた時の対処法や対策についてお話ししています。

転職の場合、特に第一印象が大切です。腕時計が合否を分ける重要な鍵になることもありますよ。

ぜひ参考にして下さいね。

面接で腕時計を忘れた場合の対策

困った女性

面接には万全を期して臨みたいものです。特に転職面接では、服装や髪型などの第一印象が合否の重要な鍵となります。

大切な面接に腕時計を忘れてしまった!そんなときにはまず慌てないことです。慌てずに最善の対策を考えましょう

時間がある場合には自宅まで取りに帰るか、それほど時間が無い時には近くのショップで購入するなどいくつかの対処法があります。

慌ててしまって面接の場で本来の力が出せなかった、などということの無いようにしてください。

面接での腕時計の必要

腕時計

面接で腕時計が必要?と思う人がいるかもわかりませんが、時間をしっかりと把握するためにも腕時計は必需品と考えましょう。

面接室に入ると、面接官は一番に服装や靴などを確認します。

マナーをふまえた服装をしているか靴はきちんと磨かれているか髪型はその場に相応しいかを、瞬時にチェックするのです。

実は腕時計も、社会人として身に付けているべきと考える面接官が多いのです。

腕時計もしていないようでは時間にルーズなのではないかと、マイナス評価を受けてしまうこともあるので注意が必要です。

転職者だからこそ社会人としてのマナーがしっかりと身に付いているかどうかが、選考の基準になるといっても過言ではありません。

詳しく腕時計の必要性について説明していきましょう。

ビジネスマナーの一環と捉えている人もいる

社会人として腕時計をすることは当然、と考える面接官が多いとお話ししました。

実際に仕事の出来る人や信頼されている人は、腕時計をしていることが多いのです。

そのために、腕時計をする事がビジネスマナーの一環だと捉える上司もいることは事実です。

企業で認められる出来る人は、仕事の合間にちらりと腕時計を確認し次の仕事に移ります。

自分で時間を把握しながら仕事をこなしているのです。

転職の就活で必要なのは即戦力として使えると思ってもらえることです。面接はそれを充分にアピールできる場なのです。

身だしなみとともにその場に相応しい腕時計を身に付けている人は、それだけで面接官の第一印象がぐっとよくなります。

面接の時間を把握できる

時計とカレンダー

もちろん腕時計は、自分のやる気をアピールするだけのものではありません。

会社までの所要時間を確認したり面接時間に遅れることのないように、余裕をもって自宅を出る為にも必要なものです。

その日の行動を把握するためにも、日ごろから時計を身に付ける習慣をつけておきましょう。

時計で時間を把握できるようになると、腕時計が無いと何となく心もとないと思うようになります。

大切な面接に時計を忘れるということも防げるでしょう。時間はスマホでではなく、腕時計で見ることを新しい習慣にして下さい。

突然な筆記試験時にも対応できる

会社によっては面接だけでなく、簡単な筆記試験を抜き打ちで行う場合もあります。

一般常識程度のものが多いですが、限られた時間での回答が必要となった場合には時計が無いと不安です。

慌てることなく時間を確認しながら落ち着いて回答できるのは、時計があればこそです。腕時計はやはり必需品といえるでしょう。

 

ワンポイント
 腕時計はビジネスマナーとして日頃から身に付けるようにしよう。

スマホが面接官に与える印象を知ろう

使用禁止イメージ

時計が無くてもスマホで時間はわかるから、という人がいます。確かにスマホを見れば時間は確認できます。

でも面接中にスマホを出して見たりしたら、面接官はどう感じるでしょうか。

たとえ時間を見る為だとしても、面接官からの印象はずいぶん悪いものになりかねません。

スマホは時計ではないと心得ましょう。特に転職の面接の場合は社会人としての常識が問われます。

面接にはスーツ・磨かれた靴・すっきりと纏めた髪。そして社会人に相応しい腕時計をして臨むようにしてくださいね。

スマホは電源を切るかマナーモードにして、鞄の中にしまっておきましょう。それが最低限のマナーです。

面接時に腕時計を忘れてしまったら?

面接を受ける女性

もしも面接時に腕時計を忘れた場合、どのように対処すればよいか対処法を挙げてみますね。

時間が充分あれば自宅に取りに帰れますが、いよいよ面接という時に気付いたなら、そのまま面接に臨むしかありません。

その場合には慌てずに、時計のことは忘れて面接官の質問に応えることに集中しましょう。

その上で、できれば面接官に時計をしていないことがわからないように、さりげなく手首を隠すようにするとよいでしょう。

長袖やジャケットで手首を隠そう

腕時計を忘れてしまったことだけに神経が行き、肝心な面接での受け答えが上手くできなくなるのは本末転倒です。

あまり気にし過ぎてはいけませんが、ジャケットの袖などでさりげなく手首を見えにくくすることは出来ますよ。

長袖の袖口を少し引っ張るようにして、手を軽く重ねて膝に置くようにすると手首が目立ちにくいです。

ただ、特に時計を見る必要が無いのに手首に目をやるなど、ぎこちなくならないように気を付けましょう。

手首を気にするあまり、かえって面接官の視線が行かないように、自分自身が気にし過ぎないようにすることも大切です。

しっかりと受け答えすることで、腕時計忘れが特にマイナス評価にならずにすみます。

何といってもメインは面接なのですから。

近くのショップで購入しよう

もしも面接まで少し時間があるのなら、近くのショップやコンビニでシンプルな腕時計を購入するのも良いでしょう。

腕時計が直接合否を左右するとは限りませんが、面接官に好印象を持たれる可能性があるとすれば、無駄な出費ではないはずです。

近くのショップで至急購入する場合には、とにかく目立たないシンプルなものを選んでください。

転職に相応しい腕時計の選び方

選ぶならどちら

転職面接時に、腕時計が何故必要なのかについてお話ししました。

続いて転職試験や面接に相応しい腕時計について、詳しく解説していきましょう。

一番にいえるのは、華美すぎないということです。

また、レジャーで使うような腕時計では、かえって印象を悪くしてしまうので注意が必要です。

着けている腕時計の印象で、仕事と遊びの区別がつかない人と思われかねません。

あくまでも仕事のシーンで使うことを想定して、腕時計を選びましょう。

「文字盤」

時計の文字盤は、シンプルで時間が瞬時にわかるものが良いでしょう。長針短針に秒針があるもので文字盤の色は白が無難です。

基本的にはフォーマルな場でも使えるものが、転職の面接や仕事の場に相応しいといえるのです。

レディスタイプの小振りで上品なものを選ぶとよいですよ。

デジタルの腕時計も時間が瞬時にわかるので人気ですが、どうしてもカジュアルなイメージになりがちです。

やはり面接には三針のアナログタイプを選ぶ方が好印象に繋がります。

「素材」

ベルト部分の素材ですが、メタルタイプよりも革のタイプが、落ち着きがあると評価されやすいです。黒か濃い茶色の革を選びましょう。

間違ってもキャラクターの絵の入ったものや、カラフルな模様のあるベルトは選ばないようにしてくださいね。

これは面接の時だけでなく、仕事の場でも同様です。

落ち着いた色合いで、素材も仕事の時に着けて相応しいものか、判断して購入して下さい。

「形状」

腕時計 レディス

形状も派手でなくあくまでもシンプル、レディスは小振りなものが無難です。

丸か楕円の文字盤で、手首に巻いて落ち着く上品なものを選びましょう。

特殊な形をしていたりブレスレットのような形状のものは、遊びの要素が強いので特に面接には不向きです。

腕時計が目立ちすぎず、さりげない感じで手首に巻かれているのは好印象につながります。

「価格帯」

面接だからと張り切り過ぎて、持っている腕時計の中で一番高価なものを着けていこうと考える人がいますが、逆効果です。

あくまでも普通の価格…高価過ぎず安価過ぎず、手ごろな価格のものを選びましょう。

ハイブランドの腕時計は、かえって面接官の心情を悪くする場合があります。

もしかして浪費家なのではないか、などと誤解されかねません。

これは面接時だけでなく仕事のシーンでも同じで、高価すぎる腕時計は反感を持たれる原因となる可能性があります。

上司や先輩よりも高額な時計はできるだけ避けて、シンプルで無理のない価格のものを選ぶようにしてください。

2万円から5万円くらいまでの価格帯のものを選ぶと間違いないでしょう。

 

ワンポイント
 面接や仕事にはビジネスシーンに相応しい腕時計を選ぼう。

面接時のNG腕時計とは

腕時計NG

転職面接時に腕時計は必需品ですが、着けていることで、かえってマイナス評価になってしまう腕時計もあります。

やはり状況に合わせたものを選ぶ必要があるのです。

ただ時間がわかれば良いと、何も考えずに相応しくないものを選んでしまうと、後悔することになりかねません。

面接に限らず、社会人として仕事のシーンでの腕時計としてNGなものを挙げてみますね。

派手な色の腕時計

 

派手な時計

まず一番に目に付くのは、派手な腕時計です。

遊びの時やアウトドアで使用するような派手な色合いの腕時計は、面接時には避けましょう。

それだけでT・P・Oをわきまえない人と見なされます。

文字盤は落ち着いた白かベージュ、ベルトは黒かこげ茶の革タイプを選ぶと無難です。

メタルタイプのベルトならシルバー。金色やツートンカラーのものは派手ととられがちです。

人気のスマートウォッチなどデジタル系のものも、面接では着用しないほうがよいでしょう。

とにかく、目を引くような派手なタイプのものは、極力避けるようにすることが大切です。

キャラクターがデザインされた腕時計

キャラクターのデザインの腕時計は、幼い感じがします。

転職での面接は、社会人としてのマナーや常識も問われます。

受け答えはしっかりしていても、キャラクターの腕時計で減点などということにもなりかねません。

ワンポイントのキャラクターデザインであっても、面接ではNGと心得て下さい。

ハイブランドの腕時計

高級ブランドの腕時計は、自慢の品であっても、面接時にはNGです。

堅実なメーカーのそれほど高価でないものなら良いのですが、通常ハイブランドのものは好印象からはずれる場合が多いです。

ブランド志向がある・贅沢・浪費家などのイメージを持たれがちなのです。

あくまでも、その場に相応しいかどうかを考えて、選ぶようにしてください。

価格にも無理のない、しっかりとしたメーカーのものを選ぶと失敗がありませんよ。

カジュアルウォッチ

その場に相応しくないという意味で、カジュアルウォッチもやはり避けたいです。

デザインを重視したり、遊び心満載のカジュアルウォッチは、それだけで見れば魅力的です。

ただ、面接や仕事という場面には相応しくありません。

仕事のシーンで活躍するのは、シンプルで落ち着いたデザインの腕時計です。上品で飽きのこないものを選びましょう。

カジュアルウォッチは、面接時に着用するスーツなどにはやはり合いません。

あくまでも面接時に相応しいかどうかを、一番に考えることが大切です。

ソーラー電池式の腕時計がおすすめな理由

内定通知

また新たに購入するのなら、腕時計のタイプとしてはソーラー電池式がおすすめです。

寿命も長く電池の交換も不要で、便利だというのが大きな理由のひとつです。

電池を交換する手間もですが、電池を使い捨てることはエコとは真逆の行為です。

自然に優しい時計というのも、ソーラー電池式腕時計をおすすめするポイントでもあります。

転職面接では各グループに分かれて、グループディスカッションの場でのやりとりを、選考結果の参考にする企業もあります。

そんな時、ソーラー電池式の腕時計のことが話題になったとしたらどうでしょう。

広い目で自然の環境にまで心を配っていると、知らず識らずのうちに良い評価を貰えるなどということも期待できますよ。

 

ワンポイント
 自然に優しい腕時計は人間性を感じてもらえるアイテムでもある。

選考に直接関係はないがマナーとして用意していこう

スーツの女性と空

お話ししてきたように、腕時計は就職活動、面接時には不可欠です。

直接選考に関係無いようにも思えますが、ビジネスマナーとして評価する面接官や企業も多いのです。

身だしなみを整えるのと同じように、転職面接の際には、腕時計も忘れず用意するようにしましょう。

購入するのなら、お話ししたことを元にその場に相応しいものを選び、身に付けるようにすることをお奨めします。

転職の相談は転職エージェントを活用しよう

指導を受ける女性

希望する企業に入社できるかどうかが決まる、大切な転職面接です。

日頃の自分の長所を最大限に発揮できるように、服装や持ち物には充分な気配りが必要なのだとおわかりいただけたでしょうか。

今回は大事な転職面接に、腕時計を忘れてしまった場合の対処方や、ビジネスマナーとして選びたい腕時計についてお話ししました。

転職でどうすればよいのか困った時には、さまざまな角度から転職をサポートする転職エージェントが問題を解決してくれますよ。

どうぞおおいに活用して下さい。

ワンポイント
 転職に関しての悩みは転職エージェントに相談して解決しよう。

まとめ

通勤する女性

転職面接で腕時計を忘れてしまった時の対処方は、時間があれば近くのショップやコンビニで購入して間に合わせる。

時間が無い場合には、出来るだけ自然な感じで、手首をジャケットなどで見えにくくするとよいでしょう。

腕時計が直接選考結果と結びつくとは言い切れませんが、腕時計をつけることは、重要なビジネスマナーであると考える企業も多いのです。

身だしなみとして、面接時には腕時計を着けて臨みましょう。

また、腕時計を転職面接用に購入する場合には、転職面接や仕事でのシーンに相応しい時計を選ぶようにしましょう。

転職試験には、T・P・Oをわきまえた身だしなみとその場に相応しい腕時計を忘れずに、ゆとりある気持ちで臨むようにしてください。

面接を含む転職について、どうすればいいの?と思ったら、転職エージェントに何でも相談してみましょう。

 

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら