「失業保険には加入しているけど、再就職手当って何?」と、再就職手当をよく知らない人も多いのではないでしょうか。

再就職する意思や能力があるのに就職先が見つからない人の、早期再就職を促進するための給付制度が「再就職手当」です。

いくつかの条件を満たすことで受け取れる再就職手当は、再就職を考える人の背中を押し、新天地での生活を収入面でサポートしてくれます。

本記事では、受給に必要な条件やもらえる金額、申請から支給までの流れをご紹介します。

知らないうちに損してしまわないように、再就職手当を早く・確実に受給する準備を整えましょう。

Contents

転職先が決まったら再就職手当をもらおう

女性、ガッツポーズ

ようやくたどり着いた再就職の喜びに浸った後は、再就職手当の受給申請手続きをしっかりと行い、出来るだけ損をしないように準備しましょう。

再就職手当は、雇用保険(失業保険)に加入していて失業手当(基本手当)がまだ残ってる場合でも、再就職が早いほど支給金額が増額される仕組みになっています。

そのため会社のお給料と併せて受給できる再就職手当を利用する方が、より多くのまとまった金額をもらうことが出来ます。

再就職手当をもらう条件

失業保険

再就職手当の手続きを進める前に、受給に必要ないくつかの条件を押さえておきましょう。

下記で紹介する主な5つの条件をチェックすれば、再就職手当の受給対象になるのか確認出来ます。

待期期間満了

失業保険の受給手続きを終え、受給資格を認められてから7日間は失業手当(基本手当)が支給されない期間があり、これを「待期期間」と言います。

再就職手当をもらうための条件として、この7日間が経過していることがまず前提として必要になります。

離職前の会社に戻るわけではない

再就職の内定先が、退職した会社の場合は再就職手当をもらうことは出来ません。

これは辞めた会社への出戻りや、子会社への就職した場合を支給の対象外にするためのものです。

また、退職する会社と密接な関係のある企業へ再就職する場合でもこれに当てはまるので注意しましょう。

給付制限がある場合

前職の退職の仕方によっては、給付制限を受けてしまう場合があります。

例えば結婚・転居・好待遇を求めての転職などの自己都合での退職や、懲戒解雇などを受けて退職した場合がこれに当たります。

このような辞め方をしている場合、前述の7日間の待期期間満了後のさらに3カ月間は失業保険の支給が受けられません。

ただし、この制限期間の最初の1カ月間だけはハローワークや届け出のある職業紹介事業所の紹介で就職する場合は支給対象となります。

実際多くの退職が自己都合退職であるので、再就職先を探す際には特に覚えておくと良いでしょう。

1年以上雇用される見込みであること

再就職手当は、あくまでも早期の再就職を促進する目的の制度です。

そのため正社員としての雇用など、再就職から1年以上の勤務が確実であると認められることが条件として必要です。

ただし契約期間が1年未満で決まっている契約社員や派遣社員でも、更新する見込みがあれば受給が認められる場合があります。

再就職手当の基本手当日額の上限を超えない

失業保険の基本手当日額は、離職者の年齢別に上限が設定されています。

具体的な計算式は後述しますが、一定の上限を超えてしまうと再就職手当の支給金額が制限されてしまうので注意しましょう。

ワンポイント
手当を受け取るには、全ての条件を満たしていることが必要です。

 

再就職手当はどのくらいもらえる?

考える女性

ここからは「再就職手当は具体的にいくらもらえるのか?」を、具体例も交えてご紹介します。

自身の場合はどのくらいになるか、確認しながら見ていきましょう。

再就職手当支給額計算方法

電卓と資料

手当の支給金額を算出する計算式は下記の通り定められています。

計算式【支給残日数×給付率×基本手当日額】

○支給残日数:失業手当(基本手当)の支給日数の残っている日数です。

計算上、支給残日数が多いほど金額が上がるのでより早く就職した方が手当を多くもらうことが出来ます。

○給付率:ここは固定の数字になり、支給残日数が3分の2以上の人は「70%」・支給残日数が3分の1以上の人は「60%」となります。

○基本手当日額:失業手当の1日の支給額です。

30歳未満は6,815円・30歳以上45歳未満は7,570円・45歳以上59歳は8,370円・60歳以上65歳未満は7,186円と上限が設定されています。

(令和3年3月から金額は変更されます。)

再就職手当支給額シミュレーション

眼鏡の女性

「新卒入社の会社にて6年勤務・28歳で退職・月給28万円・基本手当を30日間受給」

仮に、このようなプロフィールの場合で計算していきましょう。

支給残日数は120日(基本手当の所定給付日数)-30日=60日となり、給付率は70%、基本手当日額は約5,812円となります。

計算式【60日×70%×5,812円】=再就職手当は244,104円となります。

※あくまで計算例です。

ワンポイント
再就職手当は、早く就職すればするほど大きな額をもらうことが出来ます。

 

再就職手当支給までの流れ

勉強

ここからは、再就職手当の受給申請から実際に支給されるまでの流れを順番に紹介します。

再就職先の会社に用意をお願いする書類もありますので、早めのリスト化がお勧めです。

約2カ月の間に支給される

再就職が決まったら、最初にハローワークへ申告しましょう。

要件の確認が完了すると、再就職手当の申請に必要な書類の「再就職手当支給申請書」が発行されます。

この書類に受給者本人と就職先の会社がそれぞれ必要事項を記入したら、会社から「採用証明書」をもらいましょう。

最後にこれをハローワークに提出し、申請が完了します。

ハローワークへの申請は、「就職した日の翌日から1カ月以内」という期限がありますので注意しましょう。

また、実際に支給されるのは申請書を提出してから1カ月半~2カ月程度の間になります。

支給決定通知後に1週間から10日で支給

申請が無事受理されると、「就業促進手当支給決定通知書」という書類が届きます。

この書類が届いてから約1週間から10日で、手当金が指定している口座に振り込まれます。

もし何らかの理由で支給が出来ない場合、代わりに送られてくる書類が「不支給通知書」です。

届いた場合は受給に必要な条件に不備が無いか、ハローワークへ問い合わせるなどで確認すると良いでしょう。

約1カ月後に在籍を確認される

再就職手当が支給される条件として「1年以上雇用される見込みであること」とあるのは前述の通りです。

この条件を正しく満たしているかを確認するために、約1カ月後にハローワークから在籍確認が行われる場合があります。

これは、例えば申請後すぐに会社を辞めたのに届出をしないなどの不正行為を防ぐための調査です。

確認の方法は様々ですが、各種帳簿の調査の他に会社の訪問や家庭訪問といった方法で抜き打ちにて行われることもあります。

やむを得ず早期の離職をしてしまった場合も、届出忘れが無いようにくれぐれも注意が必要です。

支給が遅れるケース

悩む女性

こちらが書類など不備なく提出できたとしても、支給が遅れてしまう場合も当然ながらあります。

そんな時も焦らず、待つことも重要です。

下記では想定される遅延の原因をいくつかご紹介します。

ハローワークの混雑

支給が遅れる主な理由の一つは、ハローワークが繁忙期に突入して混雑している場合です。

ハローワークでは特に年度の変わる4月上旬~中旬が繁忙期で、再就職手当の必要書類の準備や処理に時間がかかってしまうこともあります。

認定に時間がかかっている

2つ目の理由としては、受給資格の認定に時間を要していることが考えられます。

再就職手当の受給条件の詳細は前述していますが、全ての条件を満たしているかを確認するための調査期間が必要です。

受給者本人の情報や就職先、雇用保険の内容など確認する部分が多く、時間がかかる場合もあります。

再就職手当の支給には意外に時間がかかる

書類チェック 女性

上述の通り、出来るだけ早く申請すると金額が増える再就職手当ですが、ハローワークの繁忙状況や申請の調査期間で時間がかかることもあります。

さらには、振込先銀行の営業時間などの影響を受け、実際に支給されるまで思ったよりも時間がかかってしまいます。

申請期限も「就職した日の翌日から1カ月間」とそこまで時間があるわけではないので、余裕をもって申請準備を進めると良いでしょう。

ワンポイント
再就職手当の申請は余裕をもって準備しましょう。

 

再就職手当を早くもらう条件

スーツの女性、青空

では、再就職手当を出来るだけ早く申請して多くの金額をもらうにはどのようなことに気を付ければ良いでしょうか。

ここからは再就職手当を可能な限り早くもらうための条件をお教えします。

待機期間について

前述の受給条件にある通り、失業手当(基本手当)の支給を受けることが出来ない7日間の待期期間が存在します。

この期間は、離職の理由に関わらず全ての人において必要な期間になりますので短縮することは出来ません。

退職が決まったら出来るだけ早く、ハローワークにて失業手当(基本手当)を申請し、待機期間を早めに消化するよう心がけましょう。

もし待期期間を待たずに再就職を決めてしまっても支給の対象者にはなりません。

受給資格決定前から内定した会社でないこと

再就職手当を早くもらいたいからと、退職後すぐに再就職先を探してしまう場合は注意です。

善は急げという気持ちはとても分かります。

ただし、あくまでも失業保険や再就職手当は、失業した人が安定した生活を送りながら出来るだけ早く社会復帰することを後押しするものです。

そのため失業の基本手当の受給資格が認められる前の段階で内定をもらってしまうと、支給の対象外となってしまいます。

再就職時の収入を安定させてくれる給付制度ですが、失業という期間が発生してしまう側面もあります。

こういった場合は欲を出さず、手当は最初からもらえないものだと思っておく方が気持ち良く過ごせるでしょう。

再就職先の会社との出会いも一期一会ですので、チャンスを逃さないようにしましょう。

手当を最短で受け取りたい場合

指示棒を持つビジネスウーマン

「どうしても、手当を最短で出来るだけ沢山受け取りたい!」と考える人も多いでしょう。

ここでは上述してきた注意点などを踏まえ、最短で確実に再就職手当を受給する方法を考えていきます。

再就職手当を最短でもらうコツ

まずは退職後に最短でハローワークへ行き、失業保険の手続きをしましょう。

会社都合での退職の場合は、手続きを終えてから7日間の待期期間を過ぎたところで再就職が決まるのが最も早いコースです。

ただしほとんどの退職の理由が会社都合ではなく、給付制限のある自己都合での退職になります。

この場合、待期期間を終えてから1カ月以内にハローワークもしくは特定の職業紹介事業所にて就職先を見つけることが最短になります。

もしそれ以外の方法で見つけてしまった場合は、待期期間終了からさらに3カ月が過ぎていなければ支給対象外となりますので注意が必要です。

さらに支給までの期間を短縮するためには、可能な範囲で4月上旬~中旬のハローワーク繁忙期を避けて申請を調整するのもポイントの1つです。

再就職先での書類の申請は早めに!

書類、女性、ビジネス

手当の申請が受理されるまでの調査期間が、支給手続きにおいて最も時間のかかる部分です。

この期間を出来るだけ前倒し出来るよう、必要書類の申請を就職先の会社の総務に早めに出しておくことが重要となります。

「申請までの流れ」にて前述の通り、手続きでは再就職先の会社も「再就職手当支給申請書」の所定欄への記入が必要で、「採用証明書」の用意も必須です。

後で困らないように、あらかじめチェックしておきましょう。

ワンポイント
○待期期間後1カ月以内に就職先を決めること
○ハローワークもしくは転職エージェントなどの特定の職業紹介所にて就職を決めること
(自己都合退職の場合)

 

転職のお悩みは転職エージェントに相談を

案内する女性

ここまで再就職手当に必要な条件や流れ、早くもらうコツなどをご紹介してきました。

特に条件などが複雑ですので、利用したい気持ちはあってもなかなか腰が上がらない人も多いかと思います。

もし、そんな小さな悩みでも転職に踏み切れない要素がある場合は、転職エージェントに相談するのがお勧めです。

エージェントの人材紹介サービスは、給付制限がある場合でも失業保険の支給の対象になる「届け出のある職業紹介事業所」にも該当するものが多くあります。

内定後の書類や手当の手続きサポートの充実度も高く、自身の経験やライフスタイルなどを把握した上での最適なアドバイスをもらうことが出来るでしょう。

特に最近では、女性に特化したサービスも幅広く展開しています。

産休・育休など福利厚生の面や男女比などの職場環境、ヘアスタイルや面接時のメイクまで網羅しているものも多いです。

すぐに転職する予定が無い場合でも一度登録しておくと重宝するでしょう。

まとめ

仕事をする女性

ワークライフバランスやキャリアアップ、職場環境など女性の転職は気を配ることも多く簡単に再就職に進めないことも多いでしょう。

本記事で紹介しました再就職手当は、いくつかの条件と少しだけ面倒な手続きさえこなせば、再就職先での収入面の安定を確保してくれるありがたい制度です。

再就職を考えつつも一歩踏み出せない人にとっては、前向きに考える良いきっかけにもなるかもしれません。

是非とも早期の再就職を目指し、給付を早く手に入れ、上手に活用して前向きな生活を送っていただければ幸いです。

もらった手当でお家の環境を整えたり、新しいオフィスカジュアルの洋服を揃えるなど、さらに生活を充実させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら