転職の面接で必ずといってよいほど聞かれるのが自己PRです。

履歴書にも自己PRや自己紹介の欄があります。

転職の面接でアピールするべきポイントはどのようなことでしょうか。

この記事では女性が転職の面接で自己PRする際のポイントについて解説します。

具体的な例についても紹介しますので参考にしてください。

Contents

面接の自己PRでアピールすべきこと

手を差し出す女性

転職の面接で自己PRを行う場合、何をアピールすればよいのでしょうか。

大半の人が自分の強みや得意、実績などをメインに考えをまとめようとするでしょう。

ただ、本来行うべきことは企業がどのような人物を求めているかを研究することです。

どのようなスキルや実力がある人を求めているのかも重要なポイントになります。

企業側からみて自分がどのようにみられるのかを考えてみましょう。

企業のホームページなどをみることでどのような人材が求められているのかを知ることができます。

履歴書に記載する自己PRをすべての企業で使い回している人も多いでしょう。

転職活動をスムーズに進めたい場合は、応募先ごとに自己PRをアレンジすることをおすすめします。

企業によって求めている人材が異なるからです。

面接官が自己PRを聞く理由は

面接官

面接官はなぜ応募書に自己PRを求めるのでしょうか。

その理由を紐解いてみると自己PRでアピールするべき内容も自然と理解できてきます。

面接官が自己PRを聞く理由について解説します。

応募者の人柄を知りたいから

企業側は応募者であるあなたの人柄を知りたいと考えています。

採用した場合に同じ会社で同じ目的のもと働く仲間としてやっていけるかを判断するひとつの材料にもなるでしょう。

入社後にどのように活躍してくれそうかもチェックポイントになります。

自社が求める人物像と応募者がマッチしているかは重要なポイントです。

採用してからミスマッチが発覚してしまうとトラブルにもなりかねません。

つまり自己PRで入社後の活躍する姿を想像してもらうことができれば内定に近くことができるということです。

入社意欲がどの程度か知りたいから

面接をする人

自己PRというとこれまでの実績やスキルについてアピールすることが多いでしょう。

もちろんこれも大切なことです。

ただし、それだけで終わってしまってはもったいないのが自己PRの時間です。

実績やスキルは履歴書を見ればわかる範囲のことでもあります。

それを加味した上でさらに今後自分がどのように変わっていきたいのかを語りましょう。

応募先の企業でどのような仕事をしたいのか。

これまで学んだことをどのように生かしていくつもりなのか。

こうした内容を盛り込むことで入社に対する意欲をアピールすることができるでしょう。

面接官は応募者がいかに自社に入社したい気持ちを強く持っているかもチェックしています。

面接で効果的な自己PRの伝え方

面接をする人

自己PRというと自己紹介をしてしまう人も少なくありません。

正確には自己PRと自己紹介は別です。

自己紹介は自分の情報を伝えるだけのものとなります。

一方で自己PRは自分が語れる自分の経験について深く掘り下げて話すことを指します。

簡単な自己紹介にプラスして自分史を語ることが自己PRになります。

面接で効果的な自己PRの方法について解説しますので参考にしてください。

結論から話そう

大切なポイントは結論から話しはじめることです。

時間が限られている面接ではダラダラと話すことはNGと考えましょう。

結論の見えない話をダラダラと聞かされる人の立場になって話す内容を考えることが大切です。

結論を先に伝えてしまえば、聞き手も相手が何を話したいのかを最初に理解することができます。

結論がわかった上で聞くことでより想像力が膨らみ、相手の話に興味を持ちやすくなる効果も期待できるでしょう。

結論、具体的な行動、今後の目標とおおよそこの3ステップで簡潔にまとめることがおすすめです。

自己PRでいう結論とは自分の実績やスキルです。

たとえば「売上をどのくらい達成したか」「チームでプロジェクトを完成させた」などが結論になります。

自己PRの内容は具体的に話そう

結論を述べたあとは、その結論に至るまでの過程を具体的に話します。

単純に過程を並べて話すのではなく、間で自分がどのように考えたかなどを盛り込むとさらに効果的です。

自分が変化したことなどがあればそれも盛り込んでみましょう。

実績を得るために身につけたスキルがあればそれもこのタイミングでアピールしておくとよいです。

この部分はしっかりと具体的にかつ簡潔に伝えることを意識しましょう。

締めは入社後どう活かしたいかを伝えよう

手を差し出す女性

最終的には希望先の企業でどうなりたいかという内容で締めるとより効果的です。

自分にはこんな実績があり、そこにいたるまでにこのような経験を経ました。

こんな自分になることができました。

そこで、転職した際にはこのような働きをして会社に貢献したいと考えています。

といった内容で締めくくるとよいでしょう。

自己PRはとにかく簡潔に伝えることも大切です。

うまく要点を掴んで伝えることができれば、面接官があとから要所を深堀りしてくれるでしょう。

 

ワンポイント
自己紹介と自己PRの違いをしっかりと理解することで効果的なアピールを行うことができます。

 

面接で自己PRでアピールすべきポイントをチェック

履歴書

具体的にどのようなことをアピールすればよいか迷っている人もいるでしょう。

実績が多すぎて困っているという人もいるかもしれません。

面接で自己PRする際にアピールするべきポイントについて解説します。

「仕事上の実績やスキル」

当然ながら仕事上での実績やスキルは大きなアピールポイントです。

アピールする点は、具体的に数値化できる実績やシンプルに伝えることができるスキルに絞りましょう。

ダラダラと実績やスキルを並べ立てても面接官の印象には残りません。

履歴書を見ればわかるような内容をわざわざ口頭で説明する必要もないでしょう。

履歴書だけでは分からない自分の人柄がアピールできる実績やスキルを選んで話すことが大切です。

転職の面接で気をつけたいのは学生時代の話をすることです。

社会人経験が浅い人の場合、前職での実績やスキルがあまりないケースもあるでしょう。

そのため学生時代の話をしてしまうこともありがちです。

ただ、一度でも社会を経験したからには前職で残した実績や身につけたスキルについて話すことが前提となります。

どんな小さなことでも構いません。

自分が前職で学んだと思うことをうまくアピールするようにしましょう。

「問題解決力」

社会人にとって問題解決力は大きなスキルのひとつです。

仕事をする上でさまざまな困難やトラブルにぶつかることは誰にでもあります。

大切なのは困難やトラブルにぶつかったときの対応です。

言い訳をして逃げ出してしまうような人には企業も仕事を頼みたいとは思わないでしょう。

どんな事態が起こったとしてもそこに立ち向かう精神力が求められます。

また精神力だけでなく、問題をうまく解決することができる能力も重要なポイントです。

前職でこうした経験がある場合にはぜひアピールポイントとして取り入れてみましょう。

「柔軟性」

社会人として柔軟性があることは人間性をみる上でも重要なチェックポイントになります。

人間関係だけでなく業務に対しても柔軟に対応できるスキルは好印象を与えるポイントです。

人間関係では人と衝突せずにうまく付き合うことができる柔軟性が求められます。

一緒に働く仲間と衝突してばかりいてはよいものを生み出すことはできません。

人間として柔らかさのある人柄をアピールできると効果的です。

さらに仕事に対する姿勢にも柔軟性は重要です。

多角的な視野を持って仕事に取り組むことができる人材を企業は求めます。

柔らかく鋭い頭で仕事をこなせる人物像を想像してもらえれば内定にまた1歩近くことができるでしょう。

アピールポイントが見つからない時は?

面接官

自己PRを求められてもアピールできることが何もないという人もいるかもしれません。

たとえば、異業種への転職となると前職での実績などがあまり関係ないというケースも出てきます。

こうなるとなかなかアピールポイントを見つけることができずに悩むことになるでしょう。

アピールポイントが見つからない時はどのように対処すればよいのかについて解説します。

自分を客観的に見つめ直してみよう

前職での実績にだけこだわる必要はありません。

自分自身が持つ得意やスキル、性格などもアピールポイントにつながります。

自分のことは知っているようで知らないことが多いものです。

自分を客観的に見つめ直してみることで以外とアピールできるポイントが見つかることもあります。

どうしても見つけられない場合は第三者の目を借りるのもひとつです。

おすすめは転職エージェントです。

転職のプロの目を借りて自分がアピールできるポイントを探し出してみましょう。

経歴や経験を棚卸ししよう

アピールポイントが見つからない時におすすめなのが経歴や経験の棚卸しです。

つまり人生の整理をするということです。

自分がこれまで経験してきたことを一度整理してみましょう。

紙に書き出してみると頭の中を整理しやすくなります。

前職での実績だけにとらわれずに、これまでの経歴や経験を可視化していきましょう。

こうすることで自分がこれまでに得てきたスキルや考え方が見えてきます。

自分を整理することで自然とアピールする内容の方向性が定まっていくでしょう。

企業研究をして企業の求めている能力を把握しよう

面接

自己PRで最も大切なことは企業が求めている人材にマッチしたアピールができているかどうかです。

どれだけ素晴らしい内容の自己PRをしたとしても企業側の求める人物とマッチしていなければ意味がありません。

企業が求める人物像を理解せずにアピールしても的はずれになってしまいます。

そこでしっかりと企業研究をすることが必要となります。

企業研究を進めることでどのような人物像が求められているのかを知ることができるでしょう。

その人物像に自分が持っている実績やスキルが当てはまる部分が少しでもあればチャンスです。

しっかりとその部分をアピールして内定を勝ち取りましょう。

 

ワンポイント
企業が求める人物像を想定してアピール内容を考えることも内定に近くためのポイントです。

 

面接で効果的な自己PRの例

まるばつの札を持つ女性

転職の面接で効果的な自己PRの具体例を紹介します。

アピールしたい要点をしっかりと絞り込んで簡潔かつ印象に残るアピールを心がけましょう。

リーダーシップ力をアピール

私は前職である大きなプロジェクトのリーダーを任され、チーム一丸となってプロジェクトを成功させた経験があります。

その際に私が心がけたのはチームメンバーの特性を理解することです。

それぞれが得意分野で力を発揮できるような編成を組むため1人1人とのコミュニケーションを大切にしました。

業務の進捗は常に意識し、問題が起こりそうな場面では皆の意見をしっかりと聞くことに徹しました。

役職上は私がリーダーでしたが、メンバー全員がリーダーの思いで業務を遂行してくれたことが何よりも心に残っています。

相手の立場に立って物事を考えること。

相手の意見に耳を傾ける心の余裕を自分自身が持つこと。

これらを常に心がけたことで全員参加でプロジェクトを成功させることができたと感じています。

この経験を生かして御社でもチームの一員として皆さんと協力し合いながら仕事を行い貢献していきたいと考えています。

問題解決力をアピール

私は前職で困難な状況に陥ったときも忍耐力を持って打開策をこうじてきました。

クライアントさまから難しい案件の依頼を受けたときのことです。

自社ではそれまでお引き受けしたことのない案件でした。

けれども自社を信頼して任せてくださったクライアント様の思いになんとしても応えたいという気持ちで打開策をこうじました。

会社の成果にもつなげながらクライアント様の思いにも応える。

このように2つの課題を同時にこなすことは非常に困難な道のりでした。

チームのメンバーとさまざまな意見を出し合うなかで一筋の光が見えた時の喜びは今でも忘れることができません。

会社に対して新しい企画書を提出し何度も修正を求められたこともあります。

それでも諦めずに頑張れたのはお客様の信頼に応えたいという気持ちがあったからです。

最終的にはクライアント様にも喜んで頂き、会社としても新しい販路を生み出すことができました。

今後はこの経験を生かして御社でも貢献できる人材に成長していきたいと考えております。

面接での自己PRのNG例

面接をする女性

面接で自己PRを求めれらた場合に話題として取り上げないほうがよいポイントを解説しておきます。

たとえば「私の取り柄は明るいところです」というアピールはあまり効果的ではありません。

なぜなら、明るいから仕事がスムーズにできるかというとそれは直結しないからです。

話題が豊富、誰とでもすぐ仲良くなれるなどという内容もできれば避けたほうがよいでしょう。

自己紹介ではなくあくまでも仕事上でのアピールであることを忘れないようにすることが大切です。

 

ワンポイント
自己PRはあくまでも仕事に直結する内容にすることが大切です。性格的な話は極力避けるようにしましょう。

 

面接中に自己PRを忘れてしまった時は?

PRの文字

面接は緊張するものです。

もしも面接中に自己PRの内容を忘れてしまった時はどうすればよいのでしょうか。

万が一忘れてしまっても、繰り返し練習をしておけば必ず思い出すことはできます。

一言一句間違わずに話す必要はありません。

要点さえ抑えていればうまく話せなくても一生懸命さは必ず伝わります。

自己PRは企業に自分を売り込む時間です。

自分という商品をいかに企業によく見せることができるかが勝負点となります。

面接の練習を繰り返し行うことで、いざという時に備えることも大切な転職活動のひとつです。

面接対策は転職エージェントを活用しよう

握手する人

面接で緊張してしまうという人は少なくありません。

緊張しないようにすることは難しいかもしれませんが、練習を重ねて慣れていくことが可能です。

面接の練習は1人でするよりも相手がいたほうが効果的になります。

家族や友人に頼める場合はお願いしてみましょう。

ただ知り合いだと恥ずかしいという人もいるかもしれません。

その場合には転職エージェントの活用がおすすめです。

転職のプロであるエージェントに面接対策を依頼すればフィードバックを受けることも可能になります。

面接本番までにアピール内容をさらに精査することもできるでしょう。

悩んでいるなら転職エージェントにまず登録してみましょう。

 

ワンポイント
自己PRはしっかりと事前の練習を行うことが大切です。面接の練習相手は転職エージェントがおすすめです。

 

まとめ

リラックスする女性

転職の面接で自己PRを効果的に行う方法について解説しました。

アピール内容だけでなくアピールする時の態度や話し方も重要なポイントです。

せっかくよい内容のアピールができても話し方や態度でマイナス点を付けられてはもったいないことになります。

面接の練習をしておくことでこうしたことを回避することは可能です。

転職エージェントに相談しながらアピール内容だけでなく面接に臨む姿勢からしっかりとサポートしてもらいましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら