転職を考える際、自分のスキルを生かせる仕事を探したり、転職で役に立つスキルを獲得しようとしたりする人は多いでしょう。

さまざまなスキルがありますが、この記事ではパソコンスキルに焦点を当てていきます。

パソコンスキルを生かせる職種は多数ありますし、パソコンスキルをつけるための情報は探すのが容易なので、おすすめのスキルです。

パソコンを使う仕事や活用できる資格、あったほうが良いスキルなどを紹介していきます。

パソコンを使う仕事

ポイントを指す女性

一口にパソコンを使う仕事といっても、職種はさまざまです。

まずはどんな職種があるのかを紹介します。

パソコンを使う仕事【事務系】

PCを操作する女性

最初は、パソコンを使う事務系の仕事から見ていきます。

パソコンに事務のイメージを持つ人は少なくないでしょう。実際のところ、事務系で生かせる場面はとても多いです。

一般事務

まずは一般事務が挙げられます。

現代においてはパソコンでできる、というよりもパソコンを必要とする事務処理が非常に多いです。

事務職員にとってパソコンスキルはもはや必須ともいえます。

仕事内容は会社によって異なりますが、書類作成やデータ入力、備品発注、メール対応などが挙げられます。

一般的な入力や情報収集ができることは大前提です

そのほか、ショートカットキーやブラインドタッチなどのスキルがあるとより良いでしょう。

医療事務

医療事務も、パソコンスキルを生かせる・必要とされる職種です。

医療機関での書類管理やデータ入力も、多くはパソコンでおこなわれています。

医療機関での受付や会計のほか、レセプト業務と呼ばれるお仕事もパソコンスキルが必要です。

レセプト業務とは診療費用のうち保険機関が負担する部分を計算し、診療報酬が記載された明細書を作成、提出する仕事です。

パソコンで特定のソフトを使って作成することが多く、入力スキルや処理能力が求められます。

一般事務の業務に、医療機関特有の業務および専門的な知識が加わったものとイメージしていただければと思います。

経理・総務

経理や総務といったお仕事にも、パソコンスキルが求められます。

経理は請求書の発行や売掛金・買掛金の管理、会社の会計取引の記録等をおこないますが、これらはパソコンを用いて進められます。

入力スキルだけでなく、情報をまとめる能力、情報を読み取る能力も必要です。

また、総務は企業全体のさまざまな業務をおこないます。

備品管理や施設管理だけでなく、パソコンスキルを求められる仕事もあります。

例えば、文書の作成やデータの入力、情報の管理などが挙げられます。

会社が円滑にまわるように支えるためには、パソコンスキルが必要なのです。

ノートパソコンを持った女性

システムオペレーター

システムオペレーターとはITシステムを使いやすいようにするために、運用管理や保守をおこなう仕事です。

ITシステム関係の仕事ということで、当然パソコンスキルが求められます。

セキュリティの管理や運用状態の確認だけでなく、ITシステムを利用するユーザーからの質問に答えることもあります。

また、システムの調整や変更作業も必要です。

パソコンやITシステムについてある程度の知識が必要とされます。

ヘルプデスク

ヘルプデスクとは、ユーザーがシステムを利用するためのサポートをする仕事です。

システムに関する技術的な知識が求められ、ある程度パソコンに精通していることが必要です。

システムの使い方といった専門的な内容だけでなく、ユーザーによってはパソコンの基礎的な部分からわからないこともあります。

そういったときにもヘルプデスクの人が対応する可能性が高いので、幅広いパソコンスキルが求められます。

これまで紹介してきた職種の中では、もっとも高度な知識とスキルが求められるものでしょう。

ワンポイント
 事務系職種では、パソコンスキルが非常に役立ちます。

パソコンを使う仕事【その他】

パソコンを操作する笑顔の女性

パソコンスキルが求められるのは、事務系の仕事だけではありません。

続いて、事務以外でパソコンスキルを活用できる仕事を紹介します。

営業

営業職においても、パソコンスキルは求められます。

営業は対面や電話でおこなうイメージが強いかもしれませんが、パソコンを使う場面も非常に多いのです。

代表的なものとして、メールが挙げられます。

営業においてメール対応は必須ですので、メールをスムーズに作成・確認できるだけの入力スキルや知識が必要です。

また、見積書や発注書といった書類作成もしますので、それらのソフトを使えるだけのスキルも求められます。

コミュニケーション能力が何よりも重要ではありますが、パソコンスキルも欠かせないものなのです。

オペレーターの女性

コールセンター

お客様からの問い合わせ電話に対応するコールセンターにおいても、パソコンスキルが求められます。

何故なら、電話の内容を記録したり、問い合わせに答えるための情報を確認したりすることを、パソコン上でおこなうからです。

会社によっては、選考の際にパソコンスキルを実技でチェックされる場合もあります。

コールセンター業務では、場合によって電話対応をしながらパソコンを操作し、必要情報の収集や入力をする場面もあります。

そのため簡単な入力スキルだけでなく、システムの理解や素早い処理能力も必要です。

パソコンを使う仕事の給料はどれくらい?

考え事をする女性

続いて、パソコンを使う仕事の給料について紹介します。

一般的に、専門知識を必要とされる仕事であるほど、給料が高くなる傾向にあります。

例えば、システムへの深い理解が必要なシステムオペレーターや、同時処理能力が求められるコールセンターなどは高収入を見込めます。

高度なパソコンスキルを有しているのであれば、これらの職種に転職することもおすすめです。

一方、最低限の入力スキルがあれば務まるような一般事務や総務では、それほど高い給料をのぞむことは難しいです。

といっても、求められるレベルがそれほど高くないため、転職難易度は比較的低めです。

給料の額は仕事内容や会社によって大きく異なりますので、あくまで参考程度としていただければと思います。

ワンポイント
 高度なパソコンスキルが必要な職種ほど、給与も転職難易度も高い傾向です。

パソコンを使う仕事におすすめの資格

資格と転職

パソコンを使う仕事をする人におすすめの資格を紹介します。

知識がダイレクトに生かせるだけでなく、パソコンに関する知識を有している証明にもなります。

そのためアピールポイントとして使うことが可能です。

会社によっては、資格があれば給料が上がる可能性もあります。

MOS

MOSは「マイクロソフトオフィススペシャリスト」の略で、WordやExcel、PowerPointといったソフトを利用するスキルを証明するものです。

マイクロソフトオフィスはどの会社であっても使う可能性が非常に高いですが、意外と奥が深いものです。

そのためしっかりと勉強し幅広く使いこなせれば、それだけで仕事がかなりスムーズに進むようになります。

また、MOSの資格を有しているということは、マイクロソフトオフィスに関する深い知識を持っているという証明になります。

企業にとって、マイクロソフトオフィスの知識を有する人は非常に貴重な存在ですので、選考の際に優遇される可能性が高いです。

ITパスポート

ITパスポートとはITに関する正しい知識を有していると認められた人に与えられる資格で、情報処理系における最も基礎的なものです。

情報リテラシーやセキュリティについて知識を有していることを証明します。

基礎的な知識を問う資格のため、IT系の専門職においてはあまりアピールポイントにはなりません。

ですが事務系においても十分にアピールできる資格であるため、パソコンスキルを証明するという意味で取るのはおすすめです。

それほど難関な資格でもないため、手軽に勉強できる点も助かります。

日商PC検定

日商PC検定とは、ITやネットワークに関する知識を有している人に与えられる資格です。

ベーシックが一番易しく、3級、2級、1級とだんだん難しくなっていきます。

基礎的な文書作成やデータ入力のほか、プレゼン資料の作成能力も問われる資格です。パソコンスキル系の資格では難しい部類に入ります。

その分大きなアピールポイントとなる上、ビジネスシーンですぐに生かせる知識を持っているという証明にもなります。

即戦力として活躍したい人におすすめです。

パソコンを使う仕事で必要なスキルをチェック

ワンポイント

パソコンを使う仕事にはさまざまなスキルが求められます。どのようなスキルが必要になるかを見ていきましょう。

オフィスソフトの基本操作

まず、WordやExcel、PowerPointといったオフィスソフトの基本操作能力が必要です。

ほとんどの企業では文書作成やデータ入力をする際にオフィスソフトを使います。

そのためオフィスソフトに関する最低限の知識がないとパソコンを使う仕事は難しいでしょう。

とはいえ、資格取得が狙えるほどの専門知識ではなく、あくまで基本的な操作ができればある程度の企業で生かせます。

パソコンを使う仕事を探すのであれば、オフィスソフトに関する最低限の能力は身につけておきましょう。

事務スキル

事務専門の職種でない場合においても、ある程度の事務スキルが求められます。

というのも、パソコンを使う基礎的な業務は、データ入力や文書作成といった、事務的側面を持つものが多いからです。

営業や顧客対応をメインとする人であっても、パソコンを使う以上事務的作業を一切おこなわないわけにはいきません。

最低限の事務スキルは持ち合わせておくべきでしょう。

資格と転職

タッチタイピング

パソコンを使った仕事をするのであれば、ぜひタッチタイピングのスキルを身に着けておきましょう。

いちいちキーボードを見ながら文字を入力するというのは、それだけで時間のロスに繋がります。

パソコン作業で強く求められるのは、スピードと正確性です。タッチタイピングができれば、スピードについてはクリアとなります。

キーボードを見ないで文字が打てるように、練習することがおすすめです。

ワンポイント
 これらの必要スキルは仕事ですぐに活用できますので早めに取得しておきましょう。

未経験でパソコンを使う仕事の求人の探し方

悩む女性

パソコンを使う仕事の経験がない場合であっても、パソコンスキルを生かせる仕事の求人を探すことは可能です。

多くの求人案件には、企業が求めるレベルや必須スキルが記載されています。

「未経験者歓迎」という案件もありますので、そのような求人を探すと良いでしょう。

あまり詳細な募集要項が記載されていない案件は、入社後のミスマッチや苦労に繋がります。

自分のレベルで問題ないと確信できる求人に応募するようにしましょう。

ワンポイント
ミスマッチを防ぐためにも、自分のレベルにあった求人を選びましょう。

パソコンスキルを身につけるのは日々の積み重ねが重要

パソコン作業をする女性

パソコンは仕事や生活に深く根付いているため、使用する機会が非常に多いです。

情報も多く出回っているので、勉強しようと思えば簡単に進めることが出来ます。

とはいえ、パソコンスキルは一朝一夕で身につくものではありません。

いろいろな面に触れ、幅広く勉強し、日々積み重ねをおこなう必要があります。

仕事に生かせるレベルとなれば、なおさら知識とスキルが求められます。

日々しっかり勉強し、パソコンを使用する機会を増やして、少しずつ確実にスキルを身に着けていきましょう。

転職対策は転職エージェントを活用しよう

オペレーターの女性

パソコンを使った仕事ができる会社に転職したいという希望があるのであれば、ぜひ転職エージェントを活用してください。

希望の仕事や条件を探すお手伝いができます。

転職エージェントは、求職者の知識やスキルを細かく把握したうえで転職のサポートをします。

どのような職場であれば経験が生かせるか、希望に合致する職場はどこかを綿密にリサーチしたうえで案件の紹介をおこないます。

求職者が自身の力と時間のみで探すのは大変ですが、転職サポートのプロに任せれば手間がかかりませんし安心です。

無料で簡単に使うことができるため、活用しない手はありません。

スムーズな転職活動のためにも、転職エージェントはぜひ利用したほうが良いでしょう。

まとめ

パソコンを使う女性

いかがでしたでしょうか。

パソコンを使った仕事は業種も職種も非常に幅広く、さまざまなものがあります。

また、求められるスキルもものによって異なりますので、自身のレベルに合致した仕事は絶対に見つかります。

パソコンスキルがあれば、仕事の幅が一気に広がります。

転職活動をよりスムーズに進めたいのであれば、ぜひパソコンスキルを習得してください。

転職エージェントも、精一杯サポートします。

職探しのお手伝いはもちろん、パソコンスキルを身につける過程で困ったことがあれば相談にも乗ります。

転職に関する内容であれば、なんでもお聞きします。

あなたの転職活動が上手くいくことを祈っています。

 

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら