最近はSNSを全く使っていない人よりも、自分のSNSアカウントを持っている人のほうが多いのではないでしょうか。

いつも気軽に投稿しているSNSですが、実は転職活動を大きく左右するものなのです。

近年は、ソーシャルリスニングツールとして企業の採用担当者が求職者のSNSをチェックする企業が増えています。

企業はSNSから何を読み取っているのでしょう。

気をつけておきたいSNSマナーですが、使い方によっては転職を有利にすることも可能です。

転職就活時のSNSの注意点内定獲得に有利なSNSの使い方を確認していきましょう。

Contents

採用担当者はどうして求職者のSNSをチェックするの?

スーツ、女性

以前、企業側は履歴書や面接でしか転職希望者のことを知ることが出来ませんでした。

しかしそれだけでは、その人本来の性格や内面そして本音は分かりにくいものです。

企業側は求職者のSNSをチェックすることによって、求職者の日常の姿本音を知ろうとしています。

採用してから社風や雰囲気に合わないというミスマッチは、双方にとってマイナスとなります。

転職者の場合、再度辞職されるという不安も企業側にはあるでしょう。

そうなっては、かけた手間や時間も無駄になり、企業の損失となりかねます。

また、採用後に書類審査や面接で受けた印象とずいぶん違っている、ということも少なからずあるようです。

SNSのチェックは、そのような採用ミスを防ぐバロメーターとして行っているのです。

採用担当者がSNSをチェックするようになった理由

タブレットとデジタルアイコン

ここ数年で、従業員が企業の社会的イメージを下げるような投稿をした為に、企業が大きなダメージを受るということが増加しています。

またそれを受けて、企業が世間に謝罪するというようなことも複数件起きているのです。

SNSのチェックは、転職希望者の性格や内面を知ると共に誹謗中傷などを投稿していないか、なども確認されています。

そして現在は企業の需要にこたえるように、弁護士の指導のもと求職者のSNSなどを確認するサービスが展開しているのです。

このSNSのチェックは一般的に一次選考前や最終選考前に行われることが多く、求職者の本来の姿を見極める為に活用されています。

とはいえ企業側は無断で調査をするわけではなく、個人情報に関する同意書を求職者と交わすのが一般的です。

採用担当者がSNSチェックから知りたいこと

パソコンを見る画像

企業側がみているのは、匿名性の高いSNSに書き込む際の本当の姿です。

書類選考や面接では見えなかった攻撃性やマナー違反など、様々な項目を確認しています。

情報リテラシーを持っているか

情報リテラシーとは、情報を正しく活用する力のことでネットコミュニケーション上のモラルもこれに含まれます。

自分の偏見で第3者を不快にするような書き込みをしていたり、許可なく写真を撮っていたりするのは情報リテラシーがない行為です。

企業は特定の人物や企業の社会的イメージを下げる書き込みはないかなど、社会人として正しい判断をしているか否かも確認しています。

また社会的、政治的に危険傾向にある意見なども重要視されるでしょう。

面接では政治的な質問はタブーとされている為、求職者の危険思考を確認するには最適のツールといえます。

求職者の本当の考え方

個人のブログやサイトは日常の出来事を気軽に書いていることが多く、その人の考え方友人関係など周囲の環境を知るバロメーターになります。

面接のときに明るくハキハキとした好印象を与えても、誹謗中傷が書き込まれていると人格的に問題があると判断されるでしょう。

SNSのマナーは社会的な問題になっていますが、気軽に書き込めるからこそ人の本質が暴かれる諸刃の剣といえるのです。

厄介事を持ち込まないか

禁止

SNSの投稿が頻繁に炎上しているような人は、企業側から敬遠されます。

また特定の企業の噂話や前職の悪口など、企業にとってマイナスになるような書き込みも同様です。

中にはどんなプロジェクトに関わっていたかなど、仕事の詳細を書き込む人もいるようです。

しかし、下手をすると企業の秘密漏洩となってしまう場合もあります。

SNSは誰でも見れるというメリットと、見られてしまうというデメリットがあるのです。

どんな形にせよ、企業側にとって厄介ごとを持ち込みそうな人材は不採用となるでしょう。

交友関係を見られることも

SNSのフォロワーから見られる交友関係は重視されるポイントです。

反社会的活動をしている知り合いは勿論のこと、ライバル社の社員が多いなど企業にとってリスキーな交友関係は不採用になることもあります。

交友関係は個人の自由だと、感じる人がいるかもしれません。

しかし逆の立場から見てみると、自社にリスクを与える可能性がある人材は避けておきたいのではないでしょうか。

 

ワンポイント
 SNSは読む相手の立場になって書き込みましょう。

どんなSNSが見られている?

ノートパソコンを持った女性

企業側が確認をしているSNSは、FacebookTwitterであると多くの採用担当者は回答していました。

その他Instagramなども度々チェックされているようです。

基本的には公開されているSNSとなり、LINEやメッセンジャーなど個人用チャットアプリは対象外となります。

しかし応募者は上記のツールをチェックされ、フォロワー数や影響力など細部まで調査されているのです。

 

転職を有利にするSNSの使い方を紹介

スマホ

そもそもSNSの調査は、企業側の不利を解消する為に生み出されました。

求職者にとっては、自分の総てを確認されてしまうような試練と感じてしまう人もいるのではないでしょうか。

確かに自分のマイナス面を探し出されているような気持ちになります。

しかし、考え方を変えればSNSを利用転職活動を有利に進めることも出来るのです。

SNSは企業の情報収集にも使うことが出来ます。

事前の企業研究では、希望する企業のサービスや新商品情報、そして口コミなどをSNSで調べておくといいでしょう。

 

ワンポイント
 SNSを上手く利用して企業研究を深めましょう。

転職活動でのSNS活用法

指示棒を持つビジネスウーマン

転職活動に自分のSNSを活用する方法もあります。

どうやってSNSを活用していくのか、3つの活用法を紹介していきます。

私用のSNSを閉じて転職用のアカウントを取る

Facebookを使っている人なら、すでに個人情報漏洩防止に公開設定を「友達」または「友達の友達」までに限定されている人もいるでしょう。

そのような人はそのままプライベートのSNSを続けても問題ありません。

ですが公開を「一般公開」にしている人は、これまで書いた仕事の内容に対するコメントなどに注意が必要です。

もしも気になるようであれば、私用のアカウントは閉じ新たなアカウントを取りましょう。

新アカウントでは、転職に向けて自分の長所や特徴を生かした内容を心がけてはどうでしょうか。

良い人間性がアピールできる投稿をする

企業は能力やスキルだけをみるだけではなく、人間性も重視します。

企業に見せることが前提のSNSでは、良い人間性をアピールしたいものです。

自分の長所だけではなく、短所をいかに理解し前向きな言葉で投稿しているかなども大切です。

自己分析が出来、自己管理が出来ているということをアピールしましょう。

経験をアピールする

上記したように今まで働いた企業の機密情報をさらけ出すのはNGです。

経験を上手くアピールするのは少々難しいと感じるかもしれません。

しかし、チームリーダーをしていたのでいろいろ学べた、など企業名や個人名を出さずに上手く書き込みましょう。

そして、自分の持っているスキルや資格は強調してアピールすべきです。

小さな経験でもよいので、スキルや資格を活用した成功談は積極的に盛り込みましょう。

気をつけたいSNSマナーを確認しよう

使用禁止イメージ

SNSであっても、そうでなくてもマナーというのは 第3者に迷惑をかけないことが大前提となります。

ここではNGとされる基本のSNSマナーを4つ取り上げます。

誹謗中傷をしない

近年問題となっている誹謗中傷ですが、根拠のない悪口やうわさを発言して他者の名誉をいちじるしく棄損することは常識的にNGです。

特にSNSでフォロワーが多い人の誹謗中傷は影響力が強く、あっという間に拡散されてしまいます。

対企業であれ対個人であれ、SNSで誹謗中傷をすれば企業に与えるイメージはかなり悪くなります。

SNS上であっても現実社会であるということを忘れずに発言しましょう。

曖昧な情報を拡散しない

曖昧な情報の発信は、上記した情報リテラシーの欠如と判断されます。

「あの企業はブラック企業らしい」「昇給しても給料があまりあがらないらしい」など、曖昧な情報を流すのはNGです。

情報を発信したいという気持ちは分かりますが、推測の域に過ぎない情報は情報を取り扱う能力が欠如していると判断されるでしょう。

もしそれが事実だとしても、企業に社会的ダメージを与えることになる事柄は避けておくべきです。

個人情報を軽々しく扱わない

交友関係

家族や友人と一緒に撮った写真を気軽に投稿する人が多いようです。

しかし、許可なしでSNS上にアップすれば肖像権の侵害になることもあります。

「今日○○の家に行った」等の投稿で近所の写真をアップすると、さまざまな個人情報が流出することにもつながるのです。

何気なしに投稿していることが、実は個人情報の漏洩につながってしまうケースは少なくありません。

なかなか線引きが難しい箇所ですが、是非気を付けておかなければならない事項です。

宗教的な話題は避ける

NG

宗教関係や政治関係の話は面接時もしない、というのが基本ですがSNS上でも同じことがいえます。

人にはそれぞれの信仰があり無宗教の人もいます。

自分の信仰する宗教と相違する人について批判することは勿論NGです。

批判するような内容でなければいい、と思う人もいるのではないでしょうか。

世界的にみると宗教の話はNGではないのですが、国内では意見の対立を生むものとして社会的にタブーとされているのです。

転職活動を成功させたいならば、宗教的な話題は避けておくのが無難ではないでしょうか。

 

ワンポイント
 SNSの投稿では社会的マナーを守りましょう。

転職時のSNS利用で注意するべきこと

注意の札

転職活動においてSNSは大変便利で上手く利用出来れば、すばらしいツールといえるでしょう。

しかし、利用については注意すべきこともあります。

企業の批判を行わない

今まで受けた企業や有名企業について、SNS上で批判をするのは好ましくありません。

やってしまいがちな例は、自分の理念や方向性と合わない場合に相手を批判してしまうことです。

相手企業の社会的イメージをダウンさせてしまい、名誉毀損で訴えられる可能性も否定できません。

悪質な内容として、企業側から危機感を持たれてしまいます。

面接の内容を許可なく掲載しない

人と人の繋がり

面接の内容を許可なくSNSに載せることもNGです。

面接の内容は勿論のこと、社内の様子や社員の様子などを伝えることは、情報漏洩へ繋がる行為です。

企業側は、この人を採用したら社内の様子や仕事内容をSNSで公開されてしまう、と判断するでしょう。

当然のことながら応募者にとって、大きなマイナスとなります。

 

ワンポイント
 SNS上に企業の情報を載せると、情報漏洩に繋がります。

転職活動で困ったらエージェントに相談しよう

スマートフォンを持つ女性

いまやSNSは就活の大きなツールとなっています。

応募者が企業の情報を集める為にSNSを活用しているように、企業側も応募者のSNSを活用しているのです。

転職活動の新たな流れともいえます。

自分が希望している企業がSNSを活用するのか否か、転職エージェントに相談してみるのもいいのではないでしょうか。

転職エージェントを活用すれば、求人の紹介はもちろん履歴書や職務経歴書の書き方の指導なども受けることが可能です。

まとめ

芝生の上のノートPCとスマホ

転職活動も時代と共に大きく変化しています。

自分をよく知ってもらい、応募企業にいかに自分が適した人材であるかをアピールする為にSNSを活用してはいかがでしょう。

幾つかの注意点に気をつけて、正しい情報発信を行えば企業からも高く評価されるはずです。

自分のSNSを最大限有効に利用して、転職活動を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら