転職を志望する際の転職スケジュールの立て方についての特集です。

女性が転職をしたいと思い始めた時、何から始めればよいのかその手順・流れを解説していきます。

また、転職スケジュールを立てる際の注意点や、効率的に成功するポイントも紹介します。

効率的な転職スケジュールの立て方は

ビルディングの画像

転職をしようと思った場合、何から始めますか?

個人的な事情にもよりますが、一般的には求人情報をチェックして手当たり次第案件に応募するという方が多いはずです。

しかしそれでは行き当たりばったりで、計画的とはいえません。

男女関係なく通常の転職活動に費やす期間として3~6カ月が目安とされています。

できれば短時間で理想的な転職を成功させるために、活動スケジュールのポイントを押さえることが大切です。

自分の近況と希望を考慮しながら、事前準備、面接試験への段取り、内定から退職までの過程などの段取りを理解しておきましょう。

効率的な転職活動を進めるための流れをチェック

パソコンを見る画像

 

一般的には転職活動期間は、3カ月~6カ月を標準にして行ないます。

転職経験がない方は、まず何から始めればいいのかも分からないようです。

細かいステップを作り、1つずつクリアしていくことが望ましいでしょう。

主な転職活動とは、事前準備・情報収集・応募・面接・内定・退職など、意外とその時々にやるべきことが浮上します。

ここでは、一般的な転職活動のステップと各行動内容について解説します。

「事前準備」は徹底しよう

転職の事前準備を怠らにようにしましょう。まずは転職の目的を明確にすることです。

なぜ今このタイミングで転職を考えているのでしょうか?

給与アップ・より高いポジションを目指す・仕事とプライベートの両立など、各人に転職の目的や具体的イメージがあるはずです。

それらに則った転職の方針を決めるようにしましょう。次の準備は、今までのキャリアの洗い出しです。

経験・スキル・強みなどの面から自分の売りを掘り下げておくことです。転職を成功させる最重要な準備と思って取り組んでください。

「情報収集」をして応募しよう

マウスを持つ画像

転職先候補を探すための情報収集をしましょう。

自分が思い描いている転職の方針に従って、ベンチャーや異業種などあらゆる可能性に目を向けて選別していきます。

転職サイトや転職エージェントに登録するなり、できる限りの情報に着目していくことです。

気になる案件が見つかったら、いよいよ応募書類の作成に入ります。最近ではデジタルデータで応募書類を作成するのも普通です。

いずれにしても、志望動機や自己PRなどは応募する企業先の志向に合わせてオリジナルを作成してください。

「選考」を通過して内定

いよいよ希望の案件に応募する場合には、なるべく複数社へ同時並行しながら活動を進めるとよいでしょう。

転職先が決定するまではコンスタントに応募を続けることです。その過程の中で面接の対策も進めていきましょう。

面接では採用担当者から聞かれる可能性がある質問に対する回答を研究し、自分の言葉にするようトレーニングします。

転職エージェントへ登録した場合は、模擬面接などを受けることも可能です。やがて内定が出たら入社条件の確認をします。

複数の内定を既に得ているようなら、当初の転職方針に立ち返って判断しましょう。

入社してから後悔しないためにも、条件などで気になることは相談するべきです。

「退社準備」をしよう

転職先が決定したら退職の意思表明をしましょう。原則としては退職希望日の1 カ月前までに直属の上司に話すことが常識です。

転職までの引き継ぎや退職に関する就業規則があるはずなのでその手順を踏んでいきます。

書類上の形式では、退職届を提出することにもなるでしょう。

「入社準備」をしよう

退職手続きと同時進行で引き継ぎや社内外にあいさつをすることも忘れてはなりません。

また、残っている有給休暇も最終出社日との調整で決めていきます。

退職したら次の会社の入社日までの間で、新しい環境に向けた知識やスキルの習得、リフレッシュなど有効的に使うことをおすすめします。

ワンポイント
できる限りの情報を収集しコンスタントに応募し続けること
退職の申し出は遅くても1ヶ月前までに伝えること

スケジュールを立てる時は「逆算」することが重要

手帳の画像

転職を成功させるためのスケジュール作りには、逆算スケジュールがおすすめです。

最初にゴールとなる転職予定日を決めておき、そこから逆算しながら転職活動の段取りを決めていきます。

その間には、内定が出る時期・面接日・応募書類提出の時期などのスケジュールの目安が見えてくるでしょう。

逆算を心掛けると、なんとなくや勢いだけの軽はずみな行動を防止できるメリットがあります。

リスク回避にもつながり転職をスムーズに成功させることが可能です。

転職を成功させるためのポイント

カレンダーの画像

転職活動は緊張もしますし何よりも不安がついてまわります。なるべく長期戦にならないよう、自分の計画通りに成功させたいはずです。

そこで、転職の成功に有効的なポイントを理解しておく必要があります。

ここでは、転職活動を有利にするためにポイントを解説していきましょう。

転職の目的を明確にしよう

転職を成功させるためには、まず自分がなぜ転職をしなくてはならないのかを分かっていなくては始まりません。

今までの経歴を踏まえながら、転職する理由と目的がはっきりしていることが大切です。

長期的なキャリアプランを立てながら、最終的に人生で何を実現させたいのかを考えて行動をしましょう。

転職はそのためのステップであると自覚しておくことです。

自己分析しよう

スマホで分析する画像

 

自己分析をして強みを見出しておきましょう。転職を成功させるには、自分の強みを理解して売り込む必要があります。

そのため、過去のキャリアから売りにする題材を決定させて、面接などで大いにアピールすることが大切です。

売りとなる題材を見つけるために自己分析が役立ちます。

今までの経歴やエピソードを振り返って、他者より優れている点・得意業務・スキルを確認する作業です。

また、欠点も分析して長所に変換できるような表現を考えておくと面接の際に役立ちます。

情報収集を徹底してやろう

転職活動の中でもメインとなる作業は情報収集です。情報収集力のある人ほど理想的な転職を成功させているといってもよいでしょう。

戦略的な転職活動にはリサーチを徹底させて、正しい情報収集を行うことによりリスク管理にもなります。

今ではハローワークや求人情報誌だけではなく、転職サイトや転職エージェントなどが普及しているので活用する価値が十分にあります。

転職活動における注意点は

デイリー手帳の画像

転職活動を始めると不安が浮上し、気をつけておきたいポイントも分かってきます。

なるべく事前に知っておけば、リスクを最小限にとどめることができるでしょう。では、転職活動での注意点について解説しましょう。

応募企業を絞り過ぎる

転職での求人案件を見定める際は、あまり条件を絞り込み過ぎない程度に選ぶほうがよいでしょう。

もちろん何でもいいから応募しろということではありません。

自分が目指す分野や業種に厳選しながら、その範囲内で案件を探すことが大切です。

しかし100%理想的な求人案件に出会う確率は低いのも現実といえます。

どの部分は妥協できてどの部分にこだわるのかという線引きは必ず必要となってくるでしょう。

あとは実勢に応募して流れに任せてみるしかありません。

面接の日程調整や結果待ちの時間

色鉛筆の画像

複数の求人案件に応募すると、スケジューリングを明確にこなす必要性が出てきます。

面接日の日時などの組み方は気をつけてください。もしミスをするとダブルブッキングをしかねないからです。

また内定が出るタイミングは各企業によりけりですが、概ねで1~2週間ごと考えておくほうがよいでしょう。

結果を待っている時期にどのような活動をするのかによって、転職活動を効率的に終えることができます。

無理なく可能な限り複数の面接の段取りを組んでおけば、内定が複数出ることも考えられるのです。

退職交渉に時間がかかる

転職活動で気をつけたい点として、現職での振る舞い方があげられます。

転職先が決定したら今の仕事を辞める手続きをしなくてはなりません。

退職はデリケートな事情なので、退職交渉を直属の上司へ告げる際に切り出すタイミングも考えておく必要があります。

原則として上司への報告は退職希望日より1~3カ月前が常識です。

その間に次の内定先との手続きも併行していくので、退職交渉に充てる時間もあらかじめ考慮しておくようにしましょう。

ポイントはとにかく早め早めに段取りをつけることです。

ワンポイント
退職交渉の期間を考慮して面接の日程をスケジュールに組み込むこと

できるだけ早く転職活動を成功させるコツは

ペンとスマホの画像
y

ただ単にスピード転職をするのであれば、妥協せず内定が決まった企業へ入社するのが近道です。

しかし、それでは本当に自分が描くキャリアビジョンではありません。

理想に近い転職を早めに成功させるためのコツは、今の仕事を続けながら在職中に転職活動をすることがポイントです。

中には、会社を一刻も早く辞めて転職活動に専念したい希望の方もいるでしょう。

ところが退職後の転職活動となると不安ばかりが募ってしまい、思うように進行しないのが現実です。

収入がない状態での転職活動になることや、離職期間が長い人物を高く評価しない企業も多く、転職活動が長引くかもしれません。

よほどの事情があれば仕方ありませんが、できるだけ在職中に転職活動のスケジュール管理をしながら進行していくことです。

そのほうがかえってスムーズに希望の内定が得られやすい傾向だと覚えておくとよいでしょう。

 

ワンポイント
できるだけ在職中に転職活動したほうがスムーズに決まる

転職のスケジュール例

スケッチブックの画像

転職にかかる期間は個人差があるため一概にはいえません。

ただし基準としては、在職者なら3ヵ月~6ヶ月の期間を設けて行なうのが理想です。

では具体的な転職活動のスケジュール参考例を紹介しましょう。

標準的な転職活動期間としては3ヵ月間を目安にすることが多い傾向です。

その場合は、退職予定日の3ヵ月前から事前準備を開始し約半月ほどかけます。

それが済んだあたりで情報収集に同じく半月費やし、応募する企業を決定させます。2ヶ月目は応募企業への面接試験に費やす期間です。

必ず受ける企業ごとに企業研究をしながら、面接方法のブラッシュアップに励みましょう。内定が出た段階で速やかに退職手続きに入ります。

そこでちょうど3カ月目に入っているはずです。あとは新しい転職先への入社準備や現職での引き継ぎなどで過ごします。

3ヵ月で決定させるよりも、もう少しじっくり厳選したいという方は、6カ月かけて転職活動を行なってもよいでしょう。

3ヵ月コースの倍の時間を費やすと思えば分かりやすいです。

事前準備は退職予定日の半年前からスタートし、じっくり1ヶ月かけて行ないます。

情報収集も同じく1ヶ月かけながら転職したい企業を厳選しましょう。

そして応募から内定が出るまでの面接試験などのチャレンジは2カ月かけてスケジュールを組みます。

やや長丁場になりますが、それだけ行きたい希望の会社選びができるのがメリットです。

順調にいけば、退社準備の申し出は退職予定日の2カ月前に上司へ話すことが可能です。

転職したい日から逆算してスケジュールを立てよう

橋の上の女性の画像

在職中の方はなるべく早めに転職に向けた準備に取り掛かるようにしましょう。

実際に応募して面接試験に行くのは後でも構いません。

まずは下準備や企業研究などの情報収集だけでも、日常的に趣味をかねるつもりでやり続けてみるとよいでしょう。

次第に自分のキャリアビジョンの確立や転職活動の傾向と対策が見えてきます。

また、既に退職済みな方も同様に逆算したスケジュールを組むことは有効です。

いつまでに何を決めてやるのかを事前に計画することは、ものごとを長引かせない方法にもなるでしょう。

 

ワンポイント
在職者も退職者も関係なく逆算スケジュールを組むことが大切

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

パソコンの見る女性の画像

転職活動に関する悩みの相談や不明点を解消したいという方は、転職エージェントに登録して利用することをおすすめします。

転職エージェントは転職についての専門家です。

どのようにスケジュールを組めばよいのかも客観的に判断して適切なアドバイスをしてくれるはずです。

あなたにマッチした理想の転職活動が期待できるでしょう。

まとめ

自転車に乗る画像

転職活動のスケジュールはポイントを踏まえることで、1カ月から半年以上の長期に至るまで計画することが可能です。

今の自分の状況や希望に合わせながら、妥当な部分を見出して転職を実現させましょう。

決して焦らず、また妥協せず、客観的に事前準備から実践的な面接のノウハウを磨きながら臨んでいくことです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら