試用期間は、正規採用を前提として新しく入社してくる社員の適性を見る期間です。

その期間に何かあれば無条件に解雇されてしまうのではないかと、漠然とこわいイメージを持っている方もいるかもしれません。

逆に試用期間であっても、簡単には解雇されないだろうから、あまり気にしなくていいと考える方もいるでしょう。

どちらにしても、まさか自分が解雇されるわけがないと思いますよね。

ですが、実際に思いがけず解雇されてしまったらどうすればよいのでしょうか。

さらに、どのようなケースで解雇が認められるのでしょうか。

この記事では、そのような試用期間中の気になる疑問について解説していきます。

Contents

試用期間中の解雇された時の対処法

女性弁護士

試用期間中に納得できない理由で解雇を言い渡された場合、有効な対処法は労働組合や労働基準監督署に相談することです。

また、試用期間中であってもその会社に2週間以上勤めていれば、「解雇予告手当」を請求できる場合もあります。

これは、雇う側が従業員を解雇する際に30日以上前に予告する義務があるのですが、それを怠った場合に発生する手当です。

さらに、いじめなどの実態があった場合には合わせて慰謝料を請求できる可能性があります。

その場合は、弁護士に相談するという選択肢も視野に入れましょう。

 

ワンポイント
急に解雇を言い渡された場合には「解雇予告手当」の受給対象となる場合がありますので、言い渡された日と残りの日数をチェックしましょう。

試用期間中の解雇が認められる条件とは

解雇通知書

試用期間中に解雇された場合の有効な対処法が分かりましたが、試用期間中の解雇が認めらる条件はどのようなものがあるのでしょうか。

この項目で確認していきましょう。

試用期間中でも会社都合で解雇することはできない

一般的に試用期間中は、新規採用者に適性がないと会社側が判断した場合、解雇するといった内容で契約を結んでいます。

ですが、それは会社規則などに解雇事由が明記されていることが条件で、会社都合で勝手に解雇できるという契約ではありません。

さらに、入社時の労働契約書に解雇事由がきちんと明記されていても、客観的に見て正当な理由でなければいけないのです。

そのため、解雇されるケースはそう多くはありません。

しかし、解雇という形ではなく会社都合でありながら、あくまで自己都合での退職へと働きかける、悪質なケースもあります。

試用期間中で解雇される条件

条件

試用期間中でも解雇される条件として、出勤日数が基準より低い場合や無断欠勤日数が挙げられます。

正当な理由なく極めて出勤日数が少ない場合や職場に連絡をせずに休むなど、最低限の基本が守られていない場合です。

また、明らかに勤務態度が悪い場合も解雇される条件になり得ます。

さらには、経歴詐称や偽名であったなど、会社への嘘の申告があった場合は、信用性もなく解雇されるには十分な条件になります。

 

ワンポイント
このように、明らかに従業員側に落ち度がある場合には、試用期間中の解雇が認められてしまことがありますので要注意です。

試用期間中の解雇は違法の可能性が高い

レッドカードを持つ女性

前項でも少し触れましたが、試用期間中に自己都合として退職を促したり、解雇することは違法である可能性が大といえます。

たしかに、試用期間は新しく入社する社員の適性を見る期間です。

ですが、大きな問題なく勤務している場合には、自己都合ではない限り従業員を辞めさせることはできません。

しかし、雇う側が正しく労働基準法を理解していなかったり、悪質な会社である場合に違法な解雇が行われることがあります。

そのため、試用期間中に解雇をされた場合には、自分を守るためにも違法である可能性があることを知っておく必要があります。

試用期間中に解雇された時に確認すべきポイント

ポイント

前項では試用期間中に解雇されることは違法である可能が高いことが分かりました。

それでは、実際に解雇が認められるのはどのようなケースなのでしょうか。ここで確認しましょう。

能力不足の解雇が認められるケースを確認

まずは、能力不足についてです。単に能力不足であるだけでは正当な解雇理由にはなりません

入社者が能力不足である場合、会社側はそれ相応の教育を受けさせたり、指導をする必要があるとされています。

そのため入社後にきちんとした教育・指導がなされ、それでも改善されない場合には能力不足での解雇が認められることがあります。

また、能力不足であっても配置転換で適所に異動すれば改善可能な場合もあります。

よって、そのような検討がされ、適した異動先があったか否かも解雇が認められるか否かの焦点になるといえるでしょう。

病気やケガでの解雇が認められるケースを確認

病院

次は、病気やケガでの解雇です。

自身の病気やケガが理由で、契約した業務に支障をきたす場合、解雇が認められるケースがあります。

焦点は、業務に耐えることができないほどの病気・ケガであるかや、治る見込みがあるのかです。

治る見込みがない、もしくはめどが立たない場合や、事前に病気などの申告がなかった場合は解雇が認められる可能性があります。

また、前項同様適所への異動で改善される余地の有無が、解雇が認められるか否かの判断材料にもなります。

整理解雇が認められるケースを確認

経営不振

整理解雇とは、事業を続けることが難しくなった場合にやむを得ず人員削減をすることです。

整理解雇が認められるのは、真に会社が経営危機である場合に限ります。

そして経営危機を打開するために、例えば希望退職者を募ったり会社合併など、解雇に至らないように努力をしたかが焦点です。

また、解雇される人員が公平である必要があり、会社側が誠意をもって対応しているケースは解雇が認められることとがあります。

懲戒解雇が認められるケースを確認

懲戒解雇とは、会社の就業規則に記載されている禁止事項等を遵守できない場合などに、従業員を解雇することです。

認められるケースとしては、犯罪行為や意図的に会社に大きな損害を与える行為があった場合などです。

また、偽名を使っていたり経歴詐称など、会社に偽りの情報を伝えている場合も懲戒解雇が認められるケースもあります。

このように、従業員側が重大かつ悪質な行為をとっている場合は懲戒解雇が認められます。

 

ワンポイント
解雇を言い渡されたら、その解雇理由が一般的に認められているケースなのかをよく確認しましょう。

試用期間中に解雇された時にやっておくべきこと

ボイスレコーダー

試用期間中に不当に解雇されたけれど、会社側の言われるがままで、泣き寝入りなんてことにならないように対策を講じましょう。

この項目では、解雇を言い渡された際にすべきことを解説していきます。

解雇理由証明書をもらおう

解雇理由書は、会社が従業員を解雇する際どのような理由であったのかを明記する証明書です。

解雇を言い渡された際に納得がいかない場合はこの解雇理由証明書をもらい、解雇に至った理由を明確にしましょう。

会社側は、解雇する従業員にこの証明書を請求された場合には、発行しなければならない決まりがあります。

曖昧な理由で解雇されたり、知らず知らず自己退職にされているという事態を回避するためにも、重要な書類となります。

解雇についての会話は録音しておこう

不当解雇である場合、訴えを起こしたり解雇を取り消してもらうには、不当解雇である証拠を残す必要があります。

そのため、解雇についての説明を受ける際などに、会話を録音しておくのも一つの手段です。

その音声データが、不当解雇の証拠になる可能性があります。

今はスマホでも声を録音することができますので、急に説明がされた場合でもサッと取り出すことができます。

 

ワンポイント
不当解雇である可能性があるとき、不当解雇である証拠を紙やデータで残すことが次の行動を起こす際に重要となります。

解雇に納得できない時の対応は?

怒っている女性

解雇理由証明書や、解雇の説明での解雇理由に納得ができない場合には、どのような対応方法があるのでしょうか。

労働組合に相談しよう

入社した会社に労働組合がある場合には労働組合に相談しましょう。

労働組合は会社側と従業員との橋渡し役ですので、会社側へ交渉をしてくれます。

また、会社に労働組合がない場合や、会社の労働組合が信用できない場合には、合同労働組合に加入し相談することができます。

合同労働組合とは、会社や雇用形態の壁がなく、業種別であったり、地域別に組織されている組合です。

会社の組合に加入していても、していなくてもこの合同労働組合には加入することができます。

自身の会社の業種や地域などの組合を調べてみましょう。

労働基準監督署に相談しよう

労働基準監督署とは、管轄内の会社が労働基準法や労働法などの法律を順守しているかを監督する機関です。

労働に関するすべての問題を解決する権限はありませんが、労働基準法違反があった場合に、会社側に是正勧告をしてくれます。

この労働基準監督署に動いてもらうためにも、先ほども述べたように不当解雇である証拠が必要になります。

試用期間中に解雇された例をチェック

指をさす女性

それでは、実際に試用期間中に解雇された例を3つ程チェックしてみましょう。

例1

勤務態度が不良であり社内規律を乱したため、解雇されたケースがあります。

これは、従業員に対し会社側は教育や指導をするなどの努力をしましたが、その従業員に態度改善が見られませんでした。

さらに、企業の信用を失墜させるような行動もあったことから、裁判所は解雇に不当性がないと判断したものです。

例2

入社した従業員が、試用期間終了間際に解雇を言い渡され、それが認められたケースがあります。

その理由は、その従業員が大学在学中に過激な学生運動に関与していたことを、入社時に隠していたことが原因です。

裁判所は、入社前には分からなかった重大な事実が判明したため、客観的に解雇が相当であると認めました。

例3

最後に、会社への虚偽があった従業員が解雇され、それが認められたケースです。

これは金融機関での勤務経験が無い従業員が、入社応募する際に提出した履歴書に金融機関での勤務経験が有ると記載していました。

そして採用された従業員に、本当は勤務経験が無いことが明るみになり解雇に至ったというものです。

金融機関への勤務経験については、会社側が採用を決める重大なポイントでした。

重大なポイントでの虚偽であったため、裁判所は解雇が有効であると判断したのです。

試用期間中に解雇された時は無理に在籍するより転職するのも手段

ガッツポーズの女性

試用期間中に解雇を言い渡され、会社側と闘いながら在籍し続けるのも辛いものがあります

自分は悪くなくても、なんとなく職場では気まずくなってしまったり、異動先でも肩身が狭い思いをする可能性も。

不当解雇をしようとした会社ということには変わりなく、仕事をするモチベーションを保ち続けるのも苦労するかもしれません。

長い仕事人生、信頼できる会社に勤めたいと思うのは皆さん同じです。

精神的に疲れ果て、体調を崩しては元も子もありませんよね。

そんなときは、思い切って転職することも一つの手段といえるでしょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

キャリアウーマン

転職したいけれど、優良な企業を見つける自信がなかったり、転職活動の仕方が分からないなんてこともありますよね。

そんなときは、転職のプロである転職エージェントを活用する方法があります。

転職エージェントは非公開求人情報を持っていたり、求人を出している企業に詳しいため、心強い味方になります。

そして、転職を成功させるためのノウハウや、自分をアピールするコツなどさまざまな相談に乗ることができます。

不安なことや分からないことを一人で悩まずに、転職エージェントをうまく利用しプロからのアドバイスをもらいましょう。

まとめ

ノートとペン

試用期間中でも会社都合で一方的に解雇することはできません。

そのため、優良な企業であれば試用期間に解雇となるケースは考えにくいものです。

それでも試用期間中に解雇を言い渡されてしまったら、労働組合や労働基準監督署、弁護士などに相談するという手段があります。

不当解雇が疑われる場合には、まずは会社側に解雇理由証明書をもらいましょう。

解雇理由をはっきりさせることで、不当解雇である証拠になる可能性があります。

ただし、試用期間中の解雇が認められるケースもありますので、採用された側も注意が必要です。

たとえば、出勤日数が不十分であったり無断欠勤が続いており、それが改善されない場合は解雇が認められることがあります。

また、経歴詐称など会社への嘘の申告があった場合も同様に解雇が認められることがあるでしょう。

試用期間中に解雇を言い渡された場合には、無理に在籍して辛い思いをするよりも、転職するという手段もあります

前の会社に裏切られた経験があるため、次の会社を見つけるのには不安でいっぱいという方も多いでしょう。

そのような方は転職エージェントをうまく活用し、自分に合った優良な企業をみつけましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら