昨今、キャリアアップの為に転職を目指す女性が増加傾向にあります。

しかし、転職はしようと思って簡単に出来るものではありません。

企業は書類選考や面接で、応募者のそれまでの経験や得たスキル、そして志望動機を吟味します。

特に面接は実際に企業側の採用担当者と顔を合わせる、転職活動において最も重要視されるものといえるでしょう。

なぜならその企業に採用されるかどうかはほとんど面接で決まってくるからです。

今回はそんな転職面接の際にわかると役立つ、不採用のサインとその対策方法を解説します。

Contents

転職面接での不採用サインは?

バツサインをするビジネスマン

冒頭でも説明したように、転職活動において、面接は不可避の試練ともいえます。

転職面接では、企業から通知されるよりも前に、不採用のサインを読み取ることができるのをご存知でしょうか。

面接官から読み取れる不採用サイン

面接官と女性の後ろ姿

不採用のサインは、主に面接官の対応から読み取ることができます。

面接官の対応から読み取れる、よくある不採用のサインをここで確認しておきましょう。

面接時間が短い

まずよくあるパターンがこちらです。転職面接は基本的に30分から1時間ほど行われます。

最終面接や役員面接になると更に時間が長くなる傾向があります。

ところが、面接時間がたった10分や15分で終わってしまったらどうでしょう。

早く終わったと喜ぶべきでしょうか?

面接時間が短いのは、面接官がそれ以上質問をする必要性がないと感じ、面接を切り上げているからです。

つまり、一番わかりやすい不採用のサインといえます。

面接官も自社にマッチングしない人へ時間を割いている時間はありません。

もし極端に面接時間が短かった場合は、次の転職先を探すために気持ちを切り替えた方が良いでしょう。

質問が定型文のみ

これも度々見受けられるパターンです。

転職面接において、必ずされる志望動機や前職での経験、退職理由といった質問をいわゆる定型文と呼びます。

これらは応募者が社会人としてどんな経験をして、何故自社への転職を希望するのかを知るために必要な質問です。

「転職面接」という単語で検索をすれば、こういった質問が必ず来ることがわかります。

予め答えを用意して、暗記していく人が多いのではないでしょうか。

ですが、この定型文の質問だけで面接官が応募者の素質を見抜けるかといえば、答えはNOです。

転職面接はこういった質問に加えて、面接官が欲しい情報を得るための質問を織り交ぜられるのが基本です。

面接官もプロですから、定型文の質問に対する転職者の答えが予め用意されていることは知っています。

そこで、転職者の人間性を測るためにオリジナリティのある質問を繰り出すのです。

しかしながら、いざ臨んだ転職面接で、定型文の質問しかされずに終わってしまった場合はどうでしょうか。

この場合は、不採用であることがほとんどです。

決まった質問以外、面接官が尋ねる必要がないと判断した結果、定型文の質問のみで終わってしまうためです。

加えて、質問が少ないと、面接時間も自然と短くなりますから、二重の意味で不採用のサインといえます。

 

ワンポイント
不採用のサインには、面接時間が短い、質問が定型文のみというパターンがあります。

不採用と関係ないサインやフラグは?

マルバツを出す女性

ここまで不採用のサインを見てきましたが、それとは逆に、不採用だと思われがちなサインやフラグもあります。

では一体どのようなものがあるのでしょうか。

ここでは不採用とは関係のない、よくあるパターンについて説明していきます。

連絡が遅い

一番耳にするのがこのパターンです。

転職面接後、選考結果の連絡がすぐにこない場合は不採用のサインだと捉えてしまう応募者も居るようです。

しかし、企業が何も言わずに転職希望者を不採用にして放置することはありません。

これは担当者が多忙、もしくは承認に時間がかかるなど、企業側の手続きの問題であることがほとんどです。

また、連絡をするタイミングは企業によって様々です。

合否にかかわらず、応募者に対する連絡は必ず来ます。

連絡が遅いからといって不採用と決めつけないようにしましょう。

交通費を支給される

お金と電卓、車のフィギュア

転職面接をしに行く企業によっては、距離にかかわらず交通費を支給されることがあります。

これに関しても、その企業によって対応が違うだけで、合否に直接かかわる問題ではありません。

交通費を支給される場合は、当日領収書を持参する必要があるかどうかを事前に企業に確認しておきましょう。

 

ワンポイント
不採用と勘違いしやすいパターンに惑わされないようにしましょう。

合格だと勘違いしやすいサイン

バツを出す女性

転職面接には、不採用のサインとは逆に、合格したと勘違いしやすいサインも存在します。

ぬか喜びをしてしまわないよう、ここではそんな勘違いしやすい面接官のサインを確認しておきましょう。

面接の話が盛り上がった

緊張感と重圧に耐えながら進む転職面接もあれば、面接官と世間話も交えてにこやかに進む転職面接もあります。

前者で力を出し切れなかったと嘆くケースもありますが、何より危険なのは後者だと知っていますか?

面接官との会話が盛り上がり、和やかに面接が終わったことに満足し、合格したと勘違いしてしまうことが多いのです。

面接が盛り上がったのは、あくまで面接官の手腕による結果となります。

緊張感をほぐすと共に、応募者の取り繕っていない人間性を見ているのです。

そこで油断して敬語を忘れたり、言わなくても良いことを口にしていた応募者を、面接官は採用するでしょうか?

いくら話が盛り上がったからといって、面接官に気に入られた、きっと合格するだろう、と思い込むのは止めましょう。

自分の思い通りにアピールできた

ガッツポーズ、スーツの女性

志望動機や転職理由などは予め答えを用意して、受け答えがスムーズに出来るようにしていくことが多いでしょう。

しかし、緊張してしまい、うまく回答が出来なかった……といった失敗も転職面接にはつきものです。

それとは逆に、重圧を乗り越え、自分の思い通りに面接官の前でアピールが出来た場合はどうでしょうか。

練習の成果が出せたことで、ぐっと合格する確率が上がるように感じられますが、実際は違う可能性が高いです。

思い通りのアピールが出来たとしても、それが会社の求める回答でなければ採用される可能性は低くなります。

 

ワンポイント
自分の思い通りのアピールが、その会社の求めているものとは限りません。

手応えがあっても不合格になる理由は

悩むスーツ姿の女性

転職面接において、思い通りにアピールが出来たなど、手応えを感じても実際は不合格になるケースが見受けられます。

何故そのようなことになってしまうのでしょうか。

多くは、面接を受けた会社の仕事内容や思想にそぐわない回答をしている場合があります。

特に多いのが、入社後の展望についての回答です。

その会社に入社した後、自分がどうなっていきたいか。

実際の業務内容とかけ離れていたり、漠然とした回答では、入社後のギャップが激しくなる可能性を考慮されます。

入社後のギャップが激しければ激しいほど、応募者にとっても、会社にとっても、得るものが少なくなっていきます。

せっかく転職をしたのにすぐ退職してしまう、といったトラブルにも繋がるのです。

自分ではよく出来たつもりでも、それが転職面接を受けた会社に合ったアピールなのか、今一度考える必要があります。

不採用サイン・フラグを見てから挽回するには?

ガッツポーズをする女性

ここまで様々な不採用のサインやフラグを確認してきました。

実際の転職面接において、これらのサイン・フラグを発見した場合はどうしたら良いのでしょうか。

まずは自分のそれまでの回答を思い返してみましょう。

面接官が投げかけた質問に対しての答えになっているかを冷静に考えることが必要です。

もし的外れな回答をしてしまっていた場合は、改めて答えを考えなおしましょう。

どんなに短い転職面接でも、最後に質疑応答の時間が設けられます。

その際に「先ほどの質問についてなのですが」と面接官に切り込んでいき、改めて回答をするのも一つの手段です。

質問内容を覚えていられないのであれば、メモを活用することをおすすめします。

紙とペンを用意していき、「メモをとってもよろしいでしょうか」と面接官に尋ねましょう。

特別な事情がない限り、多くの面接官は許可を出してくれる筈です。

メモを見返し、冷静に自己分析をした後に改めて回答をすることで、面接官に興味を持たれる可能性があります。

不採用のサイン・フラグを見てもすぐに諦めず、過ちを正して食いついていきましょう。

そうすることで挽回のチャンスを得られる可能性が高くなります。

 

ワンポイント
不採用のサインやフラグを見ても諦めず、冷静に自己分析をして面接官の質問に回答しましょう。

不採用サイン・フラグリストをチェック

バツを持って指をさす女性

前述したもの以外の不採用のサインやフラグにはどのようなものがあるのか、ここでチェックしていきましょう。

面接官がそっけない

どんなに投げかけられた質問に対して的確な回答をしても、面接官が素っ気ない態度を見せるケースがあります。

その会社の社風と応募者のアピールや雰囲気が嚙み合わず、不採用になる場合があります。

質問が少ない

これは前述した、「質問が定型文のみ」と似ているパターンです。

また、この場合は面接時間も短くなりますので、不採用になる可能性は非常に高くなります。

逆質問の回答が丁寧ではない

考え込む男性

転職面接の最後には質疑応答の時間が設けられます。

しかし、そこで応募者からの逆質問に対し、面接官が丁寧に答えない場合があります。

自社の情報を教える必要性を感じていない、ということになり、こちらもまた不採用になる可能性が高いでしょう。

採用後の話がない

転職面接では、入社後の業務内容や待遇についてなど、採用後の話をされる場合が多く見受けられます。

これらの情報は求人票には掲載されていない情報であり、応募者にとっても入社にかかわる重要な話です。

だというのに、そういった採用後の話が一切されない場合は、採用される見込みが低いと考えられます。

自社の紹介やメリットを話さない

会社が面接をするということは、少なくとも応募者に対して興味を持っているからです。

そして応募者もまた、会社に興味を持って応募しています。

転職面接はお互いの長所を紹介しあい、互いにとってのメリットを確認する場です。

面接の場で会社側が自社紹介やメリットの説明をしない場合は、応募者に対する興味を失っている可能性があります。

採用する予定のない応募者に対し、自社についての説明やメリットを話しても意味がないと判断されているのです。

面接官が首をかしげたりうつむいたりしている

質問に対して回答しても、それを聞いた面接官が首を傾げたり、うつむいたりしている場合はどうでしょうか。

応募者が自分ではしっかり回答しているつもりでも、面接官が的外れな回答として捉えている可能性があります。

こういった反応が終始続けば、その会社が求めている人物像とかけ離れているとして、不採用になる場合があります。

回答に対して反論や否定をされる

意地悪な質問、困る人

転職面接では、面接官から様々な質問をされます。

定型文の質問もあれば、面接官独自の質問や、今後の展望といった応募者の人間性を知るための質問もあります。

それらに回答していく中で、面接官から反論や否定をされるケースも少なくはありません。

これには緊張した状況の中での対応力を測っている場合と、面接官が応募者の粗を探している場合に分けられます。

後者であれば、その会社の求める人物像に応募者が適していないということになるので、気を付けましょう。

面接官の反応を見て冷静に対応するために面接対策をしよう

手帳とパソコン

このように、不採用のサインやフラグは、主に面接官の反応から読み取ることが出来ます。

転職面接では、目の前に居る面接官の反応を見て、冷静に対応する能力が必要になります。

それは一日や二日で出来ることではありません。

しっかりと対策をしなければ、せっかく書類選考を通過しても、面接で不採用になるのです。

面接官から与えられる圧迫感や緊張感に負けず、質問に対する回答ができるように、練習を積み重ねていきましょう。

また、面接本番の緊張状態では、質問された内容や、逆質問の回答を忘れてしまう場合もあります。

もしもの場合に備えて、メモの準備をしていくことをおすすめします。

面接対策で困ったら転職エージェントに相談しよう

書類を持つ笑顔の女性

面接対策といっても具体的にどのようなことをするべきなのかわからない、という方も多くいらっしゃいます。

その場合は、転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントは多くの転職希望者をサポートしてきた、いうなれば転職のプロです。

転職面接におけるノウハウを誰よりも熟知しています。

実際に本番を想定した模擬面接を行い、面接官の立場から見たアドバイスを貰うことも出来ます。

一人で悩むよりも、転職エージェントに相談することで、より効率的に面接対策が行えるでしょう。

まとめ

握手をするビジネスマン

ここまで転職面接における様々な不採用のサインやフラグ、そしてその挽回方法を説明してきました。

転職面接はどのような会社でも必ず行われます。

そこでいかに面接官の反応を見て冷静に対応できるかが、合否にかかわるポイントです。

もし面接対策で困っているのであれば、転職エージェントに相談し、効果的な対策を取ることをおすすめします。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら