夏休み前に早期退職の打診が増える理由をご存じでしょうか。

早期退職にはメリットだけでなくデメリットもあるのでよく考えて受ける必要があります。

今回はそんな早期退職について詳しくご紹介します。

早期退職の打診が夏休み前に増える理由

考え事をする女性

多くの企業では定年を60~65歳に設定しています。

この定年の前に退職することを「早期退職」といいます。

早期退職を受け入れると何かしらの優遇を受けられることも多く「早期優遇退職」ともいわれます。

早期優遇退職には「早期退職」と「希望退職」の2種類があることを知っておいてください。

まず早期退職を行う理由は社員の世代交代を図り新しい雰囲気を作るためです。

この理由だと「私は会社に不要ということ?」と思う人もいるかもしれませんね。

会社としては若い世代にもチャンスを与えたいのですが、もちろんあなたが不要というわけではありません。

そしてもう1つの希望退職は企業の業績悪化などが理由で早めに退職をしてもらうというものです。

業績悪化のために人件費を削減したいというのが理由なのです。

どちらも会社からの打診や募集があり、夏休み前に増える傾向にあります。

夏休み前に早期退職の打診が増える理由は対象者に考える時間を与えるためです。

早期退職は「もしかしてリストラ?」と一瞬思う人もいるのではないでしょうか。

すぐに返事をすることもできないですし、家族になかなか相談できないという人もいるのです。

そのため夏休み前に打診して仕事が休みの間にゆっくりと考えられるようにしています。

 

ワンポイント
 早期退職の決断にはゆっくり考える時間が必要。

早期退職することのメリット

メリット

夏休み前に打診が増える早期退職ですが対象者にとってどのようなメリットがあるのでしょうか。

メリットを知って早期退職を受け入れるかどうかの判断材料にしてください。

退職金が割増でもらえる

退職金

早期退職を受け入れると退職金が割増になるという企業が多いです。

定年まで働くか早めに退職するかは簡単に決められることではありません。

しかし退職金が割増しになるのであれば年金受給までの生活費に充てることができます。

また割増になった退職金で資格と取ったり旅行に行ったりと自分や家族のために使うという方法もあります。

退職金の割増は早期退職の大きなメリットといえるでしょう。

失業手当の受給期間が長くなる

早期優遇退職には2種類あり「早期退職」と「希望退職」に分けられます。

この2種類の大きな違いは「自己都合退職」になるか「会社都合退職」になるかです。

早期退職は自己都合に、希望退職は会社都合になります。

自己都合退職の場合は退職後3ヶ月の給付制限を経て失業手当が支給されます。

しかし会社都合退職の場合は7日間の待期期間を過ぎてすぐに失業手当が支給されるのです。

また自己都合退職の給付期間は3~5か月なのに対して会社都合は最長11カ月と長くなります。

会社都合退職であれば失業手当をもらえる期間が長くなるのでメリットといえますね。

会社がどのような理由で早期退職を打診しているのかによって扱いが変わるので確認しておくことをおすすめします

 

ワンポイント
 早期退職は退職金や失業手当で優遇される可能性がある。

早期退職のデメリット

デメリット

早期退職にはメリットもあればデメリットもあります。

ここでは早期退職のデメリットをご紹介していきます。

安定した収入が途絶える

早期退職のデメリットの1つに安定した収入が途切れるということがあります。

メリットのところでお伝えしたように早期退職は退職金を割増でもらうことができます。

しかし毎月の給料は退職すると途切れてしまうことになるのです。

割増で退職金をもらうことができても生活していく中でお金は減っていくものです。

そのためお金をどのようにやりくりするのか、早期退職後に再就職を目指すのかなどを決めていく必要があるのです。

将来受け取れる年金が減る

年金手帳とお金

会社に所属していると会社を通じて厚生年金を支払うことになっています。

しかし早期退職すると厚生年金から国民年金への切り替えが必要になります。

厚生年金は給料に応じた納付額ですが、国民年金は一律の納付額です。

そのため人によって月々の納付額が増えた・減ったということもあるはずです。

ここで注意したいのが厚生年金は会社が半分負担しているということです。

つまり給料から天引きされる厚生年金の倍の額を納付しているということになるのです。

しかし国民年金は納めた額だけで計算されます。

そのため早期退職をして厚生年金から国民年金に切り替えると将来もらえる年金額が減る可能性があるのです。

退職金が割増になっても将来の年金額が減ると老後の生活が不安になる人もいるでしょう。

社会的信用がなくなる

社会的信用がなくなるというのも早期退職のデメリットです。

定職に就いているということは社会的に信用できる人と見られることがほとんどです。

しかし早期退職するということは定年前に無職になる可能性があるということです。

社会的信用がなくなるとローンを組めない・クレジットカードの新規発行ができないということもあり得ます。

転職後に人間関係の再構築が必要

転職をすると人間関係を再構築していく必要があります。

一緒に働く仲間の名前を覚えたり関係を構築するのはエネルギーのいることです。

若いころなら心機一転という気持ちになれたかもしれません。

しかし早期退職を打診される年代の女性の場合はデメリットと感じる人もいるでしょう。

 

無料転職相談をして転職を成功させよう

 

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


対象者が注意すべきことは

注意と指さし棒

早期退職を打診された時に注意したいのは「即答しない」ということです。

退職金が割増になるといわれても安定した収入が途切れることになります。

また社会的信用がなくなるとローンが組めない・クレジットカードの新規発行ができないということもあり得るのです。

メリットだけを見ると早期退職もいいかなと思う人もいるのではないでしょうか。

しかしその先の人生をどう生きているかも重要なことです。

年金受給までの生活費をどうするかということも考えなければいけません。

家族がいれば十分話し合うことも大切ですね。

もちろん早期退職をしてやりたいことに挑戦したり自分の趣味の時間に充てることもできます。

早期退職後の生活や金銭面をどうしていくかをしっかり考えてから決断を出しましょう。

 

ワンポイント
 早期退職は今後の生活に関わるのでしっかり考えてから決断をしよう。

早期退職後に不安がある場合は転職を考えよう

考える女性

早期退職をすると生活が変わるだけでなく金銭的な不安を抱く人も多いのではないでしょうか。

不安があるという人は転職を考えてみることをおすすめします。

早期退職後の転職について見ていきましょう。

早期退職後の転職は計画的に行おう

早期退職後の転職は計画的に行うようにしましょう。

なぜなら早期退職後の転職がスムーズにいくとは限らないからです。

経験やスキルを活かした仕事なら大丈夫だろうと思う人もいるでしょう。

しかし企業としてはこの先長く勤められる30代・40代の方を優先する可能性があるのです。

また定年に近い年齢だと30代・40代よりも年収は高いことが多いです。

早期退職した会社の年収と同じくらいを求めることは難しいこともあります。

そして、転職して合わないと思ってもすぐに転職先を見つけることは簡単ではありません。

そういったことから転職を考える場合は計画的に行うことをおすすめします。

早い段階から転職を考えるのなら早期退職する前に転職活動を始めておくといいですね。

転職する企業は自分を客観的に見て判断しよう

主観と客観の図

これまでの経験を活かしたい、せっかくだから新しいことに挑戦したいなど転職に関する希望をもつ人は多いでしょう。

早期退職後に転職する場合は客観的に自分を見て判断する必要があります。

自分がやりたいと思っている仕事が向いているのか、今からでもやれることなのかを吟味してください。

客観的に見てこそ早期退職後の転職を成功させることができます。

 

無料転職相談をして計画的に転職を進めよう

 

早期退職の打診に対しての回答

YesとNoの札

夏休み前に打診が増える早期退職ですがどうするか決めたら会社に回答を出しましょう。

早期退職は打診されたら必ず受け入れなければならないものではありません。

会社の残る場合の回答についても見ていきましょう。

早期退職する場合

早期退職する場合は会社にその旨を伝えましょう。

一旦受け入れてしまうと「やっぱり早期退職は不安」と思っても後戻りできないことも。

そのため慎重に考えて決断したところで回答することをおすすめします。

転職する場合はあるい程度転職の見通しが立ってから退職したい人も多いでしょう。

早期退職するという回答後、すぐに退職しなければならないというわけではありません。

退職日については会社と相談して決めてくださいね。

早期退職せず残る場合

早期退職は解雇ではないので打診されても断ることができます。

しかし断って会社に残ると不利益が生じるのでは?と不安に思う人もいるのではないでしょうか。

早期退職せず会社に残るとしてもそれは本人の意思なので尊重されるはずです。

「早期退職すると生活に困る」「定年まで働きたい」「まだこの会社でやりたいことがある」など理由を伝えましょう。

会社としては早期退職を無理強いすることはないので安心してください。

休職期間にやっておきたいこと

悩み

早期退職後すぐに転職をする人もいればしばらく休むという人もいるでしょう。

そんな休職期間はどのように過ごすといいのでしょうか。

ここでは休職期間中にやっておきたいことをご紹介します。

スキルアップのための勉強

休職期間中は勉強したいことを思い切り勉強するチャンスです。

これまで忙しく働いていたという人は休職期間を使って勉強ができますね。

スキルアップのための勉強をやっておけば転職の時にアピールすることができます。

独学でもいいですが通信教育やスクールで学ぶという方法もあります。

早期退職で退職金が割増になった分、専門学校に通うという人もいるのです。

しかしその間の生活費や卒業後の就職をどうするかについて考えておく必要があります。

転職する場合と同じく計画的に進めていきましょう。

失業手当の給付手続き

失業手当申請

早期退職後すぐに転職しない場合は失業手当の給付手続きをしましょう。

失業手当の給付手続きは住んでいる地域の管轄にあるハローワークで行います。

退職後に会社から離職票が届くので必要事項を記入して手続きをしに行きましょう。

離職票には「自己都合退職」か「会社都合退職」かが記載されています。

失業手当の給付開始時期や給付期間に影響するので必ず確認してください。

転職エージェントへ登録しよう

再就職を考える場合は転職エージェントに登録しましょう。

早期退職を打診される年代だと定年までの期間が限られているという現状です。

新しいことに挑戦したい人もいれば、堅実に安定した仕事をしたいという人もいるでしょう。

また前職よりも大幅に年収が下がるのは…という不安を持つ人もいるのではないでしょうか。

そういったことを転職エージェントに伝えることでより希望に沿った求人を紹介してもらうことができます。

休職期間にスキルアップのための勉強をしたという人も、活かすチャンスを掴むことができるでしょう。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


早期退職後の転職を成功させるポイントは?

笑顔でOKサインをする女性

早期退職後の転職を成功させるポイントを見ていきましょう。

まず早期退職とは「定年よりも早く退職すること」です。

定年よりも早めの退職ということなので50代での転職になります。

30代・40代の転職との違いはあと何年働けるか?というところにあります。

また新しい仕事をする際に若い方が吸収がはやいと捉えられることも多いでしょう。

そんな中で早期退職後の転職を成功させるポイントは自分の強み・弱みを知っておくということです。

これまでの経験やスキルだけでなく強みをアピールすることができれば企業の印象もいいはず。

そして管理職やマネジメントの経験があるという方はアピールしていきましょう。

長年働いてきた経験から自分の苦手分野を理解しているという人も多いのではないでしょうか。

様々なことを経験してきたからこそ自分を客観的に見ることができるものです。

客観的に自分を見直して転職先の企業を決めましょう。

 

ワンポイント
 早期退職後の転職を成功させるために自分を客観的に見てみよう。

転職の相談は転職エージェントを活用しよう

悩む女性

早期退職後の転職はスムーズにいかないこともあるでしょう。

退職時の年齢によっては経験やスキルがあっても転職先がなかなか決まらない場合もあるのです。

そのような転職の不安は転職エージェントに相談することをおすすめします。

あなたがもつ経験やスキルをどう活かすかアピールすることが大切です。

また早期退職を機に第2の人生として新しい仕事に挑戦したいという人もいるはずです。

そんな時も転職エージェントに相談することで転職活動がスムーズになる可能性があります。

 

無料転職相談をして転職を成功に導こう

 

まとめ

笑顔の女性

今回は早期退職の打診が夏休み前に増える理由や注意すべきことをご紹介しました。

定年前に会社から早期退職を打診されると心の整理がつかないという人もいるでしょう。

今後の生活を変えることになるので慎重に考えなければならないのが早期退職というものです。

退職金が割増になっても安定した収入が途絶えるのは不安ですね。

そういった生活やお金のことなどをゆっくり考えられるように早期退職の打診が夏休み前に増えるのです。

早期退職後に転職を考えるという人も多いです。

しかし退職時期や年齢によってはなかなか転職先が決まらないということもあります。

早期退職後に転職を目指すのなら転職相談に登録することをおすすめします。

転職エージェントに相談をして転職を成功させましょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!