独身女性がマンションを購入するために、住宅ローンを組むことも珍しくなくなりました。

しかしキャリアアップ転職で年収が増えることがわかっていても、申し込むタイミングによっては審査に落ちる可能性があります。

そこで今回は女性が住宅ローンを組む前に知っておきたい、タイミングや審査項目、転職による影響などについて解説します。

女性が転職後に住宅ローンを組む注意点

2198782_m

住宅ローンはカードローンやマイカーローンと違い、高額な借り入れを長期にわたって返済するものです。

そのため女性に限らず、男性であっても審査項目ごとに設けられている基準をクリアしなければ、借り入れることができません。

女性が転職後に住宅ローンを申し込もうと考えている場合、審査に通る条件を理解して準備する必要があります。

次章以降では、女性が転職後に住宅ローンを組むにあたっての注意点について、詳しく説明します。

転職が住宅ローンに与える影響とは

3854363_m

年収アップにつながる転職であっても、住宅ローンを組むにあたっては少なからず影響を与えます。

転職後に住宅を購入しようと考えているなら、どのような影響があるのかを考慮した方がよいのです。

ここでは転職が住宅ローンの審査に与える影響を、具体的に紹介します。

住宅ローンが組みづらくなる

例え収入増が見込めていても、転職によって住宅ローン組みにくくなる可能性はあります。

それは住宅ローンの審査項目の中に「勤続年数」があり、短ければ短いほど不利になるので、転職直後は通らないのが一般的です。

これは住宅ローンを貸し付ける銀行側は、勤続年数は長い方が安定収入があると考えるからで、最低でも2~3年は必要です。

また何度も転職をくり返している場合、現在の職場の勤続年数が2年以上であっても、審査が通らないこともあります。

住宅ローンが組める場合もある

571083_m

原則的に銀行の住宅ローンの審査では、勤続年数が少なくない影響を与えるのは事実です。

しかし転職直後であっても、例外的に住宅ローンが組めるケースもあります。

具体的にはヘッドハンティングなどにより、中小企業から大企業へのキャリアアップ転職を果たした時などです。

前職と転職後の給与明細の両方を持参して、収入が倍増するなど明らかな年収アップが証明できれば、審査に通る可能性はあります。

しかし銀行の融資担当者が納得できる退職理由である、あるいは頭金を十分に用意しておくなどの工夫も必要です。

転職後に住宅ローンを組む時の注意点

1978337_m

転職後に住宅ローンを組みたいと考えているなら、銀行側が何を基準に判断しているのかを理解しておくにこしたことはありません。

ここでは、転職後に住宅ローンを申し込むにあたり、覚えておきたい注意点を3つ紹介します。

見込み年収で審査

銀行が住宅ローンの審査を行う時には、見込み年収で判断するのが一般的です。

「フラット35」と呼ばれる住宅ローンに申し込むと、銀行によっては直近1カ月の給与明細の提出を求められます。

そしてその給与明細の総額の12カ月分を見込み年収として、住宅ローンの審査を行います。

転職後に賞与が支給されるようになるまで期間があることが多いので、見込み年収の計算対象期間外だと実際より低くなりがちです。

見込み年収が低く計算されることで、住宅ローンの審査に通らないケースは少なくありません。

転職で年収が下がった時は?

4213569_m

希望の企業や職種に就くために、年収が下がる転職をする人もいることでしょう。

その場合は勤続年数が2年を超えても、前職であれば通った住宅ローンの審査が通過できない可能性はあります。

また住宅ローンの審査を通すことはできても、借入額年収と比例するので、借入可能額が少なくなることも珍しくありません。

銀行は住宅ローンの総返済負担率を、申込者の年収の30~35%にとどめるよう審査しているからです。

転職によって見込み年収が300万円以下になってしまうと、総返済負担率が30%になることから、借入可能額が低くなります。

転職で年収が上がった時は?

ヘッドハンティングやキャリアアップ転職により、前職より年収アップが見込める女性もいることでしょう。

その場合は、総返済負担率が35%以上となり、借入可能額が大きくなる可能性が十分にあります。

しかし転職直後であれば勤続年数の基準がクリアできないため、審査にあたって追加書類の提出を求められるのが一般的です。

転職する企業に採用通知書や雇用契約書、年収見込証明書、給与明細書などの写しを用意してもらえば、審査が通ることはあります。

住宅ローンの申し込みをする銀行に、相談してみるのがおすすめです。

転職後に住宅購入を考えているなら、転職エージェントに相談し、少しでも有利になる求人を紹介してもらいましょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

住宅ローンの審査項目をチェック

1043786_m

住宅ローンの審査項目は、勤続年数や年収だけではありません。複数の審査項目をクリアして初めて、希望の金額を借り入れできます。

ここでは住宅ローンの審査項目の内容について、具体的に説明します。

「過去と現在の借り入れ状況」

住宅ローンの審査の際には、申込者の「過去と現在の借り入れ状況」を必ず確認します。

これは銀行で他にローンを組んでいないかだけでなく、クレジットカードや審判、消費者金融などの借り入れすべてです。

マイカーローンやカードローン、ショッピングの分割払いもその対象で、借入額が大きければ審査に通りにくくなります。

これは年収に合わせて個人で借り入れできる金額に上限があり、その総額からすでに借りている分が差し引かれるからです。

住宅ローンを通したいと考えているなら、その他の借入額を少しでも減らしておくことをおすすめします。

「勤務先」と「勤続年数」

2732252_m

住宅ローンの審査項目には前述した「勤続年数」だけでなく、「勤務先」もあります。

近年は勤務先の企業規模は、それほど重視されない傾向が高まっています。

しかし創業間もないベンチャー企業や経営不振が噂されている企業に勤務している場合は、審査が厳しくなるのが現実です。

また勤続年数は3年以上が望ましいとされてきましたが、近年は借り換え需要もあり、勤続1年未満でも融資する銀行はあります。

同業他社へのランクアップ転職の場合を除き、転職が審査にマイナスに作用する可能性があるので、早めに相談しましょう。

また審査中に転職する場合は、速やかに申告を行わなければ、後でバレた時に契約解除されるリスクがあるので注意が必要です。

「年収」

住宅ローンは貸付額が高額で、返済が長期にわたることから、審査のうえで「年収」は重要なポイントです。

年収が高く、総返済負担率が低ければ低いほど、返済が安定すると判断されます。

また年収だけでなく雇用形態もチェックされており、正社員や公務員は契約社員並びに派遣社員より、審査が緩めです。

「健康状態」

3060949_m

現在は住宅ローンを組むにあたり、団体信用生命保険への加入が義務付けられています。

これは申込者が万が一死亡したり、高度障害状態に陥った時でも、住宅ローンの清算ができるよう加入するものです。

しかし保険金額が高額となるため審査が必要で、「健康状態」が悪いと加入することができません。

そのため住宅ローンに申し込む際には、健康状態が良いことが必須条件となります。

持病があるまたは大病の直後は、団体信用生命保険に加入できずに、住宅ローンの審査が入らないことがあると覚えておきましょう。

「完済時の年齢」

住宅ローンを審査するうえで、完済時の年齢が何歳であるかも重要なポイントです。

大半の銀行は完済時の年齢を75歳から80歳と設定していますが、会社員と自営業、個々の資産状況によって変動します。

会社員の場合、退職後に年金生活になった時でも返済可能な額しか、銀行は貸付ようとしないものです。

住宅ローンの申し込みは若ければ若いほど、完済時の年齢を下げられるので考慮することをおすすめします。

「物件の価値」

2918382_m

住宅ローンの審査では、購入しようとしている「物件の価値」によっても審査の通りやすさが変わります。

これは新築物件中古物件では、資産価値の算定方法が異なるからです。

新築物件の場合は土地と建物のグレード、立地条件などにより評価が算定されますが、購入価格と同等になるのが一般的です。

しかし中古物件の場合は、住宅ローンを融資する銀行が担保価格を算出します。

そのため、住宅ローンの申込者の想定金額より低くなるケースも珍しくありません。

希望の金額の融資が下りるとは限りませんので、注意しましょう。

転職後に住宅ローンを組むメリット

3349860_m

転職が住宅ローンの審査に影響を与えることは、厳然とした事実です。一方で、転職後に住宅ローンを組む方がよいケースもあります。

ここでは、転職後に住宅ローンを組むメリットを2つ紹介します。

転職先の年収で審査

転職によって年収アップが見込めている場合は、その金額で審査される方が圧倒的に有利です。

ただしそのためには転職した企業に、必要な書類を用意してもらう必要があるかもしれません。

また転職後の収入に合わせて住宅ローンを組むことで、返済計画が立てやすくなることもメリットといえるでしょう。

金融機関への転職の届出が必要ない

住宅ローンの審査中に転職してしまうと、融資金額が妥当かどうかを見極めるため、銀行は追加書類の提出を求めるものです。

住宅ローンの申込時だけでなく、融資後に転職した場合も、金融機関へは勤務先変更の届け出をしなければなりません。

しかし転職した後で住宅ローンを組めば、そうした届出をする必要がないのです。

再審査によって融資が中止されたり、減額されるリスクがないことはメリットといえます。

転職後に住宅ローンを組む時に注意すべきこと

413186_m

転職後に住宅ローンを組む際には、勤続年数が短い段階で申し込むことが多いと考えられます。

その場合は前述したように、年収が記載されている雇用契約書や採用通知書、年収見込み証明書、給与明細書の準備が不可欠です。

また年収計算の対象となる期間に、賞与支給がある方が見込み年収が高くなります。

会社が必要書類を用意してくれるのかを確認し、銀行に融資を申し込むタイミングを見極めるようにしましょう。

転職前に住宅ローンを組むメリット

342363_m

転職前に住宅ローンを組むメリットとしては、勤続年数が長い分、審査に通る可能性が高まることです。

年収を証明する書類も源泉徴収票で済むので、余計な書類を用意する手間も省けます。

また住宅ローンを完済する際の年齢が低くなるのにこしたことはないので、転職を待つ時間がもったいないという考え方もあります。

住宅ローンの審査をスムーズに進めたい場合は、転職前の申し込みをおすすめします。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

転職前に住宅ローンを組む時に注意すべきこと

2201093_m

転職前に住宅ローンを組むと決めているなら、転職のタイミングと銀行への報告には注意が必要です。

住宅ローンは、「仮審査」「本審査」「契約」「融資実行」の4段階で進みます。

融資実行後の転職であれば問題ありませんが、契約までの段階で実行すると、融資が白紙に返るリスクが高まるからです。

また住宅ローンを契約した際に渡される約款の中には、勤務先を変更した場合は届け出る旨の記載があります。

しっかり届けてしておけば、転職で収入が減額になった際に返済の相談にのってもらえるかもしれません。

しかし届出を怠って返済が遅れ、その後の話し合いが決裂し、強制執行によりマイホームを失ったケースもあるので注意が必要です。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

4193263_m

女性が転職を考える理由は様々で、ライフプランを考慮して福利厚生の充実を求めたり、キャリアアップを目指す人もいます。

満足のいく転職を果たしたいと考えているなら、プロのサポートを受ける方が安心です。

自分に合った職場や職種を見つける、あるいは年収アップを目指すなら、転職エージェントに登録することから始めましょう。

カウンセリングを通してキャリアアドバイザーに転職相談を行うことで、自分の希望条件や強みを顕在化できるからです。

また自分では気づかない長所や適性を、プロがアドバイスしてくれることも少なくありません。

円満退職の秘訣なども含めて、トータルにアドバイスしてもらえるので、転職エージェントを活用することをおすすめします。

まとめ

3290960_m

今回は女性が住宅ローンを組む前に知っておきたい、タイミングや審査項目、転職による影響などについて解説しました。

一般的には住宅ローンを組むのは転職前の方が有利ですが、中には転職後に検討した方がよいケースもあります。

自分が購入したい不動産物件の価格や融資希望額を考慮して、悪影響が及ばないタイミングを見極めるのがおすすめです。

住宅ローンは借り入れだけでなく、無理なく返済できることが大事ですので、計画的に進めるようにしましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら