実力主義を取り入れる企業が増えたことで、年上の部下が年下上司の下で仕事をすることも当たり前になってきました。

転職先で実際に職場で年下上司の下に配属され、年下上司との付き合い方に悩む人も多いことでしょう。

年下上司の部下になり、頭では理解できても感情的に受け入れない人も見受けられます。

しかし円滑に業務を推進させるためにはマナーやコミュニケーション術が必要です。

今回は年下上司との上手な付き合い方を解説します。

Contents

年下上司とうまく付き合うためには?

悩む女性

年下上司と付き合う上でまず考えておきたいのが、会社の上司と部下は人間としての上下関係ではないということです。

会社の業務を考えた時、会社は年下上司の下でもうまく付き合って成果を上げることを期待しています。

年下上司にも得意・不得意の分野があり、あなたにも得意・不得意の分野があります。

あなたの得意な分野を使って年下上司の力になり、業務で成果を上げましょう。

年下上司への接し方のコツは?

年下上司との接し方のコツは、年下上司のプライドを傷つけないように注意します。

年上としての自分のプライドにこだわると、年下上司の指示にしたがってスムーズに働くことができません。

年下上司と接する際にコツを解説します。

自分からコミュニケーションをとる

話し合う女性

年下上司への接し方が悪く、職場がギスギスして悪い雰囲気になるとそれが仕事に影響します。

人間関係が悪化したままでは十分な成果を上げることはできないでしょう。

年下上司との円滑な関係を築くためには、積極的に自分からコミュケーションをとることが大切です。

一般的に、年下上司が苦手な理由は自分の中に年齢の上の人が上だという年功序列の気持ちが残っているからです。

また、会社の地位を上司が偉くて部下が劣ると考えていることも影響しています。

これらが職場内のコミュニケーションがうまく取れない理由です。

会社の地位は上下関係でなく水平関係であると考えてみましょう。

考え方を変えることで気持ちが穏やかになり、スムーズにコミュニケーションが取れるようになります。

自分からの円滑なコミュニケーションをとることが、会社で仕事を遂行するときに最も重要なのです。

サポート役に徹する

笑顔

コミュニケーションを上手の取れるようになると、年下上司からいろいろな仕事上の相談を受けることもあるでしょう。

年下上司から相談されたら、部下としてサポート役に徹し、チームとして成果を上げることを考えるべきです。

上司の年齢に拘わらず、上司のサポート役として課題の解決を行っていれば上司の信頼が得られます。

上司から信頼されるようになれば、次々と新しい課題が与えられ、成果が上がるでしょう。

仕事面で成果が上がることで年下上司との関係がより良好になり、仕事面で良い環境が得られます。

自分の役割や強みについて考える

仕事で成果を上げるためには、次に職場における自分の役割を確認することも大切です。

年下上司が部下に期待している役割は、円滑なコミュニケーションとサポート役に徹することです。

その役割を果たすための、今までの業務面の経験から自分の強みについて分析します。

今までの会社での業務経験も振り返って分析すると自分の役割や強みが明確なるでしょう。

その自分の強みを生かし成果を上げるように働きます。

業績を上げることで年下上司の信頼が高まり、年下上司との人間関係も良くなります。

年下上司の気持ちを考えてみる

年下上司と付き合うときに、年下上司の気持ちになって考えることも必要です。

もし自分が上司になって年上の部下を持った時に、どのようなことを期待するかを考えてみましょう。

年下上司は年上の部下に対して何らかの遠慮の気持ちを持っている場合が多いものです。

年下上司に遠慮なく指示してもらって円滑に業務を進めるために相手の気持ちになってみることが必要です。

そうすることで年下上司の気持ちを知ることができ、最適な接し方も分かってくるでしょう。

年下上司の行動に苛立ってしまったら?

毎日年下上司と接していると、時には年下上司が生意気に感じその態度に苛立つことがあるでしょう。

年下上司の行動に苛立つ原因として、年下上司の年齢や経験不足などが考えられます。

しかし年下上司に苛立って対立していては仕事はうまくいきません。

年下上司の行動に苛立ってしまった場合の対処方法を解説します。

真正面から対立しない

打ち合わせをする女性

年下上司と意見が合わず苛立った時、部下として真正面から対立せず控えることも大切です。

年下上司も人間ですので、感情的になってしまうこともあるでしょう。

特に年上の部下には日ごろは遠慮して接しているため、対立した時に普段の不満から真正面から対立する恐れがあります。

しかし互いに感情的になって対立していては解決の糸口さえ掴めません。

真正面から対立せずに、年下上司の意見をよく聞いてお互いの意見の落としどころを探しましょう。

パワハラではないか冷静に見てみる

年下上司と意見が合わない時にパワハラではないか冷静に考えてみましょう。

年下上司からパワハラを受けているのであれば、その理由を考えます。

部下の普段の行動に不満がパワハラにつながっているのかもしれません。

自分の日頃の行動を反省し、年下上司と円滑なコミュニケーションを取ってパワハラを受けないようにしましょう。

日頃から円滑なコミュニケーションと相手の立場を理解した行動をしていれば、自分が原因でのパワハラは受けないでしょう。

また、苛立って指示に従わなかったり上司を無能扱いするなどの行動をすれば上司へのパワハラだと感じられてしまう場合もあります。

年下上司の指示に納得がいかなくても、正当な理由なく反発して従わないのは上司へのパワハラになるので注意しましょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

年下上司との距離感の取り方は?

年下上司との距離感をうまくとることも円滑に付き合うためには大切です。

敬語と敬称を使って、年下上司と話をして、上手に距離感を取りましょう。

半歩下がってみる

考える女性

年下上司とうまく付き合うためにさらに重要なことは「半歩下がってみる」ことです。

年下上司と対立した時、自分のプライドから年下相手に絶対に折れたくないと意固地になってしまうかもしれません。

年下上司がどういう考えを持っているのかも分からず対立していては仕事に悪影響を及ぼします。

半歩下がって客観的に考えることで、年下上司の考えへの理解や別の答えも見えてくるはずです。

年上だからと出しゃばらずに、年下上司の言いたいことを十分に理解して適切に対応することを心がけましょう。

その上で自分の強みを生かして業務を遂行することで成果を上げられます。

年齢を気にしすぎない

人間関係

上司の年齢は仕事には関係ないことを理解しましょう。

年齢は仕事とは関係なく、大切なことは会社の業務で成果を上げることです。

仕事で成果を上げるには個人の力だけでは限界があります。上司の助けが必要であり、その上司の能力を利用して成果をあげます。

助けてもらうためには、年齢を意識せずに積極的に相談して業務の推進を図ることが大切です。

年下に頼るのはプライドが邪魔をするかもしれません。

しかし会社で優先されるのは個人的なプライドより会社の利益です。そのことを理解しておきましょう。

へりくだりすぎない

年下上司から半歩下がると言っても、へりくだるということではありません。

へりくだりすぎないよう心がけ、年下上司を説得する必要のある時は積極的に意見を言いましょう。

会社は仕事の成果を上げるために運営されているものです。

年下・年上といった年齢に関係なく、全社員に積極的に仕事をすることを期待しています。

へりくだりすぎるのはかえって年下上司が接しづらいと感じるので止めましょう。

年下女子上司へのNG会話は?

女性同士であれば、休憩時間などに何気ない雑談などをすることが多くあります。

しかしそこで恋バナなどの友達とするような会話はNGです。

他にもNGな話題はどんなものがあるか解説します。

上から目線のアドバイスはNG

パソコンを前に悩む女性

年下女子上司の場合、同性であり年下でもあることでアドバイスをしたいと思う場面が出てきます。

その時、伝え方次第では上から目線でアドバイスをすると生意気だと思われ反発を招きます。

意見を聞かれたときは、年上として上から目線でのアドバイスはしないように注意しましょう。

あくまでも部下としての節度をもって話すことが大切です。

年齢ネタは笑えない

年下女子上司は年齢を気にしていることが多いです。

部下が年齢ネタを話すと、普段気にしていることを思い出して場合によっては不快な感情を持たれます。

年齢に関する話題はデリケートな話題であり、年上の部下から年齢ネタを話されても年下女子上司は答えようがありません。

年齢ネタを出して話すのは止めましょう。

年下上司への接し方のマナーは?

ビジネスウーマン

年下・年上に拘わらず、相手に対して敬意を払うことは社会人として基本的なことです。

年下であろうとも上司である以上、部下は上司に対する敬意を払いましょう。

時には年下上司の経験不足を指摘したりアドバイスをしたくなることもあるでしょう。

その際、自分の方が年上で経験豊富だから教えてあげる、という意識で接してしまうかもしれません。

仕事に限らず、相手が上から目線で話しているかどうかは聞いている側はすぐに分かるものです。

年下上司が部下のアドバイスが上から目線だと感じれば反発を招いてしまいます。

しかしもし年上の上司で同じ状況になった場合、同じように考えて接するでしょうか。

年下上司や仕事のことを思ってアドバイスしていると理解してもらえるように伝えることが大切です。

年下であってもあくまでも相手は上司であることを忘れずに接しましょう。

年下上司への言葉遣いについて

面接

年下上司とのトラブルになる原因の1つに言葉遣いの問題があります。

年下上司への言葉使いは、年上上司への言葉遣いと同じにするのが基本です。

年上の人に話すのと同様に、相手に敬意を払って敬語で話しましょう。

年下に対して敬語を使うことに強い違和感や抵抗感を持つ人もいるかもしれません。

しかし立場上は自分が部下ですから、年下だからとタメ口で話すのはNGです。

また年齢を気にするが故に迷うのが年下上司への敬称です。

転職先で見ず知らず上司が年下だった場合は、最初から必ず「さん」を付けて呼びましょう。

最初から上司として敬語を使い、仕事がスムーズに進められるようにします。

場合に寄っては自分が面倒を見てきた年下社員が上司になることもあるでしょう。

そのような場合に「さん」付けで呼ぶのは違和感があれば係長や課長などの役職を付けて呼びます。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

女性向けの仕事場を円滑にするコミュニケーション術とは

女性の多い職場は、男性の多い職場より働きにくいと考えている人が多いです。

女性同士の場合、自分にそのつもりがなくても恋愛や家庭の話題を自慢話だと思われたりしてしまうこともあります。

続いて女性向けの仕事場を円滑にするコミュニケーションを紹介します。

意識を周囲にも向けてみる

女性、電話

女性向けの仕事場で円滑に仕事を進めるためには、意識を周囲に向ける必要があります。

メイクが派手であったり私服が周囲から浮いていると、人間関係が悪くなる場合があります。

ある程度空気を読んで周囲とあわせることが必要になるのです。

周囲に目を向けて、組織の中で浮き上がった存在にならないように気をつけましょう。

自分の考え方を変えてみる

資料に書き込む女性

女性向けの仕事場で多い悩みやトラブルは人間関係に関するもので、年下上司との関係もその1つです。

職場では謙虚な態度でいることが大切です。

周囲の様子をよく観察し、仕事上で指摘されたことは素直に受け入れるようにしましょう。

年下上司の意見を聞いて自分の考え方を変えると、年下上司との関係がよくなります。

仕事がうまくいくかどうかを第一に考える

会社は会社として成長するために社員を登用し、そのために必要な社員をそれぞれのポジションに配属をしています。

会社としては社員それぞれが自分のポジションで求められる成果を出して欲しいという思惑があります。

個人的な感情によって業績が左右されることは望んでいません。

また年下上司との関係がうまくいかないことで自分が成果を出せないことも避けたいものです。

そのため、仕事がうまくいくかどうかを判断基準にして年下上司との付き合いを考えましょう。

また、噂話や悪口は言わないことも女性向けの仕事場で円滑に仕事を進めるために大切なことです。

仕事を第一に考えれば年下上司との関係で悩むことは無くなります。

どうしてもうまくいかない場合はエージェントに相談してみるのもおすすめ

泣く女性と話しを聞く女性

年下上司の下に配属され、関係性がどうしてもうまくいかない場合は手転職エージェントに相談するのも良いでしょう。

転職エージェントは多くの人の仕事上の悩み相談をした経験があり、様々な場面で解決策を持っています。

仕事上の悩みを自分だけで抱えずに、エージェントなどの第三者に相談することで解決できることもあるでしょう。

まとめ

3人の女性

成果主義による昇進が主流になり、従来の年功序列ではなく実力を重視する企業は増えています。

それにより年下上司の下で働くことは十分にありえる時代になりました。

年下上司の下で働く場合、最初は年齢や経験の差を意識してしまうかもしれません。

しかしそれらを必要以上に気にしすぎると関係悪化を招いてしまいます。

距離感を適切に保ったコミュニケーションを心がけて、年下上司とも上手に付き合いましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら