転職面接でよく聞かれるものとして、「入社後やってみたいことは?」という質問があります。

企業はこの質問をすることによって、応募者の入社後の姿を具体的に思い描こうとしているのです。

今回は面接官に好印象を与えるためには、この質問にどのように回答をすれば良いのかをご紹介していきます。

企業側の意図を知ることによって、適切な回答を探っていきましょう。

Contents

転職面接の「入社後やってみたいことは?」の答え方

面接をする女性

転職面接というのはこれまでの経験から培ってきた能力・スキルをアピールし、自身の強みを伝える場です。

「入社後やってみたいことは?」という質問に対しては自分だからこそできることをうまく盛り込んでいきましょう。

どうすれば自分らしさを出しつつ説得力のある回答ができるのかを考える必要があります。

今回は「入社後やってみたいことは?」に対しての答え方をご紹介していきましょう。

入社後やってみたいことの質問の意図とは

アピールする女性

企業はどのような意図があって入社後にやってみたいことを質問するのでしょうか。

面接でされる質問にはどれも企業側の意図が隠されているのです。

入社後の姿を想像することを通して、企業が知りたいのは何かを解説していきます。

事業内容や企業理念の理解が正しいか確認するため

面接官は応募者と自社の価値観や社風が合っているかどうかを確認したいという意図もあります。

例えば事業内容や企業理念はそれが端的に表されている部分です。

そうしたものを正しく理解しているかどうかというのは、入社後の働き方にも現れます。

入社後にやってみたいと思っていることが自社で出来ないものであった場合には事業内容への理解が足りないと考えるでしょう。

また、そうした人材は企業理念的に自社と合わないと考える可能性もあります。

理解が正しいと思ってもらうためには、志望する企業に対しての入念な企業研究が必要となるでしょう。

企業についての情報を自分の中に落とし込み、そこで働く自身の姿を想像してみることが大切です。

面接官は内定後のミスマッチを避けるためにも事前に入社してからの働き方を知りたいと思っています。

本人のキャリアパスを確認するため

面接

入社後の働き方を考える上でキャリアパスというのは切っても切り離せないものです。

今後どのようなキャリアを積んでいきたいのかということを知ることで将来的な人物像が分かります。

自社が望んだ方向に成長を続けてくれるのかを知るために、キャリアパスを確認したいという意図もあるようです。

これに適切に答えるためには、自分の将来像をはっきりさせている必要があるでしょう。

今後のキャリアを固めた上で面接に臨む必要があります。

この会社でないとダメな理由を聞かれている

企業にとっては何故自社に応募してきたのかというのは大変気になるポイントです。

そこに明確な意味を見出せない人に対して、企業側は同業他社を転職先に選んでも良いのではないかと考えるでしょう。

そのため、転職希望先の企業のどのような部分に惹かれているのかというのを明確に答えることが大切です。

どうしてこの会社で働きたいのかということを熱意を持って伝えるようにしましょう。

同時に自分が貢献できる部分などをアピールできれば、自社で採用したいと思ってもらうことが可能です。

5W1Hを意識して考えよう

ガッツポーズをするビジネスウーマン

5W1HはWho(誰が)・When(いつ)・Where(どこで)・What(なにを)・Why(なぜ)・How(どのように)を合わせたものです。

「入社後にやってみたいことは?」と質問された際には、これを意識して答えると良いでしょう。

これらを意識することによって相手に話を伝えやすくすることができます。

そのため、面接のみならずビジネス全体において大変重要視されている考え方です。

もし伝え方に迷った場合には5W1Hを活用しましょう。

実際にそれぞれに対応するものを書き出して整理することによって話が組み立てやすくなります。

5W1Hはビジネスにおいて必須ともいえるものなので、転職の際に習得しておくと良いでしょう。

入社後やってみたいことを答える時のポイント

悩んでいる女性

次は入社後にやってみたいことを答える際に考えるべきポイントを解説していきます。

自分の転職への想いを効果的に伝えるために以下のようなことに気を配るようにすると良いでしょう。

結論から答えよう

これは多くの質問に共通することですが、まず結論から答えることによって回答の芯の部分を伝わりやすくすることができます。

最初に結論を答えてその後にその理由を付け加えるような形だと理想的でしょう。

後から結論を述べようとすると、最初の理由の部分との関係性が分かりにくくなってしまいます。

そのため、面接官が回答を聞き終えてから結局何がいいたいのか分からなかったということになりかねません。

このような事態に陥らないように結論から答えることを意識するようにしましょう。

この回答だけでなく面接全体で内容が伝わるような話し方をすることが重要です。

具体的な内容で答えよう

指をさす女性

結論を述べた後にはその理由について言及していくことになります。

そこで求められるのが内容の具体性です。

そう思うに至った過去の具体的なエピソードなどを取り入れることであなたの結論に対しての信頼度を増すことができます。

事前にしっかりと企業研究を行ってきた上での回答なのだと印象付けることもできるでしょう。

自分の強みを企業のメリットを交えて答えよう

自分の仕事における強みを伝える際にはただそれを伝えるのではなく企業側のメリットも同時に伝えましょう。

そうすることで面接官は仕事においてその強みが具体的にどのような形で役立つのかを知ることができます。

強みだけを伝える場合と違ってその活用方法まで考えることができるため、面接官に好印象を与えることができるでしょう。

自分の長所や培ってきたスキルなどを使って、具体的にどうやって貢献できるのかを伝えることが大切です。

企業のビジョンと関連した内容で答えよう

検索

企業は面接を通して応募者が自社のビジョンとどのように合致するのかを知りたいと考えています。

このビジョンというのは企業理念をベースとしたもので会社の今後の方向性を表すものです。

もし今後の方針について、企業と応募者の考え方が異なっていた場合には採用しても力を発揮することが難しくなるでしょう。

そのため面接官は、入社後の働き方がビジョンと合致しているのかを知りたいと思っています。

この質問に答える際にはそれを念頭に置き、内容をビジョンと関連させて答えるようにしましょう。

そうすることで自社の方向性に沿って仕事を行える人材だと思ってもらうことができます。

キャリアアップごとの目標と合わせて答えよう

入社してすぐは研修や経験すべきこともあり、すぐに理想通りのポジションに就いて仕事をするというのは難しいと考えられます。

そのため最終的な目標を最初に述べるのではなく、そこまでのキャリアアップの目標と合わせて回答するようにしましょう。

具体的には「○年後にプロジェクトマネージャーとして活躍するために、入社後はそれに向けて知識を蓄えたい」などです。

こうした形でキャリアアップごとの目標も言及することで具体的な入社後の筋道を伝えることができます。

入社後やってみたいことを答える時の注意点

指をさす女性

入社後にやってみたいことを伝える際には、具体性がなかったり目標が低かったりといった回答にならないように注意が必要です。

企業側は入社後の働き方を知ることによって、具体的な将来像を知りたいと考えてこの質問をしています。

具体的でなかったり仕事を続けていれば誰でも達成できるような目標を掲げていたりすると、将来像が明確に分からず判断ができません。

曖昧で将来が見えない回答にならないよう注意をして、自分の熱意を伝えられるような答え方を考えることが大切です。

また、回答の中で自身の長所には触れてもいいですが短所には触れないように気をつけましょう。

自分の強みだけを志望する企業の事業に関連させることができれば、ポジティブな印象を抱いてもらうことができます。

この質問の回答では自分の良い面をアピールするようにしましょう。

入社後にやりたいことの回答例

不安そうな女性

次は入社後にやりたいことの具体的な回答例をご紹介していきます。

このような答え方をすれば、企業からも入社後の姿を具体的に想像してもらうことができるでしょう。

以下の回答を参考にして自身の答え方を考えてみてはいかがでしょうか。

営業職の例文

御社の方針として現在営業職では新規ルートの開拓に力を入れていると伺っております。

そのため私も御社に入社できましたら、新規開拓に尽力していきたいと考えております。

前職では社内でのコミュニケーション能力の高さを上司から褒めていただくことがありました。

そのため自身のそうした能力を活用してお客様からの信用を得られる営業マンになれると考えております。

新規契約を獲得した後には、お客様の信頼を徐々に積み重ねることでルート営業先となっていただけるように頑張りたいです。

事務職の例文

話をする女性

私は御社に入社できましたら、事務職として御社の皆様すべてが働きやすいようにサポートしていきたいと考えております。

前職では販売職に就いておりましたが、お客様のニーズに合った商品を提案することが得意でした。

そのため、御社での業務においてもそのように周囲の方々が求めるものを汲み取って、成果を上げられる環境を作っていきたいです。

御社に欠かせない存在となり、会社全体が更に大きな利益を出せるように尽力していきたいと考えております。

エンジニア職の例文

私は御社が開発したシステムに感銘を受け、是非自分も御社の製品開発に携わりたいと考えております。

現在の最先端である技術によって作られたそのシステムは業界全体を牽引するものといっても過言ではありません。

私も是非そのシステムに携わることによって業界屈指の技術力を持ったエンジニアに成長していきたいと思っております。

今まで積み上げてきた知識を活かしつつ、更なる高みを目指して技術の学習を続けながら御社に貢献していきたい所存です。

NGな回答例もチェック

〇と×

次はNGとなる回答例についてチェックしていきましょう。

以下のようなものは企業から悪い評価を受ける可能性がありますので避けた方が良いでしょう。

内容に具体性のない回答はNG

私は営業職として、御社で自身の担当する仕事を全うしていきたいと考えております。

前職では持ち前のコミュニケーション能力で周囲の人々ともすぐに打ち解けることができました。

そのコミュニケーション能力を活かして、営業でも良い成績を出せるように頑張りたいです。

自身のマイナスな面に言及する回答はNG

御社に入社することができましたら、事務職として他の部署の方々をサポートして行ける人材になりたいです。

私はコミュニケーションが苦手なため、自身の得意分野である書類作成やデータ分析などを通して皆様に貢献できればと思います。

自分ができることをしっかりとこなして、御社全体に貢献していきたい所存です。

入社後にやってみたいことはその企業ならではの内容で答えよう

ガッツ

入社後にやってみたいことを回答する上で1番大事なのは、その内容がその企業だからこそ達成できるものなのかどうかです。

企業が掲げる企業理念や事業内容というものにどのように惹かれているのか。

そこを明確にすることによって採用したいと思ってもらうことができます。

反対に他の企業でもその仕事はできるのではないかというような内容だと、自社で採用する必然性が無いと思われてしまうでしょう。

入社後の仕事の仕方というのは具体的に仕事への貢献度に繋がってくる部分です。

そのため、自身を会社に必要だと思ってもらうためにはその企業ならではの情報を回答に盛り込むことを忘れてはいけません。

面接官に自社にマッチした人材であると考えてもらえれば、内定までかなり近付くことができるでしょう。

面接対策は転職エージェントを活用しよう

OKサインを出す女性

面接というのは内定を大きく左右する選考であるため、対策も入念に行っていかなければなりません。

自分だけで面接対策をしていたのでは客観的な意見が足りないため限界が来てしまいます。

不安な状態で面接に臨んでも、思ったように自分の強みをアピールすることができずに不完全燃焼に終わってしまうことでしょう。

もし面接対策を充実させたいと考えている方は、転職エージェントの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントは実際に模擬面接などを行いながら、回答方法について具体的に指導してもらうことが可能です。

また、客観的な意見をもらうこともできるため、面接官からどのように見られるかということを知る事もできます。

万全の状態で面接に臨むためにも、転職エージェントへ相談することを視野に入れておきましょう。

まとめ

エージェント

今回は面接で入社後にしたいことを尋ねられた際の回答方法や注意点などを解説してきました。

ここまで説明してきた通り、この質問は自身の将来性を認めてもらう上でも大変重要なものとなっているのです。

これから働いていくかもしれない企業に対して、自分が貢献できるポイントを伝えられるチャンスでもあります。

そのため回答する内容に関しては十分に事前準備を行い、自分の想いを最大限伝えるようにしておきましょう。

また、そのためには第三者の意見として転職エージェントの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

自分の強みを効果的に伝えるためにプロの意見を取り入れれば、更に安心して本番に臨むことができるでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら